説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第13話

★(終)D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第13話 「ダカーポ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

まさかの「現状維持」を選択とか清隆さんワロタ。
いやまぁ、消極的に逃げ出して現状維持に甘んじる某なんだって?よりはポジティブなのかもしれないけど・・・5人に迫られて、それでも現状維持と言えるのはある意味、男気に溢れているのかも知れない。
特に立夏さんなんてあんだけアピールしたのにね・・・流れ的には立夏さんルートだと思ったのに!

オチは予想通り、大人さくらさんが過去を語りだすという所で終了。
よーし次はS.S.だな!と思ってたら・・・あれれ~?2期発表がない・・・よ・・・?
どう見ても2期に続く流れだろうが・・・!IIもそうだったじゃないか・・・!
いやまて、Iのように間を開けて・・・あの時は2年ぐらいだっけか。
待てるかいなー!

ということで、まさかの分割2クールじゃないという衝撃のオチ。
続きはもうすぐ発売されるエロゲでプレイしてね!ってことですかそうですか。
正直、立夏さんとかのエロにもの凄く興味はあるのですが、いかんせん読み進めるのが面倒くさい。
4月末という時期に余裕があればプレイするかもなぁ。
ぶっちゃけ、声次第な所はかなりありますがね!
更に言うと、オチというか過去だけ知りたければ、pediaを見れば詳しく書いてるんですよね・・・。
自分は楽しみを取っておこうと思って、あ、これはヤバイと思ってさわりしか読んでないのですが。
スポンサーサイト

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第12話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第12話 「枯れない桜がある島(ところ)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

さくらさん・・・。
途中でさくらさん退場という展開がD.C.II S.S.なんですがそれは(ry
まぁ、Cパートや予告見る限り大人になって帰ってくるんだろうけどさ!

アニメの時間軸がD.C.II S.S.から繋がってるかどうかは不明ですが、仮に繋がってるとしたらさくらさんはずっと枯れない桜に捕らわれたまま純一と再会出来てなかったということかな?
それが現代、枯れない桜が再び咲いたことによって、さくらさんの断片とも言える幼女さくらが登場した、と。
今回の話でさくらさんは再び純一を探すために枯れない桜と融合し無事再会。
その結果、次回に成長した姿で現代に復帰出来たみたいな流れなのかな?
その辺の過程や回想の真実が判明するのが「風見鶏編」なんですかねー。

原作ではさくらさんが語る形で「風見鶏編」が展開するっぽいのかな?
そうするとこのアニメのラストは語り出した所で終了、S.S.放送決定!で終わりってとこかなぁ。

そして最終話サブタイが(ほぼ)タイトルのアニメは~の法則はコレにも当てはまったか。
まぁ、D.C.シリーズ原作の伝統シナリオではあるのですが>da capo
そう考えるとS.S.の最後のサブタイでも良かったような。
とりあえず、次回は最終回云々よりもS.S.発表に期待ですね。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第11話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第11話 「ふたりがたどりついたところ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

急なシリアスはギャルゲアニメのお約束です。
少しだけD.C.IIを見返してみるともうちょっと前から緩やかにシリアス入ってたんですけどね。
今回を見てると、2話前に水着コンテストやったアニメとは思えないぜ。
何故D.C.IIを軽く見返したのかと言うと、手元にあったのがコレだったというのもありますが今回の話に大きく関わってくると判断したため。

というわけで、今回はさくらさんを中心とした回想を交えつつ、立夏さんの“設定”にまつわる話の一端がメイン。
まぁ、実はpediaや18禁版の紹介などでさわりは知ってるんですけどね。
見た目や名前だけの問題だったのが、今回の回想でほぼ確信を持ったという所でしょうか。
最初からEDに音姉がいたことから、枯れない桜絡みの過去作とのリンクがあると思ってましたがドンピシャですね。
回想とはいえ、純一&さくら(IとIIの)、音夢がこのアニメで見られるとは思いませんでした。
この回想でIIの時点でさくらと純一が枯れない桜の暴走を止めるのに失敗していたことを思い出したよ。
シリーズモノの時点で新規お断りっぽい雰囲気をエロ推しで払拭していたこのアニメですが、やっぱり前作前々作の知識はある程度前提ですねぇ。

今回の話でわかったことを整理すると

・枯れない桜を植えたのは過去の清隆と立夏さん
・結婚した二人の子供がそれぞれ純一やさくらさんの親
・純一やさくらの言う「芳乃のばあちゃん」=過去の立夏さん

未確定なのは、現在の2人はそのまま不老なのか生まれ変わりなのか。
芳乃のばあちゃんの例があるから生まれ変わりっぽいけど・・・。
前回のさくらさんが過去の立夏さんと会っているような描写は明らかに時空を超えているし、生まれ変わり以外にも時をかける少女な可能性も否定出来ないですね。

そんなわけで、立夏さんの昔話よりもD.C.シリーズリンクの方に興奮してしまった自分です。
ジルさんは犠牲になったのだ・・・。
しっかし、このままだと話が分かりづらすぎるだろうから次回で整理されるのかな?
どうやらさくらさんが何かを成し遂げるために見送るような形になりそうではあるけど・・・。
文字化けメールに関しては今回のアニメで判明するのか?
いつもの如く、分割2クールのS.S.でそれも判明して完結だと思いますけどねー。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第10話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第10話 「ふたりがたどりついたところ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっと話が進んだような進んでないような・・・。
気付いたら立夏さんとキスしていてルートに突入しそうになって終わっていた・・・。
それだけ美夏パートが長かったということか。
あの辺のだらだらした話はもっと短く出来た気がするんですけどねぇ。

謎のサイコメトリーは風見鶏云々を知ってるとあぁコレがそうかというレベル。
美夏の話とも合わせて、その辺に迫っていくのが1クール終盤の話って所か。
D.C.II方式だと分割2クールだろうけど2クールで収まる話なんでしょうかねぇ。
どうやら立夏さんとのちゅーはまだ共通ルートの話のようだし、まだ全然原作消化出来てないんじゃないの・・・。
18禁版が出るから続きはゲームで!的に無難にまとめるという線も捨てきれないけど。

それにしても平行世界っぽい話がリトバスと微妙に絡んでくるとは・・・。
比較すると伏線のばらまき方に圧倒的な差が(ry
D.C.IIIはもうとにかく風見鶏編を見たいですね・・・。
公式やらチラシ、記事を見るとそれ前提の紹介になってるから気になって仕方が無いけどバレ恐くて詳しく見られないというね。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第09話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第09話 「美少女祭りと夕日が綺麗な場所」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回の引きの美夏とはなんだったのか・・・。
いやまぁ、杉並経由の紹介で次回以降の布石は打たれていたけど。
今回は唐突にサブキャラフィーチャー回。
魅力的なサビキャラが多いんだから勿体ないのはわかるけど、このタイミングで!?
主に美琴が目立ってたけど、美琴がツンデレテンプレなだけで思いの外常識人だったので、ヒロイン達のアレっぷりが際だっただけだったな!
美琴からはもの凄いチョロいオーラを感じるぜ・・・。
尺があれば生徒会と風紀委員中心の話もちょっと見てみたいですね。

サブキャラ以外はるる姉おしっこの印象が強いけど・・・。
風呂入ってきたり胸当ててきたり攻めまくりなのに、今更トイレ見られたぐらいであそこまで恥ずかしがるのは違和感ありすぎィ!
あそこは「もうたかくんはエッチなんだから」とかで済むシーンじゃないのか・・・。
まぁ、嫉妬気味のヒロインズが可愛かったということで。

次回はこれまた唐突に立夏さんルートに軌道修正か?
今度こそ・・・今度こそ、話が進みそうですね。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第08話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第08話 「愛と夢と希望が溢れる場所」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

もうストーリーとかどうでもいいんじゃないかな(棒)
D.C.・・・というかギャルゲアニメ恒例の水着回!
季節が冬だろうが寒かろうが温水プールで万事解決。
どういう流れでプールに行くことになるのかと思いきや、清隆がくじで当てその場にいたさくらと一緒に遊びに行く、ここまではいい。
その場面にヒロイン全員が追っかけてくるとかどんなストーカー集団だよ・・・。
美琴の公式新聞部への調査が可愛く見えるレベルの恐怖シチュエーションだと思うんだ。
一件、おい清隆そこを変われ!と言いたくなるうらやまけしからんシチュだけど、よくよく考えてみると肉食とかいうレベルを超えて病みそうな積極性ですね・・・まぁ、そんなヒロインが魅力的に映るドMな俺ですが(笑)

内容はあってないようなものだったのであんまり突っ込むことはないんだけど、相変わらずヒロインが痴女過ぎて酷かったり、シチュエーションが酷かったり、ヒロインが痴女過ぎて酷かったり・・・アレ、あんまりいつもと変わらないな。
ともあれ、水着回とカテゴライズして良い話の中でトップクラスのエロさだったことは間違いない。
信じられるか・・・これ、原作非18禁なんだぜ・・・?
まぁ、1話以外は殆どオリジナルらしいんですが。
前期のTo LOVEるのようなポジになりつつあるけど、規制が一切ないというのは本当に素晴らしい。
自然に隠す技術とそれを放送できるような体制はもっと整えるべきだと思うな!

ちなみに今回の個人的なお気に入りは立夏さんとさら。
るる姉と葵ちゃんはがっつきすぎ&頭がゆる(ry
清隆の前でならどれだけ痴女でもいいけど、集団観衆の中でのセックスアピールは正直ないわぁ・・・。
立夏さんもコンテストではぎりセーフという感じだけど。
股の間から頭を出す構図&喘ぎ声がエロすぎということで許す。
さらは(他と比べて)ちゃんと羞恥心あるのが良かったです。

いやー、良いエロ水着回だったなーと思ってたらCパートでD.C.IIの美夏・・・だと・・・?
アニメ版D.C.IIは1期が美夏メインだったけどオチ全然覚えてないぞ\(^o^)/
ストーリーの都合上、2期ではまったく出番なかったのは覚えてるけど・・・何故でしたっけ?
アニメ準拠なのか原作準拠なのかごちゃごちゃしそうですが、さくらを知る人物の登場でやっと本筋進みそうかな。
・・・次回予告を見るとそうでもなさそうですね!

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第07話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第07話 「あまえられるところ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

葵当番回。
安定の当番回クオリティだったけど、今までで一番性的にアウトに近かったな!
全裸を真っ正面から捉えて規制なしとかよくやるわ・・・これなんてエロゲ?
これが原作非18禁とかこんなの絶対おかしいよ、あんまりだよ!(生殺し的な意味で
パンツを脱がせるシーンを規制無しでやったアニメは数えられそうなぐらい少なそうだよね・・・。
これで襲わないとかさすが清隆さんは鋼の魂の持ち主やでぇ・・・。
どいつもこいつも痴女クラスの攻めっぷりですが、確かにここまでやって反応皆無ならエスカレートするのは理解出来・・・ないな、やっぱり(笑)
好きにしていいと言われてるのに、据え膳食わぬは男の恥すぎる。

それはさておき、今回は内容云々よりも新世界よりばりのアップ多様の演出が気になった。
せっかくのお色気なのに顔とか部位とか映さなくてどうするんだよ・・・。
脱衣シーンとか気合が入ってるシーンのクオリティは問題無かったけどさ。
作画も所々やばかったり、るる姉が清隆を問い詰めてるシーンとかワープしてないですか?
制作のヤバさを感じずに居られない回でもありました。

次回は待望の水着回!
個別が終わったかと思いきやサービスサービス回とか本筋どこにいったんだ。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第06話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第06話 「ふたりでいれるところ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

遂にメインヒロイン(であろう)前世からの運命の人、立夏さんの当番回が来た!
当番回はそのヒロイン以外は空気の法則のせいで今まで泣きを見ていた立夏さん。
まぁ、それを言えば葵あたりも結構空気だったりはしましたが・・・。
部長というまとめ役な立場上、今まではヒロイン力が低かったと言わざるを得ないからなぁ。

そして今回の当番回。
さすがメインヒロインは格が違った。
露骨なサービスシーンとかはあんまりなかったものの、今まで以上の求愛っぷりにニヤニヤが止まらない。
最後にはストレートに今の清隆が好きって告白してたし一歩リードか?
他のヒロインはどう見ても清隆に気があるのはバレバレだけど、異性としての好きをストレートに伝えてるわけじゃないから鈍すぎる清隆は素でスルーしてそうだもんなぁ。
というより、今回の告白も何だかんだで答えを出してないとかスルー力高すぎワロタ。
まぁ、今回は立夏さんの「振り向かせる」的発言で答えを求めなかったのが原因だろうけどね。
立夏さんはいい加減「私のこと好きなの!?」ぐらい問い詰めてもいいと思うんだ・・・。
もう全身からラブオーラ出過ぎてて清隆のスルーっぷりが辛い。
ここまで攻められるとたじたじで言葉が出てこないっていう気持ちもわかるけどさ。
確かに「2人きりになりたかった」とかストレートに言われても「お、おう・・・」と照れてしまいそうだし。
今回は立夏さんのストレートな好意を堪能出来たので満足しておこう。

それと今回は異様に視聴者の代弁が多かった気がするな(笑)
立夏さんの「他の娘とイチャイチャしすぎ」とか親友の「恵まれた立場に居る奴は自覚がない」とか。
わざわざクラスメイトの前でアピールする立夏さんとるる姉はなかなかのドSやで。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第05話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第05話 「ひとりじゃないところ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

さら当番回。
なんで先輩呼びなのかと思ってたら、飛び級だからかと今更納得。
同級生なのに先輩呼びかつ、運命と嫉妬を強調とかこの子も実にあざといですね(褒め言葉)
そもそも、黒髪(青系ですが)ツイテの後輩という時点でアレでしね、ええ大好物です。

今までの当番回のパターン通り今回もラッキースケベは健在。
今回のシチュエーションは体育倉庫に2人で閉じ込められるというこれまた王道なモノ。
でもD.C.シリーズではこのシチュは初めてのはずなんだよなぁ。
このシチュと言えば、真っ先にCLANNADの朋也と杏を思い出しました。
現実は非情でそのままもるです!なオチに期待したというのに・・・。
さらから頼んだわけじゃないにせよ、スキンシップから身を委ねたりこの子も積極的で良いことです。
でもさすがにクレープ食べかけで外で寝落ちは色々どうかと思うぞ・・・。
そのうち、レイプされてもおかしくないんじゃなかろうかと思ったけどるる姉とかを見てると大差ない気もした。
清隆が学園の生徒に刺されるのとどっちが早いか見物ですね(えー

次回はやっと立夏さんのターンか?
前世を豪語していた立夏さんははたしてここから逆転出来るのか。
そして葵ちゃんに当番回がないのか飛ばされただけなのか・・・それが問題だ。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第04話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第04話 「いつまでもいたいところ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

姫乃当番回。
今回は音夢ポジが別れてないせいかIIよりも音夢っぽいですね姫乃。
着替えのシーンは定番ラッキースケベというかD.C.で毎回やってる気がするな(笑)
裏モードやらは音夢に近いけど、今までの系統で一番積極的ですね。
「2人で」を強調したり夜のデートに自ら誘ったり手を握ってきたり。
挙げ句の果てに朝のバス停で「“そういうこと”を自分としたい」かを聞く始末。
そんな攻勢をほぼスルーし続ける清隆さんはさすがやで・・・姫乃ちゃん不憫になるレベル。
ポジション的には、お隣さん、合い鍵持ち、血縁関係なしと恋人に発展しそうな要素バリバリなのに負け組オーラしか見えないのは何故なんだぜ?
音夢系統の伝統で素直になっとけばすぐくっつくのに・・・という突っ込みも姫乃は割と積極的だしなぁ。
ともあれ、実にD.C.という萌えゲーらしい話だったので2話の勢いが戻って良かった。
当番キャラ以外はほぼ空気という構成は賛否両論だろうけどね。

次回はツイテなさらの当番回。
割と惹かれてるんですが、やっぱり自分はツイテ好きなんだな・・・。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第03話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第03話 「さくら舞うところ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

お、さくらさん当番回か!
と思って見ていたら気付いたらEDだったでござる・・・。
あっれぇー?今回って幼女と遊んでただけじゃね!?
今のご時世なら普通に通報モノだよね・・・初音島は治安が良いのだろうか。
今までが( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!だったので、さくらさんだと視覚的に寂しいな(笑)
ずっとさくらさんのターンだったけど、わかったのはなんとなく特別な存在だというぐらいか。
正直、今回のだらだらした話はいらなかったんじゃないかなぁと思うレベル。

声に関してはアニメの方が触れてる機会が長い自分としてはゆかりんの方が良かったかなーとは思う。
アニメにはアニメの空気があるからなぁ・・・。
原作という意味では北・・・ひと美さんが正しいキャスティングだと思うけど、今やゆかりんでもどちらも本家と言えるんじゃないかなぁ。
今回はさくらの喋ってるシーンが長かったので声についてちょっと気になった次第です。

次回は姫乃の当番回かな?
予告のさくらとのやりとりがなんだか裏モード音夢を思い出すな。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第02話

★D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第02話 「あたたかなところ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

るる姉がエロすぎて他のヒロインが完全に空気な件について。
・・・逆に考えると、今これだけプッシュされたら最終的なルートはるる姉じゃないんだろうなぁって気はするけどな!
風呂場で光規制がなく絶妙に隠していたのが素晴らしい。
某ダークネスとかはこういうのを見習って欲しかったよ・・・。
唯一、原作がエロゲじゃないD.C.アニメなのに今までで一番エロいんじゃないか?

るる姉は若干の照れがあるものの、姉としても異性としても清隆に接してるのがいいな!
もうお姉ちゃんだけど愛さえあれば関係ないんじゃないかな・・・いやまぁ、そもそもいとこですけど。
このあざとさは実に良い方向のあざとさやで・・・。
あざといのが気にならない絶妙なキャラクター性とも言えるんだろうけど。

しかし、清隆はこんな環境で発情しないとか無理だろ・・・。
主人公というポジションを客観的に見るとこういうところが違和感あったり魅力が薄かったりするのが残念。
ギャルゲ主人公=薄味というのは伝統とも言えるけども。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第01話

★(新)D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第01話 「サクラサク」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作は未プレイ。
シリーズでプレイしたのは初代D.C.のみですが、アニメはTVAのは全て見ています。
初代D.C.はもう10年以上前になるんだよなぁ・・・アニメですらそろそろ10年経つという。
あんまりエロゲをやらなくなったせい&曲芸商法に辟易して初代しかやってませんが、作品自体はTVAを見続ける程度には好きなシリーズだったりします。
毎度、仕掛けのようなものがあるから後半「おぉ」と思わせてくれますしね。
そんなわけで、アニメ化まであまり興味がなかったので前情報無しでの視聴。
どうやら色々シリーズが繋がるような話もあるようですが。

自分はアイシアが大好きだったのでそっくりなるる姉がういういだし性格も積極的でたまりませんね。
積極的と言えば、メインの立夏も前世から恋人同士だったと主人公の清隆に対して妙に積極的。
デレデレとまでは行かないけど、主人公がWヒロインからストレートに好意を寄せられてるのはシリーズを通して珍しい状況ですね。
たいていは片方が音夢譲りの素直じゃない部分があったりしたり。
他のヒロインも概ね清隆に柔和な態度だからなんだか新鮮だな。

1話は導入部ということで枯れない桜が復活したことがメインで、あんまりキャラについては掘り下げられなかった感じ。
さくらが居ると言うことはやっぱり何か秘密があるんだろうなぁ。
うたまるはTVAで見たのは凄い久しぶりな気がします。確かIIには居なかったよね?

あまり期待はしていなかったけど、見始めるとなんだかんだでテンション上がりますね。
やっぱりD.C.という作品にそれなりに愛着があるんだろうなぁ。
上記の通り、キャラの魅力がまだ発揮されてないので後はキャラに萌えられるかどうかかな。
実際のサイズはともかくとして、制服が俗に言う乳袋に近い状態でおっぱいぷるんぷるんなのは素晴らしい。
TVAシリーズの中では一番エロスを感じるな。
・・・これだけ元エロゲじゃないのにね!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。