説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武装錬金 第26話

★(終)武装錬金 第26話 「ピリオド」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ピリオド9割アフター1割ぐらい?
ピリオドをじっくりやったおかげで
アフターがEDの台詞なしの部分でしかもコミック調だったのも切ないなぁ。
結局毒島まともに喋ってないじゃん!(笑) おはぎちゃんカワイソス。

ピリオド自体は一つ一つの過程を丁寧に描いたおかげか
駆け足っぽかった原作が見やすくなってるな。
ただ、ヴィクターが戦闘中に改心というのはわかりづらかったような?
何よりも変化が唐突すぎる。
原作の通り、カズキを休ませた上で場所を知らせるのをヴィクターが行えば良かったのに。
カズキとパピヨンの決着は「真赤な誓い」に乗せてスピーディだけど
動きがあったおかげでわかりやすかったね。
最後に”ホシアカリ”を持ってくるのは良かったと思う。
まぁ、2話連続使用ですけど。

総括。
俺が原作付きで良作以上の評価を出すのはかなり珍しいです。
原作付き=劣化や改悪ばかりなのと「じゃあ原作でよくね?」っていうのがあるから。
武装錬金も正直最初はただのアニメ化だなーと思って見てたけど
途中からスタッフのこだわりや改良点が出てきて
原作と並んでも文句がないアニメになりましたよ。
武装錬金スキーはこのアニメ化には絶対満足できるはず。
知らない人も原作読む機会が出来て良かったんじゃないかなー、と。
スポンサーサイト

武装錬金 第25話

★武装錬金 第25話 「代わりなどいない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前半に大幅の修正というか追加が加えられてるな。
確かに原作は唐突にパピヨン制圧の話に飛んでるし
話が前後してたからわかりづらかったんだけども。
斗貴子さんの立ち直り、パピヨン制圧への心情の推移が
わかりやすくなってるのは良かった。
まさか「ホシアカリ」が挿入されると思わなくて泣きそうに・・・。
歌詞聞けばあのタイミングで入った意味を感じるしなぁ。

Aパートだけで原作にあったシーンを全然やらなかったから
尺は大丈夫なのかと不安になったけど次回に持ち越しかぁ。
アフターは入れて欲しいな・・・無かったら毒島の扱いが不憫すぎる(笑)
まぁ、最悪カズキのパピヨンに対する台詞が削られてなかったら満足です。

エンドカード。
次回は最初から最後までクライマックスだぜ!!
どうみてもやりすぎです本当に(ry
スタッフはチャレンジャーすぎるわ・・・(笑)

武装錬金 第24話

★武装錬金 第24話 「キミが死ぬ時が私が死ぬ時」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

原作をかなりそのまま忠実にアニメにした感じだなぁ。
オリジナル展開や話が膨らむことはなかったけど
ちゃんと月に行くまでを描いてたし尺が足りないような感じは受けなかったから良し。
それにしても動画で見ると怪獣・・・じゃなくて海上大決戦は迫力あるな(笑)
原作見てた時気付かなかったんですが
火渡達の武装錬金もちゃんとバスターバロンで増幅してたんだね。
原作だとここで秋水が旅に出た以来の再登場をして驚いたもんです。

一心同体!はアニメでは最初から押し出してるキーワードなんだけど
ここが一番しっくりくるシーンですねぇ・・・二人の武装錬金!
はOPでもやってて初めてOP見た時はネタバレ全開だなぁと思ったもんです。
もう1つは再殺決定付近が目立ってるかなぁ>一心同体
二人の深い絆をわかった上でのカズキの選択。
作者も言ってるけどやっぱりカズキならこうするよねぇ・・・。
カズキの名前をメインキャラが呼んでいくシーンで不覚にも泣きそうになってしまった。

これにちょっとエピローグあれば最終回と言っても通じるよね。
しかしまだ物語は続きます。
26話をまるまるエピローグに当てるなら25話でほぼ決着。

武装錬金 第23話

★武装錬金 第23話 「BOY MEETS BATTLE GIRL」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

集約されるのは「キミと私は一心同体」
斗貴子さんがカズキにあげた勇気。
原作ではそう長くないエピソードだったんですけど
ここがこんなにも掘り下げられると思わなかったなぁ。
武装錬金の本質は日常:非日常、戦い:守りたいもの
相反する要素が絶妙に絡んでるところにあると思うんですよ。
その日常に大幅にスポットを当てた今回。
スタッフは武装錬金に置ける日常=守りたい象徴をよくわかっているなぁ
と実感させれましたね。

具体的にパピヨンの会話〜俺がみんなを守るから誰か俺を
の間にまひろや岡倉達との他愛のない遊びパート挿入。
このシーンのおかげで斗貴子さんとのキスがより自然に見えるのもポイント。
ちなみにこの回まではジャンプでの連載の回だったので一区切り。
慌てて終わらせたもので消化不良だったであろうこの回を
ここまで日常の象徴として昇華させたスタッフに賛美を。

次回で9巻の内容が終了。
25話ヴィクターとの決着26話エピローグ
ってとこかな?
なんだかんだで連載分きっちり終わりそうな感じ。
25〜26話分は赤○分ということでページ数も限られており
シーンを厳選し終わらせた感がありますけど
アニメではそういった部分を補完してくれると嬉しいなぁ・・・。

武装錬金 第22話

★武装錬金 第22話 「決断を要す」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ヴィクトリア@くぎみーktkr!
やっぱトゲのあるキャラが似合う似合う・・・。
学園「潜入」じゃなくなったのがちょっと残念だなー。
パピヨンと女装絡みのギャグエピソードに期待したのに。
最初からヴィクトリアが案内する形でバトルはなし。
千歳にとりついてたはずであるルリヲヘッドも千歳自体が船団に居るし削除。
更にそれに伴ってWRYYYYが無くなったのも実に残念だ(笑)

ヴィクター第3段階移行のエピソードが大幅に膨らんでた。
元・カズキ再殺部隊+秋水でのヴィクターとのバトルが挿入。
原作で実現しなかった毒島+火渡の合体技もここで補完ですよ!
炎の中真っ黒な3段階に移行ってのもなかなか面白い演出。
ここで戦ったってことはもうちょっと先での一斉攻撃はどうなるのかなぁ?
バスターバロンは原作知らない人は吹き出すシーンだな。
ミサイルの武装錬金といい意外となんでもありだよなぁ(笑)

ヴィクターの妻であるノーミソアレキサンドリアから
ヴィクター化の真実とカズキが元に戻れるかもしれない方法を聞かされる。
指摘するシリアスパピヨンが素敵だなぁ。
この後のカズキとの決着に執着するパピヨンも素敵ですけど。
「更に ”決断を要す”」演出は良かったけど
どうせならタイムリミットも入れた方が良かったんじゃ?

次回は1話まるまる使ってカズキ決断の話。
その正体は一心同体なラブラブバカップルの話だけど(笑)

武装錬金 第21話

★武装錬金 第21話 「想いと力を込めて」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ブラボー・・・(;´Д⊂
ブラボーのことは絶対忘れないよ・・・生きてるけど。
身を挺してシルバースキンで守るのは変わらないんだけど
ちょっとした台詞や演出の違いはあるな。
剛太の「リバースがノーマルになっている」は言われないとわからないような(笑)
最終的にカズキと火渡のぶつかり合いを止めたのが照星さんであることに変わりはないけど
シルバースキンを二つ使ってそれぞれの前に立ちふさがせて止めたり。
ここまで来ると射出というより遠隔操作に近い気がするんだけど
全てブラボーとその武装錬金の意志ということでいいよね。
火渡と照星さんのやりとりは和む・・・火渡照れすぎ。
それに伴ってやっとこさブラボーの過去が掘り下げられたな。

次回はやっとこさ目的地であるニュートンアップル女学院に。

今回大活躍だったのは原作では全然出番の無かった
潜水艦(サブマリン)の武装錬金ディープブレッシング。
ヴィクターと交戦するだけでも進歩なのになんだこの三位一体核鉄(笑)
作者はホントにゲッターが好きなんだなぁ。
どう見てもゲッターです本当に(ry
まぁ、3つ6つにというコンセプトはアルベガスに近いけど。
良い歳な人達がガチゲッターのノリですげえツボだったんですけど。

エンドカードの男爵様は無敵です!!は
作者の前の作品のである「GUN BLAZE WEST」のパロですな。
こういった所をチョイスする(ゲッターもそうですが)スタッフが憎いですな、良い意味で。

武装錬金 第20話

★武装錬金 第20話 「想いと力を込めて」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

予想通りカズキとブラボーの全力でのぶつかり合いにまるまる1話割かれた!
二人の想いと譲れない信念がよく伝わってきたし
ブラボーとの関係に決着を付ける意味でもこれは正解かと。
でも最初の無駄に長い回想は余計だったと思う(ぉ

概ね戦闘も原作通りだけどDBZよろしく攻防が細かくなってたり
原作になかったダブル拘束服も登場して見応えのある戦闘になりました。
偏にカズキの想いの強さが勝敗を決したのは変わらないけど。
でもおかげで剛太がわざわざリバースに割り込んだ意味なくなってるな(笑)

次回はついに照星さん登場で物語も転機を迎えます。

武装錬金 第19話

★武装錬金 第19話 「君さえ守れれば」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

戦部があっさりすぎてセツナス・・・。
なんというか裸と超再生の印象しか残らないじゃないか(笑)
潔い部分とかももうちょっと描いて欲しかったな。
あとホムンクルスを食べる設定は描かれなかった。
火渡はバトルになることなく一発武装錬金をかまして終了。
ツメ甘すぎるような・・・これは不自然に見えた。

唯一、ほぼ原作通りだった剛太VS根来のバトル。
このバトルはモータギアのテクニカルな面と剛太の頭脳がマッチして
頭脳戦とバトルのバランスが取れた原作でも好きなバトルの一つです。
斗貴子さんのあられもない姿とかはカットされて残念だったけど
バトルと斗貴子さんにかける想いは伝わってきたので満足。
一方カズキは誰と戦うことになるのかと思いきややっぱりブラボー!
やはりカズキの相手はブラボーしか居ないですね。
火渡撤退はカズキの気配を読んで追撃→ブラボー戦に乱入
なら違和感は多少消えるし。

オリジナル展開のオリジナルヴィクター討伐隊。
出番の無かった再殺部隊組+秋水の見せ場なんだけど
ヴィクターを前に歯が立つわけが無く・・・っていうか無敵すぎ。
円山の武装錬金の特性が縮めるものじゃなくなってる。
まぁ、ミニ斗貴子さんがないなら確かにいらん武装錬金だけどさ。
特性変更のおかげで余計使えない武装錬金になってる気がするんですけど!
それと秋水はカズキ=ヴィクターIIIということをまだ知らないんだな。
知った時の行動が楽しみだ・・・。
ここで円山とか消化ということはこのまま斗貴子さん達とは戦わないのかな?

次回はまるまる1話使ってブラボーとの色々な意味での決着?
これが終われば黒い核鉄やヴィクターIの真実に近づいてもう終盤です。

武装錬金 第18話

★武装錬金 第18話 「逃避行」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

おおう、アニメオリジナルの展開だなぁ・・・。
戦部はもうちょっと後で戦うし話が前後してるな。
火渡達が車で行動してるからそれをパピヨンが待ち伏せたり。
そして何より秋水君が大幅に繰り上げて再登場。
そんなに人気あったのだろうか(笑)
しかもヴィクター追跡部隊に動向!?
次回予告見ると誰かとバトルしてたみたいだろうけど誰だろうなぁ。
桜花は完全にカズキサイドについてるし
同じく感心した秋水もカズキを守る側についてほしいなぁ。
千歳達も登場して安心。

墓場まで一気に来ちゃったけど犬飼、円山とは後で戦うのかな。
火渡もここで出てきちゃって学園につく前にクライマックスすぎる気が!
各キャラの戦いも始まりそうだし盛り上がりは最高潮。
戦部の武装錬金は映像で見れば見るほどやっぱり反則くさい。
修復の骨、皮の再現はおろか全裸まで再現するとは恐れ入ったけど(笑)

次回はとにかくバトルメインの回になりそうだ。
濃いバトルが続くからこれをどれだけ短く終わらせられるかだなぁ・・・。
21話ぐらいで学園到着だと原作のような圧縮展開になりそうで心配。

武装錬金 第17話

★武装錬金 第17話 「夜が明けたら」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

もう17話なんだからそら話進んだなーと思うわなぁ
既にコミックスでは7巻の1/3ぐらいまで進んだし良いペースだ。
これだけ時間に余裕あるなら今回の出番の無かった
千歳、犬飼、円山、毒島の登場もさせて良かったんじゃあ?
というか千歳はともかく再殺部隊はもしかして存在末梢なんだろうか・・・。
犬飼と円山はどうでもいいけど毒島@おはぎちゃんは欲しかった。
というか後半の展開に千歳と毒島の武装錬金は必須だし
いずれは登場するんだと思いますけど。
千歳が出てこなかったのでブラボー=防人の過去はまだ謎に包まれたまま。

それにしても戦部が小山剛志さんで激しくふいた(笑)
キャスト一覧見たら素敵なことになりそうですね・・・。
つか普通に豪華キャスト。
声優セレクトがツボすぎて色々狙ってるとしか思えないんだけど!
それでも声とキャラのイメージは合ってるんだから凄いなぁ。

今回はカットされたシーンが結構あったのでさすがに勿体なく感じた・・・
特に斗貴子さんの人工呼吸→斗貴子さんがするぐらいなら俺(剛太)が!
→さようならファーストキッスという流れは最高だったのに(笑)
のびーるねじーるとかと共に日常と非日常
ギャグとシリアスのコントラストが良い場面だからコレも欲しかったな。
腹黒桜花。蝶人パピヨン。
ホントキャラの個性強くて良い味出し過ぎです・・・。

次回予告にも犬飼達の姿なし。
なんだか戦部VSパピヨンの雰囲気なんだけど・・・ホントに存在末梢?
犬飼とか居なかったらかなり話飛ばせると思うんだけど
ミニチャイナ斗貴子さんの臓物をブチまけろっ!も無いことになるしそれも痛い・・・!
出来るだけ圧縮してアニメオリジナルで本来作者が描きたかった展開
とかするなら神すぎるんだけども。
このペースを見ると余計な期待しそうだ・・・(苦笑)

武装錬金 第16話

★武装錬金 第16話 「新たなる力」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

悩殺ブラボーキッスっ!
前半は海でのコメディパート。
各キャラの個性ある行動、特に岡倉(笑)
ブラボー!おぉーブラボー!とかカズキキッスとか見所たくさん。
武装錬金のコメディパートの中でもかなり好きな部類のシーンです。
アニメになっても雰囲気はそのままで満足。

だからなおさら後半は辛かった・・・(;´Д⊂
後半はカズキとブラボーの別離。
カズキの心境考えると本当に辛い・・・ブラボーも辛さは同じですが。
しかしこの対決を見たかった人も多いのでは。特訓も省略だったし。
カズキのヴィクター化に続いてのランスパワーアップは燃え燃え。
だが、さすがはブラボーでこちらも奥の手を残してた。
異能力バトルで一番面白いのはお互いのパワーアップだと私的には思います。
スクライドなんかが良い例でそれに通ずるものがあるなぁ・・・と。

次回は火渡を初めとした再殺部隊、剛太の武装錬金などの
バトル要素全開になってくるので楽しみ。
最後の最後で
「次回も、腹黒ですが何か?」で盛大に吹き出した。

武装錬金 第15話

★武装錬金 第15話 「中間の存在」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ちょ、ED変わった!?しかも何このパピヨン仕様。
ED変わるのまったく知らなかったのでかなりサプライズでした。
でも曲はひぐらしとかのEDの方がいい気がした(マテ

ヴィクターVSカズキ(ヴィクター)は前哨戦なのですんなり終了。
それでも今まで無かったスーパーサイヤ人バトルには心躍った。
カズキは飛行できないっぽいけど明らかに飛んでるシーンあるよな(笑)
アレは跳んでるんだろうけどさ。
腕再生とかそのまんまやっちゃうとは。
戦闘自体は見応え十分。武装錬金無しでもここまで魅せます。

戦闘といえば原作では詳細に描かれなかったブラボーVSムーンフェイス戦。
その後半の戦闘描写が完全に明らかに。
シルバースキンを拘束具として使うのはこれの応用にあたるんだな。
ライナーノートでも省略すべきか悩んだというこの戦闘。
アニメ化に置いて再現されて和月先生も本望でしょうね。
これだけ原作者の意志や細かいネタを取り込まれているアニメも昨今珍しい。

今回で海手前まで進んで次回以降海かなーと思ってたんですが
海の序盤は消化して次回で一気に再殺決定まで持って行くんだな。
というか予告だけじゃあわからないのに説明で再殺とか言っちゃダメだろ(笑)
原作同様引き続き水着は拝めるのか・・・?
それと中盤以降の仲間、剛太やっと登場。
気付けば15話で6巻の半分ほど。残りは3巻と半分だから
一応1巻3話づつぐらいのペースの余裕はあるんだな。
今までもそうだけどスタッフのこだわり散々見せつけられているから
終盤の展開が今から楽しみ。ジャンプ漫画でこういう楽しさはホント珍しい。

武装錬金 第14話

★武装錬金 第14話 「キミは誰だ?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

待望のヴィクター@小山力也キターーー!
収録現場が一番気になるところですが・・・
もし特集というか特典映像付くならDVD絶対買う(笑)
悪役力ちゃんもほれぼれします・・・。
柚姉もきっと現場ではたまらないんだろうなぁ・・・とか思いながら視聴<何か間違ってる

放送遅れてない地域では13、14が1時間SPであっろう弊害か
14話冒頭は13話のおさらいのような構成だったなぁ・・・。
時間空いてたので13話の内容も忘れてて
あれ!?バタフライ撃破とかすげえカットされすぎじゃね?
と焦りましたよ・・・。

カズキを激励する岡倉達に予想以上に感動。
原作でももちろん好きなシーンなんだけど
中の人達の名演や演出のおかげか原作を遙かに上回るシーン。
不覚にもカズキが後ろ振り向かず戦いに赴くカットで泣きそうになりましたよ・・・。

VSヴィクターは微妙に斗貴子さんの出番増えてる。
「裏切りの戦士」という言葉が使われないのは故意かな?
実際に裏切りの戦士ではないけどヴィクターの立ち位置を決める
斗貴子さんとのやりとり良かったのになぁ・・・。
カズキの核鉄はNo.70ではなくNo.3。
カズキのNo.70が偽物であることを印象づけるパピヨンの「70番か」も無かった。
それとこれは戦闘全般に言える問題なんだけど傷痕がもうちょっと欲しいな。
バタフライ戦が終わった後のパピヨンはもっと顔が傷ついてるのに
腹だけブチ抜かれてるのに顔は綺麗だとかなり違和感が・・・。
カズキが血まみれなのに傷が少ないのも同じく。
規制の問題もあるんだろうけど血がいけるなら擦り傷もがんばって欲しいなぁ。

読み返したら不満ばっかり言ってる気がしますけど
実はそこまで不満はなく、寧ろ他のシーンは相変わらず素晴らしかったので
全体的な出来は文句なかったりする。
さてカズキヴィクター化は物語の折り返し地点ですよっ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。