説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまりスケッチ×ハニカム 第12話

★(終)ひだまりスケッチ×ハニカム 第12話 「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あれ、次回予告がないんですが気のせいでしょうか・・・?
安定のTBSクオリティ(OPEDのスタイルがぶれない的な意味で)のおかげもあってか、全然最終回という感じがしないな!
これはまだまだひだまりというコンテンツが続くという前向きな解釈が出来そうだ。
まずは恒例の特別編からですね・・・。
原作を読んでないのでわからないのですが、あまりストックがないようなので続きが見られるにしてもまた間隔は空きそうですね。
なんだかんだで安定して楽しめるアニメなのでいつかまた戻って来て欲しいです。

最終回も沙英x夏目で非常に俺得で何よりでした。
スポンサーサイト

ひだまりスケッチ×ハニカム 第11話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第11話 「12月22日 お姉ちゃんだったのですね/12月21日~24日 うろおぼえうた」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ついに待ちに待った夏目当番回(?)きたあああああ!!
夏目の出番が多いだけでも嬉しいのになんですかこの嬉しいシチュエーション!
ひだまり荘に来る来る詐欺だと思ってたのに、まさかクリスマスパーティーを一緒にやるとは。
人見知りな夏目が徐々にひだまり荘のメンバーと溶け込んでいく様は心が温かくなりました。

そして何よりも沙英x夏目がキマシすぎてヤバイ。
沙英さんイケメン過ぎるのに照れまくりとか卑怯ですやん。
いつものツンデレ態度じゃなくて自然に沙英への憧れを出してしまったことに気付いて恥ずかしがり、なおかつ帰宅後に枕抱いてごろごろとかニヤニヤすぎですやん。
あぁ、なんか久しぶりに強烈な百合分を補給できた気がします。
特に絡みとかあったわけじゃないのにそれでもこんなにニヤニヤ出来るのは素晴らしい。
もしかしてシリーズ通しても最もニヤニヤした話だったかもしれません。

・・・あ、全然前半の吉野屋先生に触れてないや。
まぁいいか。

次回で遂に最終回・・・年越しして終わりなんですね。
卒業見られなかったのは残念のような安心したような・・・。
5期の余地があるとポジティブに解釈すべきですかね。

ひだまりスケッチ×ハニカム 第10話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第10話 「12月2日 学べる雪合戦/12月15日 ひだまり応援」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

BS-TBSでもきっちりコメンタリー付きでしたが副音声の方は聞いてないです。
コメンタリー聞いてると本編に集中出来ないねん。

本編は立て続けの終了ムードに心が折られそうです・・・。
ゆのっちの「後3ヶ月」という単語が重すぎるなぁ。
ひだまり荘のメンバーなら3ヶ月を満喫することは出来るのかも知れないけど、この年代の時間っていうのはある意味大人になってからよりも貴重なんですよねぇ。
当人達が気付いてないパターンも多いけど彼女たちなら問題なさそうですね。
ヒロさん沙英さんの卒業で終わるのが綺麗な終わりだとは思うけど切ない。
毎回涙腺刺激するのやめたげてよぉ!
しかし、作中的には3ヶ月ってすぐだよなぁ・・・1話で1ヶ月ぐらい進むし。

次回はBS-TBSでは休止なので結構間は空きますがまだ作中12月の話なのね。

ひだまりスケッチ×ハニカム 第09話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第09話 「11月10日 ほほえみがえし」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

色々とネタが懐かしい・・・。
ひだまり荘の看板作ったのってアニメ放送で言うともう6年近く前なんだぜ・・・。
中学生ぐらいで見てた人が成人してるレベルってよく考えたら凄い。
そりゃ自分もおっさんになりますわ・・・勿論中の人も(ry
作中のキャラは微笑ましかったけど、年齢云々は現実的に辛い話だったな!(笑)

それにしてもこんな過去を振り返る話をすると本当に終わりが近づいてきたなぁという感じですね。
日付的にも冬が近づき・・・次回は12月の話ですよ。
原作読んでないのでどういう風に話が進んでいくのはわからないんですが、このままヒロさん達卒業しちゃうのかなぁ・・・改めて寂しいですね・・・。

ひだまりスケッチ×ハニカム 第08話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第08話 「10月11日、30日 恐怖!やまぶき祭 準備編/11月3日 怪奇!やまぶき祭 当日編」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回は久しぶりにひだまりらしい話全開でしたね。
楽しそうな学祭の雰囲気は伝わって来て良かったけど、とりあえず後夜祭のリア充は爆発しろ。
吉野屋先生は期待を本当に裏切らない人だなぁ・・・。
乃莉の某カットがまんま「あたしって、ほんとバカ」だったのはワロタ。
宮ちゃんは驚かし系のオチは卑怯だよ・・・こっちもびびったわ。

で、何故こんなに皆の出番があったのに夏目の出番は無かったんでしょうか\(^o^)/
まー、確かにメインはゆのっちと宮ちゃんではあったし3年組も影薄かったけどさ・・・。

ひだまりスケッチ×ハニカム 第07話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第07話 「10月5日~6日 パンフコンペッペ/10月6日~8日 ひみつのデート」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回に引き続いて再び終わりが近づいてきたことを実感させられる回。
今回はゆのっちを中心として周りの子も成長してるんだなーと思わされましたね。
卒業した先輩であるありささんこと有沢さんの再登場は、否が応でもヒロさんと沙英さんとの別れを連想させてくれるから切ない。
前回と違って、話の雰囲気自体は明るかったのが救いかな。

ありささんの存在はぶっちゃけかなり忘れていたけど、大学生ありささん可愛かった。
ひだまりはサブキャラもしっかりキャラ立ってて可愛いのがいいな。
出番が少ないのが難点ですが・・・つまり夏目の出番はよう!

ひだまりスケッチ×ハニカム 第06話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第06話 「9月25日 おしゃべりスケッチ/9月29日~30日 ヒロ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

女の子だらけでキャッキャウフフっぽい作品なのに、意外と百合を感じさせるシーンが物足りなかったりするのは自分だけでしょうか。
今回は前半後半共に甘い依存関係とも言える、百合らしい百合百合しさを見られて満足ですよ!
特に宮ちゃんが照れてるのは珍しい気がしますね・・・もっと表情見たかったです。

後半は卒業、別離という現実を考えて憂鬱になってるヒロさんのお話。
一言で表すとイイハナシダナーという言葉以外いらない。
卒業ネタは王道ながら泣いてまうやろ・・・ヒロさんの弱々しさが余計切なさを加速させますね。
吉野家先生が今までで一番先生らしいことしてたのも意外でした。
たまにはひだまりにもこういうシリアスはあって良いよね。
嫌でも終わりを意識させられるのが切ないですけど。

ヒロさんには悪いけど泣き顔や落ち込んだ顔が妙に色っぽくてドキドキした。

ひだまりスケッチ×ハニカム 第05話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第05話 「9月17日~19日 ナズナゴハン/9月28日 マヨナカノリスケ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

なずなは料理できそうな外見なのに・・・。
肉じゃが失敗というのはたまたまじゃなかったんだな!
まぁ、実家暮らしだと女の子でもやろうとしないとそういうスキル付かないか。
そして今回はからあげが食べたくなったじゃないか・・・ぐぬぬ。

なずなのネットブックの話は今だとタブレットになるのかなーと思いました。

次回予告にかの有名なドヤ顔ゆのっち!

ひだまりスケッチ×ハニカム 第04話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第04話 「9月15日 勝利のシャッターチャンス!勝つのは宮子だ!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

水着回じゃないですかやったー!
水着回=キャラにあった色んな水着というのも良いけどスク水も良いよね。
学校行事のプール回ってあんまり見ない気がするし。
乃莉xなずなが実にニヤニヤだったのが満足です。
夏目は安定して可愛いけどもどかしいんだよなぁ・・・ヒロさんとはなんか凄い微妙な関係!

次回はサブタイ的になずな&乃莉回?

ひだまりスケッチ×ハニカム 第03話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第03話 「8月31日 夏休み最後の来訪者/9月1日 おかしもち」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ひだまりを見ているときのお腹の空きっぷりは異常。
夜中にそんな美味しそうな食べ物見せるなよヒロさん・・・!
ソーメンといいパスタといい麺食べたくなったじゃないか。

夏休みの最後と始業式話だったけど、どうせならもっと夏休みの話やれば良かったのになぁ。
どこかにおでかけとなると1~2話と被るけど今後のサブタイ見ると日付の進行はゆっくりのようだし。
そうなると学校やひだまり荘の話が増えるんだろうしなー。
なんとなく夏休みというシチュエーションが勿体なく感じました。
ほら水着回とかさ!

ひだまりスケッチ×ハニカム 第02話

★ひだまりスケッチ×ハニカム 第02話 「5月18日~19日 上からゆのさま」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回の続き。
北海道は道央エリアから道南エリア(洞爺湖→函館あたり)メインで自分にはあまり馴染みが無い。
自分は石狩住みですが石狩鍋なんて1回も食べたことないよ!
そして、魚の骨を最近詰まらせた俺はこの先一生食べることもないかもしれない(えー
函館は一度は行ってみたいんですけどねぇ。
札幌からでも高速経由で数時間かかるというね・・・作中でも言ってるけどまさしくでっかいどー。
距離にして300kmぐらい離れてるんですよね。
旭山動物園で有名な旭川は札幌から140kmぐらいなので道内でも全然違うんです。

と北海道豆知識はこの辺りでさておき・・・。
本編は“ゆのさま”がわかっていても後輩2人のリアクションは笑ってしまった(笑)
ゆのさまって確か1期だから実に数年ぶりなんですよね・・・。
今無印を見ると印象が変わるのかもしれませんが、記憶の限りだと皆の演技が変わったという感じがまったくしないのは改めて声優ってスゲーと思わされますね。
アニメでこういう長々ゆるりとやるコンテンツは珍しいから尚更そう思うのかな。

次回は来訪者・・・夏目の遊びに行くフラグを回収してくれたら嬉しいけどチキンの夏目さんがそんなことするはずが(ry

ひだまりスケッチ×ハニカム 第01話

★(新)ひだまりスケッチ×ハニカム 第01話 「5月6日~15日 狭い日本 そんなに急いでどこへ行く/5月16日~18日 どこでもでっかいどー」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

満を持してひだまりが帰ってきた!
SPとかはあったもののTV放送から見ると3年弱ぶりの4期目です。
原作は未読、アニメはTV放送分は視聴済み。
療養中だったゴトゥーザ様が戻って来たこともあり二重での「おかえりなさい」ですね!
籠もり気味に聞こえたのは録音環境が違うとかなのかな?
まぁ、声優変更よりはマシですが・・・。

もう4期目ということもあり安定としか言いようがないですね。
OPも6人になって後輩達が正式にひだまり荘メンバーになったような印象。
(本編的にはとっくにレギュラーですけどね)
上記の通り約3年ぶりなので懐かしいという想いも強い。
あの頃はそこまで福圓さん自体が好き!というわけでもなかったんですが、今夏目を見ると可愛く見えるのは声オタの性か・・・いやまぁ、ストレートなツンデレである夏目のキャラ自体は元々好きでしたけど。

修学旅行が北海道ということで道民な俺歓喜。
オルゴールやガラスで有名な小樽はホント良い街なんですよ。
某メモリアの聖地でもあるしな!
小樽っぽさがなかなか出てたのが良かった。
1話早々キマシとか俺得尽くしだったな!

次回は今回の続きの実質後編。
いきなり続き物なのはひだまりにしては珍しい気がしますねー。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。