説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第13話

★(終)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第13話 「番外編「だから、彼らの祭りは終わらない。」」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

今回はTBS作品お得意の番外編。
原作者脚本なので実に俺ガイルらしい話になっていて、前回のモヤっとした終わりよりも良かったんじゃないかな?
今まで使ってなかったパロネタを使ったり、出番がカットされがちだった戸塚と材木座の出番が多かったのは良かった。
実質、この2人のメイン回だったと言っていいと思う。
材木座と海老名さんの相性が思ったよりいいというか、混ぜるな危険すぎたな・・・。
小町の出番がなかったのが小町的にポイント低いぐらいで、概ね良い番外編だったんじゃないかな。

アレだけカットしたのに、アニメの出来自体は良かったと思えるのでストックが溜まったら是非2期が見たいですね。
ストックだってじっくり消化するなら2~3巻からでもアニメ化出来るはず・・・とはいえ、ここまで来たら完結間際までアニメ化はないんだろうなぁと思う。
とりあえず、止まってる原作の続きを読みますかねー。
スポンサーサイト

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話 「それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

うーん、せっかくの3話構成なのに結局色々カットされてるのは残念だなぁ。
まぁ、原作から比較するとというだけで、アニメだけだとそこまで違和感なかったんじゃないかな?
屋上の話短すぎるのも八幡が自分のやり方と言ってるし、後でヒール役とフォロー(?)されてるしね。
葉山もその辺わかっててのあの去り際の台詞なんですが・・・葉山はやっぱりもっと掘り下げて欲しかった。
八幡の名前をわざと間違い続けてる黒さなんかをアニメではあまり感じられないからなぁ。

人によっては八幡だけが犠牲になってモヤモヤした終わりと感じたかもしれないけど、この作品がそういうノリだから仕方がない。
最後にゆきのんの向き合って座ったことに色々な意味がこもってるから、そうなっただけでも八幡が悪役になったことに意味はあると思う。
序盤の八幡の弱さを肯定する部分が嫌い→今回は嫌いじゃないと関係性が確実に前進してるのがわかるしね。
それでもきっとこの青春は一般的に見ると真っ直ぐなものではない。
故にサブタイの「まちがい続ける」は当を得てるのかなぁと思います。

次回はTBS安定の番外編。
原作者脚本のオリジナル回のようですね。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話 「そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

本人にその気はないのかもしれないけど、何だかんだでヒーローな八幡は憧れるなぁ。
なんだかんだでゆきのんとガハマさんには仲間意識を感じているというか甘い部分がある。
気に入らないからというのが一番の理由な気もするけど、彼女たちに出会う前の八幡ならああやって目立つような真似は絶対しなかったよね。
「自分が変われば世界は変わるなんて嘘だ」とは言ったけど、それを方法が斜め上とはいえ実現してる八幡が自覚してないのはなんとも皮肉なもんです。
見ている感じ、自覚するのが怖い、影響を与えてしまっていることに怯えてる側面もあるように見えるけどね。
八幡がこういうキャラだからこそ、この作品をここまで好きになったのは自分だけじゃ無いはず。

そして遂にゆきのんのデレ登場ですよ!
今まで全然デレなかった分、ちょっとしたデレの破壊力が凄い。
イケイケのガハマさんもあわさって、この辺からやっとラブコメ要素が強くなってくる。
ラブコメいらない派も居そうですが、八幡の心境の変化がよくわかる展開なので個人的には好きな路線です。
惜しむらくは本番とも言える6巻の話でアニメが終わってしまうことですね・・・。
葉山の話とか殆どカットだったとはいえ、12話でよく収めたと思います。
次回の屋上は尺的にちゃんとやってくれそうだしね。
端折っても綺麗にまとまる作品もあるのに他のラノベ原作アニメと来たら(ry

次回予告はテイストが違いすぎて最初CMかと思いました。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第10話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第10話 「依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

陽乃さんは実はそこまで悪い人やないから・・・(震え声)
相模に関してはまぁ・・・イライラしてた人は期待してるといいんじゃないかな。

原作をかなり削ってるのに要所はきっちり押さえてるので構成に問題は感じないな。
八幡の考えが大事だからモノローグ多めになってる気がするし。
顛末は八幡らしいようならしくないような・・・結局らしい解決方法と言えばそうなんですが。
葉山はもうちょっと負の部分出てくれても良い気がするけど、次回以降少しは拾われるかな・・・。
ゆきのんと葉山の微妙な関係についてももう少し触れざるを得ないだろうしね、陽乃さんも居るし。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第09話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第09話 「三度(みたび)、彼は元来た道へ引き返す。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

次回予告で予想はしてたけど短編オールカットかよ!
平塚先生の話とか好きだったんだけどなぁ・・・。
本筋に関係あるのは祭の話だけだから仕方ないけどさ・・・まさか5巻が1話で消化されるとは思わなかった。
まぁ、6巻の話が大事なので、そこに尺が割かれるのであれば寧ろ喜ばしいかな。

今回の話はアニメ映えするというか、微妙な距離感が巧く表現されていたのが良かったなぁ。
ガハマさんのどうみても告白ムードをズバっと切ったり、ゆきのんの何か言いたそうな所を先回りして話を逸らしたり。
ラブコメじゃないと言われているのは八幡がラブコメに突入するのをシャットアウトしてるからなんだよね。
自分がそういう人間じゃない、満足させられないと自覚しているからこその空気を読める態度というか。
一種の逃げと言ってしまえばそれまでなんだけど、さんざんトラウマあるからなぁ・・・色々仕方ない。

さて次回が今作の本番とも言える6巻のお話。
ハードル上げるわけじゃないですが、話が進むほど面白くなっていく作品なんだよなぁ。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第08話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第08話 「いずれ彼ら彼女らは真実を知る。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

水着回ですが戸塚の方が色っぽいというか気合入ってるのはなんでなんだぜ?
だが男だ・・・。

今回の結末は賛否両論あると思うけど、基本この作品はこういうノリです。
今までがプロローグで今後もこういう解決方法メインになるしね。
チェーンメールの犯人捜しあたりと同じノリではあるのですが、今回は相手が小学生だったりボランティアとしての参加だったのに~あたりが難しい所ですね。
まぁ、こういうのが現実的な解消方法だと思うので、個人的にはこの辺から一気にこの作品が好きになりました。
この後味の悪さは嫌いじゃない。

ラストに車が出てきて犬の話と繋がりました。
これがちょっと前の感想で言ってた加害者云々の話ですね。
後は葉山が八幡のことをちゃんと「ひきがや」と呼んだこととかね。
小学校云々の台詞といい、徐々に葉山の心情が見えてくるのが面白い。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第07話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第07話 「ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

水着は次回か・・・さすがにペース的にカットは無いだろう。
今回は序盤のいらない話が順当にカット。
後は概ね良いペースで原作を消化出来たと思うけど、就寝前の男子トークはカットしないで欲しかったなぁ・・・特に葉山の好きな人のイニシャルがYというのはキーワードの1つだと思うんだけどな。
何より、風呂上がりの戸塚がカットされたのがですね・・・アニメスタッフは早く戸塚人気に気付くべき。
八幡が戸塚好きすぎる描写があんまりカットされてないのは良かったけどね。

次回で4巻の話は完結。
この辺から救いがあまりないというかリアルな話が全開になって面白くなるんだよなー。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第06話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第06話 「ようやく彼と彼女の始まりが終わる。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイからの予想通り3巻の話が1話で・・・!
まぁ、材木座の出番を大幅にカットしたのは大正解だと思うけど。
けどなぁ・・・戸塚の出番も一緒にカットされるのはあんまりだー!
戸塚とプリクラ撮る話は見たかった・・・もれなく材木座も付いてくるけど。
ストーリー進行上、無くてもいい話だし6巻までやるんならしょうがない。
7-8、9-10、11-12の高速消化で乗り切るつもりなんだろう。
キリが良い所で終わるから内容がしっかりしてれば高速消化でもいいと思うんですけどね。
パロや千葉ネタが減るぐらいなら我慢出来るけど・・・その辺の取捨選択に期待したい。

前述の通り、今回に関しては3巻の必要な部分だけ抜き出したので割と満足です。
ゆきのんはロングでもいいけどロングツイテも可愛いのう・・・。
ラノベがアニメになって良かったと思うのは、こういう挿絵1枚とかで済まされる可愛い絵をじっくり動いてるのを堪能出来る所だよね。
陽乃さんに関しては今後割と関わってくるので追々・・・。
加害者と被害者の話は地味に重要なので覚えておくと良いかと。

次回は夏休みだけど休みじゃない!でも(多分)水着があるよ!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第05話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第05話 「またしても、彼は元来た道へ引き返す。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

どこかではがないと似ているようで違う路線と称した気がするんですが、こと主人公においてはそれなりに近い部分もあるんだよなぁ・・・というのが垣間見られるのが今回。
視聴者が気付けるように配置されていた八幡が助けた犬の飼い主=結衣というのが判明する回。
実は絡んでるのは八幡だけではないのですが・・・それはまた後半のお話。

八幡の言動は主人公らしからぬ卑屈さで賛否両論分かれると思うけど、本人の言う通り自分のポジションを把握した上で、それ以上互いに傷つかないために卑屈さ全開な部分があるから嫌いになれないんですよねぇ。
言ってしまえば、八幡は結衣の言動が恩返し以上のものであることに気付いている節があります。
そりゃ、人間観察得意と自称してるぐらいだから察してると考えるのが普通。
菌とかラブレター晒し上げとか女子にメールシカトとか経験してるからとはいえ、その一歩踏み込ませない部分は小鷹に似てると思うんですよね。
まぁ、八幡の場合は居場所を壊したくないというより平穏を守りたいという意味の方が強いけどさ。
小鷹に関してもそうだけど、そういった気持ちを理解出来るから二人を責める気にはなれないですね。
というより、こういうテンションはまだ序の口だからなぁ・・・。
これでも、かなり削って2巻の話は駆け足で終わらせてるんだしね。

次回からは3巻の内容。
サブタイ的にまさか1話で終わらせるつもりなんだろうか。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第04話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第04話 「つまり、彼は友達が少ない。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

戸塚と小町がのW天使が合わさって最強に見える。
といってもこの2人の可愛さはこの後の方が発揮されるわけですが。
戸塚の可愛さは「だが男だ」と言いたくなるレベルの可愛さだよね。
こういうアニメには定石ですが、キャラが出揃い絡んでやっと本番ですね。

今回は八幡らしさ溢れる短編という感じですが、この先を知っているとこの辺の探り探りの人間関係も面白いですね。
特にメイン3人+葉山の意外な接点とか。
2巻ってどんな話だったかなーと考えてたら沙希の話か。
今期の小清水はポニテキャラばっかりだな!

そういえば、やっと大好きなスクライドネタを使ってくれて嬉しかった。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第03話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第03話 「たまにラブコメの神様はいいことをする。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作はずっと戸塚ちゃんマジ天使な印象が強いけど、初期ってこんなに空気だったっけか。
八幡呼びになるのももう少し先かぁ・・・結構忘れてるな
概ね原作通りだけど、八幡と結衣の接点はあんまり踏み込まなかったな。
原作だと結衣がもう少し説明してくれてこの時点で確信を持てるんだけども。

葉山や三浦は敵キャラポジに見せかけて今後も話に絡んでくる重要人物。
特に葉山はポジション的にもメイン級と言っても過言では無い。
見た目以上に良い奴だけど彼は彼なりに裏が・・・黒かったり悪かったりするわけじゃないけどね。
そういうのが動き出してくるのが4巻とかなので、しばらくは会話劇をお楽しみください。
パロ少ないのはあまり気にならなくなってきたけど、先生のスクライドスキーだけは拾って欲しいなぁ。

次回はもう1人の天使である八幡の妹、小町ちゃん登場だよー!
原作読んでるときは香菜ちゃんイメージだったんだけど、それだと色々被りすぎるか。
予告聞いた感じあおちゃんでも問題無いので期待。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第02話

★やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第02話 「きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ラノベメタネタも中二病も原作通りやから(震え声)
本当にタイミングの悪いアニメ化という印象だなぁ・・・。
個別に見ていけば全然内容は違うんだけど、どうしても中二病という濃いジャンルの被りは前の作品を連想させてしまうものだよね。
タイトルの割にはなんだかんだでラブコメ分は薄いし、人と壁を作る理由も八幡を見てると理解や共感を覚えるからオタ的にはキャッチーだと思うんですけどねぇ。

今回登場の材木座は原作だとあまり良い印象は無かったけど、檜山ボイスにかなり救われたな。
次回はついにこの作品のメインヒロイン戸塚が登場するぜ・・・!
声誰かと思ったらみかこしなのね。
声と言えば、よく見たら三浦ビッチさんがマリーナなのは前番組考えると笑えるな(笑)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第01話

★(新)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第01話 「こうして彼らのまちがった青春が始まる。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作既読。
略称は公式で決まってないので、俺ガイルかはまちの好きな方で呼ぶといいと思います。
公式サイトのURL的には俺ガイルだし、自分も初期から俺ガイル派だったのでソレで行きます。
冬アニメの俺修羅とは1巻が出た時期が1ヶ月しか違わないので~ということもあると思う。
ちなみに両作品比較するなら俺はどちらかと言えば俺ガイル派です。
はがないに近いようで読んでみるとそんなに似てないっていう所が好みだったのかも。

1話は原作の結衣登場話を台詞カットしつつ消化した感じ。
ぶっちゃけ、この作品も中盤以降面白くなる作品だからなんともなんですよねぇ・・・。
既読組として一番の不満は、パロネタオールカット+八幡の流れるようなモノローグカットという部分。
俺ガイルが面白いと思った点を全部カットしちゃいかんでしょ。
平塚先生はスクライドとか熱血モノ好きな良い先生なんだぜ・・・?
それと「リア充爆発しろ」という表現はNGなんでしょうかね?
何故か別の表現になってて気になりました。
この分だと千葉ネタもいっさい無しなのかなー。
自分は特に千葉にゆかりはないけど、そういう作品の色が好きだっただけに残念。
今期には他に俺妹。という千葉アニメがあるから回避はある意味正解かもしれないけど。

今後もこういうカットの仕方をするなら原作の魅力を半分も引き出せないアニメになりそう。
戸塚や妹ちゃんという可愛いキャラが本格登場はもうちょっと先だしなぁ・・・。
原作通りだけど、2話がウザキャラの材木座回というのも向かい風で厳しそう。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。