説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 第25話

★(終)ソードアート・オンライン 第25話「世界の種子」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

遂にリアルファイッ!
身体がなまってるとはいえ和人は剣道経験者だし相手が悪かったな・・・。
刃物に対抗する手段をテンパって思いつかなかったせいか最初は和人劣勢でしたが。
和人は良くあの場面で須郷を殺さず我慢したな・・・命の重さを知ってるのと待ってくれてる人のことを考えたらかな。
このシーンは原作と比べてかなり端折られてるみたいですね。
ナイフ放置かよ!通報しないのかよ!セキュリティざるだな!と突っ込み所満載でしたが、この辺はきっちり原作で説明・・・というより展開に違和感なくなってるようで。
先に言ってしまうと、最終回唯一の残念なシーンだなぁと思いました。
まぁ、スーパー子安タイムをじっくりやられても困るけどさ。
アバンでさっくり終わらせ残りはエピローグという構成自体は良かった。
SAOアバターの2人が立ち去っていくシーンで泣きそうになったぜ・・・。
後半のキリトさんの台詞と照らし合わせると、やっとSAOを本当にクリアした的演出ですかね。

エピローグはリアルのその後メイン。
和人や明日奈もきっちり学業に復帰出来て何よりです。
リアルでもいちゃこらしおって・・・カフェテラスから丸見えとか言いつつイチャイチャしてるじゃねえか!(笑)
そしてSAO組・・・特にシリカとリズの出番があって本当に良かった・・・。
リズさん、SAOだと染髪してたおかげかリアルだと地味(ry
とりあえずお前ら、せめて学校ではリアルネームで呼んであげようよ。
エギルの店にみんな集まるオフ会で改めてSAOクリアをお祝いされたのは感慨深いなぁ。
和人は鍛えたコミュ力でリアルでも遜色なく仲間と会話していたけど、その影でハブられてるスグのことも思い出してあげてください。
ALOで面識ある人も居るんだろうけど(エギルとか)、SAOクリアがメインの祝勝会じゃ気まずかろうに・・・。

SAO、ALOと立て続けにVRMMOで問題が起きたために危機を迎えたVRMMO界隈。
それを救ったのが茅場がキリトさんに託した世界の種子、ザ・シードでした。
その正体はVRMMO作成用のソフトでコレをキリトさんとエギルが画策し無料で拡散。
その結果、何百ものVRMMOが誕生し、ALOもSAOの要素を加えつつ無事復活。
さすがに無料で拡散したものを世間が止められるわけでもなしに協力的な企業や個人が表れれば尚更、ね。
オフ会の2次会はそんな復活した新生ALOの中というのがネトゲ中毒者集団らしいですね(笑)
最後にみんなのALOアバターを見られたのは良かったです。
このシーンだけ見たらまるでリーファが勝ち組のように見えるな・・・アスナさんはALOアバターではオーラが消えてる気がするよ!
俺たちの戦いはこれからだ!な綺麗な〆でした。

最終回に関しては須郷絡みの端折りっぷり以外は文句無し!
ネトゲとリアルと別れているからこそエピローグをじっくり見られたのは嬉しかったです。
本編も今となっては不満らしい不満は思いつかないかなぁ・・・。
戦闘よりも物語メインと意識してからは特にですね。
この世界観の続きを見たいのはやまやまだけど、売り上げ的に2期に期待できそうなので原作には触れないでおこうかな。
ゲームのCMが面白そうで手を出すか迷うレベルにはSAOという作品にはハマったと思う。
PSO2をやっていなければ確実に手を出しただろうなぁ・・・いやはやホント、フィクションでもリアルでもネトゲは魔物ですね(笑)
スポンサーサイト

ソードアート・オンライン 第24話

★ソードアート・オンライン 第24話「鍍金(メッキ)の勇者」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

スーパー子安タイム発動!
感動の再会だったりNTR凌辱一歩手前でエロかったり、胸糞悪い展開からの逆転が王道で燃えたりと色々あったはずなのに一番印象に残ってるのは妖精王()オベイロンさんというね。
今期は邪悪の化身的なDIOといい子安のゲスい悪党演技が神がかってるなぁ。
名演なんだけどいちいち変態過ぎたり涙目になってたりと笑えてしまうのが難点だな(笑)

ラスボス戦の結末はザ・シードをキリトさんに渡すために茅場が再登場し須郷より上のシステム権限を与えてくれて形勢逆転。
作中でも言ってたけど、よくよく考えればSAO時代も管理者とのバトルだったんだよな・・・。
そしてその戦闘自体にはあんまり意味がなかったことを思い出した。
ただでさえ、あんなんチーターや!状態だったキリトさんがついにシステム権限まで手に入れるとは感慨深いな。
なかなかむごい仕打ちをオベイロンに与えていたけどしたことを考えるとまぁ妥当か。
ネトゲにおいて「殺す」発言とかはプークスクスみたいな嘲笑対象ではあるのだけど、この作品の世界観だとアブソーバーの関係といい半リアルな発言ですよね・・・。
そりゃ愛する人が目の前で凌辱寸前なら殺したくもなりますわ。

26話かと思いきや25話構成なんですね。
ならもう一波乱みたいなことはなさそうで安心かな・・・。
SAO編キャラにどれだけ出番があるのか?ザ・シードとは何か?
色々気になる次回で最終回です。

ソードアート・オンライン 第23話

★ソードアート・オンライン 第23話「絆」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

女の子攻略組の「ごめんな」の破壊力は異常だと思うのですよ。
この一言に色々含ませられるし、惚れてる身としてはそう言われたら身を引くしか無いよね。
さすが女の子攻略組のキリトさんこと和人さんやでぇ・・・。
きっとリズが告白できていたとしてもこういう反応になったんだろうな!

それはともかくとして、思いの外綺麗にサクっと仲直り出来て良かったですね。
酷いこと言ってしまったと落ち込むスグは良い子だなぁ。
あの状況なら和人に当たり続けてもしょうがないっちゃしょうがないと思うのに。
決闘という名目で贖罪を2人とも考えていたのは実に兄妹らしい。
決闘シーンはどことなくウテナを思い出しました・・・というかリーファの突きがディオス突きに見えただけですが(笑)
スカっと遺恨を残さず次の仲の良い兄妹というステップに進めましたね。
和人の回想のおかげで前回のスグの告白の説得力が上がった気がします。

そして問題のグランド・クエスト。
レコンが増えたぐらいでどうにかなるの・・・?と思ったらやっぱり無理でしたー!
レコンのメガンテは正直見直したけど、効果が無かった挙げ句にすぐにシルフとケットシーの援軍が来たせいで完全に無駄死になってたのは泣いた。
あの一瞬の間を稼いだことに意味があるんだきっと・・・そう思っておこう。
前回の串刺しもEVA弐号機思い出したけど、今回も刺されまくってるなぁ。
ある程度、痛みのようなものはあるんですよね・・・?
とりあえず、最初から二刀流にしとけやと誰もが突っ込んだことであろう。

なんとか第一関門突破し、第二関門の管理者権限必要な部分もカードキーで突破。
しかし、そんな所に入り込んだらすぐさま運営がすぐ駆けつけそうな気がするしヘタすりゃBANなのでは・・・。
キリトさんの嫌な予感はどうなるのやら。

ソードアート・オンライン 第22話

★ソードアート・オンライン 第22話「グランド・クエスト」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

キリトさんやっぱり無策で飛んで行ったんですね・・・。
その後に無策でグランド・クエストに突入するし本質的なソロ志向は変わってないんだろうな。
キリトの場合は「迷惑かけたくない」という遠慮によるものが大きいんだろうけど。
しかし今のキリトさんにはどうしても守りたいもの、取り戻したいものがある。
SAOを初期でソロに拘っていた時とは熱意の方向が違いますよね。
それでも後先考えず突っ込むクセはいい加減直した方がいいと思うなぁ!
リーファが蘇生してくれなかったらまたシルフ領あたりからやり直しですよね?
そうなったらアスナ救出がかなり厳しくなるだろうしなぁ・・・。
果たして攻略の糸口はつかめるのか。

それはさておき、リアルでも遂に身バレという名のグランド・クエストに突入(笑)
今まで「アスナ」という名前をキリトさんが言わなすぎたんだよな。
もう少し早くポロっと口に出して身バレしてたらこんなことには・・・。
リーファ逃亡キリトさん追いかけてログアウト→(部屋に)来ないで!までは予想出来たけど、まさかそのままの勢いでさらりと告白までしてのけるとは恐れ入ったぜ直葉さん。
この激しさを見るとリーファの方が抑圧されてないスグの性格といった感じなのかなぁ。
同じ相手に立て続けにフラれることになったのでまだ中学生のスグが色々はき出したくなる気持ちはわかるけど、和人にとっては好意を寄せられていたことが唐突だった上に自分勝手な言い分、ましてやアスナを助けないと・・・!とやきもきしてる時に考えないといけないことが増えるという好ましくない状況になりましたねぇ。
ここでスグを放置するのは和人らしくないし、なんとかさっくり和解して欲しいところです。

スグに対して批判的な書き方になってしまった気がするけど、個人的には近親系の恋愛はニヤニヤが止まらないのでいいぞもっと言ってやれ!と思いました(笑)
「本当の兄妹じゃない、いとこだから許されるよね」みたいなスグの恋愛感情がたまりませんね。
さて、和人はどんな答えを出すのやら・・・ALOの行方もだけど兄妹関係も私気になります。

ソードアート・オンライン 第21話

★ソードアート・オンライン 第21話「アルヴヘイムの真実」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

噂のアスナ触手回。
思ったよりもエロくてがんばってたけど汁分が足りないな。
これで汁があったら本格的にアウアウか某ダークネスばりの光渡しになってそうだけど(笑)

今回はゲーム内よりも現実世界の物語がメイン。
スグがアスナへのお見舞いについて行くことでついにご対面。
和人のアスナに対する態度を見て想いを胸の内に秘めておくことを決意したのね。
正直、もうそこまで和人への想いが育ってるとは予想外でした。
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないんじゃなかったんですかー!
どちらかと言うと俺の妹がこんなに・・・エンドカード的な意味で(笑)

そして、失恋を打ち明けた相手がその失恋相手っていうのがまた・・・スグこれ知ったら二重でショックだよなぁ。
想いを打ち明けられてない和人からするとスグの失恋だけしか知らない状態になるんだろうし。
スグにも何か救いがあるといいな・・・このままじゃ正体バレが恐すぎる。

今回はあまりALO内の話は進まなかったけど次回のサブタイは終盤を感じさせられるもの。
話数ももう少ないし着実に話が進んでいきそうです。
それにしても行けないって言われたのに飛んで行こうとするキリトさんェ・・・。

ソードアート・オンライン 第20話

★ソードアート・オンライン 第20話「猛炎の将」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あれ、キリトさん二刀流スキルなくなったんじゃ・・・。
スキルとかなくても技術さえあれば使いこなせるということか?
そういやSAOでも武器破壊はシステム外の技術だったしなー。
SAOよりも身体能力重視なALOならそれを再現出来るって所だろうか。
だからリアルで剣道のシーンを差し込んでたのかな。
そしてあの大剣っぽいのが片手剣と言われた理由がやっとわかりました。
戦闘シーン自体は相手からの攻撃を剣で受けられないという演出的にも残念な要素はあったものの、こちらの攻撃はつばぜりあい見られたし、何よりもALOのポイントである空中での戦闘がしっかり表現できていたので満足です。

それにしてもキリトさんはここでも相変わらずヒロイン攻略組すなぁ・・・。
SAOと違ってリアルとは異なるアバターだからマシだとはいえ、領主さんあざとすぎるな!
気持ちはわかるけど・・・なんというかネトゲでの女の武器が良く再現出来てますね!

次回はサブタイからして一気に話が進展するのかな。

ソードアート・オンライン 第19話

★ソードアート・オンライン 第19話「ルグルー回廊」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

キリトさんの殺陣を期待していたのにどうしてこうなった。
あれSAOにこんなボス居たような(ry
最初は幻惑の一緒かと思ったけどちゃんと変身してるんですね。
使用者の意識が飛びかけるモンスターに変身する魔法ってこわっ!
冗談なのかもしれないけど、感覚は全てあるようだしねぇ・・・。
まぁ、魔法が剣と同じぐらい使われる世界観なんだから純粋な殺陣っていうのはSAOほど期待できないか。
SAOだってモンスター戦が主流だから、それこそ大型ボス狩りみたいな盛り上がりだったしね。

それにしてもキリトさんのコミュ障なんて最初から無かったかのような言動だなぁ。
いくらなんでも多少親しい女友達の指をはむはむするとかドン引きだわー。
その後にネトゲの言動はリアルの人格にフィードバックとか言ってるから尚更だよ(笑)
この辺は後で互いに正体を知ったとききっついだろうな・・・。
キリットなきざな台詞とも言えるけどキリトさんらしい台詞で格好良かったと思う。
PTメンバーを死なせない!とかたまに言動が重いときがあるのはライトユーザーからはドン引きされそうだけど。
視聴者はキリトさんがSAOで何を見てきたか知ってるからキリトさんの気持ちはわかるんですけどねー。

今回は遂にアスナの出番すら無くなってしまった・・・。
そろそろ終わりが見えてきたけど、前回パスを入手したアスナがどうなったのか気になるところだなー。

ソードアート・オンライン 第18話

★ソードアート・オンライン 第18話「世界樹へ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

20分で飯と風呂を済ませて和人用の飯を残してログインしてくるスグはネトゲ廃人の鑑やで!
女の風呂は長いという幻想をぶち殺された気分だったぜ・・・。
これで中学生って性格的にも身体的にも将来有望だな(ゲス顔)

それはそうとスグがALOに手を出した理由がちゃんと語られて良かった。
相変わらずママン知ってるの?とか気になることはあるけどスグ自身の気持ちだから何も言うまい。
この辺の割り切り方は中途半端にリアリティある気がします。
実際問題、昏睡状態をどうこう出来るわけじゃないから普通に生活するしかないだろうしね。
無意識に和人の姿を追ってというところもニヤニヤ要素だし何も問題ないな!

ALO世界ではネトゲにありがちなことがまたちらほら。
自分は基本的に身内プレイヤーなのでギルドやパーティーのいざこざに巻き込まれたことは皆無なのですが、ネトゲではコミュニケーション絡みのトラブルがやっぱり多いしね。
それに効率云々が絡んでくるのが過半数なんじゃないかなぁ。
でも一番邪魔なのはあの眼鏡(ry
寧ろこいつがキリトを闇討ちしそうに見えてならないぞ・・・。

本格的な戦闘は次回かな?
キリトさんの二刀流もいいけど大剣もいいよね!な活躍を早く見たいです。

ソードアート・オンライン 第17話

★ソードアート・オンライン 第17話「囚われの女王」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

子安が近年まれに見るキモイ子安でテラ子安。
さっくりスグ=リーファ、妖精王()=須郷が判明。
黒幕判明早すぎィ!=ラスボスとは限らないのかもしれないけど。
まぁ、スグ=リーファは隠す気皆無だったよね・・・。
300人のネタばらしがこんなに早いのは予想外でした。

リーファが古参ということは、和人がSAOに捕らわれてる頃からネトゲ三昧だったのな!
なんというか、この兄にしてこの妹ありか・・・ママンはどう思っているのやら。
いくらナーヴギアより安全と言われても、フルダイヴなのは一緒だろうし自分が親ならそういう危険な遊びをして欲しくないと思うけどママンはどう思ってるのかなー。
とかそんなことばっかり気になる回でした。

あ、アスナさん久しぶりの出番お疲れ様でした。

ソードアート・オンライン 第16話

★ソードアート・オンライン 第16話「妖精たちの国」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

おいおいチートじゃねえか・・・とか思ってたらキリトさんが自分で突っ込んでてワロタ。
種族選択、どう見ても色が黒いから選んだだろ!(笑)
キリトという名前をそのまま使うのに逡巡したように見えたのは、一部で有名人が故に知られる恐れを考慮したって所かな?
チート状態もぶっちゃけ目的があるからいいや感あるけど、実際の戦闘能力は運動神経に依存するしアイテムも消去したからあんまり関係ないような気がしてきた。
「次は誰かな(キリッ」とかといい、ネトゲのキリトさんはやっぱり活き活きしてますね(笑)

個人的には外見はスグ>リーファ。
スグのようなキャラがあやち演じるのは珍しいけど、リーファ系なのは最も多い役柄の1つだろうからなぁ。
それにしてもキャラかわりすg(ry
ネトゲでアバターもランダムなんだから好きにロールプレイすると良いとは思うけどさ!

エギルは(リアルで)再登場してくれたけど他のキャラの出番はまだですかねぇ・・・。
OPEDにそれらしき姿が全然ないのは諦めた方がいいんでしょうか。
しかし、SAO編でもリズの出番とか増えてたらしいし希望は持てるはず!

ソードアート・オンライン 第15話

★ソードアート・オンライン 第15話「帰還」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

1話ほぼまるまるリアルのお話。
思えば、最初に多少リアルが描写されただけでずっとSAO内の話だったもんなぁ。
こうしてリアルに戻って来てキリトではなく和人と呼ばれてるのを見ると感慨深い。
しかし、アスナを始めとして300人のプレイヤーが未だ昏睡状態とSAO事件の爪痕はまだまだ大きい。

今回は1話にチラっと出番があった主人公の義妹スグこと直葉の紹介のような話でした。
黒髪ショートと一見地味なビジュアルだけど、素直に和人に好意を持っているのが可愛いな。
あやちで妹と言えば俺妹の桐乃を想い出すだけにそのギャップが素晴らしい。
そしてこの大人しそうな容姿であの胸は反則だと思うんだ・・・どうしても目が行ってしまうんだぜ。
シリカを見て義妹に似ていると和人は言ってたけどどこが似てるのか。
容姿も胸も全然違うような・・・雰囲気とか単純に年齢的な意味な口説き文句だったのか(笑)
とにかく、アスナが居ない穴を埋めるのにふさわしい魅力あるヒロインだったので安心です。
惜しむらくはカップリング成立してるが故にほぼ敗北確定なのがなぁ・・・。
そうだ、ネトゲの世界で重婚しよう(提案)

それにしてもネトゲと言えば、キリトさんがゲーム脳すぎてワロタ。
確かに2年も生活してればどっちが現実かわからなくなりそうだけどさぁ・・・。
ステータスとかシステムとかスキルとかガチで口から出てるあたりがあいたたた。
ある意味、某中二病アニメよりもよっぽど中二病に見えたという。
あぁでも、良い意味でキリトさんらしくて安心しました。

次回からは早速ALO世界の話が始まるのかな。
リーファもだけどSAO時代の仲間の登場が楽しみだなー。

ソードアート・オンライン 第14話

★ソードアート・オンライン 第14話「世界の終焉」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

スカルリーパーさんとは何だったのか・・・あっさり倒しすぎィ!
あっさりと言えば、ラスボスまでのショートカット&決着が更にあっさりすぎてワロタ。
一部で有名なズドの画像だけ見てたけどまさにまんまだとは・・・。
こういう根性論が元でAWの心意システムになったんですねわかります。
自分含めアニメ組はなんだこの結末・・・と思った人は多そうだ。
これで最終回ならどう見ても打ちきりエンドにしか見えないしなー。
それと、寝たきりで即動けたのは愛の力なんですよねきっと!

正直、かなり期待を裏切られた感はありますが気持ちを切り替え次回からは新章突入。
やっと直葉の出番ですよー!
CMでアスナ生きてることもバレバレなのは・・・まぁ、おそらくすぐわかるから問題ないのか。
ネトゲもいいけど、SAOで出会った人々とのリアル邂逅の方が見たいなぁ。
次回サブタイ的にそういうのやってくれないかしら。

ソードアート・オンライン 第13話

★ソードアート・オンライン 第13話「奈落の淵」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

こういうのを見てるとネトゲの釣りをやりたくなるんですが、実際やってみると単調でつまらないんだろうなぁ・・・。
釣り系ミニゲームで一番ハマったのは「時オカ」かな。
自分もですがハイラルどじょうを釣るまでがんばった人も多いはず。

・・・話は逸れましたがこの釣り話別にいらな(ry
要はアスナがただのろけたかっただけなんじゃ・・・。
惚れたキッカケが聞けたのは良かったんだけど、別にこのシチュじゃなくても良いんじゃと思ってしまう。
原作だとワンテンポ置いて決戦!と一気に読み進めることが出来るからあまり気にならないんだろうな。
アニメは中盤さんざん日常話やってるし、新婚話もユイ回で満足したからどうしても蛇足に見えてしまう。

後半はイチャラブの続き・・・ではなく久しぶりに集団ボス戦!
やはりデスゲームらしさ全開になる強ボス戦は盛り上がるね。
あまりにも味方モブが貧弱すぎて、ヒースクリフ、キリト、アスナだけでいいんじゃないかな状態になってたのは気になったけどさ。

さて14話でSAO編完結らしいのですがこの状況で終わるのか・・・?

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。