説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第13話

★(終)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第13話 「新しい世界への修羅場」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作既読者には予想通りすぎる、無難な原作通りENDでした。
「彼女」と「幼馴染み」のにらみ合いの部分の表情とかはアニメになって良かったとは思いますけどね。
後は千和が背伸びキッスするところか。
足がぷるぷる震えてるチワワかわいいなぁ・・・。
最終回はどのキャラもデレアピールが輝いてたんじゃないかな。
真涼さんも今回で少しは好感度上がったという人も・・・居ればいいな。

タイトルの修羅場が展開されるのは寧ろこの次の巻から。
ヒメがキーになって、アニメからでは考えられないほど修羅場っぽくはなります。
ヒメの掘り下げとかもその辺でされるのになぁ・・・。
原作の長さによっては2期やってそこで綺麗に完結出来そうなので、円盤も原作も売れるといいですね。
アニメ後半でパロ少なくなってきたのも原作通りだし、原作も修羅場が増えてくるとパロは更に減るので、キャラが気に入った人は原作5巻からでも読んでみるといいんじゃないかな!
スポンサーサイト

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第12話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第12話 「謀略の結末は修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アニメだけ見てると真那のキャラの変わりっぷりが酷くてワロタ。
やはり真那の出番少なすぎた感があるなぁ・・・。
そして真那はヒメと仲良くなってからの方が活き活きしてるので色々惜しいです。

今回は最終回直前らしく、今までで尤もフェイクにメスが入った回。
真涼の本当の気持ち、素直の気持ちがこの辺から少しずつ表れてくるので可愛く見えるんですけどねぇ。
コンテストでどれだけ真涼派を増やせるかどうか・・・アニメだと時既に遅いか。

最後は原作の引き+俺たちの修羅場はこれからだ!っぽい〆になりそう。
その通りで本格的に修羅場っぽくなるのはもう少し先なんですよねぇ・・・。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第11話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第11話 「合宿前夜のワクワクは修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

話が進んだように見えて全然進んでねぇ!
アニメも終盤ということで、物語の要であるフェイクにメスが入るのは必然なんだけどね。
原作も同じ展開だし、4巻目が一種のターニングポイントになるので4巻までで第1部完って所なんだろうな。

今回も相変わらず愛衣ちゃん大勝利だったけど、次に可愛かったのはカオルなんじゃ疑惑が。
カオルの性別はまだ未確定だから・・・(震え声)
はがないみたいに男子男子言ってて実は~っていう例もあるから、実際に見てしまうまで俺は信じないぜ!
原作では前回の買い物がなかったからここで4人でのトークを堪能出来るんだけど、アニメでは前回やってしまってるからなんだかお腹いっぱい感があるなぁ。
いいから早く合宿行けよと思ってる人も多そうだ。
真涼さんはコンクールから本番なんや・・・。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第10話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第10話 「夏合宿の会議で修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

合宿前の準備ということで、原作者脚本の半オリジナル回。
買い物パートは全てオリジナルですね。
原作では前半から割とすぐにフェイク疑惑にまで繋がるので。

さすが原作者脚本ということで、4人ヒロイン体制スタートにふさわしい俺修羅の面白い部分が出ていたと思う。
愛衣ちゃん大勝訴には思わずワロタ。
真涼さんもかなりがんばってたと思うけど、愛衣ちゃんが相変わらず強キャラなのと、千和やヒメもぐいぐい来るから結局、印象が薄くなってしまって哀れ・・・。
真涼さんが本気を出すのはあるとすれば2期の範囲からだからなぁ。
合宿ラストでデレが垣間見られるかどうかってレベルだから分が悪すぎるんや。

そして次回サブタイを見る限り、まだ合宿本番ではないという・・・。
今回の引きや合宿費用どうすんの?という話もあるからしょうがないんだけどさ。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第09話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第09話 「よみがえる約束は修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

愛衣ちゃん大勝利ぃぃぃぃ!
というわけで、実はあーちゃんがファースト幼馴染みでしたというオチ。
幼稚園の間だけの関係だったので鋭太は忘れていたし、引っ越ししたことでうやむやになってしまったことから、自虐的に「幼馴染みになれなかった」と言っていたんですね。
幼馴染みという定義は難しいと思うけど、こういうのは当人達がどう思ってるかが大事なんだよなぁ。
ということで、改めて振り向かせる意を伝えた良い愛衣ちゃん回完結編でした。
ここまで好き好きアピールされて心が動かない鋭太は凄いけど、あの真涼にナイフ突きつけられつつも甘えられてるという謎の状況だからしょうがないな・・・。
しかし、愛衣を本当に置き去りにしてしまった鋭太の行動は擁護出来ないですねぇ。

次回は合宿!
1クールならここで終わるのが一応、キリがいいと言えばいいのですが・・・。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第08話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第08話 「映画館Wデートで修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

なお絶叫イベントは原作通りな模様。
この作品はそういったネタを拾ってくる面も多いですからね。
しっかし、アニメで絶叫イベントネタをやったのは初めてのような?
そもそも映画を見るというシチュがそこまで多いシチュでもないだろうけどね。
扱ってる内容的に俺妹あたりが取り上げても良さそうなんだけどなぁとは思います。

今回で駆け足で終わらせるのかと思いきや次回も愛衣ちゃん回!
ヒメ回は2回で終わったのにどこで差が付いたのか・・・。
あんまりページ数残ってないからきっちりやってくれるんだろうなー。
キーワードは「花火」や「秘密の場所」。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第07話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第07話 「夏期講習なのに修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

愛衣ちゃん大勝利ぃぃぃぃぃぃぃっっ!!
ということで、最後のヒロイン冬海愛衣ちゃんが本格参戦。
風紀委員ということもありお堅いキャラかと思いきや・・・。
ある意味、4人の中で一番ぶっ飛んでるキャラでもある愛衣ちゃんの今後の活躍にご期待ください。
まぁ、大勝利とおそとはしってくるで大体キャラはつかめたと思いますが(笑)

話のポイントはカオルと幼馴染み云々の話題が出た時の愛衣の反応や鋭太の回想かな。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第06話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第06話 「灰色の世界を切り裂く修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

2巻まで完結。
ちょこちょこカットして2話であまり面白くない2巻を消化したのは良かったと思う。
だが、表現がマイルドになってる部分は改悪だと思うなぁ。
原作では安岡に普通に殴られてボコボコだった所を立ち上がって説教という展開だったのに、適当に抑えてるだけで互いに滑稽にしか見えないのはどうかと・・・。
失神するところは原作通りだから余計微妙に見えるっていう。
それとCV云々の所はアニメにすると尚更寒さ増してヤバイなぁ。
作品と声優パロをゆかりんが読み上げるっていう構図がなんだか居たたまれない。

ま、まぁ、そんな我慢の回は今回まで!
次回から愛衣ちゃん本格登場でもう少しで大勝利や!

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第05話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第05話 「ラブレターの真相は修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回は3人目のヒロインのヒメがまたもやちらっと登場。
更には真涼の妹である真那が登場。
夏川姉妹は色々とアレなんですよねぇ・・・今回も真涼の印象どんどん悪くなってそうだな。
自分は振り回し系ヒロインが好きだからあんまり気にならないけど、アニメでこうして見直してみると確かに結構酷いことしてるよなぁとは思う。
それでもギャップの勝利とかでなんだかんだで真涼が一番好きな自分ですが。
早くもにょもにょ真涼をアニメでもやるべき。

今回は2巻を半分まで一気に消化したけどこれで良かったと思う。
2巻はヒメと真那の登場以外は特に何も無いからなぁ。
愛衣ちゃん大勝利まで遠い・・・。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第04話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第04話 「男の戦いは修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

真涼のアレっぷりが目立つけど彼女について語られない限り払拭されることはなさそうな・・・。
まぁ、自分でも悪い女と言ってるぐらいだしなぁ。
一言で言えば情緒不安定すぎるから長い目で見てあげて、という感じでしょうか。

というわけで1巻の内容が完結。
オチが修羅場すぎる→そうでもなくね?っていうのは作中でもセルフ突っ込みが入ってるし、読者の誰もが思うことです。
修羅場っぽくなってきたのはここ最近じゃなかろうか・・・。
似たようなタイトルのMF文庫の「しゅらばら!」の方がよっぽど序盤から修羅場してるという。
まぁ、修羅場≒ハレームモノだからさじ加減は難しいんだろうけどね。

次回はちょろっと出ていた新キャラがレギュラーに追加。
春、夏と来て秋の子が登場です。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第03話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第03話 「幼なじみの涙で修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作では文だけだから気にならなかったけど、三文芝居をアニメで見るのは結構辛い・・・というか痛いな。
こう、見てて居たたまれなさ全開ですよ・・・。
中二エピソードを大衆の前でさらけ出してはいけない(戒め)
あの棒読みで演技褒められるっていう展開もバカにされてるとしか思えないしなぁ。

今回で鋭太が勉強重視、医者を目指す理由が判明。
恋愛アンチ脳で勉強が捗ってる鋭太ですが、その勉強の理由である医者という目標。
これを目指すキッカケが恋愛の芽っていうのは実に皮肉ですよねぇ。
これでなんで幼馴染みとくっつかないor恋心に気が付かないんだよ・・・っていうのはそれこそ恋愛アンチ脳が影響していると言うことですね。
関係を一歩進めない所は某友達が少ない主人公と似ているかもしれない。

次回は1巻完結。
そこまでを3話に納められればちょうど良かった気もする。
今回並かそれ以上にあいたたな展開なので次で心折れる人も多そうだな。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第02話

★俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第02話 「新しい部を結成して修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

真涼というキャラの本領が徐々に発揮。
真涼さんエロいよ真涼さん。
・・・まぁ、彼女の態度に関しては徐々に明らかになっていくことでしょう。

そして待望のまんまジョジョ推し来たー!
一部の過激な発言はカットされていたけど、この様子ならちゃんとジョジョネタはやってくれそうだ。
アニメだと絵と動きと演出を追加出来るからその辺も今後期待したいな。
ちょうど同じクールにジョジョやってるというのがまたね・・・。
パロに関しては原作からしてジョジョパロ全開というかパロ=ジョジョみたいな状態なので仕様としか言いようがない。
安直と言われそうだけど、今後もずっとブレないから自分はそうは思いませんけどね。
映像と言えば、俺修羅は章の間の小ネタが面白かったりするので、そこも表現して欲しいけど難しいかなぁ。
スラープラチナはアーティスト名じゃねえよ!とか。

そんなわけで1話よりはフラットな気持ちで見られたかな。
ゆかりんな真涼にも徐々に慣れてきた。
登場人物が少ない1巻の内容をだらだらやってると未読組が離れていきそうなのが不安なぐらいかな。
ペース的には次でまだ1巻は終わらなさそうだしなぁ・・・。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第01話

★(新)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第01話 「高校生活のスタートは修羅場」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作は初期から既読。
作者が売りスレの云々とかまでは1巻刊行当時は知りませんでしたが。
ドラマCDを聞いていたわけじゃないけど、キャストは知っていてそのイメージを完全に原作に投影していたのでキャスト変更の違和感がバリバリですね。
ちなみにドラマCD版の千和は愛生さん、真涼は斉藤千和、千和が千和じゃないのがアニメで完全に千和関係なくなったというね。
キャラ的に千和なら千和も真涼も演じられそうで良かったのになぁ。
真涼@千和だと物語シリーズのガハラさんチックになってしまうから回避したのかな。
まぁ、レコード会社とか色々思惑はあるんでしょうけどね。
ゆかりんはこういうキャラも演じられる人だけど、イメージ固まってるからホント違和感しかない。
千和@赤崎千夏は正直力不足ではないかなぁ・・・演技がやや気になりました。

原作挿絵はるろおさんなんですが、もう少しキャラデザは似せて欲しかった・・・。
アニメ絵にしにくいタッチなのは理解してるんですけどね。
やっぱあの塗りがないとるろお絵という感じがしないんだろうな。
配色のコレジャナイ感と相まって絵もなかなか慣れなさそう。

なんだか批判的な意見ばかりからスタートしましたが、全ては個人的なイメージによる見解です。
作品自体は原作の導入部の無難なアニメ化で特に言うところはないかな。
この作品のはっちゃけっぷりはジョジョネタのごり押しが出てきてからなのでまだ慌てるような時間じゃない。
主人公の設定的に前期の「中二病」に被ってたりヒロインの中にも・・・。
そして春には「俺ガイル」が俺修羅と似たようなものを感じるのかなぁ・・・どちらかと言えば、俺ガイルは「はがない」よりなんだけども。
まぁ、アニプレ+A-1とのことで大きく外れることはないと思うし自分が慣れるだけですね。
問題はどこまでやるか・・・4巻あたりで話は大きく動くんだけどなぁ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。