説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾンII 第13話

★(終)境界線上のホライゾンII 第13話 「境渡りの欲深き者達」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

相も変わらず何が何だかわからんけど映像すげーなぁとか思ってたら終わった!
割と真面目に見てるはずなのに流れしかわからんし、一部は流れすらもわからん。
戦闘で全然何やってるかわからんってのはどうにかしてほしい。
それがあるからここまで世間で評価されてる理由が理解出来ないんですよねぇ・・・視聴者は既読者ばっかりなのかな。
覚える要素が多すぎる時点で、やっぱりアニメ向きに見えてアニメ向きじゃない作品だなぁと改めて思います。

とりあえず、立花夫妻は武蔵に転校してきたということでいいんだろうか・・・。
二人とも襲名解除=亡命みたいな形になったのかな。
そもそも、その襲名というシステムも二重とか面倒くさいんだし、勿論知ってるよねな体で展開されてもなぁ。
2期はそれが顕著だったと思います。
細かい不満だらけですが、戦闘と討論と流れだけで面白かったとは言える作品ですけどね。
ただ、アデーレの出番が少なかったら完走出来たか怪しいのが正直な所。
新キャラ大量だしホントファン向けの作品だったな・・・と思わせる最終回でした。

終わクロが好きだったから川上節が嫌いなわけじゃないんですけどね。
やっぱ文じゃないとダメだなー・・・。
スポンサーサイト

境界線上のホライゾンII 第12話

★境界線上のホライゾンII 第12話 「花畑の合格者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず状況がいまいちわからなかったけど戦闘が良かった(小並感)。
戦闘がある回は同じ事しか言ってないような気がしますが、ぶっちゃけ説明不足も甚だしいと思うのでそうとしか言えない。
説明不足さを補って余るほどのクオリティである程度楽しめてるけどね。
とりあえず、3期があったらもう感想を書くのは辞めようか!書くことないしな!

戦闘の中でも群を抜いてたのが前回盛大なオチを付けてくれた二代VS立花嫁戦ですね。
艦隊戦よりも高速戦闘の真剣勝負の方がやはり自分は好みです。
二代さんこんなに強かったんだね・・・まぁ、宗茂に勝ってるんだから当然か。
宗茂の時と同じ負け方=二代の強さを認めるよりも負けを認めることを選んだのはわかったけど、特殊EDの立花夫婦は映像だけじゃ全然わかんねぇよ・・・。

今度こそ大体の戦闘は終わってエピローグかなー?
自分の中で話の整理がまだ全然付いてないんですが最後に説明とかあるのかな・・・。

境界線上のホライゾンII 第11話

★境界線上のホライゾンII 第11話 「花畑の合格者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

気付いたらどいつもこいつもイチャラブしてた気がするでござる。
戦闘とか色々あったけど結局ラブに集約してたな。
点蔵はがんばったと思うけど2回も噛みやがった・・・。
そこからのごまかしに素直に疑問を投げかけるメアリと共に初々しいなぁ。
どうぞ末永く爆発して幸せになりやがってください!
内輪でも「リア充爆発しろ」と言われててワロタ・・・お前ら祝福してやれよ!

しかし、最後は二代さんのセックス発言で全部持って行ってしまった・・・。
まさか再びここでそのネタが使われるとは思わなかったし色々と台無しだよ!
残りの戦闘も次で終わりそうだし、エピローグとか割と余裕がありそうだなー。

境界線上のホライゾンII 第10話

★境界線上のホライゾンII 第10話 「劇場の咆哮者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

次々と戦闘が決着。
その中でも賢姉のチートさとウオルシンガムのマウスの可愛さが目立ったな。
一気に各所の描写をしてるので全部追えないのは勿体ないなぁ・・・。
ネシンバラとシェイクスピアの決着は気付いたら付いてたし。
とりあえず、眼鏡組は点蔵よりも爆発すればいいんじゃないかな!

アデーレといい、デレシェイクスピアといい眼鏡キャラをここまで可愛く感じるのは自分としては珍しいな。
この作品だと巨乳=他作品の爆乳レベルで個人的にいまいちなので、消去法でぺったんキャラに惹かれるっていうのはあるんだろうけど。

次回ぐらいで概ね戦闘は終わるのかなー?
早く点蔵の一世一代の告白を聞きたいでござる。

境界線上のホライゾンII 第09話

★境界線上のホライゾンII 第09話 「夜空の別離者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アデーレが指揮官とな!?
おかげで出番増量で満足ですよ・・・。
個人的には映像のクオリティより何より大事だったりする。

点蔵主人公化はわかりきってたことだけど「LOVEしちゃったでござる」な台詞はここでかー。
番宣で何度も言ってたけど、地味にそこそこのネタバレじゃねえか・・・。

戦闘凄いのはもう慣れちゃったから特にコメントすることもないんだけど、自分のチェックだとホライゾン→TEなのでTEが可哀想なことに毎回なってるんですよねぇ・・・。

境界線上のホライゾンII 第08話

★境界線上のホライゾンII 第08話 「高所の決定者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

紆余曲折あったものの英国と無事共闘体制に。
前田・利家とかなんだかよくわからないまま退場してしまったな・・・。
その後のやりとりといい、妖精女王が正純のことを気に入ってるから提案を受けたというのもあるのかなー。
内容よりも全裸→弓→悲嘆の怠惰というコンボがギャグ的に印象強すぎた。

後半はやっと英国と和やかムードの緊張状態からの脱出。
すぐに戦闘が始まるんだろうから小休止なんでしょうが。
トーリさんが絶好調で全裸なんだけど英国の方々はそれでいいのか・・・エクスカリバー・カリバーンに股間なすりつけてるぞ?(笑)
それが提供になってるし・・・近年まれに見る最低の提供でした(褒め言葉)。

境界線上のホライゾンII 第07話

★境界線上のホライゾンII 第07話 「広間の語り部」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

待望の交渉回!
戦闘と同じぐらい交渉が楽しみなアニメは珍しいなぁ。
相も変わらず正純無双である。
互いの外野のリアクションを見てると大まかな方針以外は本人達を信頼して任せてるのかなー。
基本的に不利な立場である武蔵は正純の機転が本当に生命線に見えますね。
物語の魅せ方としても、相手を如何に賢しく、しかしそれをこちらが紙一重で上回るような絶妙さの出し方が巧いよなぁ。
それに今回は互いの目的と反論の一手がわかりやすくて良かったです。

今回もなんとか武蔵側の勝利・・・かと思いきや乱入者?
これは決裂→戦闘パターンな気がするでぇ・・・。

境界線上のホライゾンII 第06話

★境界線上のホライゾンII 第06話 「広場の男女」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

胸があれば即死だった・・・!
アデーレならもっと楽に回避出来たことだろう(笑)
貧乳であることが報われた瞬間、感動すら覚え・・・ないですね、はい。
全体的に貧乳勢の活躍が目立った回だったな。

立花嫁のバトルは解説探さないとよくわからなかった・・・。
失敗中なら更に失敗はしないからそこに付けいる隙がある→バナナってことか。

トーリが珍しく主人公してたけど点蔵主人公すなー。

境界線上のホライゾンII 第05話

★境界線上のホライゾンII 第05話 「猟場の人道主義者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

待望の戦闘回!
相変わらず状況がよくわからないことが多い戦闘回ですが、戦闘のクオリティが素晴らしいのでもうどうでもいいかな。
話が進めばそれなりに理解出来るような作りにはなってるので今は気にしないことにします。
キャラ名が未だ怪しいのに、英国のキャラも増えててんやわんやですが・・・。
とりあえず、アデーレがエロ可愛かった(小並ry
毎回アデーレに触れてる気がするけど、1期よりも安定して見せ場があるからだなー。

次回も残りの戦闘かな?
敵の敵は・・・ということで立花嫁の活躍に期待。

境界線上のホライゾンII 第04話

★境界線上のホライゾンII 第04話 「劇場の支配者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

もはやトーリが全裸であることに何の疑問も抱かなくなってきてだんだんと毒されてきたようです。

今回は全体的にオパーイ&萌え&風呂回。
ネイトが獣人可愛かったりアデーレ出番多くて眼鏡外しても可愛かったりと和気藹々。
1話から戦闘やそれに準じる話が多かったのでつかの間の日常回という印象です。
その中でも点蔵一人良い想いしすぎだろう・・・もう半分ぐらい主人公だよね。

次回は戦闘ということでまた盛り上がりそうだ。

境界線上のホライゾンII 第03話

★境界線上のホライゾンII 第03話 「土上の下り者」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ホライゾンと言えば・・・というか川上稔作品と言えば“交渉”の印象が強い自分です。
今回はシロ大活躍の交渉回。
肉の値引率=学園祭の開催日時ということなんだね。
武蔵側は開催日を延ばす=出来るだけ元の値段で売りつけたい。
英国側はその逆で買いたたこうとしていたわけですね。
まー、なんだかよくわからんでもトリプルアクセル土下座で笑えたならいいんじゃないだろうか。
原作出た当時は時事ネタだったのかなぁ・・・。
それと結果的にアデーレの出番増えそうなのでなんでもいいからOKです!
いや、別行動ってことで逆に減るのか・・・?二代達も巻き添えなんだろうけど。

まぁ、傷の人がほっちゃんで金髪巨乳の美人さんだったのでこまけぇこたぁ(ry
番宣とかOPで点蔵が目立ってた気はしてたけど・・・まさかのラブロマンス的なのあるのかー!?

境界線上のホライゾンII 第02話

★境界線上のホライゾンII 第02話 「舞台上の宣告者」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

アデーレ可愛いから出番少なくても泣かない。

キャラがどんどん増えてきて何やってるかわからなくなってくるのは相変わらずですね・・・。
それでも戦闘シーンがあるからなんとかついて行けてるけど。
川上稔は概念的な戦闘シーンが多いし、あまり気にせず結果だけ見てるのが賢いかもしれない。
武蔵達がなんだかんだで上陸に成功したんだなと思っておこう。

とりあえず、全裸とおっぱいの印象しか残ってないんだが!

境界線上のホライゾンII 第01話

★(新)境界線上のホライゾンII 第01話 「朱の場の部員達」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作未読&1期は視聴済み。
1期の時も同じ事を書いた気がしますが、川上稔作品は「終わりのクロニクル」のみ既読。
当時はそこそこハマってお気に入りの作品でもあるのですが、境ホラは1巻最初の大量の設定資料でぶん投げたという経緯があります。
アニメの1期はそれなりには楽しめたけど、評価としては普通の良作って所じゃないかなぁ。

2期1話は1期ラストの続き。
分割なのはわかってたけど完全に14話だこれー。
分割にされると記憶が曖昧になるのはごちゃごちゃしてる作品では致命的な気がする・・・。
ともあれ、今回は細かいことは考えずにクオリティの高い戦闘シーンを楽しめました。
戦闘シーンはホント素晴らしいな・・・他のサンライズアニメに少しでも分けてあげてください、何にとは言わないけど。
後は安定の全裸とかZENRAとか。
逆に言えば、それ以外はやっぱり個人的には普通だなーと思ってしまうんですけどね。
特に好きなキャラが居ないせいもあるんだろう・・・。
強いて言えば、今回台詞が二言ぐらいだったアデーレは好きだけどさ。中の人的な意味で。

とりあえず、状況やキャラを今一度頭の中で整理するまでは様子見かなー。
キャラ名と役職とかもう結構忘れちゃったよ・・・。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。