説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビビッドレッド・オペレーション 第12話

★(終)ビビッドレッド・オペレーション 第12話 「ビビッドレッド・オペレーション」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

カラス+羽パワーで博士がさじを投げるレベルの強さのはずだったのに、戦闘自体殆ど苦戦してなくてワロタ。
示現エンジンの出力は弱った段階でのパレットスーツでも戦えてるところが余計拍子抜けだよ!
各ドッキングはやると思ったけど、特にパワーアップ要素もなかったのにカラスに簡単に攻撃通じすぎィ!
サブタイ的に「ビビッドレッド」になるんだとは思ったけど、あかねが元だとそうはなれないから・・・ということで、れいちゃんとドッキングしてビビッドレッドは王道・・・なんだけど、説明なしでいきなりドッキングして笑った。
そして何より、ビビッドレッドのパワーが宇宙創成レベルという謎のインフレ起こしてて草不可避すぎるわ!
人間とサイヤ人の子供の方が戦闘能力高いみたいな感じで、現世界と別世界のドッキングの方が無限大のパワー生み出せるとかそんな感じなのかな・・・。
カラスさんは創世に対して破壊レベルのパワー打ち込んできたけど、最終的に被害皆無だったりトドメがパンチだったりと突っ込み所しかなかったよ!
まぁ、一部のインフレ以外は想定内の展開だから文句があるというわけではないのですが・・・ねぇ?

なんだか知らないけど、れいちゃん世界が復活してお別れになったのはまだいい。
その数分後にあっさり理由も無く戻ってくるとか・・・とにかく、駆け足展開というかドタバタしすぎというか・・・まるで打ち切り漫画のような最終回じゃねえか!というのが率直な感想。
いつもの吉野脚本と言えばそうなんだけど、キャラ推しアニメだったからこそ余計に気になるというのはある。
ただでさえ吉野脚本なんだから、1クールというのは鬼門すぎたなぁ・・・。

そんなわけで、色々惜しかった作品ではある。
キャラは可愛かったし、アングルとか高村監督らしさが出てて良かった。
キャラだけでなく話も大事なんだな、と再認識するアニメだったな!
ひまわりが可愛かったし、中の人のうっちーの可能性を感じられただけ良かった作品じゃないかなぁ。
スポンサーサイト

ビビッドレッド・オペレーション 第11話

★ビビッドレッド・オペレーション 第11話 「つたえたい想い」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

最終回手前の怒濤の伏線回収&超展開にワロタ。
カラスがラスボスポジなのは想定内だけどまさかの吸収・・・。
これは友情パワーでれいちゃん取り戻して弱体化したカラスにトドメまでがテンプレですわ。
あの小さいカラスが丸呑みという映像のインパクトだけはあったな。

基地に侵入してれいちゃんを取り戻す、一部の大人がそれを見逃すというのはいいんだけど、あかねちゃん以外の3人がそこまでれいちゃんのために行動する理由というのがいちいま薄く感じます。
友達になりたいと言ってるけど、あかねちゃん以外は数えられるぐらいしかやりとりないのになぁ。
友達の友達は理論なのかもしれないけど、友情連呼といいやや薄っぺらく感じるのは勿体ない。
敵対関係で友達になりたいというのは、なのは1期を思い出して王道なんですけどねぇ。
後は割とガチであかね達に攻撃してた気がするけど、もし一時的にでも戦闘不能になったらアローン出た時どうするつもりだったんだよという脚本のザルさが(ry
アローンのビーコンになってるれいちゃんを処分するのに反対!という流れの説得力はもう少し欲しかったですね。
カラスの台詞からすると結果オーライではあるのですが・・・。

次回で最終回。
現状、カラスを倒せば問題解決というわけではないけど、私たちとアローンの戦いはこれからだエンドもストライクを見てるとあり得そうだし、カラスを倒すことで監視下から逃れられてセーフとか色々やりようがありそう。
今回ほどドタバタはしないと思いたい。

ビビッドレッド・オペレーション 第10話

★ビビッドレッド・オペレーション 第10話 「光と影と」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

この作品は主人公の女の子がやっと心を開いてきた女友達に裸で尻を突き出すアニメです。
薄い本が厚くなるというレベルを通り越して、お、おう・・・。
これがあおいちゃんやひまわりちゃんならもっと良い反応が見られたのだろうか。
あかねちゃんの痣云々は一瞬蒙古斑かと思ったぜ・・・。

というわけで、2人で狭い風呂に入るぐらい仲良くなったあかねちゃんとれいちゃん。
矢の主を特定出来る云々の流れから順当に正体バレ。
あかね達からはともかく、れいちゃんからは正体まったく知らなかったのね・・・。
いつも肉眼で見てるとはいえ、あまりにも遠くて特定出来なかったのか。
噂以上の情報は情報統制されてるんだろうしねぇ。
れいちゃんは命を賭してまで目的を成し遂げようとしたんだから裏切られたと疑心暗鬼になるのは当然か。
不幸中の幸いなのが、そのまま捕らわれて話し合いの機会が設けられたことか。
ここで逃走されていたら延々敵対関係になってもおかしくないしね。

さて、@2話でどうなるやら。
高次元生命体云々の話が出てきたから最後はその辺チラっと触れるのかなー。

ビビッドレッド・オペレーション 第09話

★ビビッドレッド・オペレーション 第09話 「晴れときどきふわふわ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ゆるゆりはっじまるよー。
というわけで、待望の日常百合回。
もう終盤なのにそんな余裕あるのか・・・?とかこまけぇこたぁ(ry
わかひまメインであかねとあおいは完全に空気でした。
個人的にはあかひまが見たかったけどバランス的にしょうがないか。
別にわかばちゃんいらないとかそういうつもりじゃないんだぜ?

百合回と言ったものの、終盤まではひまわりの意見ほぼ無視のわかばの突っ走りを見てモヤモヤ。
約束忘れていたのはさすがに擁護のしようもないな。
脚本的な違和感と言えば、わかばと2人で見学という部分の強調が気になりました。
あかねやあおいが居るシーンでそれを言ったらみんなで行こう!みたいな話になりそうなものなのに。
あかあおがセットなので、今回は無理矢理わかひまをセットにしたような印象残りました・・・。
後半の髪留めの話は無難ながらに良い話だったけどね。
でもぶっちゃけ、髪留め無いひまわりちゃんの方がかわい(ry
ひまわりちゃんの声聞いてると、ラブライブ!のことりちゃんと同じ人とは思えないよね。
ストライクの服部静夏もそうだけど、内田彩ちゃん凄いなぁ・・・。

申し訳程度のアローン戦はどう見てもサハクィエルです本当にありがとうございました。
戦闘においてはわかひまコンビって相性悪いと言うかわかばいらないk(ry

今回は監督の謝罪を見てからの視聴でしたが、そう言われてみると特にAパートは止めシーン多かったりと映像に違和感を覚えるシーンが多かったですね・・・。
まぁ、これぐらいなら自分としては許容範囲ですけど。

ビビッドレッド・オペレーション 第08話

★ビビッドレッド・オペレーション 第08話 「今日よりも鮮やかに」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あかねちゃん思いの外大惨事!
まぁ、パレットスーツ着てるとはいえ、あの高さから落ちたらしょうがないか・・・。
そして、ずっと気になっていたドッキングの詳細が判明。
やっぱりあかねを中心にしかドッキング出来ないんですね・・・結構がっかりだなぁ。
あかねから鍵を配るというシステム上、そうなんじゃないかとは思ったけどさ。

というわけで、今回はあおいわかばひまわりの3人でなんとかするお話。
コンビネーションによるオペレーションというEVAのような流れは良いよね。
ただこれはドッキング出来ないからこその苦肉の策なわけで。
ドッキング一辺倒のシステム自体に問題あるような気がしないでも無い。
友情パワー云々よりもドッキング出来ない場合の戦闘パターンを練習した方が良かったんじゃ(笑)
まぁ、コンビネーション=友情パワーってことなんだろうけどさ。
3人の回というよりも実質あおいちゃん回でした。
ひまわりに株奪われてるとかヤンデレ予備軍とか言ってごめんよ。
今日のあおいちゃんは主人公のごとく輝いてたよ!

博士が子供たちを戦わせるのが云々が今更だったり、突っ込み所多い脚本なのが難点だな・・・いつもの吉野脚本ですけど。
この辺をあまり気にしない&吉野脚本だし・・・で妥協できる自分にはあまり問題にはならないんですけどね。

ビビッドレッド・オペレーション 第07話

★ビビッドレッド・オペレーション 第07話 「ゆずれない願い」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

もうやっぱりビビッドイエローだけでいいんじゃないかな!
後から登場した方が強い法則とは言え、親友ポジだったあおいちゃんが不憫でならないぜ。
そんなあおいちゃんは今回も各キャラのフォローばっちりだったので、特に現状に不満とかないのかな・・・。
最初のドッキングの時を思うと、あおいちゃんは溜め込みそうなタイプなので心配だな。
いつか「あかねちゃんにとって私は何なの!?」と詰め寄ってもおかしくない(えー

久しぶりに戦闘に比率を置いた回ではあったけどフラグが・・・。
今のところあかねを中心にしかドッキングしてないから、あかねが抜けると相当困りそうな。
この機会にあかね以外のキャラ同士の友情パワーを深めてドッキング出来るようになればいいのに。
いったん退場=パワーアップフラグでもあるような気がしますが果たして。

もう少し戦闘に力を入れて欲しいのと、せっかくの変身ヒロインなんだから変身バンクはドッキング以外にも欲しいですね・・・。

ビビッドレッド・オペレーション 第06話

★ビビッドレッド・オペレーション 第06話 「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

オチから内容まで完全にギャグ回じゃねーか!(笑)
あのテントを見てギップルを思い出したのは俺だけじゃないはず。
水着マフラーもなかなかにシュールな構図だよね・・・。

もう少しお色気成分あってもいいかな?とも思ったけど、ひまわりちゃんのけしからんボディがたゆんたゆんだったのでまぁよかろう。
ストレートなお色気よりも尻アングルとかの方がこの作品らしいしね。
そしてれいちゃんもなかなかに良い身体をしておる。
マフラーで正体隠してるつもりでデレの兆しがあるれいちゃんが可愛かった回でした。
それにしてもこの博士、ノリノリである。

次回予告はまたないのかー・・・制作大丈夫なんだろうな。

ビビッドレッド・オペレーション 第05話

★ビビッドレッド・オペレーション 第05話 「もう一つの鍵」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

今回は黒い子、れいちゃん当番回。
れいちゃんの過去や示現エンジンを狙う理由は明らかになったけど、アローンという存在については相変わらず謎のままだったな・・・。
まぁ、別世界云々や示現エンジンの危険性がわかっただけかなりの進歩か。
示現エネルギーについてまったく説明されてないのは気になってたけど、後半、人類に仇なすような可能性があるとするならそれも納得。
ただ、カラスがどこまで本当のこと言ってるのかは不明。
展開的にはカラスが嘘を付いていて、れいが裏切って5人で戦うというのが横道に見えますがはたして。

戦闘シーンカット気味だったり、会話多かったり溜め回だったけど、相変わらず女の子が可愛くて満足です。
尻に拳銃を突っ込む所から高村監督のこだわりを全開に感じたぜ・・・!
でも制服で侵入、破壊活動はどう考えてもアホの子だと思います。
まさか制服しか服がないのか・・・いやまぁ、尻が堪能出来て視聴者的にはGJだったけど。
前回に引き続いてのひまわりちゃんニヤニヤやら、あかねxれいちゃんの可能性といい百合的にも満足。
次回予告を落としたのは不安だけど、次回は水着回だからがんばってほしいな。
ひまわりちゃんの圧倒的戦力。
サブタイ通りならパワーアップ回でもあるのかな?

ビビッドレッド・オペレーション 第04話

★ビビッドレッド・オペレーション 第04話 「約束」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

順当にOP追加。
これ、仮にれいも変身バンクあるなら相当尺が厳しいことになりそうだな!
そんなこんなで黄色なひまわりちゃん当番回です。

引きこもりで友達が居ないという設定で今までで全然目立ってなかったキャラだけど、ロリ巨乳という素晴らしいスペックの持ち主じゃないか・・・!
おしゃれすると普通に可愛いし色や名前と相まって眩しいなー。
女の子らしいビジュアルはあおいと被るけど、華やかさでひまわりが勝つのであおいちゃんのポジションピンチ!
そもそも、ドッキングに手間取ったのがあおいちゃんだけという事実はあおいちゃん凄く気にしてそうだな(笑)
前回は熱血で息が合ったからだろうけど、今回はシステム理解+初めて心が通じ合った友達ということでドッキング出来たと好意的に解釈しておこう。
ある程度、仲が良いからこそ全てをさらけ出すのが恐いというのもあるんだろうしねぇ・・・と瀬一杯あおいちゃんをフォローしてみる。

展開的には2話続いて同じパターンというのがやっぱりプリキュアとかそれっぽいですね。
仲間がある程度集まるまでテンプレ+最後の1人がイレギュラーというのは実に王道。
1話から一貫してテーマがブレてないのは素晴らしいですね、尻とか尻とか。
まぁ、駆け足展開というマイナス要素もブレてないんですけどね。
こればっかりは1クールという制約がある以上致し方がない。
ストライクのように軍隊という集団に溶け込むのとはまた話が違うだろうしね。

それにしてもコライダーが攻守万能すぎてワロタ。
可愛さといい強さといいもうひまわりちゃんがいればそれで・・・。
反射だけならともかく荷電粒子砲まで打てるとは。
強さに関してはシステムへの理解という面があるのかもしれないけど。
ビビッドイエローはマミさん衣装に境ホラのネイトを思い出しました。

次回はれいの当番回。
鍵ということでれいも・・・?
れいは誰かの指示でアローンを強化してるようだからそろそろ色々わかってきそうかな。
ターニングポイントになりそうな1話ですね。

ビビッドレッド・オペレーション 第03話

★ビビッドレッド・オペレーション 第03話 「本当の強さ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

OPにあおいちゃん変身シーンが追加。
仲間が増える毎にシーンが追加されていくんでしょうね。

というわけで、今回から学校を移ってメインキャラが一堂に集結。
黒い子(れい)や黄色い子(ひまわり)は空気でしたが。
今回は緑の子ことわかばちゃんの当番回!
キャストが大坪由佳さんなので身構えていたけど・・・うん、としのー(ry
普段の演技は良いんですが、叫び声がズコーすぎるのは残念だなぁ。
叫び声がなければまだ普通に演技が聞けるのにどうしてこういうキャスティングにしたし。

それにしても2話に続いてまた展開が早い!
いきなり友情からのカギ出現、変身ってのは良いのか。
まぁ、あかねとわかばが似ていると話されていたし、お互いあんまり深く抱えることもないからすんなり通じ合えたのかもしれないな、そのままドッキングもしたし。
トマトごときでドッキング出来なかったあおいちゃんとはなんだったのか。
変身はともかくとしてドッキングはもう少しわかばを活躍させてからの方が良かったなぁ。
せめて武器使って単独での戦闘シーンが見たかったです。
ビビッドグリーンの斬艦刀ビビッドブレードは好きなんですけどね。
それとグリーンはゴエモンのヤエちゃんみたい(ry

次回はこのテンポでひまわりとドッキングしちゃうのかなぁ?
まぁ、5話でれいの話まで行けば後はじっくりやれると思いますが・・・。
1クールなら今後の戦闘シーンのためにも駆け足なのはしょうがないのかもしれませんね。

ビビッドレッド・オペレーション 第02話

★ビビッドレッド・オペレーション 第02話 「かさなり合う瞬間(とき)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

OPからも溢れるこのストライク臭(褒め言葉)
1話以上にアローンさんがネウロイだこれー!状態でワロタ。

早々にあおいちゃんの変身シーン。
ドッキングっていうから期待したけどそういう意味じゃないのか(何
あかねが全てのカギになっていて、あかねと友情で結ばれた子達にもカギが出現するってことなのか?
そしてドッキング・・・というよりフュージョンしていくって感じか。
赤+青で何故青に・・・と思ったけどキスした方の色が強く出るとかなのかなー。
まぁ、示現エンジンの仕組みといい、こまけぁこたぁ(ry 精神で見るのが良さそう。
個人的にはでこちゅーで上のフォームになるという設定がキマシタワーですばらだからなんでも良いよ!
ハンマーはいつ「光になれええええ」と叫び出すのかヒヤヒヤしたぜ。

黒い子はOPやEDの色を見ていると特別なポジションなんだろうなと思ってたけど、現時点ではアローンを陰で強化する敵役っぽいのかな・・・。
あちらもシステム的には示現エンジンのエネルギーを利用しているのだろうか。
その辺はアローンが出現した理由やアローンの正体や目的にも絡んできそうですね。
最終的には仲間になりそうですが・・・まずは4人集まることの方が先かな。

駆け足気味だったりドッキングできなかった理由がトマトでズコーだったりと突っ込み所も多い2話でしたが、1話の勢いがそのまま続いていてワクワクしながら見られたから問題ないかな。
吉野弘幸脚本は好きなんだけど最近の作品は微妙+1クールだろうというのが不安要素ですね。
しかしまぁ、2話の時点でも今期期待度No.1であることには変わりなかったです。

ビビッドレッド・オペレーション 第01話

★(新)ビビッドレッド・オペレーション 第01話 「ファーストオペレーション」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ストライクウィッチーズの高村和宏監督が手がけるオリジナルアニメ。
高村監督といい、女の子が生身で戦うというコンセプトといいストライクウィッチーズ同様の期待を持ってしまうのは致し方がない所ではあるかな。
プロジェクトが発表されたタイミングが、ちょうどストライクにハマり直したあたりだったしね。
アニメを見て楽しもう!と思っていたので事前情報は殆どなし。
時間が無くて、直前SPも見ないまま視聴です。

1話の構成が実に高村監督らしい王道っぷり、ストライクの良い部分を受け継いでいて大変満足。
今回の作品は尻推しなんですね、わかります。
スーツを着るとスカートなことに違和感を覚えるのはきっと俺だけじゃないはず。
カラー分けされてたり気合の入った変身といいマスコット(博士)といい、科学、軍事的な設定を伸ばした深夜版プリキュアと言えば説明しやすいですかね。
まぁ、プリキュアにない適度なサービスシーンとかあったりしますが(笑)
鳥を助けるシーンとか1話で戦闘まで行かない構成はストライクファンとしては「これだよこれ!」と思ってしまいますね。
敵がどう見てもネウロイだったりはするけど焼き増しを作りたいわけではないんだろうし、今後どこに焦点が当たるのか、キャラの人気が出るのか、「友情が世界を守る鍵」というキャッチコピーの意味等など、2話への期待度は個人的に今期圧倒的No.1です。

そういえば、略称は「ビビッド」か「ビビオペ」公式ではどちら推しなんだろうな。
システムの名前が「ビビッドシステム」だからやはり前者なんだろうか。
基本的に公式略称が好きなのでそれに統一したい所。
ストライクウィッチーズはそれ故に「スト魔女」だったり「ストライク」呼びをよく使いますので。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。