説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第13話

★(終)俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第13話 「妹(あたし)が兄(あいつ)に恋なんてするわけない」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

TV放送ラストは原作11巻の過去話再構成。
モノローグカットは残念だけど、これはこれで桐乃がどういう心情を抱いてきたのかがわかりやすいし、如何に麻奈実が腹黒ラスボスなのかがわかってアリだと思う(笑)
まぁ、麻奈実さんの本気はこんなもんじゃないんですが・・・。

それに伴って京介の挫折話がカットされたのはちょっと残念だな。
もしかしてこのまま某キャラの存在も抹消されるのでは。
カットしても問題ないと言えば問題ない話ですけどね・・・今回だけで京介が以前は背伸びしていて、桐乃はそれに憧れ恋をしていたことは十分伝わっただろうし。
あやせストーカー話とは違って、片鱗も出さないなら問題無いと思う。
回想メインだったせいで、原作にあって桐乃VS麻奈実の構図が楽しめなかったのも残念と言えば残念。

しかし、本当に残念なのはこのぶった切り感満載のラストというかなんというか・・・ある意味、ヴァルヴレイヴより酷い終わりを見たぞ。
放送中に配信の告知もないもんだから、知らない人にとっては「えっ、これで終わり!?」だよね・・・。
今回の話自体は原作ファンから見ても良い改変だったのに、アニメの内容以外の所で残念すぎるわ。
ヴァルヴレイブみたいに「特報、14話以降後日配信決定!」と告知するだけでもだいぶ印象変わるのに。

全体を通しては2期では中盤以降どんどんキモく(褒め言葉)なっていく京介が目立ったかな。
1期の頃の格好いい京介よりもこっちの方が自分は好きです。
同じく物語の流れ的なものですが、桐乃スキーとしては桐乃デレシーンが多い2期は1期と比べてニヤニヤでした。
だが、本当のニヤニヤはこれからだ・・・!
・・・いつ配信されるのかなぁ(遠い目)
スポンサーサイト

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第12話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第12話 「マジ天使すぎるあやせたんが一人暮らしの俺んちに降臨するわけがない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

まさかのストーカー話99%カットでワロタ。
ストーカーフラグあったじゃないですかああああああ!!
12話はストーカー話で埋めると思ってただけにこれは予想外。
そして引きを原作10巻部分では無く、最終刊まで踏み込んだのは更に予想外。
正直、これは構成変えすぎてごちゃごちゃになってるような・・・。
構成変えるんなら変えるで2話構成にしておけば良かったものの。
というか2クールあれば俺の嫌いな後日配信やらもいらないし、尺に余裕があったというのに。
ストーカー話とぽろり話がカットされたあやせファンは泣いていい。

この調子だと11巻の内容ちゃんとやるのか不安すぎるんですが。
さすがに桐乃と麻奈実の対決はやらないわけにはいかないだろうしなぁ・・・。
あやせに関しては時系列&生殺しを無くしたと好意的に解釈するしかないか。

次回でTV放送は終わりですが、今度こそ11巻ラストの引きになるのかなー。
今回の実質あやせ回みたいに最終刊の話を1話ずつやってくれたりしたらベストなんでしょうが。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第11話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第11話 「一人暮らしの兄貴の部屋に妹たちが押しかけるわけがない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

色々と情勢が一気に変わる10巻の話に突入。
黒猫と付き合う云々の話も関係が動いたと言えばそうなのですが、あくまでもそれはメイン達のお話。
ここからはこれまで出番のあったサブキャラ達がメインキャラと一気に絡んで世界観が広がっていくお話になります。
加奈子とか登場当時はここまでヒロインポジになるとは想像しなかったよなぁ。

そんなわけで、今回のメインは加奈子とあやせ(と黒猫)。
これからも入れ替わり立ち替わりで京介の部屋にヒロイン達が訪れて、あれ?これってハーレムモノだっけ?という感想を抱く珍しい巻だったりする。
パーティーでヒロイン達が一堂に会する様を早くアニメで見たいですね。
特にリア充サイドとオタクサイドの絡みは今回見てわかる通り、修羅場っぽくもあるけど微笑ましかったりします。

13話までTV放送らしいからやっぱりあの引きかなぁ・・・。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第10話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第10話 「俺の妹がウェディングドレスを着るわけがない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

手錠プレイのライターでの火あぶりが巧妙に隠されていてワロタ。
確かに女子中学生がライターを人に向けるというのは絵的にアレだしなぁ・・・。
まぁ、あやせさんぐらいになるとライター所か包丁とかも向けてくるから、原作ファンとしてはあまり違和感はないのですが・・・。
更に言うと補足されたのはいいんだけど、これじゃあ階段落ちからどのシーンに繋がるか分かりづらいんじゃあ・・・。
8話冒頭の桐乃の手当に繋がる回想でした。

本編は予想通りClariSはカットか・・・致し方ないな。
それ以外は桐乃やあやせのモノローグをばっさりカットしたのは意外だったな。
あのモノローグがあればそれぞれの想いがバレバレだからなぁ。
尺の都合もあるんだろうけど、カットしたことによって表情から感情を読み取ることが出来て既読組としてはこれはこれでアリかなと思いました。

次の10巻の話でTVでの放送は終了しそうな空気ですね・・・この厚さは3話分は欲しい。
そうするとアニメ組はあの衝撃的な台詞でお預けくらうんだろうか?
早く続きを知りたかったら11巻からでも買ってね!という。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第09話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第09話 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

いい最終回だった!
演出のおかげで原作よりも断然最終回チックな雰囲気が出ていたのが良かったな。
このまま終わったら寧ろすっきり終わるんじゃね?と思うほどに。
恋愛面が決着付かないと嫌な人は居るかもしれませんが・・・。
こういう問題(この作品だと桐乃の感情)を抱えた作品は選ばないエンドが一番丸く収まるとは思うんですけどね。
最終回チックなだけでここで終わりません。
原作の最終刊は今日発売されましたが、自分が読めるのはもう少し先になりそうなのでネタバレ気を付けます。
アニメは例の如く後日放送or配信だろうけど、原作と同じ結末なのか否か。

それにしても今回は原作動揺桐乃がかっこ可愛い過ぎる!
こうして映像で見るとより兄妹なんだなぁという部分が出てて良いね。
改変されたのは抱きつくときに電気が点いていたことぐらいかな。
カットされたのは麻奈実の出番・・・犠牲になったのだ。
おそらくそのうち回収されそうですが、重要なこと言ってるし。
ひねてるように見えてストレートなツンデレなんですよ!ということを今回でわかってくれれば嬉しいなぁ。

次回はサブタイ的に9巻の後半の話に。
予告的には前回カットされたあやせさんとの手錠プレイがあるようです。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第08話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第08話 「俺が後輩とひと夏の思い出を作るわけがない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あのあの・・・あやせさんとの手錠プレイは・・・?
さすがに次回は余裕なさそうだし今回は後でフォローされることもなさそうかなぁ。
ちなみに京介が傷だらけの理由はソレだったりします(意味深)

予想はしていたとはいえ、神猫さんとのデートを映像で見るのはシュールだなぁ。
こんな格好した美少女がその辺歩いてたら二度見じゃ済まなそうだ。
この格好で欲情するなって方が健全な男子としては無理があるんだぜ?

引きは予想通りだったので、概ね原作通りゆっくりやってくれた印象。
挿絵のカットの映像とか見ると嬉しくなるよね。

黒猫の絵を見て目的を察した人も多いかもしれませんが、次回が本番というか結果ですね・・・。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第07話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第07話 「俺が後輩と恋人同士になるわけがない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

というわけで、前回というより桐乃と黒猫の相互フォローからの京介の決心。
ここまでお膳立てされちゃあ受け入れるしかないよねえ・・・。
というか、男としてこんな告白の仕方をされたら意識して無くても好きになるよね。
桐乃派の俺でもこの回は原作でも黒猫可愛いなおいと思ってたぐらいだ。
まぁ、黒猫の可愛さよりも京介の浮かれっぷりが目立つのが残念だけど(笑)
健全な男子高校生がこんな可愛い後輩と付き合えたら当たり前の反応だろうけどね。
2期で言動がキモくなったと言われてる京介ですが、原作のがそのまま出ているだけだし状況を考えればこういうノリになっていくのは必然なので大目に見て上げて欲しい。
中村悠一の演技がハマりすぎて恐いというのはあるんだろうけど(笑)

意外と進まなかったから3話構成なのかな。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第06話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第06話 「俺の妹が家に彼氏をつれてくるわけがない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

やはり7巻最後までやってしまったか・・・。
当時は衝撃展開であんまり気にしなかったけど、桐乃があれだけ荒れてた理由を黒猫は十二分にわかっていただろうに・・・まぁ、それも彼女の考えあってのことではあるんですが、返事を出す京介といい、顛末がわかってるとはいえ胃が痛くなりそうな展開だよなぁと改めて思った。
その辺のフォローはきっちり次回にあるはずなのでカットしないで欲しいなぁ。
結果論ではあるのですが、この辺の黒猫はもう少し巧くやれなかったのかなぁと今なら思わなくもない。

それはそうと、カットかと思われてたあやせとの手錠プレイキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
この辺からどんどんあやせの行動がエスカレートしていく(気がする)んですよね。
アニメならではの椅子に座ってるあやせと座ってる京介という構図が凄く良かったです。
これであやせさん完全にスカートだったらもっと素晴らしかったというのに・・・!

カットと言えば、御鏡の出番がかなりカットされたので人物像が分かりづらいですね。
桐乃と同レベルの2次元オタで心に決めた人が2次元に居るレベルだというのに。
コミケの話はやっぱりもう少しやって欲しかったです。

さて、8巻の話も2話構成ぐらいですかね。
前半は予言のあの部分で引くのが妥当っぽい。
ざわざわするような話が連続で続きますよー。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第05話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第05話 「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

桐乃スキーな自分としてはやはり京介と絡んでるときが一番ニヤニヤ出来る!
そんなニヤニヤ回だけで済めば良かったんですが難しいものです。
まぁ、サブタイの時点で不穏なものは多少感じ取れたでしょうけど。

今回の見所は全編を通しての桐乃のテンションの浮き沈み。
どういう所でテンションが上がって、どういう所で下がったのか。
普段は京介に対してツンが前に出ていて分かりづらい部分も今回はかなりわかりやすい。
夏コミ消化パートなんかは台詞無しで雰囲気が良く出ていたと思います。
やっぱこういう微妙な表情の変化はアニメならではでいいですよね!

・・・ところで手錠はどこに行ったんでしょうか・・・。
夏コミパートも同人誌作成やゲー研の部分もカットカットカットの嵐で泣いた。
去年と違って、オタク活動に積極的になってる京介を見られる良いシーンなんだけどなぁ。
桐乃に対して言った「楽しいことが増えた」にもかかってるというのに。
どこかで補完されるのかなぁ・・・特に手錠は楽しみにしてたラブリーマイエンジェルあやせたんファンの人は多いだろうに。
ドラマCDのあやせ回であやせ分補給したと思ったら、原作パートが生け贄とか意味がないじゃないですかやだー!

次回は7巻ラストまで行くのかなー。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第04話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第04話 「俺の妹のライバルが来日するわけがない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

リア、来日。
CVはおにあいの秋子で有名になった木戸衣吹ちゃん!
さすが妹系をやらせれば安定してる。
秋子の時は棒読みの部分も良い味になってたので他の色んな役が見てみたいですねぇ。
すっぽんぽんを規制無しでやってくれたのがGJ。
一部地域では光線級出現していたようですが北海道では無事でした。

妙に京介の独白が増えたのはそういった意味合いを持つ話だから仕方ないね。
原作でも明言されてはいないものの、桐乃が京介を兄妹以上に好きなのはほぼ確定だろうし、リアの推測が一番当を得ている気がするのですが、京介の方はなんとも思ってないという。
原作最新の方を見れば京介の方も・・・な気がしないでも無いけど、その感情がどこまで深いかは謎。
桐乃が終始不機嫌なのは「他の女とじゃれている」部分も大きいし、妹の裸なんてなんとも思ってないという所に怒ってるようにも見える。
この視聴者の推測と京介の考えのズレがこの話というか作品全体の一種のポイントだと思うんですよね。
その京介が自覚していくのが次回以降・・・みたいな感じなのでこうご期待。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第03話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第03話 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

6巻の話に戻って沙織回の原作進行かと思いきや9巻短編要素も来た!
ここで香織さんのサークルのことについて触れるのは良い改変だったと思う。
というより、導入部だけ6巻の内容で後はほぼ9巻の内容だったよね。
おかげで6巻の内容はだいぶ端折られはしたけど、尺を考えるとしょうがないかな。
しかし、地震→真っ先に桐乃を支える京介は見たかったなぁ・・・。
なお沙織の出番はこれで(ry

9巻というかなり後半の内容に触れているのでアニメ組はネタバラシの速さに驚くかも。
見てればわかると思いますが、信也はマスケラ主人公真夜の元ネタ。
彼方はマスケラの原作者であり、オタクとしての沙織を形成するキッカケになった重要人物であり、加奈子の姉でもあります。
ほっしーこときららさんは最初のオフで出会ったメイドさんであり、メルルの声優である星野くららの実の姉でもあります。
正にそうそうたるメンバーで広いようで狭い業界だなぁ・・・というお話なのですが、ぶっちゃけ半分以上はおそらく後付け(ry
キャラ同士関連性ある方が好きなので、原作読んだ時はおぉ!と思いましたけどねー。
イイハナシダナーもたまにはいいよね!

次回はやっとリア登場か。
原作通りなら裸(ry

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第02話

★俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第02話 「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

いきなりのあやせさん当番回。
本編進めないでこういうのを持ってくるのを見るとあやせの人気っぷりがわかりますね。
ドラマCDを聞いてないのでわからないけど、ドラマCDの話なのかな?
もしそうなら映像になったことでよりキモ・・・それらしさが出た話になりましたね!
どう見てもラブプラスの愛花だし声一緒だしで完全にただの中村悠一の声をした杉田だこれー!
某エンカウントでそんな杉田の様子を見ていた中村悠一がこのアフレコする時の気分はどうだったんだろうな(笑)

桐乃派で自分でも今回のあやせは確かに可愛かったな・・・。
基本ドMな俺は桐乃もあやせも攻撃的でツボなんだよな!もっと罵って!
ミニスカで回し蹴りとか完全にご褒美ですやん。
手錠プレイが楽しみで仕方が無いです。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第01話

★(新)俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第01話 「俺の妹が再び帰ってくるわけがない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作既読。
アニメは最初の+配信分のみ視聴。
再放送でやってたTRUE ROUTEスペシャル版は見てません。
初期アニメだけしか見てない人は完全に置いてけぼりの1話ですが、そのためにTRUEとして再構成再放送したんだろうなー。
そして、今回も13話+配信3話でそろそろ最終刊が出る原作を全て消化するそうで。

正直、後から放送ないしは配信するというスタイルは個人的に大嫌いなので辞めて欲しいんですけどねぇ。
そういう形式というだけで個人的に評価が一段階下がるまである。
某阿知賀や戦車に対していまいち熱くなれないのもその辺げ原因だと思います。
やらないよりやってくれた方が・・・ましてや円盤ではなく配信してくれる方がありがたいとは思うんですけどねぇ。
自分がどうしてもどうしてもこの形式に馴染めないだけです。
理由は色々あるんですが、一つは間が空くと忘れてしまうこと。
一つはそのクールの時はそのクールのアニメに集中したいという部分かなぁ。
なんだかんだで見たら楽しめるのはわかってるんですけどねぇ・・・感想書くぞ!というテンションから脱線しちゃってるので重い腰が上がらないとかそんな感じ。

完全に俺妹の話から逸れてしまいましたが、要は2クール欲しかったなーってことですね。
今回のは導入部ということもあり割とオリジナル要素が強かったし、次回はドラマCDの話だそうで。
そうやって増し増しにしていけば、2クール分ぐらい余裕で作れた気がするんだけどなぁ。
どうやら14-16話は一挙公開らしいので、それだけは救いかな。
もう1話毎に何ヶ月も待たされるのは結構でござるよ・・・。

閑話休題。

内容自体はあー、俺妹が帰ってきたなーこれでこそ桐乃だなーという内容。
黒猫達との絡みが皆無だったのは残念だけどそのうち・・・ね。
今回は作品を象徴する、兄妹を中心とした話で1話にふさわしい内容だったと思う。
冒頭の風呂シーンが若干、桐乃のフォローになってたのは桐乃派としては嬉しい。
じっくりと桐乃の心情を想像すれば、桐乃の態度は納得出来るんだけどアニメだけだと後半にならないと難しいだろうしねぇ。
1話から桐乃節全開だったことで寧ろマイナスに振り切れた気もしますけど!
アレは思いっきり京介に気兼ねなく甘えてるんだと思うと可愛い。

次回は上でも書いた通り、ドラマCDの話&ラブリーマイエンジェルあやせたん回っぽくて楽しみ。
しかし、こんなペースでやっててきっちり原作消化出来るんですかねぇ・・・。
リアの話は帰国ムードの時に早めにやって欲しいんだけどなー。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。