説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態王子と笑わない猫。 第12話

★(終)変態王子と笑わない猫。 第12話 「 変態王子と記憶の外」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作が続いてるのでこういった終わりになるのは仕方ないかな。
というか、6巻以降をまだ読んでない自分としては綺麗に〆られたと思います。
こういったジャンルかつ原作続いてる作品でヒロイン選ぶってラストはあんまりないだろうし。
放置された挙げ句、梓のあの態度というか関係はどうなってるの?とか気になる部分はあるけど、らしい終わりっちゃらしかったんではないでしょうか。

ここまでは原作を読んでいるので、勿論、オチというか猫像の話は知っていたのですがこうして改めて見ると、幼い陽人が猫像に願うシーンは泣いてしまった。
ここにきて全てが繋がるというのはにくい演出です。
原作を追って読んでると後付けっぽかったりもしたんですが、月子のことを覚えてないという部分から初期プロットからあった設定を肉づけたんだろうなーと思ってます。

全体的に見ると、キャッチーな声優にカントク絵の再現率と抑えるところは抑えていた感じ。
思ったより話題にならなかった気がするのはストーリーかなぁ・・・。
感想でも何度か書いたけど、1~2巻、5巻が面白いからどうしても中だるみ感が、ね。
とりあえず、いい加減原作の続きを読もうと思いました・・・。
スポンサーサイト

変態王子と笑わない猫。 第11話

★変態王子と笑わない猫。 第11話 「筒隠さんの家の中」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ここがロリショタ天国か・・・。
とまぁそれはさておき、筒隠姉妹のお母さんツカサさん登場、はるるん!
さすがあの姉妹の母親だけあってなかなか良いキャラしてます。
隠しきれないデレデレ臭・・・!
倒れたのはやや唐突に感じるけど、過去、現代では既に他界してることを考えれば許容範囲でしょう。
次回で終わりですがまぁなんとか収まりそうかな・・・最終話が過去話みたいなものという構成は珍しい気がしますね。

変態王子と笑わない猫。 第10話

★変態王子と笑わない猫。 第10話 「一番長いということ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

というわけで、4巻の短編をすっ飛ばして5巻の話です。
前の感想でも書きましたが、3巻の話の後編とも言えるのが5巻の話。
というより、今までの伏線があらかた回収されるのが5巻の話なんですよね。
想い出を持てない、100%の笑顔、いつどこでだれがだれと出会っていたのか等など。
ここまで来たら概ねどうなったか想像出来ている人も多いでしょうけどね。

月子ちゃんは実のところでべったりで可愛いんだけど、こうして言動を改めて見ると重いというか面倒くさいというか(ry
所構わず彼女気分な梓も相当アレではあるんですが・・・。
まぁ、鋼鉄さん含む総じて・・・陽人の周りに集まってくる女子らしいと言えばらしいんだけどね。

今回の話はどちらかと言えば2巻の話に近いかなー。

変態王子と笑わない猫。 第09話

★変態王子と笑わない猫。 第09話 「幸福な王子」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

※気付いたら問題が解決してた気がしますが原作通りです
原作読んだ時もえ?え?ってなったけど、映像付くとよりカオス度が増した気がする。
陽人の想い出云々の伏線が次の巻で回収されるから致し方ないんですけどね・・・。
梓ちゃん大勝利と見せかけて・・・いえなんでもないです。
実は6巻をまだ読んでないのですが、尺的に5巻の話+αで終わりそうな気がするんだけどなぁ。

そういえば、笑わない猫がシカコ(久保ユリカさん)で良かったです。
愛美さんといい、今まで本業じゃなかった人がちゃんと演技できているとなんだか嬉しいですね。
好きな方々なので、これからも声優の仕事増えるといいなーって。

変態王子と笑わない猫。 第08話

★変態王子と笑わない猫。 第08話 「100%の女の子」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

愛美さん普通に巧いやん!
スイコさんとは何だったのか・・・やはりキャラに合ってるキャスティングというのは大事ですね。

いきなり話がカオスになってるけど猫像だからしょうがない。
自分はぶっちゃけこの辺からのカオスっぷりで徐々に評価下がって来たんですよねぇ。
1,2巻が一番面白かったなー、と。
3巻以降も読み続ける程度には好きですけど。

展開自体もカオスというか意外性があるので、未読組はなかなか顛末想像出来ないかもしれませんね。

変態王子と笑わない猫。 第07話

★変態王子と笑わない猫。 第07話 「いつかはマイファミリー」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

梓が負け犬ポジを維持するのはある意味仕様なので・・・。
猫像に関してはタイトルにある通りメインだからしょうがないね。
3巻である次の話もやっぱり変わった形で絡んでくるわけで。
1巻ではヒロインという感じがしなかった鋼鉄さんの評価がうなぎ登りの2巻は個人的に好きな巻ですね。

さて、次回は遂にOPにチラっと登場してたピンクツイテのエミ登場。
愛美さんはヴァンガのスイコとかで声優やってるけど、ロリキャラのイメージは無いのでどういう演技をするか楽しみ。
・・・まぁ、ぶっちゃけあんまり期待はしてなかったりするんですが。

変態王子と笑わない猫。 第06話

★変態王子と笑わない猫。 第06話 「ようこそマイフレンド」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

梓と鋼鉄さんがエロかった(小並)
陽人Yシャツを着て内心鼻歌気分な月子ちゃんとヒロイン達の可愛さ全開のお話でした。
割とこういう際どいシーンが多いから今後も楽しめるポイントが・・・。
まぁ、そのくせ決定的なシーンとかがなかったりする作品なのですが。

そんな良い雰囲気だったのにラストがコレで評価は割れそうだなぁ。
今回の猫像を見てるとオチは想像付くだろうし、そう悲観することでもないんですけどね。
ただ、陽人の家が消えた問題も地続きになってるというのがちょっとしたヒントかな。

変態王子と笑わない猫。 第05話

★変態王子と笑わない猫。 第05話 「さよならマイホーム」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

男物のジャージ、鋼鉄さんの寝言、もう1つの猫像と散らばる家具等など伏線が鏤められている回だったのに、終わってみると梓と月子が可愛かった印象しか残ってなかったでござる。
梓は可愛いんだけど、その可愛さが陽人と絡んで~ということが少ないのが悲しすぎる。
から回ってるのが居たたまれないというか、ぶっちゃけ滑り台(ry
まぁ、陽人からすると梓に対しては1巻の時点では恋愛対象ではないと言ってるし、月子に対しても妹ポジと言ってるからなぁ・・・変態だろうが肉食じゃないのはその辺りの問題か。

とりあえず、次回予告の梓で期待するといいよ!(ニッコリ
この辺からよりファンタジー全開になるからまた賛否両論かもなぁ・・・家消えた時点でトンデモではあるんですが。

変態王子と笑わない猫。 第04話

★変態王子と笑わない猫。 第04話 「気楽な王の斃し方」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

1巻の話で終わりかと思いきや最後に2巻の冒頭まで進むのは珍しい構成ですね。
なくなるという現象で猫像の仕業なのはわかると思うけど、何を願ったから奪われたかという所がここでは問題ですね。
あの子もあの子なりの・・・という内面が垣間見られる2巻の内容はわりと好きだったり。
まぁ、どっかで見たような設定なのは否めないんだけどね。

今回は姉妹の問題ということで鋼鉄の王の化けの皮がはがれるお話。
ここからどんどん鋼鉄さんはおかし・・・可愛くなっていくんですよね。
表情に関しては取り戻しちゃったら最終回のようなものだしね・・・。
月子がそういう選択をしたということが重要ですね。

変態王子と笑わない猫。 第03話

★変態王子と笑わない猫。 第03話 「哀しむ前に声を出せ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

変態王子は無事建前を取り戻しめでたしめでたし・・・良い最終回だったな!
・・・というわけには行かず、今度は月子のお話にソフト。
次回サブタイでわかるように月子というよりは筒隠姉妹の確執についてですけど。
おそらく原作で最も評価が高いのは1巻だと思うのですが、その理由はきっちりと話がまとまっていて、なおかつ続編に期待できるような終わり方だったからというのも大きいと思う。
じゃあ2巻以降は微妙なの?と言われるとそういうわけではないんですけどね。
しかし、陽人の変態だけど真っ直ぐで良い奴な主人公主人公してる所を受け入れられないなら厳しいかもなぁ。
今回とか梓に対して酷いことしてるけど、それでも嘘で嘘を塗り尽くすよりはマシだと思うし、変態と見せかけて爽やかな所とか自分は結構好きなんですけどねぇ。

次回で1巻の話が終わり。
やはりペース的に3巻までか。
割と重要な前日譚は今回もやってたけど、次回で一緒に消化しそうですね。

変態王子と笑わない猫。 第02話

★変態王子と笑わない猫。 第02話 「妖精さんは怒らない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

梓可愛いのう・・・月子も可愛いけど。
可愛いWヒロインが可愛く動いてるだけで僕は満足です。
両手にゆいかおりとか幸せすぎるじゃんじゃん。
ここで引くのは妥当だと思ったけど次で1巻終わる?尺的にキツイかなぁ。
4話*3巻とするとちょうどいいから4話構成な気もするけど。

陽人が梓を放置して逃げ出したのは擁護しようもない行動ではあるけど、それぐらい鋼鉄さんがヤバイっていうのが1話の段階でイマイチ伝わってなかったのかなぁ、と。
梓の騙された云々と友達に過剰反応してたのは絡まれてた場面を見れば想像付くかな。

EDの月子ちゃんはぐりぐり動いてて可愛いんだけど笑顔なのは原作見てるともにょる。
まぁ、分身して並んでるという構図は良かったと思うけど。
衣装がまどかさんっぽく見えたのは俺だけですかね・・・。

変態王子と笑わない猫。 第01話

★(新)変態王子と笑わない猫。 第01話 「変態さんと笑わない猫」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作既読。
はがないの次のMF文庫の弾だと1巻当時から思ってましたがついにアニメ化です。
時期的には俺修羅や俺ガイルより1巻出たの早いんだよねぇ・・・。
正直、もう少し早くアニメ化されると思ってたんですが、その辺はMFの方針なのかなぁ。
一度アニメ化された作品を除くと、後はつきツキ!、精霊使いの剣舞、星刻の竜騎士ぐらいしか弾が残ってないのは大丈夫なんですかね・・・個人的には精霊使いの剣舞のアニメが見たいけど。
機巧少女はもうアニメ化決まってるしね。

そんなわけで、満を持してのアニメとなった今作品なので放映前から番宣とかも気合い入ってたように思います。
その気合いも1話にちゃんと表れていてかなり安心しました。
キービジュアルとかもあんまり見てなかったので、カントク絵がきっちりアニメに落とし込まれて動いてるのを見ると感動すら覚える。
梓はよりロリっぽくなった気がするけど、アニメだと小ささがわかるからより可愛く見える。
まぁ、メインヒロインである月子も貧乳小動物系なんですけどね。
キャストが愛美さんと決まってるし、OPにチラっとエミが映ってたので3巻ぐらいまでのアニメ化になるのかなぁ?
笑わない猫像とかのファンタジー要素も割と強い作品ですが、基本は一癖も二癖もある可愛いヒロインと変態な主人公のラブコメを楽しんでるだけでOKです。
個人的には早く鋼鉄さんの可愛いところが見てみたいなー。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。