説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話

★(終)涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱V」 総合評価★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

憂鬱完結でキレイに終了。
見ているうちにあーこんなラストだったかー
と読んでた当時のこと思い出した。もう3年ぐらい前だっけか?

今回は今までで一番直球と言うか
ハルヒのツンデレ、焼きもちっぷりがストレートに反映されてた。
端から見たらイチャついてるように見えたキョンとみくる。
キョンはそのせいでハルヒが世界に愛想を尽かしたことに気付いてなかった・・・
というより認めたくなかった?まぁ自尊するようなものだし。
それを認めるということはハルヒが自分に想いを寄せてるのを認めることになるしね。
今回も含めてアニメだけじゃキョンがハルヒをどう思ってるのかは定かではないね。
大切にしている、信頼関係があるのは明白なんだけど
恋愛感情という印象はあんまり受けなかった。

唐突に閉鎖空間に来てしまって心細そうなハルヒの表情から
一転してドキドキワクワク、楽しそうな表情と変化したのが印象的だったなぁ。
古泉、みくる、長門達はキョンに全てを託すって肝心なときに役に立たなくて笑えた。
あ、OPの長門のやつはここのシーンだったのかぁ・・・・。
元々、ハルヒが求めていたのは非日常よりも日常、というよりキョンだったし
全てを排除してキョンに委ねるという意味ではしょうがないと思うけどね<役に立たない
キョンが元の世界に戻りたいと言ったときに神人が増えたのは
ハルヒの世界がキョンに拒絶されたと思ったから?
まぁその後すぐに白雪姫を実行してハルヒを引き戻すことに成功するんですが。
そういえば「俺はポニーテール萌えなんだ」って聞き覚えあったなぁ(笑)
んまぁ、白雪姫自体は直球でした。でもラストは見るまで思い出せなかったorz
キスシーンに全力を注いだ感じで映画のワンシーンみたいなクオリティだったなぁ。

最後にタイトルと「冒険でしょでしょ?」を持ってきて
キョンの語りで締めてキレイに終わりました。
あー、これなら確かに時系列シャッフルは納得できるかな。
「サムデイ イン ザ レイン」を最後に持ってくるよりは全然いいです。

何はともあれひとまずは「ハルヒ」については落ち着くかなぁ・・・?
また騒がれるのは嫌だけどそれでも2期に期待しなくなるような作品でした。
十分今作だけでまとまってるとは思いますけどね。
ハルヒ役の平野綾さんもそうなんだけど
個人的にはキョンの語りあってこそ成立する物語だと思うので
キョン役の杉田さんに一番の賞賛を贈りたいと思います。

○Amazon


スポンサーサイト

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第13話 「涼宮ハルヒの憂鬱V」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

最終話直前にして憂鬱解決一歩前。
またもや2話すっ飛ばしてるけど憂鬱の前回が印象的だっただけに問題なし。
今回はやっとこさ閉鎖空間の正式な説明。
更には時系列的には古泉の超能力が初披露。
それとハルヒが自分のことをちっぽけな存在と自覚してから
世界が色あせてしまったと大まかに二つの話が交錯。

ハルヒの世界云々は何とも言えないなぁ。
小学生でそんな自覚をしちゃったら確かに悟っちゃうのも無理もない気はする。
でもハルヒ自体は常識的な考えの持ち主だし非日常を望んでるのも一般的ではあるしね。
後半は閉鎖空間の説明とキョンと古泉のやりとり。
この2人の会話だけで1話作れそうだよなぁ・・・(笑)
閉鎖空間云々よりもこの2人の会話の方が印象的だった罠。

最終話前なんだけど会話中心でまったりした話だったなぁ・・・。
というか残りは憂鬱の解決なのでサプライズが望めないのはちょっと痛いかもね。
今まではランダムな話で色々とサプライズがあったんですけどね。
次回予告は「女子高生」と同じシメかよ(笑)
キョンのやる気のないサザエさん予告は笑った。
そういえばEDのクレジットでハルヒが1人だったり
キョンと古泉がセットだったりと相変わらず芸が細かいね。

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第12話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第12話 「ライブアライブ」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

一瞬0話から思っちゃったよ・・・(笑)
映画が上映してる裏・・・というより厳密にはこっちが表なんでしょうけど
文化祭当日何があったかがやっとわかりますな。
焼きそば喫茶の鶴屋さんのはっちゃけぶりに笑った。
客が居る前であんなこといってもいいのか・・・そしてにょろ〜かわええなぁ(笑)
相変わらず揺れまくりでした!

今回のメインはハルヒのライブ。
扱い的にはキャラソンだろうしハルヒの性格上あんまり期待はしてなかったんですが
正直驚きました。平野綾さんは元々歌唱力はあるけど
ここまでバンド栄えがするボーカルだとはなぁ・・・。
中の人の演技とアニメーションがマッチしすぎて本当にライブ見てるような気分だし
曲がいかにもバンドってな感じでハルヒを見ていることを忘れましたよ。
ギターやベースやドラムもアニメーションとセットで素晴らしいなさすが京アニ。
というかクオリティの幅が広すぎるよ京アニ。戦闘や日常だけじゃなかった!
MSNを見るとハルヒのキャラソン聞いてる人が結構居たんだけど
これは本編見て納得ですわ。

古泉はハルヒは講堂で何かやらかすと生徒会に噂になっていた、といってたけど
ハルヒ自体はそんな予定もなく突然頼まれて代役を務めただけで
本人がちゃんと代役が務まったのか、とかライブはアレで良かったんだろうかとか
やっぱり本物の方が良かったよねとか不安をキョンに打ち明けるのが可愛すぎる。
キョンも自然にそれを受け止めていて古泉が言ってた信頼関係というのを実感しました。
木の下のシーンはもうカップルにしか・・・
心の中でハルヒに「褒められてることに慣れてないから動揺しているだけさ」と突っ込むキョンやら
にやにやハルヒを見てたキョンに草投げつけるハルヒとか。
それが逆風でハルヒの顔にかかってそれを見て微笑むキョンとかもう甘いのなんの。
後、キョンが文化祭見てる最中の背景とかも凄かった。
裏でハルヒとかがこそこそやってるのも描かれてたしね。
やっぱりこういう細かいところが巧いよ京アニ。

次回、そして最終回で憂鬱解決かな。長かった(笑)

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第11話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

時系列的には1話の文化祭の話の直後になるのかな?
そして次回はその文化祭の映画以外の部分ってとこか。
そんなわけでまたまた出番があるとは思ってませんでしたコンピ研(笑)
SOS団に文化祭の出し物であるゲームで勝負を挑む。
賭けるものがパソコンだったり部員だったり・・・
長門やみくるを賭けるといった時のコンピ研の部長が笑えるな。
彼女が居てイケメンなのにあんまり女性に免疫なさそうだ。
ハルヒに対しては恐怖の対象でしかないらしいってのはわかるけど(笑)

そのゲームの内容はシンプルなシミュレーションゲーム。
オンライン対戦ということを除けば部活レベルってことでソフトの見た目は地味。
これはみくるじゃなくてもちょっと戸惑う人が多そうだな。
ハルヒが女の子なのにこういうことすんなり出来るのは天性の才
というか元々なんでも出来る子だからだろうね。
しっかし、CG演出の派手さでそのゲームの地味さをカバーしてた。
とりあえずガンダムやらシロッコやらデスラーやら思いっきりパロネタ満載で腹痛かった(笑)

重要なのは長門の変化やら、ハルヒとキョンとの信頼関係などですねー。
長門がゲーム(というかパソコン)を楽しんでるのはちゃんと伝わってきたのがさすが京アニ。
表情の変化とかはないんだけど間の取り方とかが絶妙なんだよなぁ。
ハルヒに負けず劣らず負けず嫌いなのも把握した(笑)

次回は文化祭の話で放送話も構成話も12話。
あれ?合ってるじゃん!!っていうかキョンに笑った。
そして極めつけにハルヒ「私の歌を聴けー!」キョン「ぼ、ボンバー!」
ってマクロスセブンネタかよ(笑)
最初から最後までネタ満載でした。ごちそうさま。

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第10話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第10話 「涼宮ハルヒの憂鬱IV」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

1ヶ月ちょいぶりに進行ですよ・・・。
っていうかぶっちゃけ前の話忘れてたのは俺だけじゃないですよね(マテ
というわけで前回はキョンが危ないよーという警告をもらったあたりまで。
今回はその警告が現実の物に。
そして憂鬱もやっと終わりが見えてきました。
っていうか何故にOPカット・・・尺の都合?
意地でもED流したいってわけじゃないよなぁ?(笑)

そんなわけで朝倉さん大暴走な回。そしてあでゅー。
キョンの命が長門と同じ対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェイスの朝倉に狙われ
間一髪長門が助けに入ってバトル突入。
人外同士の戦いのせいか(笑)
こないだの戦いよりも派手派手で燃え燃えでした(*´Д`)
無表情に串刺しにされる長門も長門なんだけど
笑顔のまま、素でキョンを殺そうと攻撃してくる朝倉さんコワス(笑)
最終的には長門が勝利。しかしメガネの再構成が出来ず・・・
キョンはメガネがない方が可愛いとかナチュラルにくどき入ってますよ?
いやまぁ、無反応であることを予想して言ったのかもしれませんけど。

後半戦はみくるの大人ver登場。
OPのサビのカットでも朝倉さんとかみくる大人verとか出てるんだよなぁ。
で、大人みくるはキョンに「白雪姫」というヒントを残すんですが・・・
あっれ・・・このヒントがどう結末につながるか全然覚えてないんですけど_| ̄|○
閉鎖空間云々とかはちゃんと覚えてるのに!
んーまぁ、放送を楽しみにしますか・・・。

次回も憂鬱から話が飛びー。

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第09話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第09話 「サムデイ イン ザ レイン」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

話上は最終回。
SOS団の日常を描いて終わりということでエピローグ的位置づけになるんだろうなぁ。
やってたカードゲームはもろに「ガウリィ」とか書いてたし富士見のカードゲームか?(笑)

キョンにストーブを取りに行かせてる間にハルヒ大暴れ・・・
というかいつものごとくみくるがハルヒの毒牙にかかってるだけですけど。
キョンが行く特にみくるがマフラーかけてあげて嫉妬してた仕返しのごとく。
古泉と長門の絶妙なプレイにふいたwwwww
古泉の相変わらずな相づちにタイミング良く部室の外に出たり
長門はカメラアングルを絶妙に本で隠してて笑った(笑)

ハルヒ、みくる、古泉は撮影に校内に出かけるんだけど
長門はひたすら部室で読書。
その間流れるラジオかTVの音声?はいったい何事かと思った(笑)
聞き取りづらいんだけどネタ要素満載。
時間にして2分近くはひたすら読書してて音が流れてる状態が続いたんじゃあwww
何の意味があったんだろうか・・・日常の表現?

ストーブを持って帰ってきたキョンを待ってたのはまだ撮影中らしく長門のみ。
ストーブをつけて疲れたのかそのまま寝てしまったキョン。
起きると目の前にうろたえまくるハルヒが。
カーディガンをかけてあげたり相合い傘だったりツンデレのデレ分を大量補給(笑)
もう1つのカーディガンは長門かみくるのだろうけどどっちだ・・・。

次回はホント久しぶりな憂鬱IV。何話ぶりだ?(笑)
キョンが覚えているだろうかっていうのも無理がないな。

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第08話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第08話 「孤島症候群(後編) 」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

やっと解決編。
前編と同様に細部に作りのこだわりが(笑)
犯人の黒ずくめ姿とかどう見てもコナン&金田一のゴールデンミステリータイムです。
本当に(ry
後は逆転裁判チックな突きつけとかか。
でも結局は茶番劇なので本質はそこじゃないんだね。
偽の真相をわざわざ用意してハルヒが真相に近づいて行くのは面白かったんだけどね。
トリックというかミステリーとしてはごっことしても3流以下だし。

重要なのはハルヒ自身は殺人事件なんて望んでるわけもなく
キョンがそれを信じてるということ。
他にも崖から落ちて洞窟に入ったときとかも
キョンを心配するハルヒが垣間見られて・・・あぁもう端から見ればもどかしすぎる(笑)

古泉は原作読んでるときはあんまり好感度高くなかったんですけど
こうしてみると色々動かせて面白いですね。
原作はいつもニヤニヤキョンをからかってる印象が・・・。
アニメもそれはあんまり変わらないのかもしれないけど
自然さがあるしやっぱりこういう解説役は必須だろうしね。
ザ・サードみたいにナレーション入れるわけにはいかないし。

次回は14話。まだ憂鬱進まないのかー・・・。
「サムデイ イン ザ レイン」=「ある雨の日のこと」
とEDを対をなすサブタイになってるんだけどまた仕掛けがありそうですね。
そしてハルヒが「お疲れ様、キョン」って!
14話といってるし実質これが最終回な位置づけなのかな。
それにしても最終回をTV放送の途中でやるなんて前代未聞じゃなかろうか(笑)

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第07話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第07話 「ミステリックサイン」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

今回は公式サイトとの連携が強い話。
というかここまで遊び心満載かつ丁寧に作られてる作品も凄いよなぁ。
カウンタやロゴは現実の公式サイトとアニメ内の公式サイトとリンクしてるし。
新キャラの喜緑さんはOPにもちょっとだけ出てますねぇ。

公式サイトとのリンクといい異空間に入ってたからといい今回は丁寧なギャグ中心だったな。
古泉の超能力を使うときのセリフが「ふもっふ」と「SecondRaid」とか
それなんて京アニクオリティ?部長の部屋に張られてるポスターとか。
後、カナブンは爆笑した(笑)
マザーシリーズだったかなんだったかこういうギャグ色の強い戦闘演出なRPGあったよなぁ。

次回は孤島症候群の解決編。
予告を見るといろいろ気になるシーンがありましたね・・・。
ある程度想像はつくとはいえネタばらしが楽しみです。

涼宮ハルヒの憂鬱 第06話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第06話 「孤島症候群(前編)」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

今回は例のごとく憂鬱の続きではなく話が飛んで
いつものSFチックな雰囲気から離れてます。
名探偵云々な時点で非日常だからSOS団の理には叶ってるけど。
まぁ、古泉のセッティングした旅行である点と「ハルヒには退屈させないものを与える」
というセリフからある程度のオチは読めますけどね。

それよりも相変わらず作りにこだわってるなーってのが伝わってきました。
登場人物のテロップなんかいかにも推理モノっぽいし
事件発生からの流れやアングルが非常にこだわってるなぁ、と。
こだわってると言えばお色気方面のアングルもこだわりまくってましたけど(笑)
ハルヒの微妙に見えそうな尻のラインがエロス。
水着もあったしサービスシーンは多めでしたね。
後、長門が海に居るとき常に(水上スキーや海に浮かんでる時も)読書してたのは笑った(笑)

次回は憂鬱IVかと思えばまた違う話に・・・(;´Д`)
うーん、あんまりやりすぎると正直逆効果になると思うんですが。
しかし後編が10話に値するんだろうからアニメ化はせいぜい憂鬱、溜息、退屈ぐらいなのかな。
そういえば文化祭云々は原作読んだ覚えがあるので
俺が読んでないのは多分退屈以降ですね。

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第05話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第05話 「涼宮ハルヒの憂鬱III」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっと本編に戻って前々回の長門のSFネタの続き。
と同じくしてみくると古泉の正体バレ。
長門=宇宙人、みくる=未来人、古泉=超能力者
どれも共通することは小難しい話を全面に押し出してるんだけど
言ってることは全員同じ。
ハルヒが神のごとく自分の思うように世界を改変する力があり
その力は無意識でハルヒ自身はその力に気づいていない。
そして、どの陣営も強硬派と現状維持派が分かれていて現状維持派が大半をしめる。
説明がどれもこれも難しい上に専門用語を一気に並べるもんだからわけわからない
ってのが一番多そうな意見だなぁ・・・。
まぁ、ハルヒの全体的なスタンスとして抑えるところを抑えておけば難しく考える必要はないので
今回も話半分聞いてればOKでしょう(笑)

それからキョンが特異な人物、涼宮ハルヒの鍵となりうる人物
真っ先に狙われるのはそんなキョンだと指摘をされて憂鬱もやっと後半戦に入りますが・・・
次回はまた話飛んで「第09話」。
本当に時間軸飛びまくりなんだなぁ・・・(;´Д`)
今回はハルヒのキョンを気にする行動、例えば課外活動の時の
キョンと一緒に回りたいオーラを出しまくってたり
EDのクレジットのキョンとハルヒだけフォントがでかくなってたり笑えた(笑)

どうでもいいんですが次回予告の「な、なんだってー?!」
はいろんな意味で狙ってますよね?(笑)

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第04話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第04話 「涼宮ハルヒの退屈」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

古泉が居ることに何の説明もされないどころか
原作未読者にはわからないような情報が流れまくり。
ここまで原作未読者を放置したアニメも珍しい気がするよ(笑)
時系列入れ替えて伏線っぽく仕立ててるのは賛否両論な気がしますが
個人的には賛成かなぁ・・・これはこれで綺麗に物語が成り立つであろうから面白い。
原作未読者はあんまり気にせず視聴するのが一番と思いますけどね。
疑問に思ったことを頭の片隅にでも置いておけば
憂鬱の話が進むにつれて、あーアレはこのことだったんだな、と理解していけると思うし。

で、野球の方ですが長門のインチキっぷりやらハルヒ、みくるの
OPよろしくなチアガール姿など伏線気にしないでも楽しめるな十分(笑)
長門も普通にメガネ無い状態だし、キョン妹もいるし
スポーツしてる女子は良いなぁというような内容でしたよ!
ハルヒもキョンに好意あるのが見て取れるようになってきたしね。

でも次回は憂鬱の続き。
予告ではハルヒは3話と言いましたけど
正規のストーリーで言えば確かに3話なんだよなぁ・・・。
となると退屈が7話あたりだとすると消失、暴走あたりまでアニメ化されるんですかね?
それにしても俺はどこまで原作読んだんだったかなぁ・・・。
1〜2巻ぐらいは読んだはずなんだけど
ちゃんとした記憶があるのは1巻だけって(苦笑)

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第03話

★涼宮ハルヒの憂鬱 第03話 「涼宮ハルヒの憂鬱 II」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ハルヒの傍若無人っぷりがどんどん発揮されてきましたね!
アニメで見ると爽快だなぁこれ・・・やられたいとは思わないけど(笑)
とにかくパソコン部の部長カワイソス。
原作で読んだときはこんなイケメン風とは思わなかったよ!
他の部員のようなヤツが部長なのかと・・・。
しかしおかげで尚更部長が惨めに見えるのでナイスでした(爆死)

キョンは下着片づけといい着替えといいみくるの発言といいバニーガールといい
受難の中でも美味しい役回りだな・・・。
やはり真の受難はみくるのみか(笑)
長門の正体バレで終了、みくるも気になる発言を残してますね。
てか長門の話はあれだけ聞くとハルヒと長門が同一の存在のように聞こえなくもない気が。
そのミスリードも狙っての短縮なら神だな。
そしてここからどんどんSF要素が絡んでくるんですよねえ・・・。

後、微妙にキョンの妹@あおきさやかさん登場。
これでしゃっほーキャストが・・・!
今更だけど2話からEDの踊りの部分が全画面になってたりと
その方面の方に(マテ 優しい作りになりましたね!
踊りは抑えておきたいけどおなじ事考えてる人多そうで微妙だなぁ・・・。
それならLAPやハピマテの踊りをマスターしたh(ry

予告ではハルヒが7話とか言っちゃってるし何故か野球だし。
1話といい時系列飛びまくりな仕様なのか?
まー、4話見てみればわかりますか。

○Amazon


涼宮ハルヒの憂鬱 第02話

更新も感想もアニメも反応も溜まりまくりでテンパってますYO
鯖のメンテと新調作業してたら1日以上かかったし・・・。
あー、マジで時間がねええ!
反応溜まってるんですが時間が足りないので
とりあえず鬼のように溜まってるアニメ&感想を消化してきますー。

★涼宮ハルヒの憂鬱 第02話 「涼宮ハルヒの憂鬱 I」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

正式な第1話なんだけど予告でわざわざキョンが訂正してるし
前回のアレは本当に1話として扱うんだな(笑)
今回は名実共にスタートらしい内容で
前回はやっぱりかなり賭けだったんじゃないかなぁ・・・。
こうしてみると割と普通の作品に見えるのに
1話を見て切った人も居るだろうしねぇ・・・。

原作はキョンの語りがメイン、
同じ語りメインでアニメ化した半月はその殆どを排除しましたが
ハルヒは直球勝負。セリフの7割ぐらいキョンなんじゃなかろうか(笑)
とにかく京アニだけあって良く動くしやっぱり原作の雰囲気の再現度は高いと思う。
今回からのお披露目のOPもいいな・・・ハルヒはOPもEDも当たりです。

公式が微妙に更新されてるなぁ・・・
○○担当とかワロスwwwww
遊び心満載すぎる。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。