説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ! 第26話

★(終)リトルバスターズ! 第26話 「最高の仲間たち」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

良い2期へのプロローグという名の最終回だったな!
誰もが予想したとおりラストに2期リフレインの告知。
リフレインという単語だけは知っていて内容はまったく知らないのですが、映像見る限りは最初は素直に続きと思っていいのかな?
姉御ルートとかまだやってないしなぁ・・・。
こういう作りは制作は違うけどCLANNAD→AFTERを思い出しますね。
keyの作品構造にそういうものが多いというのはあるのだろうけど。
後はこれがいつ放送されるか・・・最終話も伏線らしき描写があったけど、2期までに覚えてる自信皆無ですわ。

最終回の内容としては、理樹がちゃんとある程度の自信を持てるような話になって良かった。
それまで理樹が救ってきた子達から励まされるというのは絆を感じて良い。
恭介が理樹をリーダーに推すのには更に深い理由がありそうだけど、今回だけ見ても理樹がリーダーに選ばれるのは納得ですわ。

今回、一番笑ったのは謙吾のキャラ崩壊。
どうしてこんなになるまで(ry

なにはともあれリフレイン楽しみです。
それまでにネタバレを踏まないことを祈ります・・・。
スポンサーサイト

リトルバスターズ! 第25話

★リトルバスターズ! 第25話 「最後のひとり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

謙吾△
男性陣主導で動く話は熱いのが良いですよね!
真人が正論言ってると思ったらやっぱり真人は真人でワロタ。
謙吾は性格もだけど、髪を下ろすともはやただのイケメンや・・・。
最後のメンバーというのは未プレイ視聴者でも「知ってた」というオチだろうけど、理樹の推理で恭介を怪しんでるのがあからさますぎてどうなんだろうな・・・。
あらゆる意味で特殊な立ち位置のキャラだとは思うんですけどね、夏目兄妹は。
・・・まぁ、深く考えないようにします、どうせ2期までに結構忘れるんだから。

途中のゲッターもびっくりな劇画調には吹かざるを得ない。
いや熱くて良いんだけどね!ここだけスポ根すぎるぜ。

次回で最終回ですが、もはや試合云々よりも2期いつー?の方がメインですよね・・・。

リトルバスターズ! 第24話

★リトルバスターズ! 第24話 「鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

鈴ちゃん小毬ちゃんメインのミッション消化日常話!
・・・かと思いきやこれまた伏線回だったような。
8人の小人が消えるという話と小毬ちゃんが見つからないというのはあからさますぎるよね。
CLANNADでもルートとか玉とか似たようなと言えないこともない要素があったし、やっぱりこれはそのまま受け取ってよさそうかな。
ルートが終わってる(であろう)のは小毬ちゃん、はるちん、美魚、クドとクド以外は不自然に消えてる描写あり。
そもそも、野球が9人必要=理樹を除くと8人というのが直球だな・・・ミスリードなのかもしれないけど。
予告でメンバー足りないって言ってたけど素直に謙吾で・・・というかそうなりそうな。

リトルバスターズ! 第23話

★リトルバスターズ! 第23話 「あなたの大切なもののために」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

クドが大変なことに・・・と思ってたら気付いたらハッピーエンドになっていた、何を言ってるか(ry
いや、ホント、歯車ワープあたりから( ゚Д゚)ポカーンとしっぱなしだったよ・・・。
クドが見た光景は綺麗だったけど、時間が経ったら問題解決!無事帰国、リトルバスターズに復帰!で続きがあると思ったら普通に次回予告でびっくりしたよ・・・。
まぁ、歯車云々に関してはそういうことが起きる世界なんだなと納得するしかないか。
歯車が世界線というか平行世界の暗喩になってるような気もするし。
何食わぬ顔ではるちんや美魚が復帰してたりでもう考えるのは辞めた!
どうせ答え合わせはリフレインとやらになるんだろうし、アニメで待つなら相当先っぽいしなぁ・・・。
喩え考案しても、それまでに覚えてられる自信がない。

次回は暗いムード脱却ですかね。

リトルバスターズ! 第22話

★リトルバスターズ! 第22話 「わたし、必ず戻ってきます」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

本編はクドの話で盛り上がってるんだけど、今回はそれ以上に気になるシーンが多かった。
鈴の台詞や恭介とクドの会話から感じ取れる違和感。
極めつけは理樹がはるちんと美魚に電話をして繋がらなかったこと。
また、その直後に理樹が何かを視ていたり、クドの見送りに2人が居ない、そのことに誰も触れてないのが気になりすぎますね・・・。
やはりkeyお得意の「世界」絡みの仕掛けがあるということかな。
そういや、何話か前でも美魚が不自然に消えていた時があったな・・・全ては伏線なんだろうな。

現段階ではなんとなくでしか想像が出来ないので素直に個別ルート楽しめばいいんだろうけど、今回は全然クドルートの話が頭に入ってこなかったなぁ。
次回はそんなこと言ってられないぐらい修羅場っぽいけど。

リトルバスターズ! 第21話

★リトルバスターズ! 第21話 「50ノーティカルマイルの空」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

なんだ、母親との関係がちょっと気まずいぐらいでいつものほんわかムードじゃないかクドルート・・・とか思ってた結果がこの引きだよ!
今までは既存の問題を掘り起こして解決するパターンだったけど、今回は既存の問題+鬱展開というWパンチ。
それがよりにもよって庇護欲がそそられるクドの身に起きるとは・・・。
さすがにあんな事故じゃ絶望的だろうし、目の前の死に理樹は立ち向かうことが出来るのか?
前半のノリが完全に吹っ飛んでしまったぜ・・・。

リトルバスターズ! 第20話

★リトルバスターズ! 第20話 「恋わずらいをいやせ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

さささささみさん意外とイイヒトダナー。
仲良くなれそうだと思ったら一瞬で元通りでござる。
そのまま鈴にデレてくれた方が視聴者としてもニヤニヤ出来るんだけどな。
ニヤニヤと言えば、美魚さんが自然に腐ってたのはワロタ。

今回はリトルバスターズのメンバーではなく、理樹と鈴が中心になって話が進行していたのが珍しかったですね。
理樹は主人公だからともかくとして、鈴がここまで主導権握って話を進めることになるとは。
あれだけ人見知りだった鈴も成長したなぁ・・・なんだか失礼なだけになってる気もするけど!

次回はクドルート復帰ですね。
さて、どういう方向のシリアスになるのか・・・。

リトルバスターズ! 第19話

★リトルバスターズ! 第19話 「きっと、ずっと、がんばるのです」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介


クドルート突入!と思いきや・・・あ、あれ?次回サブキャラ話?
まさかこれでクドルート終わりってことないよね・・・OP見る限りやっぱりそれなりに重いモノ抱えてそうだし。
暗い話の前に一呼吸置くためのささささんだと思いたい。

内容自体はクドがアホの子、リトルバスターズは相変わらず仲間思いのイイハナシダナーと言った感じ。
正直、あんまり盛り上がる場面がなかったので消化不良だったかな。
はるちんが佳奈多をお姉ちゃんと呼んでいたりと良いシーンもたくさんあったけどね。
はるちんが補習に敢えて行ったことでみんなが行動するキッカケになったし、間違いなく今回のMVPだと思う。

リトルバスターズ! 第18話

★リトルバスターズ! 第18話 「答えは心のなかにあるんだ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

はるちん編完結。
悪者なんて居なかったんや!佳奈多は良いお姉ちゃんだった!
といいつつも三枝家のクズ共には一切制裁ないのか・・・どう見ても元凶だよな。
どうやら佳奈多ルートでその辺掘り下げられるらしいのですが・・・2期とかでやるのかな?
結局、どっちの子供なんだよ!というのも判明するのかなぁ。
そんな感じで消化不良な部分もあるものの、美しい姉妹愛が見られたから満足かな。

イイハナシダナーと思ってたら、エピローグのはるちんの私服でズコーしたけどな!
確かに髪の色とかは合ってるけどさ・・・世界観というか浮きまくりや。
どうしてこんなビジュアル系みたいな格好になってしまったのか・・・原作通りらしいけど。

次回からはクドルート突入か。
尺的に個別はクドでラスト?ギリもう1人ぐらいいけるのか?
美魚が居なかったのは伏線なのか大人の事情なのか・・・。

リトルバスターズ! 第17話

★リトルバスターズ! 第17話 「誰かにそばにいて欲しかったんだ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回の続きで重苦しい雰囲気が続く。
まぁ、全てを語った後ならリトルバスターズのメンバーが暖かく迎えてくれるのは想定の範囲内。
はるちんの方はリトルバスターズのおかげであまり鬱にならず感動的になったのは救いかな。
はるちんをそっと抱きしめる姉御がイケメン過ぎて濡れる。
姉御は色んな意味で美味しいポジションだなぁ・・・。
イケメンと言えば、真人も肝心な時に空気読んで良いこと言うし本当に良い奴ばっかりだ。

一方の問題は佳奈多の方。
これまでは一方的に佳奈多が悪いような言われ方をしてきたけど、二木家の圧力が全面にかかったりと彼女も大変なんだな・・・。
佳奈多を敵視するリトルバスターズの中でルームメイトのクドの複雑そうな表情が印象的でした。
本当は良い人なのにどうしてそんな態度を取るんだろうという風にも見えたなぁ。
クドが見たのはOPの傷痕かな?
実際、ビラまきの犯人は佳奈多ではなかったしそこまでの悪意はなさそう。

最後の双子の変身は何故このタイミングで・・・これで佳奈多の意図がまたわからなくなりました。
入れ替われるということは出生の秘密を入れ替えてごまかせるフラグとも読めるけどはたして。

リトルバスターズ! 第16話

★リトルバスターズ! 第16話 「そんな目で見ないで」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

はるちんと佳奈多は双子だったんだよ!!
な、なんだってー(棒読み)
というわけではるちんルート突入。
声も髪の色も一緒なんだから寧ろ周りも少しは疑えよ・・・。
名字違うし、声は配役の都合で一緒なだけで聞けばわかるレベルじゃないと想定、髪の色は2次元だと突っ込み厳禁な所もあるからしょうがないのかもしれないけど。
視聴者的には知ってたよ!とかやっぱりかよ!という反応にしかならないな!

それに伴ってはるちんの厳しい家庭事情も明らかに。
OPで予想はしていたけどまぁ親云々とかそういう話だと思いました。
佳奈多の考えが現時点で読めないからどういう落とし所にするのか・・・。
双子が仲直りっていうのが妥当な落とし所なんでしょうけど。
問題はここから更に鬱になるのか否か。
前回が明るい話だっただけに余計際立つけど、みんながいるというのがより強調されてたのは良かったかな。

リトルバスターズ! 第15話

★リトルバスターズ! 第15話 「ムヒョッス、最高だぜ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

OP映像がちょっとだけ変わりましたね。
どんなんだったかなーと改めて見ようと思ったら変わってたよ!

今回は予告から想像付いたとおり、久しぶりにリトルバスターズらしいお話。
男女(+女装)別れてっていうノリは珍しいと言えば珍しいか?
たまにはハーレムで女子無双も良いよね・・・。
合間の男子達も良い味出してました。恭介x理樹は鉄板過ぎるな。
それにしても理樹が羨ましすぎる・・・羨ましすぎる・・・。
この年代の男子としては、女子に遊ばれるのは抵抗あるかもしれないけど理樹は自分の恵まれたポジションを自覚すべき。
まぁ、下心見えないからこそのこういう扱いなんだろうけどさぁ!
姉御は先導してた割には直接あんまり絡まなかったな、シャワーシーンもカットされたし・・・。
女装すらももはやご褒美です。

次回からははるちんルートかな?
OPの傷痕?からして今までで一番重い話が来そうだな・・・。

リトルバスターズ! 第14話

★リトルバスターズ! 第14話 「だからぼくは君に手をのばす」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

美魚編完結。
予想通り、理樹が実質1人で戦っていく様子を見られたのは良かったしその背中を押したのが恭介というのも良かったんだけど・・・気付いたらイイハナシダナーみたいな終わりになっててワロタ。
理樹が海に入る姿は端から見ると自殺志望者にしか見えないような・・・。
そもそも学校と海って距離離れてるよね?美魚はワープしたの?
等など、色々( ゚Д゚)ポカーンとしてしまったんだけど、きっと後々見直すとわかる演出になってるんだろうな。
とりあえず、今のところは幻覚というかイメージ映像みたいなものだと勝手に納得しておくことにする。
世界の秘密云々からファンタジー要素は感じ取れるしね。
演出的に綺麗な終わりだったので文句無し。

次回は再び共通の話になるのかな?
リトバスにはなんだか珍しい気がするサービスシーンの予感!
最近、シリアス続きだったので、そろそろリトルバスターズらしい笑いの絶えない話が見たいですね。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。