説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界より 第25話

★新世界より 第25話 「新世界より」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

引っ張った割には決着が一瞬で吹いた。
呪力は本気を出せば一瞬で人を殺せる能力なんだから決着が一瞬なのは当たり前なのかもしれないけど。
悪鬼じゃなければ何なんだ?という前回の引きは決着を持って説明されました。
その正体は普通に呪力を持った人間・・・ただし、自分をバケネズミと思い込んでいるため、愧死機構が人間には働かないという特性を持った、です。
故に、人間のような格好をした奇狼丸を攻撃させ、バケネズミであることをばらして愧死機構を発動させて倒したと・・・奇狼丸は犠牲になったのだ・・・。
奇狼丸にお願いと言っていたけど、逆らえば早季に殺されかねないし、待ってても全滅だから奇狼丸に選択の余地は無かったよね・・・。
最後に女王の保護だけを願って死に行く様は切腹を覚悟した武士のようでした。
結局、早季と覚だけ主人公補正っぽく生き残ってしまうのは皮肉ですね・・・。

前半の早いうちに決着が付いたので、エピローグはゆっくり堪能出来ました。
スクィーラは捕らえられ、無間地獄とも言える拷問に・・・。
ただ、スクィーラの言ってること自体は極めて正論なんだよね。
遺伝子レベルでそうなってるのかもしれないけど、早季達はバケネズミに対する上から目線に自覚が無いのがタチが悪い。
凶器をちらつかせてる集団から何言われても脅迫にしか見えないだろうっていう。

更にはスクィーラの根本にあった「我々は人間だ!」という叫びの理由が最後には明らかに。
オチとしては遺伝子操作された呪力を持たない人間がバケネズミという後味が悪いもの。
瞬がミノシロモドキに「呪力を持たない人間はどうしたんだ」という質問をしたのは物語の核心だったんだなぁ。
というか、気付いたからこその質問だったわけで、改めて瞬の凄さを思い知らされた最終回でした。

話としては全体的な暗い雰囲気と後味の悪さが人を選ぶと思いますが面白かったです。
ただ、色々と映像と尺が足を引っ張ってるように感じられてアニメに向いていたかは・・・。
もちろん、映像になったからこそ良かった部分もあったと思うのですが。
個人的には種田梨沙さんの発掘とnmkwの相変わらずの巧さを堪能出来たのは良かったかな、という感じ。
スポンサーサイト

新世界より 第24話

★新世界より 第24話 「闇に燃えし篝火は」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

早季さんここにきてクズすぎて吹いた。
いやまぁ、甘えた感情論なら早季の言ってることはわからないでもないんですけどね・・・。
自分の生死だけならともかく、覚の生死までかかってる状態で今更ちょっと待ってはないわー。
乾さんの死ぬ直前の台詞とか少しも頭に過ぎらなかったんだろうか。
最終的にサイコバスターを浄化したのは覚のことを思ってなのはわかるけどさ・・・。
最終回を目前にして早季さんの株大暴落でしたとさ。

更には物語上仕方ないとしても、悪鬼(?)を倒す方法を勿体付けるとか最後までイライラさせてくれるぜ!

次回最終回のサブタイは「新世界より」。
最終話のサブタイがアニメのタイトルの作品はめいs(ry

新世界より 第23話

★新世界より 第23話 「少年の顔」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

乾さん・・・無茶しやがって・・・。
前回の時点でフラグ乱立だったのに今回でもフラグ立てすぎィ!
1回目の危機は回避したけど2回目はさすがに無理でした。
というか、早季を守ったから死んだんだよねコレ・・・。
死神と呼ばれていた乾さんが亡霊のように生き延びて、最後は早季に全てを託して脅威と相打ちで死亡って切ないなぁ。
絶対死ぬんだろうなーと思ってはいたけど、一瞬で退場した所がやけにリアリティあってなんともいえない気持ちになりました。

そして今回でやっと早季は瞬の名前を思い出せました。
瞬の姿は前に真理亜の姿をチラ見したように幻覚なのかなぁ?
ともあれ、早季が地上に出て瞬の名前を思い出すくだりはまさに「新世界」という感じが伝わってくる幻想的なシーンで謎の鳥肌でした。
引きが卑怯すぎんよ・・・。

奇狼丸裏切り疑惑からの気になる次回予告。
ここに来て奇狼丸裏切りだった場合は覚は生きてなさそうだからそうじゃないと思いたい。

新世界より 第22話

★新世界より 第22話 「東京」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

東京がリアル東京砂漠すぎて吹いた。
今回は食事中の方は回れ右的な注意を付けて欲しかったなぁ。
モロに飯食いながら見てた俺は直撃でした\(^o^)/
グロとかなら普通に行けるんですけどねぇ・・・。
ホラーはホラーでも違ったテイストのホラーになってました。

相変わらず1話が終わるのが早い。
話数的に東京の中で決着は付きそうですね。
乾さんや奇狼丸が頼もしいけど、強気すぎる態度は死亡フラグにしか見えないんだぜ?
乾さんにいたっては予告が既に死亡フラグじゃないですかやだー!

新世界より 第21話

★新世界より 第21話 「劫火」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

肆星さん・・・\(^o^)/
悪鬼という時点でわかりきっていたことだけど、あれだけ無敵設定だった肆星さんがあっさり退場。
あれだけ時間稼ぎが出来たことをさすがというべきなんでしょうね。
肆星さん本人だって悪鬼には勝てないとわかりきっての言動だったろうし最後まで立派でした。

立派な大人と言えば、新見さんも早季達を逃がすために犠牲に・・・。
新見さんの呪力がないと放送するための水力発電が出来ない=家路が途絶えたのはそういうことだろうし。
富子様のことには触れられてないけど、こちらもやっぱり退場してそう。
何気に別れていた覚はあっさり合流出来たのに・・・これがメインとサブの違いか。

寺まで逃げ延びた早季達は鳥獣保護官の乾さんと再開。
乾さんの口から野狐丸の真の目的は人間の赤ちゃんであることが明らかに。
そういえば、バケネズミ同士の戦争での最高の戦利品は幼獣って言ってましたね。
そしてスクィーラが早季達の呪力と精神の不安定さを見て悪鬼量産を思いついたんだろうな。
後手に回ってるけどここからどう持っていくのかな・・・。

次回予告にて、ナチュラルに奇狼丸の姿が!
生きてて良かったー!

新世界より 第20話

★新世界より 第20話 「冷たい日だまり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ここ最近は1話終わるのが早い!
ドキドキしながら見てるともうEDか・・・ということが多々。
ホラー演出は自分は普段見慣れないし作品に合ってていいな。
正体というか姿が判明するまでこの恐怖感は続きそう。
まぁ、姿が見えても対処法が実質ゼロだから早季達の恐怖は変わらないのだろうけど。
最低でも相打ち覚悟、今の状況だと視認されただけでアウトくさいから毒殺とか自爆とかも難しそう。
悪鬼とは言ってるけど、富子様の言う通り存在する可能性が限りなく薄い=イレギュラー的要素アリ?という所に期待するしかないのかな。
富子様の半分諦めムードを見ると本当に絶望を感じますね・・・富子様、消えるのか・・・?

内容的には良かったんですが、作画のヤバさが徐々に戻って来た感じ。
空飛ぶシーンとかポイントは抑えてただけど他がかなり割を食ってたなぁ。

次回予告で肆星さんが・・・。

新世界より 第19話

★新世界より 第19話 「暗闇」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

第3部に入ってからずいぶんと作画と演出がパワーアップした気がしますね。
暗転とアップの多様なくなっただけでかなりマシに見えます。
このために力を溜めてたのかなぁ・・・。

今回は5人組を作ってバケネズミの掃討戦だー!と思ってたら気付けばホラーになってでござるの巻。
早季は相手が呪力使いである可能性をもう少し全面に押し出してあげれば・・・。
ましてや悪鬼の話を直接聞いてたんだから、一番に対処して欲しかった。
その点、覚は子供の頃からの頭の良さに更に磨きがかかっていて的確だったなぁ。
覚が居なければへたすれば全滅してた気がするぞ。
ホラー全開の演出と王道死亡フラグの積み重ねが絶妙にマッチしていて見ているこっちも恐くなってくる見事なホラー回でした。
人の命をなんとも思ってなくあっさり死んでいくのがいいな。

新世界より 第18話

★新世界より 第18話 「紅い花」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ついに始まった新世界より(バトル的な意味で)
というわけで、バケネズミの反乱と掃討しようとする人間の戦争が遂に勃発。
大雀蜂コロニーは全滅といいつつも、奇狼丸さんが生きてるっぽいので安心した。
掃討対象になった塩屋虻コロニーが反乱を起こしているんだろうけど、野狐丸の狡猾さを考えるともっと仲間を増やしていても不思議じゃないな。
やられ方を聞いた時に真っ先に呪力が思いついたけど、真理亜と守にはどちらにせよ動機は薄いよね。
富子さんが庇ってくれてるんじゃないとしたら、そこまで鑑定してるなら2人は死亡してるんだろうけど。
引きの真理亜の子供云々の台詞が暗示になってるっぽいし、ということは呪力が使える人間とはやはり・・・。

完全舐めプだった日野さんがあっさりあぼーんしたのは寧ろ笑ってしまったけど、肆星さんはさすが本気を出せば地球真っ二つというのは伊達じゃないな・・・。
宏美ちゃんは唯一の慎重策を提案してたのにあっさり退場とか報われないなぁ。

次回は人間達の反撃となるのか?
なんだか野狐丸のことだからこの辺まで読んでそうなんだよなぁ。

新世界より 第17話

★新世界より 第17話 「破滅の足音」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

てっきり遠藤さんが26歳verの早季を演じるのかと思ってたら種田さん続投なんですね。
去年から名前が出てきた人ですが、26歳verの演技を聞いて驚きました。
12、14、26歳ときっちり演じ分けられるのは素晴らしいですね。
この実力ならこれからもっと出演が増えてくるんじゃないかなー、今後に期待。
それにしても26歳verはなんだかドSチックな声色で聞いていてゾクゾクするのは俺だけですか?
覚も良い感じに落ち着いて大人になったという印象だけど、おかげで子供時代と立場逆転してる気がしますね(笑)

今回は第3部スタートですが、初っぱなからバケネズミ絡みできな臭い。
スクィーラ改め野狐丸黒すぎィ!と思ってたらラストで( ゚Д゚)ポカーン
奇狼丸さん死んでしまうん・・・?
早季は立場的に奇狼丸の方が信頼できるとわかってるはずなんだけどなぁ。
あのそうそうたるメンバーの中では余計なことは口出しできなくなったか。
大人になると言うことは守りに入るということでもあるし、早季とて例外じゃない。
それにしても富子様は相変わらずの美しさですね・・・。

こうなってくると、やはり第2部でフラグがあったようにバケネズミの反乱という展開になりそうですね。
問題はEDや予告にちらつく真理亜の影。
まさかバケネズミに協力を・・・?

新世界より 第16話

★新世界より 第16話 「愛する早季へ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今までOPがなかったのにいきなりOP(?)があってびっくりした。
出だしはズコーだったけどサビとか割と良かったと思うよ!
回想に尺使いすぎだと思ったけど使い回しは少ないしまぁいいか。
それよりも真理亜の手紙が長すぎてワロタ。
延々数分手紙を読んでいたんじゃ・・・文章量にしたら相当ありそうですね。

そんなこんなで今回で第2部終了で次からはやっと大人編か。
今まではなんとなく1班メンバーが消えていくのは予想出来たけど、ここからどういう話になっていくのか想像出来ないので楽しみですね。

新世界より 第15話

★新世界より 第15話 「残像」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今までも怪しさ全開のスクィーラでしたが、今回は知識と人間並みの生活を得て更に狡猾で油断できない奴になってましたね・・・。
今回感じたことは、覚の「人間に取ってかわるつもりじゃあ」に集約されますよね。
コロニーの肥大化、女王を産む機会化(ロボトミー?)あたりはまだしも、人間がこしらえていないコンクリの建物を建造してるっていうのはいかんでしょ・・・。
このことは周りの人間達のコミュニティは把握しているのか?
呪力による抑止力だけでバケネズミを抑えておけると思ってるきらいがあるような。
業魔や悪鬼の事件で何を学んだのか・・・最終的には戦争とかそういう話になるのかなー。

新世界より 第14話

★新世界より 第14話 「雪華」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

うん、そりゃ真理亜と守を2人にしたらそうなるよね・・・。
早季は驚いていたようだけど、姿を消すとまでは思ってなかったのかなぁ。
そもそも戻った早季達が無事であるとも限らないんだし、痕跡辿られる可能性があるんだからそりゃ逃げますわ。

次回はお久しぶりのスクィーラの力を借りての捜索かな?
次回予告の台詞が不穏すぎますが・・・スクィーラだしなぁ。

新世界より 第13話

★新世界より 第13話 「再会」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

1話殆どまるまる守の捜索をしていただけだったでござるの巻。
そういう回だからなのか表情手抜き回でした。
無表情でぴょんぴょん跳ねてる真理亜がシュールすぎるわ。
呪力の節約のためにあんな動きだったんだろうけど、雪国の人間としてはあんなことしたら滑りそうで恐いけどそこは万能呪力の力で制御出来ているんだろう。
伏線をちょこちょこ回収して守の死亡フラグ回収寸前・・・という所で終了。
予告的にこれは真理亜と守はさようならっぽいな。
さすがに早季や覚は残るのかなぁ・・・。
問題は生きて逃げ延びられるかでしょうけど。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。