説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のスティグマ 第24話

★(終)風のスティグマ 第24話 「風の護りしもの」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ああ・・・今度は由香里がメイド服の魔の手に(笑)

原作が止まってる割にはそこそこ綺麗にまとまったんじゃないかな?
まさか最終話で新たな敵、ベリアルなんて出てくるとは思わなかったけどな。
ラピスやヴェルンハルトとの決着もつかず
ベリアルをコントラクターの力、紅炎、黄金の炎の力を合わせて
数秒のみの片腕の召喚をあっさり食い止め終了。
結局、コントラクターの力を使ったのって3回だけなんだな・・・。
で、力を解放した和麻と本気の厳馬は同等ですか。
ヴェルンハルトじゃないけど神凪の血、恐るべし。

去り際のラピスの言葉とか最終回らしからぬ後味の悪さだったけど
綾乃の思いぶちまけていつものテンションに戻って終了。
和麻と綾乃の距離感はやっぱりこれぐらいがちょうどいいね。
これからも綾乃は和麻にからかわれ続けるんだろう。

良くも悪くも富士見ファンタジアらしい作品で
王道なので単純に楽に見れる作品だったのはそれだけで評価できる。
内容自体は普通だけどだがそれがいい。
原作が止まってるのが実に残念だけど
それをずっと想ってるのが原作ファンですよねぇ。
ファン的にはアニメの出来はどうだったんだろうか。
スポンサーサイト

風のスティグマ 第23話

★風のスティグマ 第23話 「紅炎」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ちょっと和麻を正気に戻すのにだらだらしすぎたかなぁ。
前後含めると和麻を正気に戻すのに1話使ってるしね。
あれだけの狂気を戻すのに1話ってのは妥当と思うけど
実際、切り替わった部分があっけないというか
煉の言葉は聞かないのに綾乃には説得されるという説得力が少ない。
「炎に魅せられていた」ってすっげえ今更な発言だしね!
まー、和麻の態度見てると綾乃を何かと気にしてたのはわかったけどさ。
でも”煉はダメで綾乃はOK”にもうちょっと説得力持たせて欲しかったのが本音。

しっかし、戦闘はいつも以上に綾乃がパンチラしすぎてて集中できなかった(笑)
対峙してるだけで和麻の風でちらちら見えてるってどんだけエロイ風だよ。
服とか全然破れなかっただけマシとも言えますが・・・。
今回で役者は揃い次回で決戦@最終回
せっかく仲直りしたのに予告でまた和麻に文句言ってるあたりが二人らしいな。

らき☆すたといい今期は割と早く終わる作品多いなぁ、北海道なのに!

風のスティグマ 第22話

★風のスティグマ 第22話 「決意と逡巡と」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

霧香の言葉の意味を理解してない鈍感っぷりに驚いた。
それを受け止めた上で自分には無理発言だと思ってたのに。
決意固めても自分が和麻に取ってどれだけの価値があるのかわからない
と言ったけど大丈夫、視聴者も絶対わからない。
あれだけのエピソードで和麻フラグが立ってるわけないだろ(笑)
綾乃は和麻にぞっこんでツンデレってバレバレだけど
和麻はどう見ても綾乃を女として見てないように見えるし。
絆とか言われてもな・・・と大半の視聴者が思ったと思うんだ。
寧ろ、霧香はなんで綾乃が鍵だと思ったのか気になるね。
今回ばっかりは綾乃が言ってることは随一正しいわ。

七瀬はボンテージ服で調教済み・・・合掌。
このアキバ男がここまで痛い目立ち方するとは思わなかったなぁ。
七瀬を全裸にしてボンテージ着せたのだけは許せん。
ヴェルンハルトに刃向かうって幸せな脳内してしそうだな。
これはどう見ても瞬殺フラグ・・・。

今回は決意決意に1話まるまる割いて話進まなすぎ。
大事なのはボンテージと由香里が連れ去られたぐらいじゃないか。

風のスティグマ 第21話

★風のスティグマ 第21話 「狂乱の風術師」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

24話で終わりなのでそろそろ終焉も見えてきたかな?
この一連の騒動を収めて和麻が自分自身を取り戻し
ヴェルンハルトやアルマゲストとの戦いはまだまだこれからだ!
エンドってところでしょうかね・・・。
結局、事件の周りを荒らしていたのは紛れもなく和麻で
綾乃の知らない昔の和麻から見ればそれほど不思議ではない行動だという。
こんなことしてもう少し綾乃はブチ切れると思ったんだけど
意外と冷静というかいつもの綾乃らしくない気がするね。
今回だって真っ先に和麻に突っかかるものだと思ったけど
霧香に後押しされてもまだ決意が固まってないし。
まさしく綾乃が今思ってるのは
「和麻を昔の和麻に戻したほどの女性、翠鈴には適わない」ってことだろう。
今回見てると原作でさんざんな言われようだったのがわかる気がする(笑)
原作ではもっと酷いことやってそうだな、イメージ的に。

風のスティグマ 第20話

★風のスティグマ 第20話 「翠色の残影」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

和麻の元恋人、翠鈴との蜜月の回想メイン。
あっさり元恋人であることを暴露されてワロタ。
言葉では「まがいもの」と言っていても
実際まともな思考の人間が「自分の全て」と思っていた最愛の女性と
瞳の色以外の容姿がまったく同じ人物を見るのはキツイだろうなぁ。
それが翠鈴とかけ離れている性格で敵とあればなおさら。
前回の和麻の口調だとそこまで気にしてないように取れたんですけどね。

そんな現状に和麻が昔のように荒廃した様子が見て取れて
異能力者をフルボッコ疑惑をかけられるけど真実は・・・?
和麻に片思いしてる綾乃としてはこのエピソードはヘビーだろうけど
綾乃から特別なリアクションは無し。
良く言われるけど「死者には適わない」よねえ・・・。
次回は疑惑のかけられた和麻を止めようと綾乃が動くみたいですが。

やはり尺から言ってこの一連の話で終わりそうですなー。

風のスティグマ 第19話

★風のスティグマ 第19話 「万魔殿」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あっさりと和麻が驚いた女性の正体は判明。
翠鈴という人に似せて作られたのが瞳の色が違うラピス。
次回は翠鈴と和麻の関係について触れられるかな?

今回はこの事件の黒幕、アルマゲストの示唆。
ラピスの実力や和麻と煉の絆。
そういえば陰陽師だった霧香の能力とかが見所?
パンデモニウムの中でぐるぐる迷ってた時間が長すぎて展開遅っ!
図らずとも3者が一堂に会したのはヴェルンハルトにとって
都合がよいことなんだろうか。
過去に和麻がヴェルンハルトたちアルマゲストをフルボッコにしたようだけど
ヴェルンハルトはなんだか自信ありげ。
珍しく和麻のピンチが見れそうな予感が。

シリアスオンリーだと極端に見所が少なくなるのはなんだかなぁ(ぉ
やっぱりアニメだと学園パートというか友人達もっと絡ませた方が面白いね。
というより和麻自身にあんまり余裕が見えなさすぎて
シリアスがなおいっそう濃くなっているといった方が正しいか?
石蕗の事件の時だってある程度余裕があったのに。

風のスティグマ 第18話

★風のスティグマ 第18話 「東京RPG」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ひとまず謎の女性についてはお預け。
和麻がこれほどまでに冷静で居られなくなる問題のようで。

煉は綾乃の違って友人達には力のことを秘密にしてたのね。
だから一定の距離を感じる友人関係だったのかな?
術士だということを知られた時にもう少しフォローが欲しかったなぁ。
対比して綾乃達友人ズの絆が描かれているだけに
子供達はなんだか単純というか薄っぺらく見えるよ。
毎度のことだけど花音も達也も自重。達也に関してはガチにしか見えない。
今回は花音に絡まれて多少の照れはあったなぁ、是非部屋に(ry

事件の進展はこの能力がインターネット上で配られた妖魔によるもので
それを行った犯人と隠れ家があるということがわかったぐらい。
霧香率いる特殊資料整理室にキャサリンも加わり
彼女や綾乃、煉の活躍で事件の片鱗は見えてきた。
綾乃はこのままキャサリンや霧香の情報と共に動いていくのかな。
煉はピンチをどう乗り切るか、最終的には和麻も合流するんだろうな。
予告で出てきた女性が一瞬石蕗の人に見えましたよ・・・。

風のスティグマ 第17話

★風のスティグマ 第17話 「魔法使いの倒し方」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

予告に反して反応で指摘されたように長編のスタートの話。
予告であんなギャグ回に居そうなオタクカメコとか出されたら
普通に短編と思いますよね!?
今回の騒動は次回のサブタイ「東京RPG」がかなり的を射てる気がする。
力の供給源あってそれを使って”魔法使い”になる
というコンセプトは自分が好きなラノベのDクラに似てる気がする。
今回だけじゃあ話がどう転んでいくのか想像付かないな・・・。
和麻の見た人物はOPにチラっと出てた人物かな?
この騒動のゲームマスターはこの人でしょうか・・・。

最近の綾乃ちゃんの乙女度急上昇はやばすぎる。
和麻の飲んでた缶コーヒーを意識して勝手に飲みましたよ!?
缶を見つめる視線が「和麻と間接キス・・・」みたいに乙女チックでニヤニヤ。
和麻は明らかにからかってるんだけど
綾乃が間接キスしたいから缶コーヒー飲み干したことには気付いてるのかな(笑)
それと七瀬の「さんをつけろよ、ゲス野郎!」で爆笑。
伊藤静さんが言うとまた似合ってるなぁ(えー

風のスティグマ 第16話

★風のスティグマ 第16話 「父と子と」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ま た ギ ャ グ 回 か!いいぞもっとやれ!
やっぱりスティグマはシリアスな話よりドタバタ見てる方が安心できる。
最近、ちょっと強調されすぎだった綾乃→和麻も落ち着いた回だったし。
膝枕が自然だったのが良かったなぁ。綾乃も嬉しそう。
でもこの温泉自体は相変わらず綾乃パパの策略。
いい加減間違いを起こそうとするのは自重しろ(笑)

今回一番やってくれたのは和麻父の厳馬。
登場シーンが少なくていまいちキャラが掴めなかったんだけど
なるほどこれは和麻の父親と納得せざるを得ない。
なんつーか、盛大に迷惑な親子ケンカだな・・・。
しかし霧香の一言でこうまでケンカ止まるのは何か弱みでも握られてるのか!?
なんだかんだでコイツラ気があってるなーというこの親子の関係は面白いね。
煉も厳馬の息子なのに全体的に空気でカワイソス。
そんなこと言えばキャサリンは和麻のナニを見て綾乃に混浴自慢してただけだけどさ。

次回は久しぶりにシリアスな回・・・なのか?

風のスティグマ 第15話

★風のスティグマ 第15話 「キャサリン・リターンズ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あれ・・・おとボクの貴子さんが(ry
初登場の時はそんなに思わなかったけど
今回で和麻に惚れて微妙に遠回しに言ったりと貴子さんが彷彿しましたよ。
本人はどこまでその手の気持ちに気付いてるのやら。
綾乃パパといい男共はなんだか余裕がある(笑)
和麻はどういった了見でキャサリンにつくかと思いきややっぱり金か・・・
決着ついた時の握手、力を入れてギリギリギリって想像したのは俺だけじゃないよな。

次回は温泉話で再びキャサリン出たり久しぶりに和麻父の厳馬も登場。

風のスティグマ 第14話

★風のスティグマ 第14話 「綾乃ちゃんの更なる災難」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

前回のストレートなデートより今回の綾乃の方が可愛かった件。
和麻との食事の約束で学校でも浮かれモードの綾乃。
そら女同士だからってスカートの中身見えてしまいますよパンツ。
正装の和麻見て赤らめたり言動でいちいちどぎまぎする
綾乃を見て和麻がどう思っているのか気になるな。
綾乃パパは間違いを起こることを望んでいる思春期の女の子の
親父とは思えない発言に笑った。やっぱりそういう思惑だったのね。

話自体はアメリカから同じ炎術師が綾乃にケンカふっかけに来た話。
キャサリンがたかはし智秋・・・!
久しぶりにこんなストレートな高飛車金髪お嬢様キャラを見た気がするよ。
メインはこの人の登場とその戦闘なんですが
ぶっちゃけそれ自体はどうでもいいというか次回への布石かな?

そんなことよりも和麻に抱きかかえられてまんざらでもなかったり
和麻の言葉に素直に従ったり和麻にワインが飛び散った頬を舐められてテンパったり
そしてありがちな「アンタなんて大っ嫌い!」なんですかこの王道ツンデレは(笑)
次回は和麻がキャサリンサイドについて綾乃と再戦?
和麻がキャサリンを助けたのは単に面白いからなんだろうな・・・。

風のスティグマ 第13話

★風のスティグマ 第13話 「遊園地に行こう!」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

結局、宗主は和麻と綾乃を公認のカップルとして扱いたい、でおk?
和麻本人はともかく煉も二人が仲良くしてる方が良さそうだし
綾乃の方も今回で心境変化あったのでそろそろ自覚してもいいんじゃないかな。
ただ、和麻の方が無頓着なのか対象外なのか素っ気なさ過ぎて
まったくカップルとして成立しないのが困りどころだけど。
だが綾乃の性格と合わさって綾乃の気持ちが先行してる方が見てて面白いけど。

宗主の思惑は仕事の名目で二人をくっつけることですが
和麻は傷ついてるであろう煉を癒すことも考え煉も呼んだのね。
お兄ちゃんらしいというか人間らしいというか良いところもあるじゃん。
その良い部分をかいま見たことで綾乃が意識していくのはストレートだけニヤニヤしてしまう。
煉は煉で花音ちゃんとロマンスありすぎだろ。
こっちも兄と似て無頓着だけど。

次回はなんか金髪ドリルな新キャラにwktk
炎術師同士の戦い?
瞳が青いから和麻かと思っちゃったよ・・・。

風のスティグマ 第12話

★風のスティグマ 第12話 「月下の告白」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

紅羽があっさりと引き下がって拍子抜け。
結局黒幕は富士の魔物自体で紅羽も操り人形に過ぎなかった、と。
紅羽自身の本来の目的は大祭で押さえつけられた魔物の力を
自分の中に取り込み、さらなる力を得ることだったようで。
紅羽が力を求めたのは元々地術の才能に恵まれなく惨めな思いをしたため。
しかし、それすらも魔物によって力を封じ込められてたせい。
そうすることによって紅羽が暴走するように仕向け、結果的に成功。
最終的には復活した魔物に立ち向かって
無惨に散っていった紅羽は一番の被害者だったのかもね・・・。

魔物が復活した時点である程度予想はついたけど
やっぱり亜由美が力を使って魔物を押さえ込んで倒れたかぁ。
てか結局和麻すらも素の状態の魔物には適わなかったし
前回、煉をあおった行動が薄っぺらく見えてくるなぁ・・・。
自分のふがいなさを綾乃と共に自覚してたから悪くは思わないけど。
でも魔物が復活したのって殆ど和麻のせいだよなぁ・・・(ぉ
どうせ大祭しなければ復活するんだろうし魔物と戦うのは避けられなかっただろうけどさ。

相手が溶岩と共に登場したせいで炎術が絵的に地味すぎる戦闘だったのが残念。
図体がでかいからしょうがないんだろうけど飛び道具ばっかりじゃ迫力にかけるし。
場所が場所だから和麻の風術のサポートが無いとまともに受け身も取れないし。
綾乃の言葉通り「でかいにもほどがある」
絵にならないじゃないか!(笑)

EDの入り方が特別で煉と亜由美の別れの下りから不覚にも泣いてしまった・・・。
ED自体も追憶verだったしこのアニメがそんな所で拘ってくるとは(マテ

次回はまたも学校の時みたいな繋ぎの話かな?
石蕗編で影薄かった綾乃ちゃんの活躍は如何に。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。