説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革命機ヴァルヴレイヴ 第12話

★(終)革命機ヴァルヴレイヴ 第12話 「起動する異端者」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あの来週の放送がないんですがそれは・・・。
予想していたよりも1クール目ラストが尻切れトンボすぎてワロタ。
特報じゃねーよ!知ってるよ!と突っ込んでしまった。
どう見ても話が中間点のまま終わったので、現段階ではなんとも言えないことが多いけど、今回明らかになって重要っぽいことは

・真暦71年=帝国暦元年
・ファウンダーという存在
・世界の裏側に在る者と呼ばれるマギウスの本格登場(カインはコレ)

解説らしい解説は殆ど与えられず、情報だけが最後にどばっと与えられたようなラストでした。
超展開というかなんというか・・・まぁ、そんな所もVVVらしいか。
コレを見て1クール評価しろっていうのはなかなか難しいな!
作品としては世間一般よりは高く評価してるし楽しませて貰ってるけど、1クールの〆ぐらいはきっちりと終わって欲しかったのが本音かな・・・1クールだけという括りなら最終話で1ランク評価が下がったかな。

2クール目は予告映像からすると普通に真歴編が続いていくのか?
せっかく、アキラちゃんがんばったのにスーパーに行くとかそういう話にならなそうなのが不憫だ。
pediaとか見たら地球の情勢とか地図で載ってるんだけど、そういうのはアニメ内でやって欲しい・・・。
某ガンダムみたいに舞台が地球に移っていくとかそんな感じなんですかね。
今の段階では深く語らず2クール目を黙って待ちたいと思います。
スポンサーサイト

革命機ヴァルヴレイヴ 第11話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第11話 「軍事法廷第54号」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

友達内閣とかショーコパパあぼーんとか大佐有能とか色々あったけど、最後のハルトの「結婚してください」で全部吹っ飛んだわ(笑)
毎度、笑・・・衝撃のラストを用意してくれるこの作品はさすがですね。
ハルト的には自分の感情抜きに責任を取るつもりで真面目な発言なんだろうけどね。
ショーコのこと好きじゃなかったの?と突っ込まれそうだけど、それとこれとは別問題な気がします。
状況的にどう見ても死亡フラグにしか見えないのが笑いを誘う理由だな!
死亡フラグというより、放置してる1号機がパクられそうな気がバリバリなんですが・・・。

月も目前という所で一気に情勢が動きそうな雰囲気なのはwktkする。
後半はエルエルフさんの予言がなかったけど、大佐とどちらが上回るのか。

前回の引きからどうなったのだけは知りたかったなぁ・・・。

革命機ヴァルヴレイヴ 第10話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第10話 「恋の選挙公約」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

これ絶対入ってるよね(素)
流出とか知らなかった俺は普通に驚いたわけですが・・・作品的に絡みシーンはありそうな雰囲気だったけど暴走状態からそのままってのが想定外。
OS子が挿入とかHとかえらい性欲強く見えるのでそういう所がリンクしてるのかなぁ。
またそうなる理由とかハルトの発作の間隔が短くなる理由も関連してるのだろうか。
演出的にはショーコがハルトのためにがんばる!とか欲張りになろう!とか言ってる裏のシーンというのが皮肉でした。

後半が衝撃的すぎて最初のエルエルフとタクミの話とか全部吹っ飛んだな・・・。
ショーコのノリは感情的すぎて冷静に外から見たらあまり同意出来るものではないのが不安。
いつ死ぬかわからないからやれることやろう!というのは理解出来るんだけどさ。
真面目に生活を良くしようとしていた生徒会長が不憫になってくるなぁ・・・。
月と合流とか現時点では不安要素しかないですね。

革命機ヴァルヴレイヴ 第09話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第09話 「犬と雷」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

追憶コーナーと安らかにボタンがマジキチすぎて吹いた。
そんなイイネ!みたいなノリでいいのかよ・・・。
まぁ、現代の常識を当てはめてもしょうがないので、こういうのがVVV世界ではスタンダードなのかもしれませんが・・・文句言ってる人も少なかったしね。
皮肉を言ってたのはサンダーぐらいか。

というわけで、サブタイ通り犬塚先輩とサンダー回きたー!
ヴァルヴレイヴに明らかに乗りたがってた2人なのでまぁこうなるよね・・・。
相変わらずエルエルフさんは策士だけど、今回に限ってはハルトの文句よりも本人達の意志を尊重すべきだな。
サンダーはともかく犬塚先輩は人間辞めたらどうなるか知ってるのに乗り込んだわけだし。

後に登場したロボの方が強いのはロボアニメの基本ですが、それにしてもスペック差ありすぎじゃないですかね・・・。
サンダー駆る3号機はともかくとして、犬塚先輩の5号機はメイン盾硬すぎ+射撃性能が某フリーダムもびっくりなぐらいのチート兵器なんですがそれは。
ただでさえ、残念な印象しかない4号機がますますもって外れ機体っぽくなってきたぞ。
サンダーは本人の性格と重火器という機体性能がいまいちマッチしてない気がするけど近距離もこなせるからいいのかなぁ。

そして最後の最後で咲森(防人)学園・・・というよりモジュール77の正体が判明。
タクミは何か知ってると思ってたけど、思った以上に深いところに居たようだ。
というか、ジオールの軍人まみれだった割にはあっさり制圧されすぎじゃないですかね・・・。
どういう思惑があって、カインは大佐は何を知っているのか・・・話が盛り上がってきましたね。

そういえば、エルエルフさんが思いの外普通に馴染んでたのは吹いた。
なんだかんだで受け入れられるんでしょ?と思ったら予想以上だよ!
更には軍事訓練もそのまま受け入れるとはなぁ・・・まぁ、実際問題戦わなければ生き残れないから英断ではあるんだけども。

革命機ヴァルヴレイヴ 第08話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第08話 「光の王女」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

引き続いてのエルエルフ回で面白い!
エルエルフさんの孔明っぷりはそういうもんなんだとそれこそ孔明のように考えると気にならなくなった。
それに加えての身体能力だから一人旅団というのにも説得力が出るしね。
今回は二人の主人公の距離が徐々に近くなってる感が良かったなぁ。
ハルトの甘さと苦さのたとえ話の歩み寄りもそうだけど、エルエルフ自身もハルトに感化されて徐々に軟化してるように見えるしね。
今回の一件で正式に契約ということでいいのかな?
周りのみんなもエルエルフを警戒しつつも、少しずつ頼りにしていきそうかな。
なんだかんだでエルエルフ居なかったら余裕で全滅してるだろうしなぁ・・・。

戦闘は前回のブーメランをまるで学習して無くてワロタ。
本体狙えって言われてたやん・・・もうあのブーメランもっと量産すれば完封出来るんじゃないかな。
エルエルフが完全にハルト側に付いたらそれも厳しいのかもしれないけど。

次回はサブタイ的にキューマ&サンダー回かな。
予告では5号機(青)が動いていたのでどっちかが乗りそうですね。

革命機ヴァルヴレイヴ 第07話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第07話 「瓦礫の下のハルト」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

唐突に200年後とか言われてリアルにファッ!?となったじゃねえか!
夢オチとかそういうわけでなく、物語の舞台はそこまで移っていくんだろうなぁ。
ということはガチで不老不死になるということかな・・・。
まぁ、コールドスリープみたいな技術は確立されてそうだけどさ。
分割2クールなので、2クール目が200年後メインになるのが現時点で濃厚でしょうか。

今回は久しぶりに一人旅団さん無双で色々面白かった。
やっぱりエルエルフが目立つと一気に面白くなるな・・・。
一人旅団()にかかれば素人の学生制圧することなんてわけないだろうに、どうして今まで待っていたのか・・・ドルシアの襲撃タイミングも全て計算済みだったということか?
まぁ、何もかも想定内、想定外のことにも即座に対応するエルエルフの予言にかかれば造作も無いことか。
ここまでドルシアに敵対するということは革命というのがどうやら相当ガチっぽいな。
思いつく理由は写真の女性(リーゼロッテ?)のためと言った所か。
目的を達成出来るなら利用できるモノは利用するし誰と敵対しても構わないんだろうな。
回を増す毎に魅力的になっていくとは流石ですエルエルフさん。

そして貴重な眼鏡が・・・。
アイナが急に目立ち始めたから嫌な予感はひしひしとしていたけどフラグ回収早すぎィ!
これが原因でキューマはハルトを責めるっぽいけどこれで亀裂が入らなければいいが・・・。
とりあえず、ヴァルヴァレイヴに乗る理由にはなりそうだな。

革命機ヴァルヴレイヴ 第06話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第06話 「サキ・カムバック」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

サキさん本性表すの早すぎィ!
4号機にそのまま乗り込むとか良い性格してんなぁ・・・。
これは別にハルトとキスしたから適合したというわけではなさそうか?
エルエルフさんの推測通り、学校自体に自然とそういうカリキュラムが組み込まれていたと考える方が自然だな。
そもそも、ヴァルヴレイヴが学校の地下に眠っているという時点でうさんくさすぎる。
適合に投薬必要とかでも、学校側が予防接種とか銘打って注射打てば問題ないだろうしなぁ。
ハルトもサキも即ロボ操縦出来たのは、人間辞めた際に直接情報を流し込まれたとかカリキュラムの中にあったとかそんな感じに脳内補完しておこう。

今回、もう1つ気になったのはカインがヴァルヴレイヴを2「人」と言ったことや複数あることを疑問に思うような口調だったこと。
4号機にOSちゃん居なかった気がするし、1号機だけ特別で他は模造品とか?
どちらにせよ、実は一部の人が割と情報持っていたというオチになりそうな・・・。
ストーリーに不満はないんですが、後出し設定多いのだけはどうにかならんかなーとは思います。

そういや、失脚してなかった!と思ってたフィガロ議員があっさりあぼーんしたのはワロタ。

革命機ヴァルヴレイヴ 第05話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第05話 「歌う咲森学園」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

まぁ、ネバーランドにすぐほころびが生じるのはわかりきってたことで。
今回はなんとか切り抜けられたけど、すぐにこの王国は崩壊するんだろうなぁ。
急に歌い出したりショーコが暴走状態だったり、危機感ないの?と言った疑問は逆にハイになってるからと考えれば不自然じゃないと思うな。
現に冬モードになった時は一気にお通夜ムードになったわけだしね。

スタッフ的にもどうしてもギルクラを思い出してしまうけど、こういう話好きだから今のところ全然普通に楽しめるな。
登場人物の気持ちが全然理解出来ないって言う人も居たけど、そりゃ極限状況秒読みの人たちの気持ちはそう理解できないと思う。
それをわかりやすく伝えるのが脚本や演出の仕事だという意見には同意しますけどね。
今のところは自分の中で全て納得出来ています。

そして遂に他のヴァルヴレイヴきたー!
次回予告では緑=4号機が動いてるシーンが確認出来ますね。
ハルトの肉親が開発者という2話続けての唐突な設定や全機揃ってるのはちょっとアレかと思ったけど、今後解説されると信じて今は気にしないでおこう。

革命機ヴァルヴレイヴ 第04話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第04話 「人質はヴァルヴレイヴ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

見る前から「なんだこの超展開」みたいな感想を聞いていて身構えていたおかげか、展開自体は割とすんなり受け入れられたというか、子供たちの独立国家という設定自体はそう珍しいものじゃないと思う。
ソレに付随するショーコの総理大臣の娘設定や何故モジュールを切り離した!?という突っ込み所満載の要素が問題視されてるのかもしれないけど(笑)
これぐらいで脚本批判とかこの後どうなるかわからんのになぁ・・・自分が気に入らない、認められない展開なら即批判という風潮はいかがなものか。
絶大な力(シンボル)+独立というのは直近だとギルクラを思い出すし、中二病的な要素で毛嫌いされてる所はあるのかかねぇ。

と、見えない敵に対して思って見るのはさておき、個人的には嫌いじゃ無い展開です。
戦闘シーンは相変わらず問題無いし、戦闘シーン自体はヴァルヴレイヴ出揃ってからが本番だろうからまだまだ伸びしろはある。
エルエルフさんとか一部がギャグになってるのをさておけば、十分先が気になる魅力的な脚本になってると思うよ!
とりあえず、エルエルフさんの今後のみの振り方が凄く楽しみですね・・・。

革命機ヴァルヴレイヴ 第03話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第03話 「エルエルフの予言」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

どうでもいいんですがヴァルヴレイヴって言いづらいですよね。
前回の感想でもヴレイヴと打ったつもりがヴァレイヴになってたりで後日こっそり修正したり。
意識するようにしたので今後間違えることはない・・・はず。

前回に引き続いて色んな意味でエルエルフさん無双。
W主人公っぽいけど現状、明らかにエルエルフさんの方が色んな意味で人気あるだろうなぁ。
ハルトは今のところは周りに流されるまま主体性を感じないしね。
そんなハルトがエルエルフに契約を持ちかけられてどう変化していくのかが楽しみ。
まぁ、この盛り上げっぷりは利用されてポイッか掌返し、孤立フラグにしか見えないんだけどさ。
そこに優しくサキさんが介入してくるというイメージしか沸かないや。

それにしてもエルエルフさん、さすが一人旅団()という異名があるだけに無双っぷりが凄い。
もう最初からエルエルフさん1人で侵入してれば良かったんじゃないかな・・・。
煙幕とかどっから持ってきたんだよ!?というのは逃走中に確保したんだと脳内補完することにしよう。
予言通りのタイムスケジュールなのも凄いんですけどね・・・ネタ街道まっしぐらやで。

革命機ヴァルヴレイヴ 第02話

★革命機ヴァルヴレイヴ 第02話 「666を超えて」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

エルエルフ「僕じゃない」

今回はこの一言に尽きると思うな!
ただ復活(不老不死?)なだけかと思いきやそういう仕組みとは・・・。
EDの最後に登場する女性はギアスのC.C.みたいなものなんでしょうかねぇ。
ドルシア軍が言っていた通り、技術的なものも気になるけどどちらかと言うとオカルト寄りなのかな。
ヴァルヴレイヴという存在が一つなのか複数存在するのかも問題ですね。
複数存在するなら能力もそれだけありそうな気がするし。

それはさておきあっさり生存してましたね・・・。
最初から生存確定していたらロボに乗る理由にならないし、絶体絶命のピンチで生存確定したことでなんとしてでも生き延びる覚悟という展開に持っていたのでそれ自体はまぁいいかな。
問題はエルエルフさん銃突きつけたままなにしてるんですかって話だけども。
まぁ、あの状況じゃどう釈明しようがエルエルフさんが裏切り者にしか見えないしおそらく意思疎通も不可能。
ヴァルヴレイヴの操縦もおそらくハルトにしか出来ないのでヘタに動けなかったという所かな。
ハルトにヒント与えたのはハルトに感化される部分が多少なりあったから&自分がアードライを撃ったという事実をハルトに説明を求めるためかなー。
ぶっちゃけ、W主人公のような作りに見えるし最終的に共闘しそうな気がしますけどね。

1話はあの詰め込み方で良かったけど、2話も同じように詰め込まれていたのは若干窮屈に感じた。
ただ、2話の引きはここまでやらないとダメと思うので致し方が無いかなぁとも思う。
戦闘シーンは相変わらずのクオリティだし今は説明よりも惹きつけるものがあるかどうかだな。
脚本とかに突っ込まない方が楽しめるし序盤で突っ込むのは野暮ってもんですね。
・・・という風に見てたら後半になっても似たノリが続いてビビッドという作品が(ry

正直、1話が良かっただけに2話を見るのは恐かったんですがこれなら大丈夫そうかな・・・。
後はハルトサイドの地盤が固まってきてからが勝負ですね。

革命機ヴァルヴレイヴ 第01話

★(新)革命機ヴァルヴレイヴ 第01話 「革命の転校生」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

春アニメ3大ロボ枠の最後の1つ。
秋葉原駅にオブジェ置いたりサンライズ制作だったりと最も本気度が伝わってくる作品ですね。
サンライズのオリジナルアニメある程度期待できるし、それが自分の好きなロボアニメなら尚更です。
例の如く事前情報無しでの視聴。
ぶっちゃけ、タイトルをヴァルブレイブとか色々間違えて覚えてたレベル。
略称はVVVでいいのかな・・・某ヴァイアラスと被るけどまぁいいか。

さて早速感想ですが・・・一言で言うなら期待以上でした。
印象だけで言うのなら全体的にガンダムベースにサンライズのロボ要素を盛り込んだ感じ。
ロボは光学系の翼がどこかゼーガペインを彷彿させられますね。
居住区に敵襲、その目的がロボットの強奪、民間人がそれに搭乗し敵を撃退という王道エピソードはいつ見てもやっぱり燃えるから好きなんだなーと思う。
1st、Zから続くガンダムの系譜で最近だと種の印象が強い展開なのかな。
希少な種好きな自分だからこそ一気に引きこまれた部分はあるかもしれない。

前半はせっかくのヒロイン紹介パートかと思ったら後半で・・・\(^o^)/
さすがにこれであぼーんは考えづらいので、主人公と同じく人間辞めてるか敵に利用されるかと予想。
良い感じにニヤニヤ出来そうなラブコメムードだったのにリア充になる前に爆発してしまうとは・・・。
細かいことを突っ込むと、主人公がヴァルヴレイヴに搭乗する流れや搭乗してからとっととYES押せよ!等など魅せ方にん?となる場面もあったけど、1話の引きまで一気に詰め込むためと思えばしょうがないかなーとも思う。
間髪入れずあんな引きだったのもGJで、春アニメでは最も2話が気になるアニメになりましたとさ。

問題はこの勢いが2話以降続くかどうかですね。
民間人パイロット系は1話はいいんだけど、それから本人に戦う意志が芽生えるまでgdgdだったりするし。
分割2クールらしいけど、春は1クールだけだからじっくり描いてる暇もなさそうだしなぁ。
ビジュアル的に良いキャラも結構居るので色々活かして欲しいですね。
後は舞台設定の説明をもう少しかな・・・1話で設定を詰め込まなかったのは正解だと思いますけどね。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。