説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK BLOOD BROTHERS 第12話

★(終)BLACK BLOOD BROTHERS 第12話 「我が血統の永遠なる鼓動がためこの血の総てを捧げんことを」 総合評価★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

回想はアニメオリジナル?それとも短編とかに描写あるのかな。
最後にコタロウが見つけたあのでっかいクマがそれなんだろうけど
なんであんな巨大化してるのかが謎すぎて
挿入した意図がイマイチわからなかったなー。
今回は最終回&尺の都合でOPカット。
でもイメージ的にはEDカットした方がすっきり終われると思うんだけどどうだろう。
個人的にですが、最終回もいつもと同じEDを見せられると終わった気がしないというか。

川がどれだけ深いんだとか水の中での動きとか
ビジュアル的に突っ込むところは多々あるけどまぁあまり気にしない。
最後の吸血ということでいつもに増してミミコがエロかったです(笑)
ジローの脳裏で各人の台詞が浮かんだり敵を真っ二つにしたり
コタロウの「それ以上言ったら殴るよ?」やらミミコの「やっつけちゃえ」
もそのまんまで原作読んだ時の興奮がそのままアニメに!
セイとミミコの会話だけがカットされててちょっと残念ではあったけど。
そういえばアニメではジローの血の宿命について触れてなかったんだったね。
本来なら1巻でされる説明がまんま移動中の共鳴現象で行われた。
まぁ今まで散々ヒント出尽くしてたしアニメがここで終わることをふまえると
この変更はオチを楽しむ意味ではありと思う。

戦闘は本来コンビネーションバトルメイン。
ジローとカーサの剣対決とケインVSヤフリー、ザザ。
ジローとカーサはあえて剣対決なおかげでカーサとの実力差が埋まり均衡状態。
ヤフリーがケインに対する抑止力にならないのは証明済み。
ザザは船で逃げることを優先するけどそこに仕返しと言わんばかりのゼルマン乱入。
火の玉を船にぶつけてどうして無事なのか?っていうのはちょっとわかりづらかったかも。
ヤフリーの全力ハイド・ハンドで船全体を川に無理矢理沈めて回避したんですね。
原作ではこれでぐったりのはずがアニメではまだまだ元気で
そのせいでジローに真っ二つにされるヤフリー君カワイソス(笑)
ケイン乱入があったはずなのにジロー1人でヤフリー、ザザを行動不能にする鬼神っぷり。
おかげでケインが空気過ぎたんですが・・・。
戦闘描写自体は今までで最高の出来。
ジローとカーサのスピード感ある暴れっぷりを見事に演出してくれましたよ。

予想通りこれ以上アニメで風呂敷広げるつもりはないのか
他の九龍の血統は登場しなかったなぁ。おかげでカーサ自力帰還。
ケインが全力でジローに加勢してれば倒せた気がするから
もうちょっとケインが助け出せない状況を作るかとか工夫すべきだったような。

最後に陣内とジローの会話で第十一地区に何があるか判明。
描写が微妙にあったけどちゃんと「銀刀」で封印されてたな。
ミミコの部屋爆破事件のオチもついて第1部完、と綺麗に終わることが出来たかな。
これなら5巻以降の第2部がアニメ化する可能性が・・・あったらいいなぁ(笑)
原作6巻はかなり良い所で終わってるけどクライマックスに近いと思うし
仮にアニメ化するとすれば完結してからでしょうかね。

○Amazon


スポンサーサイト

BLACK BLOOD BROTHERS 第11話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第11話 「海」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回のアバンの回想は一気に転化まで行ったし!
まぁこれでおおざっぱですが4巻の内容は補完したかなぁ・・・。
つまりはこれ以上は望めないってことになりますが。

今回の真髄はやっぱり東の龍王セイの力の解放だね。
何の説明もなしにワープしまくってたら何事かと思うよな・・・。
詳しい説明は省くとしてセイ・・・真祖混沌の血統に伝わる力で
空間に作用する力を利用して移動を繰り返し汚れを払ってるわけですね。
セイの力は建物まるまる1つの九龍の血統を一気に浄化するほど強力。
古血との戦いはないけどセイの力の膨大さは十分伝わったでしょう。
そもそも特区はセイが結界で囲ってて元々それだけの力がある古血ですからね。
瞳を閉じているのは結界のため、今回は結界を解いて本来の力で行動したわけです。

ケインは逃亡するヤフリーとザザを追うがカーサの妨害に。
戦闘というより一方的に攻撃しかけてるだけだから面白みはゼロだったな(苦笑)
まぁ戦闘描写は次回たっぷりあるはずなのでそちらで補完を。
ジローはミミコと再び調停を・・・。コタロウの力添えもあり説得完了。
クライマックス目前なのに今回はやたら進行遅かったような。構成のせいかな?
進んだことと言えばセイの力解放、ケインVSヤフリー達、ジロー説得ぐらいだし。
あぁ、そういえばちらっとゼルマンの出番が・・・もう出番ないと思ってたのに(笑)

次回は銀刀の本領発揮。ジローの本来の強さが垣間見られます。
それにしてもサブタイ長すぎて笑った。最終回かな?

BLACK BLOOD BROTHERS 第10話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第10話 「オーダー・コフィン・カンパニー(カンパニー)」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

というわけでおおかたの人が気付いてあったであろう偽ウォンの正体バレ。
アニメの序盤でもちらっとでてきたり回想、ミミコの夢でも出てきたカーサ登場。
カーサの語りでミミコもアリス・イヴの存在を明確に理解。
そしてカーサの語り通り自覚のない迷惑な本人コタロウ乱入(笑)
一緒に登場したゼルマンの演出が格好良すぎです。
やっぱ炎を使った戦闘と性格とルックスが完全にマッチしてて
とことんゼルマンは戦闘向けのキャラだなぁ。
戦闘描写自体が少ないのが残念だなぁ・・・アニメでは出番ほぼラストだったような。
カーサ逃亡中のジローとの思念会話はカットかぁ。
結果、灰を守ってくれたという情報だけは残ってるから問題はないけど。

ウォーカーマンことザザの能力の説明がないけどこれはまぁ大丈夫か。
セイの威圧っぷりは文で読む以上の迫力が伝わった。
ジャン乱入でセイへの脅迫は事なきを得たけど
さすがパイル・キラー(杭打ち師)なだけあって杭刺した後もえげつない(笑)
間一髪で思念を脱出させ囚われのヤフリーの護衛に乗り移ってヤフリー救出。
ヤフリーの捕らわれてた部屋はビジュアル的には笑えるな。
吸血鬼の苦手な銀聖水十字架にんにく太陽光と手当たり次第だし。

カンパニー会長と幹部のやりとりは説明がなかったので一応補足。
2代目という呼び方で察しがつくかもしれませんが会長はヤクザの息子。
弱小暴力団の1つであったカンパニーの前身をここまで育て上げ
特区を築いたのは会長の手腕なんですよね。
会長の荒げる声に社員は熱く応え、カンパニーの底力がここから発揮されます。

今回は殆ど出番の無かったジローは次回以降の活躍を期待。
つか12話で終わりとすれば4巻の話全部やるほど尺の余裕がない気も・・・。

BLACK BLOOD BROTHERS 第09話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第09話 「第十一地区(イレブン・ヤード)」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

珍しく割とこれの感想を長く書いてたのに間違ってリロード押して消しちゃった俺ですorz

原作の4巻を読んでる最中なんですが4巻は過去話。
最近アニメの回想は1〜3巻で出てないシーンの回想が多々あるんですが
どうやらこれの元は4巻からのようで。
このままペースで行けば話数はあまりそうだしジローの転化を
回想+1話とかで再現してくれないかなぁ。

迷子になったコタロウの前にゼルマン再登場。
コタロウの危機を救ってあげただけでなくラーメンを奢ってあげて
更にはミミコ探しをも手伝ってくれる意外といい人ゼルマンさん!
でもコタロウを見る表情に照れが混じってて原作よりなんだか怪しい感じに(笑)
ゼルマンの真の興味はコタロウ(賢者イヴ)でも銀刀でもなく
始祖殺しとしてのジローだから、コタロウに対してのそれは完全に好意なんだろうね。
コタロウの転生前のアリス・イヴは他の血族に対して中立な立場を取っていて
彼女を敵視する血統は少なく皆が惹かれるような存在でしたが
それはコタロウにも受け継がれてるんでしょうかね。
カーサと戦ったら?→楽勝だはもっと格好いい感じの演出と思いきや
怖い系の演出で来たのでちょっと予想外だった。

わかりやすい伏線だったミミコ&ウォンとコタロウ&ゼルマンのすれ違い。
ウォンはコタロウを見てアリスと言ったしラストで偽物と発覚するし
コタロウが凄く知っているような人だった気がするという台詞といい
しきりにイレブン・ヤードについて気にしてる様子といい
このウォンの正体はばればれですね。勿論、ゼルマンは正体を悟ってる様子。

ミミコ&ウォンが見つけた輸血パックについてはちょっとわかりづらかったかも。
吸血鬼の吸血衝動を抑えるためにカンパニーは吸血鬼に輸血パックを提供してるんですが
発見された輸血パックにはカンパニーの印がなかったということで密輸と報告。
・九龍の血統の転化はすぐ始まるという情報
・オーギュストの九龍の血統への転化のタイムラグ
・カンパニーの印のない怪しい輸血パック
・香港の遺産の話とイレブン・ヤード
着実に伏線が張られているのでこの先の展開自体は割と読みやすいかもしれない。

次回はカンパニーの底力発揮!
あんまり目立ってなかったカンパニー代表の意外な一面が見られたり。
今後は最後に大きい戦闘があるのでそれも楽しみの一つ。
ホントはケインVSヤフリーの戦闘はもうちょっと長かったんだけど
尺の都合&あんまり大事なシーンじゃないので短くなってて残念だったし。
まー、ケインの強さが再現されてたので良しとしよう。

BLACK BLOOD BROTHERS 第08話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第08話「護衛者」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作は3巻まで読了。
アニメもペース的にこのへんで終わるんだろうなー。
物語の要素が出そろいこれからが戦いの始まりだ!
って所で3巻は終わるので勿体ない終わり方だ。
そもそもOPにカーサ、ザザ、ヤフリーしか出てないしなぁ。

ジローがうじうじしてるから戦闘面ではイマイチ。
次回はケインVSヤフリーやらゼルマンの活躍が見れそうだ。
BBBの醍醐味の1つはなんといっても人外の戦闘だからなぁ。
3巻中盤以降の展開は常に白熱しててDクラの時の高揚感を思い出した。

その巻までの回想をちまちまちと小出しにするスタイルだったけど
今回の回想は1〜3巻の間になかった(はず)回想だなぁ。
今回で100P分ぐらい進んだから順当に行けば11話で3巻終了。
3巻のまま終わるとひぐらしアニメ並に中途半端で終わるから
出来ればオリジナルで無難にまとめてほしいな。

BLACK BLOOD BROTHERS 第07話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第07話 「銀刀」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

オーギュストのあまりの雑魚化っぷりに泣いた。
いやまぁ原作でも数Pで決着がつく戦いなんだけど
もうちょっとブラックブラッド同士の戦いらしさが欲しかったなぁ。
実力差は確かにあるけどジローの血湧き肉躍るイメージが全然ないのは微妙。
それ以外は結構原作に忠実かな。
小説だと挿絵がないキャラとかは状況を整理しづらくなるものなんだけど
その点普通にキャラが描かれてるからアニメはわかりやすいや。
ぶっちゃけ原作読んでる時はザザ、ヤフリーとかの状況が全然わからなかった(爆死)
とりあえずこれで2巻の話は終わり。
話数的には3巻+オリジナルのラストで終わりかなぁ?
原作が面白くなるのは3巻ぐらいからと言われてるし勿体ないよーな。

BLACK BLOOD BROTHERS 第06話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第06話 「夜会」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作にあった会話が結構端折られてるのが気になってきた。
ほぼ原作と平行状態なので、必要じゃない会話をカットしてるだけかもしれませんが。
原作にはミミコをたしなめるシーンがあったんだけどアニメではなし。
まぁでも、銀刀という人物が一筋縄でいかないのは伝わったはず。
ゼルマンとの会話も回想シーンとの兼ね合いである程度察せるだろうし。

ゼルマン見てて思ったのがやっぱあざのさんの話は悪役が素敵すぎる。
Dクラの三幹部はどれも素敵なキャラでした・・・。
BBBでは明確に敵対してるのはゼルマンとカーサ(と九龍の血統)のみ。
名前つきのキャラはやっぱり良い性格してます。

BLACK BLOOD BROTHERS 第04話,第05話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第04話 「古血(オールド・ブラッド)」
第05話 「経済特別解放区(トック)」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

エントリー見直してみたら俺4話の感想書いてなかったですね・・・orz
どうもアニメが大量に固まってると感想忘れる時あるなぁ。
ってことで纏めて感想。

4話。

この話で1巻終了。九龍の血統の曾との決戦。
そしてジロー初吸血くるー!
ミミコも初体験。吸血時に吸血鬼と同調することがあって
初体験時はなおさらその傾向が強い。
吸血シーンは一瞬ドキってするけどそこはジローは紳士。
寧ろビジュアルよりやっぱり喘ぎ声だよなぁ。
キディグレの時もこの手の喘ぎ声とかがあった気がする(笑)
期待してた疾走感はまぁこんなものかな?
ジローの血統の圧倒的さが表現できてたしシンクロもしてたし及第点。

5話。

現在2巻読んでる最中なのでアニメと平行して進んでるような形に。
BBBのアニメは日常パートをほぼそのまま再現なのと
途中で回想が混じるのが特徴的かなぁ。
でもこれは未読組にも優しい作りになってるんじゃないかな。
とりあえず福山潤がコードギアスに続いて俺様系なキャラでふいた(笑)
今回の吸血は前回より段違いにエロかったな。
まんまレイープそのものに見えるし。
日常パートと思いきや戦闘パートもあった。
水場での戦いなのに動揺することのないジローの経験はさすが。
ギャグとエロと戦闘とのバランスが絶妙な回だったなぁ。
でもラストのあの引きは危機感がまるで感じない罠。

BLACK BLOOD BROTHERS 第03話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第03話 「九龍の血統(クーロン・チャイルド)」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

OP、周りの評判は結構いいですねぇ・・・。
やっぱり昔の臭いがするOPなようで、時代から逆行してる、と(笑)

本編。
うーん、特に駆け足展開ってわけじゃないんだけどなぁ。
原作に忠実にやってるはずなのにやたらハイペースに感じるのは何故だろう?
小説独特の間がないからかなぁ・・・。
今回の戦闘は力がある吸血鬼同士じゃなかったから微妙すぎ。
九龍の血統の力の誇示にはなったかな=完全復活したジローの力の誇示だけど(笑)
次回は吸血来るかなぁ?今回も回想らしきもので吸血描写あったけど。
原作だと微エロだった吸血描写、どこまで表現してくれるかが楽しみだ。
後、次回はスピード感のあるシーンが多くなるはず。
戦闘以外にもそういう所をどこまで表現できるかが問題だなぁ・・・。
Dクラもそうだったけどあざのさんの話はやっぱりテンポが秀逸。
それを殺さないようにはがんばって欲しい。

てかアニメが予想以上に早いので早く2巻以降読まないと(汗)

BLACK BLOOD BROTHERS 第02話

★BLACK BLOOD BROTHERS 第02話 「調停員(コンプロマイザー)」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作1巻読了。
Dクラとかに比べて評判が微妙なこのシリーズなんですが
1巻見た限りは普通に面白かったな。
まぁDクラと比べられるのと、他の吸血鬼モノに比較されるせいもあるんじゃないかなぁ。
後この人の話はスタートダッシュ遅いしね。
アニメは面白くなる3巻あたりまでらしいですけど。

ミミコ登場からジローが捕まるぐらいまで。
2話にして敵にとらえられるへっぽこ主人公も珍しいな。
これはコタロウを逃がすためと特区に繋がりをもつためにおとなしくしてたせいなんですが。
ミミコの声は永田亮子さん。
永田亮子さんと言えば印象残ってるのはキディグレのエクレールだけど
なんだか声聞くの久しぶりな気がするよ。ソルティとかに出てたのか。

とりあえず2,3話あたりはまた補足、単語解説がメインになるかなぁ。
原作と違ってジロー達の描写だけでなく裏の方の描写も同時に。
キャラの特徴、個性はそれぞれ表現できてて良かったと思う。
人を食ったような態度のジローとか合ってる。

次回は特区とジローの繋がり、銀刀の登場。
順当に行けば4〜5話で1巻の話は終わりかな。

BLACK BLOOD BROTHERS 第01話

★(新)BLACK BLOOD BROTHERS 第01話 「黒き血の兄弟」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

この時期に新番組ってWOWOWとかみたいだよなぁ。
しかし9月開始なのは主にネットや衛星放送か。
通称:BBB 原作は俺の大好きなDクラの作者:あざの耕平さんです。
原作はちまちま読み始めてるけどまだ1巻の半分ぐらい。
多分アニメの進行にあわせて読んでいくことになりそうだなぁ・・・。
個人的にはDクラが凄いハマったのでこっちがアニメ化して欲しかったんですが
「ドラッグ」やら独特な社会層があったり映像的に無理かなぁ・・・。

OPがえらい懐かしいアニメ臭を感じたのは俺だけですか?(笑)
最近無いタイプのOPだし男ボーカルがハマってて結構気に入りました。
1/3ぐらいは未来の話。これは3巻ぐらいの話かなぁ?
原作の1巻は船の所からですね。概ね進行は原作通り。
ただ難点はポンポン説明がない単語が出てきまくるのは視聴者はわかりづらいかも?
「九龍の血統」などの説明は近いうちにあると思うけど
1話の入り方が巧かったとは思えないなぁ・・・。
あざのさんの本は独特な単語や世界観あるからアニメで表現しづらそうだ。

でも冒頭の戦闘シーンはなかなか見応えありましたよ。
剣でばっさばっさ同族をなぎ倒すジローかっこよす(*´Д`)
全体的な雰囲気がちょっと前のアニメチックだしこれは楽しんで見られるかも。
俺の吸血鬼系のアニメは途中でだれるというジンクスを打ち破れるか?!(笑)
(例:トリブラ、BLOOD+など)

○Amazon


Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。