説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀盤カレイドスコープ 第12話

あまえないでよ!は前期途中で合わないで切ったし
今回も最初から視聴から外します。

★(終)銀盤カレイドスコープ 第12話 「シンデレラ」 総合★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

どうみても原作無視です。
本当にありがとうございました。

これ原作なければそこそこ良いまとめ方だとは思うんだけどね。
ラストのフリーをまるまる劣化オリジナルにするのは頂けないなぁ。
まー、スケートは二の次。タズサとピートのラブが見所です。
っていうのがアニメのスタンスであることはわかってるんだけどねぇ。
さすがにまるまる改変されてしまうのは納得いかないな。
女海賊はどこへ行ったんでしょうか・・・演出楽しみにしてたのに(苦笑)

それ以外の不満は殆どないし、少女アニメとして見れば全然合格点だとは思うんだけど。
原作が原作なだけにちょっとなぁ・・・という方も多いんじゃないでしょうか。
原作で重点的に描かれたスケートシーンが蔑ろにされすぎだし。
コミックの方はどんな感じなんでしょうかね。イメージはアニメに近そうだけど。

俺はある程度原作を良い意味で無視してもいいと思うし
原作とは違うアプローチという意味ではありだと思うのでこの評価です。
+少女アニメを許容出来る人なら楽しめるんじゃないかな。
アニメから見てだめだーって思った人は原作1,2巻だけは見て欲しいですねぇ。

○Amazon


スポンサーサイト

銀盤カレイドスコープ 第11話

★銀盤カレイドスコープ 第11話 「キス・アンド・クライ」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ウェイトレスナンバー2回目の披露。
3回転+3回転のコンボは熱かった・・・もう少しクオリティ高ければ!
今回は肝心の「シーッッッ……!」が再現されていて満足ですよ!
でも、ここで再現するなら何故、前にやらなかったのかがわからんなぁ。

トリノに出発するときに至藤響子との話があるけどそこはちゃんと再現されてた。
ドミニクとのやりとりで言い返しがなかったのは悪役タズサにしてはおとなしいな(笑)
キャラ関係で丁寧な描写は好感触なんだけど
スケートシーンはともかく以後の展開端折りすぎ。
キスアンドクライとサブタイを銘打ってるわけなんだから
その順位が決まるまでの間の緊張を描くべきだったんじゃないかな。

で、リアとタズサとガブリーのインタビューはなしですかね?
あのシーンはとても楽しそうなタズサが印象的だったのに
もし次回の冒頭でやらなかったら泣けるなぁ・・・。

と不満は多いもののアレンジの仕方自体は好きなんですよねー。
ラストフライトとか言っちゃってる時点で原作と別物と考えてもいいかもしれないけど。
ともあれフリーのは文章で読んでてワクテカだったんで映像化されたら
どうなるのかが非常に楽しみですね。

○Amazon


銀盤カレイドスコープ 第10話

EXP2倍とかwwwwwうはwwwおれひwwっwwしwwww
とりあえず見たのは銀盤だけなんでこれから更新!

★銀盤カレイドスコープ 第10話 「タイムリミット」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前々からわかっていたこととは言え・・・
相変わらず少女少女してるなぁ、ストーリーが(苦笑)
原作には殆ど表に出なかった乙女心がここぞとばかり強調されている。
そんなタズサは可愛いし、タズサ好きーとしては微笑ましいんだけど
そういう余裕あるならスケートシーンをもうちょっとがんばって欲しい。
ストーリー紹介見てると一応は尺足りてそうではあるんだけどねぇ。

この原作改変とは行かないまでも
雰囲気ががらっと変わったアニメに原作ファンは賛否両論な気がするなぁ。
個人的にはタズサ×ピートは最高のコンビだと思うので(3巻とかみると特にね)
それが強調される恋愛話はありだと思うんだけどね。
でも今回とか見るとスケートがホントおまけにしか見えない。

次回はウエイトレスナンバーinトリノ
演出に変化はあるのか?スケートシーンのクオリティは・・・?
残り少なくなってきたのでそろそろ安定して欲しいんだけどなぁ。

トリノと言えば最近リアルでフィギュアスケートとかたまに見てます。
やっぱり本物は迫力違うよなぁ・・・いつか生で演技みたいなぁ。
そしてそれを見るたびアニメ版の演出がしょb(ry
リアルを知ってて小説読むと最高なんだろうけど。

○Amazon


銀盤カレイドスコープ 第09話

★銀盤カレイドスコープ 第09話 「トライアングル・ラブ」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイ発表になってから激しく楽しみだったこの話。
オチ自体は無難というか・・・もしかしてこのために新田さん出番多かったのか?(笑)
コーチの結婚話を先に持ってきたりと、新田さん、ピートと絡める様はいいね。
ただ、トリノ前にこう浮ついた話をするのは違和感あるな・・・。
ピートが必要だからここでやるしかないんですが。
そんなわけで出ると思ってなかった瞳さんも登場しました。
新田さんが至藤響子好きっていうのはオリジナル設定ですよねぇ。
なんか新田さんが完全にイロモノだよ・・・個人的には面白いから良かったけど(笑)
後、もうタズサが可愛すぎ。これだけ恋愛重視してたらラストは切ないなぁ・・・(;´Д⊂
だからってオリジナルで安易なハッピーとかはやめてくれよ・・・。

○Amazon

   

銀盤カレイドスコープ 第08話

★銀盤カレイドスコープ 第08話 「マスコミ戦争」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず新田さん格好良すぎる。
ホントなんでこんなに優遇されてるんだ?って感じだな。
話的には2巻の出場取り消し騒ぎの話。
父親母親の話はまったくもってオリジナルだけど概ねそのままだったかな。
そのことを突っ込まれてしゅんとしてるタズサは可愛かった(爆死)
原作だとそのままプッツン行っちゃいましたからねえ。

「僕に身体があればいいのに。あれば抱きしめてあげるのに。」
とかピートがどうしたんだってぐらいキザでワラタ。
コーチもコーチでケアのためだと思うけどなかなかナイスな発言してたし。
どうも新田さん含めて男キャラ優遇されてるのは少女コミック連載という
そっち方面をターゲットにしてるからですかねぇ?
それに拍車をかけるように次回は恋話だし。
リア云々の話は10話以降ですかね・・・つかこのペースだと最後らへんが非常に不安。
後、スケート講座なくてしょんぼり(´・ω・)

○Amazon

   

銀盤カレイドスコープ 第07話

★銀盤カレイドスコープ 第07話 「氷上のウエイトレス」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ウェイトレスナンバーお披露目!
スケートシーンの表現はどうするのかなーと思ってたけど
ちゃんと(?)世界観を作り上げていたのでその点は満足。
まー、なんとなくズれてる気がしないでもないんだけど(笑)
ピートの言うようにまさにタズサがウェイトレスになったかのような
演出自体は良かった・・・んだけどねぇ。
後、競技全般に言えるんだけど尺の都合上、話をややこしくしそうな
点数発表を削ってるのは◎だと思う。

残念なのが曲との調和があまり取れてなかった所かなぁ。
ウェイトレスの方の演出と実際滑ってるシーンのギャップもマイナス。
そして何よりマイナスなのがラストの「シィィィィッッッッッッ……」が削られたこと
つーかね、これを削る理由がホント意味不明なんですが?
もちろんそれに至る過程のがっちゃーんばりーんやラストの舌をペロッもなし。
ある意味、ウェイトレスナンバーの看板とも言える仕草だと思うんだけどなぁ。
そして4巻のヨーコの話に繋がる振り付けでもあるし。

ショートで力尽きたのかフリー→代表決定の流れが唐突すぎる。
確かにこの流れは原作でも短いんだけどこれだけじゃ
何故選ばれたのか納得できない人も多いんじゃないかなぁ・・・。
至藤響子が転んだ時にタズサがガッツポーズ云々もなかったし。
まぁ、これらまとめて8,9話あたりで補完するのかもしれないけど。

マイナス点ばっかり言ってる気がするけど
全体的には「シィィ(ry」を除けば概ね満足です。
タズサ本番前の「お前が美人であることには変わりはない」なコーチは爆笑した(笑)
それからラストにいきなりスケート講座。
講座とか今更な気がするのだが・・・まぁリア@能登さんが喋ったので満足。
そういや能登さん始めて喋ったんじゃあ・・・5話冒頭で喋ってましたorz
そしてロシア語じゃないのかー!
ちょっと能登さんのロシア語に期待したのは俺だけじゃないはずだ(笑)
うーん、残念。
まぁ、5話の時はロシア語だったんで今後期待。

次回、次々回共にマスコミ絡みの話?
っていうか9話のサブタイ(公式参照)が「トライアングル・ラブ」ってふいた。
新田さん優遇されてるなぁ・・・。
→の画像のタズサが可愛すぎる。

○Amazon

   

銀盤カレイドスコープ 第06話

★銀盤カレイドスコープ 第06話 「チェンジ!」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

リアのショートプログラムの楽曲がタズサと被ることを知り
リアと別の曲、逃げたと思わせない、三代監督を目に物見せる・・・
ということでピートの提案でのプログラム変更。
衣装も今回見れるんだけどやっぱこの衣装は可愛いな(*´Д`)
でもリアルでピンクのウェイトレスとかイメクラとかにしか(略
ピートが可愛いっていうたび赤くなってデレ兆候なタズサ萌え。

コミカルな演出は相変わらず秀逸で「リア」という単語に大げさに反応するタズサが良い。
「リアカー」とか「リアウィンドウ」とか・・・なんでギャグ演出はこんなに巧いんだろう(笑)
もうちょっとスケートの演出に力いれて欲しいよ(笑)

次回はついに本番・・・1巻最大の見所なので期待したいなぁ。
尺的にはちょうど良い感じですね。

○Amazon


銀盤カレイドスコープ 第05話

★銀盤カレイドスコープ 第05話 「一人でデート」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

スケートシーンがない方が面白い件について(笑)
それはスケートモノとしてどうなんだろうなぁ・・・。
まぁ少女アニメチックな部分を押し出すのは◎ですけど。
連載もマーガレットにしたのはあながち間違いじゃないかもね。

今回はX'masデートの改変かな。
超毒舌タズサが見れないのは残念だったけど変わりにデレなタズサがヽ(゚∀゚)ノ
そういう耐性がないからいちいち反応するタズサが可愛すぎる。
アニメオリジナルにしては掴み所を心得ているな。
迷子はロシア人だったけどロシアと言えばリアやオルガなんだけど
関係者なのかなぁ・・・。1〜2巻はホントにタズサとピートの話だから
そういうサブストーリーを組み込まないと他のキャラに出番がないんだけども(笑)
リアより先にガブリーが喋るとは思わなかったよ・・・能登さん(´・ω・)

ピートとタズサの融合の話は原作よりわかりやすくなってるなぁ。
まぁ原作はその辺あんまり問題にならなかったけど。
OPとかプロローグでも飛行機は出てきてるしね。
でもフィギュアをある程度詳しいのはステイシー好きってのも
あるんだと思うんだけど説明無かったな・・・。

次回はウェイトレスなショート改変の話。実際見れるのは7話かなぁ。
「しー!」が最高すぎるからなぁ・・・超期待(笑)

銀盤カレイドスコープ 第04話

★銀盤カレイドスコープ 第04話 「驚愕のフリープログラム」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

スケートシーンのしょぼさが・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
せっかく振り袖コスがかなり栄えてるのに・・・。
原作3巻以降のタズサをみてると、こうしてピートとのコンビっぷりが
発揮されてるだけでなんだか泣けてくるなぁ・・・。

試合中のピートのカウンセリング&アドバイスが最高ですね。
スポコン&少女モノとしても順当な路線なのに
スケートシーンのしょぼさがかなり目立つのが痛すぎる。
特に後半は演劇チックにもなるし滑ってる尺は長くなるんだろうな。
今からこんな調子じゃラストが不安すぎる。

銀盤カレイドスコープ 第03話

★銀盤カレイドスコープ 第03話 「トリプル・トラブル」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

HNK杯の前にテストがあったり地味に話変わってますな。
公式のストーリーとかみる限りアニメオリジナルな展開も節々にありそうだ。

今回はスケートのアニメーションがメインの・・・はずなんだけどなぁ(苦笑)
種ばりのバンクだしジャンプ以外は違和感ありまくりだし
ショートプログラムも使い回しでタズサが笑ってるんだけど・・・
この時点で笑ってちゃ後々のストーリーが台無しになると思うんだけどなぁ。
というかスタッフが設定忘れてつかいまわs(ry
文字より躍動感のないアニメーションってどうよって感じですな。

それ以外のコミカルな演出は相変わらず笑わせてもらえるのに・・・。
どうでもいいけどヨーコがタズサのことをタズ姉と呼んだのが
すげー違和感感じたんですけど(笑)
いやまぁ、1話でも呼んでた気がするんですが原作では
「姉貴」ばっかりだったからなぁ・・・。

銀盤カレイドスコープ 第02話

★銀盤カレイドスコープ 第02話 「キーワードはトマト」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

やっと正規OP&EDきたー!
OPは改めて聞いてみるとタズサな曲だ(笑)
「最終兵器」な歌詞はタズサ自ら口にすると様になりそうだ。
OPのライバル達がバックに出てくる箇所が好きだな。
如何にもスポーツ系アニメの定番なOPで。
EDは可も不可もなくですね・・・。

本編の方は少女アニメとして見れば安定して面白いな。
まぁ、ぎりぎりなネタではあると思うけど、肥だめとか(笑)
というかちゃんと着替えやトマト→肥だめのコンボ再現してくれて感動ですよ!
やっぱり序盤のキーはこれだよな。そして演出超ふいた(笑)
久しぶりにアニメで大爆笑してた罠。ヨーコやピートのリアクションとかもいい。

新田さんとかは原作より絡んできてますね・・・。
ということは他のキャラも原作以上の出番が望めたり?
リアは3巻とかが最高なんだけど多分2巻までだろうしなぁ。
至藤響子は原作となんか良い意味でイメージ違います、華やかだ。
逆に新田さんはこの悪人面誰だよって思ったよ!
タズサからみれば他の記者とは違うが納得いかないような展開でしたが
新田さんの根底は変わってないようで安心。
これならもう少し顔優しくしようよ・・・(笑)

相変わらず高評価はあんまり聞かないアニメだけど
個人的には見れるアニメの中だと今期で面白いうちに入ると思います。
原作にはない、原作を広げた楽しみ方が出来る作品だと思うので。
ただ、逆に原作でメインな氷上の疾走感はあんまり期待できなさそう。
クオリティと言う点では中の下なので動画もお察しのような・・・。
まぁ、その辺は原作で補完したほうが良さそうですねぇ・・・。

しかし改めて思うとアニメより疾走感、臨場感のあるスケートシーンを
文字(+多少の挿絵)で表現するのは凄いな。

○Amazon

銀盤カレイドスコープ1〜5巻

銀盤カレイドスコープ 第01話

★(新)銀盤カレイドスコープ 第01話 「100億ドルの女」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

各地でさんざんな評判だった銀盤の1話だけど
想像していたより全然良かった罠。
OPとか作画とかで制作やばい空気はあるんだけれども
作画に関しては基本的にノータッチだしOPとかは1話じゃ見れないアニメも多いし妥協。
元は鈴平絵なんだけどアニメだとまったくそうは見えないな(笑)
公式見ると1話のサブタイが記載されてなかったりとか色々テンパってるのかな。

原作は読んでませんが本が手元にあるのでそのうち読む予定。
最初、この作品名聞いたときSFかなんかだと勘違いしてましたよ(爆死)
つーわけでフィギュアスケートモノなんて直前に知りました。
コミカライズはマーガレットだし、少女漫画な雰囲気。原作はそうでもないみたいですけど。

アニメの方も往年の少女漫画のノリが懐かしくて懐かしくて(笑)
一番近くてわかりやすいのは「こどちゃ」なノリだなぁと思う。
ストーリー紹介に
「フィギュアスケート界を震撼させる性悪ヒロインの最凶伝説がいま始まる!」
とまで書かれるぐらい性悪ヒロインの毒が薄くなってて好感触。
これがもっと暗い雰囲気なら間違いなく俺はヒロインのタズサが嫌いになってただろう(笑)

能登さんもいるけど出番は・・・まぁお察しくださいだな。
小杉十郎太の渋いボイスと川澄さん&斉藤千和さんのコンビを楽しむことにしよう。
1話だけ見てるとスケートなんかどうでもいいぐらい日常描写の方が面白いのが(マテ
スケートのアニメーションのクオリティは・・・・まぁ何もいうまい。

○Amazon

銀盤カレイドスコープ〈vol.1〉ショート・プログラム:Road to dream
銀盤カレイドスコープ1巻


銀盤カレイドスコープ〈vol.2〉フリー・プログラム:Winner takes all?
銀盤カレイドスコープ2巻

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。