説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD -クラナド- 番外編

★(終)CLANNAD -クラナド- 番外編 「夏休みの出来事」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

時間軸は22話終了後の夏休みでした。
相変わらずこの2人はバカップルやってるなぁ・・・
と言った所で空気を読んだか読んでないかの杏がバイクで登場。
間を走るのは普通に危ないと思うんだ、いつものことだけど!
2人を冷やかしたりするものの
時折見せる症状はやっぱり切ないですね・・・。
なんだかイメージ的に杏が一番引きずってる気がする。

朋也達は3年ということで夏休みは補修の嵐。
おかげで日常描写は部活をしてない以外はいつも通り。
すっかり杏達は演劇部が板に付いてるな。
何故かその場にいる智代もだけど(笑)
杏VS智代はいつ見ても楽しいけど智代が一枚上手だな。
そそくさと上級生をスルーして朋也の話題を
渚に振るあたりさすがだぜ・・・。

ヒロインズの出番は今回これだけ。
ま、まぁ、番外編だから仕方ないよね!
出番あるだけマシだよね!風子カワイソス・・・。

芽衣の登場は想定の範囲内過ぎる。
いい加減学ぼうよ春原・・・だがそれがいい。
例のごとく芽衣は古河家に寝泊まりで相変わらず放置され、
春原の部屋に来てくれたと思ったら
朋也と話がしたいから放り出される部屋主・・・。
相も変わらず春原の扱いは酷い、だがそれが(ry

朋也の思考が秋生さん並になってきて大変なことに・・・。
予告の春原エンドはこれかー!
前振りの春原x芽衣で想像はしていたものの
いざ朋也がキモイこと喋ってると俺の腹筋が(笑)

後半は策士芽衣による愛のキューピッド作戦。
まぁ、そもそもまだ手を繋いで無いんじゃそりゃ突っ込まれますわ。
告白する前からどう見てもラブラブだった2人なのに
進展しないとか周りから見たらもどかしすぎるだろうな。

結局、作戦はあんまり意味なかったけど
この2人はこのマイペースな進展で良いのかもなぁ・・・。
「朋也くん」と自然に呼べるようになったしね。
なんだかんだでこの2人は
バカップルなんだと見せつけられた回だった(笑)
22話で足りなかった日常描写の補完って所かな。

最後にアフターの映像がチラりと。
スポンサーサイト

CLANNAD -クラナド- 第22話

★CLANNAD -クラナド- 第22話 「影二つ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

本編感想前に。
予想通りアフターの発表があって何より。
聞いた話によるとアフターは短いらしいし1クールかねえ。
制作者サイドにとっては分割放送は
リスクもスケジュールも少なくなっていいんだろうけど、
視聴者的にはこれがスタンダードになるのは勘弁して欲しいなぁ。
1クール空くぐらいならまだいいんですがね・・・。

というわけで以下本編感想。

秋生の過去を知ってしまった渚。
秋生の懸念通りひたすら自分を責める渚は痛々しい。
予想外に春原が渚の様子のおかしさに気付くの早かったな。
あながち好意を表してたのは冗談じゃなかったのかも。
ヒロイン達は緊張のせいだと思ってたみたいだし。
朋也と一緒に学祭を回ろうが晴れることのない気持ち。
有紀寧さんに見せて貰った過去の演劇の資料の中の
高校時代に夢を追って輝いてた秋生さんを見て追い打ち。

結局はこのまま舞台に立つことになって開幕。
ああ、これはなんだかバッドな展開しか想像できない、
と思ってたら泣き出して場の空気が凄く重いです・・・。
朋也は幕を下ろさないで渚を信じようとするけど
この部分だけ見れば泣き出す前に幕を閉めるのが正解だったような。

こんなピンチに格好良い秋生さんきたー!
「子供の夢は親の夢だ!」と叫び力説する
秋生さんが格好良すぎて泣いた。
あぁ、これは素晴らしき家族愛だな・・・。
さすがメインヒロイン泣かせてくれます。
朋也の言葉が最後の後押しになって良かった。
このままじゃ全部秋生さんが良いところを
持って行かれるところだった。もう遅い気がするけど(笑)

尺的に消化不良を予想していましたが
ラストは朋也から渚への告白で締め。
告白で終わるってのもなかなか斬新だよな!
ただ風子やことみのまともにルートやったヒロインと比べると
どうも演出的に弱い気がするなぁ・・・。
まず間違いなく一番泣いたのは秋生さんの所だけどさ。
幻想世界とか投げっぱなしで結局くっついただけっていうのがね。
アフター前提の渚ルートなんだろうなぁ、と思いました。

次回は番外編だけど時系列はどうなるんだろう。
次回予告が相変わらずカオス。

CLANNAD -クラナド- 第21話

★CLANNAD -クラナド- 第21話 「学園祭に向けて」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

実際に演劇するのは渚だけなのに、
何故他のみんなも滑舌と発声練習を・・・!?
ことみちゃんが普通に発声できてるのに違和感が(笑)
なんか一人だけ遅れて発声してそうな印象が・・・。
本番でもみんな手伝ってくれてなんだかんだで良い奴らだ。
Kanonみたいにルートが終了したらほぼ出番無しとかでなく
ヒロイン達の友情が見られてこっちの方が良いな。
Kanonは話の都合上出番無くなるのはしょうがないんだけどさ。
ことみちゃんは大きいけど予想以上に椋が大きかった。
そんなことより杏のも見たかった、そんな感じの練習風景(笑)

智代の眼鏡は眼鏡スキーでもないけど個人的にはアリだったな。
つーか可愛ければなんでもありと思います。
寧ろ杏の眼鏡とかも見てみたいよ!
赤面したのはやはり朋也を意識して、かな?
智代の言った「お前で良かった」がとても印象深かった。
その場に居たヒロイン達はそれだけで察した模様。
なんとも言えない表情だったなぁ・・・。
当の本人の朋也は感づいたのかどうか。

順調に学園祭に向けて準備が進み、遂に本番前日。
思えば倒れそうな状態で積まれたダンボールで既に気付くべきだった。
この最悪なタイミングで渚が遂に真実を。
秋生の予想したとおり自己嫌悪に陥りまくりそうだ(苦笑)
まぁ、これは完全に不注意と言えば不注意だ。
そもそもいつかは乗り越えないといけない壁。
物語的にはここで障害が立ちふさがるのが盛り上がるんだけども
最終回の予告が渚暗すぎて不安全開ですね・・・。
アフターに集約されるような話らしいから
最初っからアフターまで尺無いことを考えれば無難に終わりそうだ。
それはそれとしてちゃんと2期あるよね?

CLANNAD -クラナド- 第20話

★CLANNAD -クラナド- 第20話 「秘められた過去」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

おまえにレインボー!
ああ、Webラジオのタイトルって元ネタこれなのか(笑)
秋生さんはホントに愉快な人だな・・・。
おまるとかおまるとか早苗さんとかを乗り越え
やっとこさ話の本題、渚の過去について両親が知っていること。
渚が子供の頃、両親共に夢である職業に就き仕事に追われていた。
ある時渚が高熱でダウンしたものの二人とも仕事を休めない。
幸い、秋生が家を空けたのは2時間程度だったものの、
その2時間で渚は生死の境をさまようことに・・・。
渚が目を開けた瞬間、両親は夢より渚を大切にすることを決意し、
今のパン屋を始めることになったという・・・。

渚が両親に悪いことをしたと思ってる理由はコレなんですね。
渚が幻想世界の話を知っているのはこれがキッカケだろうけど
朋也も記憶にあるのが繋がらなくていまいち見えてこないなぁ。
残り話数短いしどうやら幻想世界が本格的に意味をなすのは
アフターらしいので今期では期待できない気がしてきた。
無難に朋也と渚がくっつきいったんハッピーエンド
あたりが妥当な落とし方か。

有紀寧さんがテラ孔明だけど風子が相変わらず
KYなタイミングで登場して笑った、アレノーカウントかよ(笑)
それと春原の条件なら有紀寧さんが該当するんじゃ!
渚の幸せそうな家族を見てずっと尻込みしてたものの、
春原の正論過ぎるナイスアシストで遂に決心?
春原はナチュラルにこういうアドバイスをしてくれるから
本当に良い奴だよなぁ・・・。
アドバイスの後、そのまま寝落ちしたのが凄い印象に残った。
春原にとって後押しは特別意識したことでは無かったんだな、と。
変に気を回すわけでもなく・・・そういう所も魅力的だな。

ピクニックは時間の関係で無理になったので
家族と朋也で草野球参加。
子供相手に全力全開なのは大人げないと思うんだがどうよ。
朋也に惚れ直した渚がアツアツすぎますね!
いい加減、口でちゃんと想いを伝えて欲しい所。

次回は幻想世界の語りが印象的だったけど
渚の返答で吹きそうになった、スタッフの遊びだよなこれ?

CLANNAD -クラナド- 第19話

★CLANNAD -クラナド- 第19話 「新しい生活」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

朋也と渚のドキドキ同棲生活スタート!
・・・いやまぁ、渚の実家でですけど(笑)
本格的に渚ルートに入ったのか
いつもよりも二人のカップルっぷりが強調されてたり
明らかに渚の台詞が増えたなーというのが全体的な印象。
どう見てもカップルにしか見えないのに
未だに「そんな関係じゃない」と言い張る朋也には殺意が!
春原の「まだそんなこと言ってんの?」は正論過ぎるよなぁ。
渚の「岡崎さんは特別な人ですから」と直接言われてまで。

やっとこさ演劇部の再建に成功し活動も本格的に。
幸村先生、意外と演劇のことに詳しいのね・・・。
数あわせのため〜と言いつつ
ちゃんと協力してる姉妹やことみは良い子だねえ。
ナチュラルに智代が居て杏との絡みに期待したけど
残念ながら二人の絡みは見られず・・・。
それでも春原に対するWパンチが見れたので満足だけど(笑)

渚のやりたいけど漠然としている劇と
渚の失った記憶は何か関係がありそうだなぁ。
次回予告見てるとどうにも重要そうな事柄。

CLANNAD -クラナド- 第18話

★CLANNAD -クラナド- 第18話 「逆転の秘策」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あまりにもあからさますぎるハーレム展開に
ニヤニヤというか爆笑が止まらなかったじゃないか(笑)
智代が毎朝起こしに来るのは
そのうち杏とぶつかるフラグだと思ったけどさぁ・・・。
あ、智代といえばちゃんと渚のためと認識してて安心。
絵に描いたような二人の主張に
椋やことみも自己主張してきてカオス。
お前らってやつは渚が居ないからって!
しかもここで風子登場とかとにかくカオスすぎるだろ(笑)
何気の椋の服装は大胆だと思うんだ、押しが強ければ!
杏の何気ない表情とか切ないなぁ、後キャンディはえろいです。

智代の反応から何かしら巧く行ってないとは思ったけど
まぁ、そら不良のレッテル張られるわなぁ・・・。
元々人気だったのが幸いしてか
演劇部の時と同じ方法(他部に挑戦)で挽回できたけど。
ポニテ智代は破壊力高すぎるじゃない。
そうこうしてるうちにやっと渚も登校開始。
表面上はいつも通りな朋也と渚だけど
渚が軽いケガをして当人が心配して駆け寄ってきた所
朋也はそれを無意識に制したり、意外と独占欲強いんだな。

これを見た藤林姉妹はさすがに敗北宣言。
つーか、少なくとも杏には泣かないで欲しかった。
杏が泣いちゃったら完全に敗北宣言じゃないか・・・。
確かに智代や朋也と渚を見て悟ったりしてたけど
杏だけはもっとがんばって欲しかったなぁ。見せ場前回だけか!
椋に至ってはオイシイ展開も無くドロップアウトとか切なすぎる。

実質智代と姉妹は並行して数話で終わらされて感じかなぁ。
智代は弟の事故や家族について語ったりと
個別ルートっぽさはあったのに杏は体育倉庫ぐらいかぁ・・・。
うん、それでも次回はちゃんと朋也と接してるみたいだったし
身を引いたとはいえ友達の関係が続いて
そこに杏や椋の笑顔があるのならこれで良かったのかなぁ・・・。
泣きはしなかったけど姉妹の泣き顔を見てると
胸が締め付けられるぐらい切ない気分に。

次回からは順調に渚ルートスタートなのかな。

CLANNAD -クラナド- 第17話

★CLANNAD -クラナド- 第17話 「不在の空間」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

予告だけ見たらどこからスーパー杏タイムが
始まるのかと正直疑っていたんだけど
予告で言ってた進路とかあんまりふ触れられなかったな!
とりあえず顧問の掛け持ちの件は解決したものの
相変わらずの融通が利かない生徒会の前では一蹴。
渚も体調を崩して一時的に退場かな・・・。

いきなり智代が朝起こしに来たりと
積極的なアピールが続くねぇ。
元々ストレートな物言いだから
朋也だけを誘ったとか何も考えに言ってるし
遅刻しないように手を引っ張ってるだけでも
端から見れば手を繋いでるようにしか見えないし
ここにきて渚の変わりに智代のヒロインっぽさが急上昇ですよ。
智代と言えば久しぶりに春原に蹴りが見れた(笑)
春原と智代はホント良い漫才ですね!

杏の手作り弁当でもキタキター!
と思ってたけどスーパー杏タイムの序章にしかすぎませんでした。
有紀寧が占いを始めた時点で筋書き通りというか
シチュエーションは見えたけど
どうみてもフラグクラッシャーにしか見えなかったよ(笑)
椋をあれだけ朋也とくっつけようとしてても杏も女の子。
というか双子だし椋に朋也を推すということは
少なからず朋也に好意を持っているからだろうし
二人っきりになった時の杏の態度は納得なんだけど
椋が居るのに流されそうな杏を批判する声も出てきそうだ。

・・・と思いっきり冷静に書いてますが
体育倉庫の杏のエロさには正直ぼk(以下削除
ああ、同人誌を買おうかとか思ってしまった不純な俺。
違うんだ・・・!杏があまりにもエロ可愛すぎるのが・・・!
朋也は上半身裸のまま見つかれば面白かったのになぁ(笑)
ある意味、朋也の杏への恋愛感情が否定されたような場面だから
杏が可哀想だけど本人気にしてないからいいのだろうか。

喧嘩騒ぎは主に春原がまいた種なんだから
寧ろ春原が率先して助けにくるべきだと思った。
・・・いや智代が文字通り一蹴したのが悪いんだけどさ。
朋也は智代を庇って停学処分。
次回は謹慎期間の朋也にここぞとばかりにお宅訪問が。
こうして改めてみると朋也のモテモテっぷりが!
羨ましくなんてないんで杏だけでもくださいお願いしますorz

CLANNAD -クラナド- 第16話

★CLANNAD -クラナド- 第16話 「3on3」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

さぁ、春原の見せ場がやってきましたよ!
と思ったらそれより目がいったのは杏でした、と。
いやでも、盛大に笑わせてもらった春原に賞賛を送りたい(笑)
春原の扱いと突っ込みと芽衣とかの掛け合いが絶妙すぎるね。
傍観してる朋也が笑いを加速させてくれる。
絶妙と言えば久しぶりに古河家の電波会話も聞けたし
懐かしいなぁ、この笑いのノリ。小遣い10万円って端から見れば援助(ry

OPでボールをついてたし試合はやっぱり杏が参加するのね。
朋也は右腕が上がらないのに参加なのね。
まぁ、確かに他に適役が居るとは思いませんけど。
智代の登場はその辺の出番かと期待はしたんだけどね。

杏と智代の組み合わせはありそうで無かった組み合わせ。
智代が上級生にも動じない物言いなのはわかってるとしても
シチュエーションや言葉が無頓着すぎて色々カオスです。
朋也への想いを指摘されて
真っ赤になる杏が間違いなく今回のMVP!
智代は朋也への想いをどういう形かはわからないけど自覚したようだし
椋の好意に朋也は多少なり気づいてる・・・?
久しぶりに恋愛ムードになってきたなぁ。

バスケの試合は良く言えばドラマチック。
悪く言えばありきたりな展開だけど
さすが京アニというべきか試合の動きも魅せてくれる。
試合そのものよりポニテブルマな杏に夢中でしたが(笑)

芽衣の出番が思ったよりも少なくてちょっと残念でした。
春原のシスコンっぷりが露呈したり春原を輝かせる要素だったのになぁ。
次回はなんかいきなり重い話になりそうですね!
知り合いに杏のターンすぎてやべぇと聞いたので激しく期待させてもらおう。

CLANNAD -クラナド- 第15話

★CLANNAD -クラナド- 第15話 「困った問題」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ことみ編が終わって再び幻想世界・・・。
どうしてもそのまま朋也と渚が被っちゃう。
それにしてもここの描写の動きのなめらかさは
良い意味で気持ち悪いぐらいですよねー。
それだけ気合い入れてるってことは重要なシーンなんだろうなぁ。

ことみ編も終わり今回から夏服!
衣替えってやっぱりいいよね。
夏服→冬服の場合で露出減っても衣替えはいい。
見慣れた制服からのふとした変化というのがポイント。
みんな可愛くなったけど智代の夏服が一番グっと来た。
また意味不明に風子の出番があったけど
風子は夏服のままでちょっと残念。
でもことみの出番がいつも通りあるようで良かった!
ルート並みにクローズアップされなくてもいいんで
ことみの個性は活かして欲しいなぁ、なんでやねんをもう一度(笑)

ことみにバイオリンを貸した仁科さん再登場。
まさかこんなに出番あるキャラとは・・・
何気にビジュアルはかなり好きな方だったりする。
彼女たちは合唱部を作ろうとしているらしく
頭数をそろえて顧問を幸村先生に頼もうとした演劇部にブッキング。
合唱部の方にもそれなりに事情があるようで。
良い人すぎる渚がそれで辞退しないわけにはいかなく・・・。
所が朋也と一緒で夢を途中で諦めざるを得なくなった
春原がここで大反論、春原の言葉は時々酷いけど
根は良い奴で熱い奴なんだよなぁ・・・。
「岡崎!バスケやろうぜ!」って原作発売直後に
良く耳にしたけどこの台詞だったのね。

そんなスーパー春原タイムが繰り広げられるなか
春原の妹、ゆかりん・・・じゃなくて芽衣襲来。
来襲のサブタイが結局バスケを予感させるけどどうなるやら。

CLANNAD -クラナド- 第14話

★CLANNAD -クラナド- 第14話 「Theory of Everything」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

さようならことみちゃん・・・ということでことみ編完結。
いや、全然さよならじゃないですけどね!
留学の件も結局保留というかお流れになった模様?
前回に引き続き誕生日に向けて作業を続ける朋也達。
庭掃除は徹夜や渚達の手伝いでなんとか間に合う。
疲れてる所ことみからもらった本を読もうとした所で寝落ち。
せっかくのことみの本なのに広げたまま寝るなよ・・・。
夢の中でことみとの出会いや
誕生日会をすっぽかした理由が判明、思い出した?
すっぽかしたのは「友達が集まらなくて合わせる顔がない」
子供心的にはかっこ付けた手前かっこが付かなかったからだろうなぁ。
それでも最終的に誤りに来た朋也は偉い、深夜なのに(笑)
そこで書類を燃やしてることみを目撃したわけですな。

目が覚め、目の前に居たのはことみ。
朋也達の真摯な想いに打たれての登場かな。
正直、そんなあっさりかい!と思いましたけど。
どうせなら渚達も集合して朋也がくさい台詞でも言って
ドラマチックに元に戻って欲しかった(笑)
朋也にストレートに好きっていったり
渚達3人の前でも好意は明らかなのに総スルーでワロタ。
杏が椋のライバルが強力だ、とか
当の本人の朋也はもっと照れていいと思うんだ・・・。
友達としてなら態度というかハッキリさせて欲しかった。
なんだか曖昧なまま総スルーは違和感が・・・。

ことみ編はあっさり終わるのかなー
と思ってたら最後に荒波が。
老紳士が持ってきたことみパパのケースの中身はクマのぬいぐるみ。
あれ?論文が入ってたんじゃないの?
と思ったけど飛行機が事故って落ちる前に
論文を捨て手紙とぬいぐるみをケースに残したのか。
その込められた想いとあまりにも美しいメッセージに全俺が泣いた。
風子のラストは清々しさがあったから涙って感じではなかったけど
やっぱり俺は”家族”系の話に弱いなぁ・・・。
世界の美しさを説くバックに朋也達との触れあいが描写されてるのもいい。
確かに辛いことも苦しいこともある。
それでも世界は綺麗なものなんだと伝わってくる描写でした。

次回予告でなんだか春原を久しぶりに見たような・・・。

CLANNAD -クラナド- 第13話

★CLANNAD -クラナド- 第13話 「思い出の庭を」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

朋也が献身的すぎて凄い。
忘れていたことや理由は知りませんが誕生日に行かなかったこと
諸々でことみに対して負い目を感じてるのもありますけど
それプラス朋也の性格上の問題だったとしても
独り立ちのために貯金を切り崩し
学校をサボって(これは常習か)まで
ひたすら実るかどうかもわからない草刈りを
一心不乱にするのはどう見ても好意持ってるようにしか見えないぜ。
椋が朋也のことを好きと知っている杏からみれば
どういう風に映ってるのやら、それは渚や椋も同じだけど。
ことがことだからそれ所じゃないんだろうけどねぇ。
というか貯金があったから前回のハーレム状態でも
財布の紐を持てたのね・・・うん、なんだ。がんばれ朋也。

ことみに関してはまぁ概ねこんなものかなぁ・・・と。
前回の崩れっぷりも正直酷いものだったし
よっぽどのトラウマや精神的にアレなのは予想してた。
両親に嫌い!と言ったまま死に別れるというのはまぁよくある話だけど。
家が燃えるのもいとわず”諸悪の根源”を燃やしたり
その罪滅しと銘打って記事を切り抜き
部屋一面に貼り付け保存しておくなんて病的すぎるしね。
こう根が純粋すぎる分だけ壊れた時は痛々しいものです・・・。

痛々しいといえば今回の杏の空気読めて無さは
杏好きな自分としては見ていて辛かった・・・。
バイクは不慮の事故すぎるし文句を言うのも筋なんだけど
バイオリンを治して貰うのにいくらなんでも無茶振りすぎだ。
ことみのために何かできないことにイライラしてるのはわかるけど
もうちょっと人格者であって欲しかった・・・。
朋也の気遣いをそのまま受け取ったり(また戻ってきたけど)
妙に空気を読んでる部分もあったからそこも違和感。

次回はそろそろことみ編終了ですかねえ・・・。
問題はキャラとして風子のように残って絡んでくるか、だ。

CLANNAD -クラナド- 第12話

★CLANNAD -クラナド- 第12話 「かくされた世界」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

朋也がハーレム過ぎて正直羨ましいんですが(笑)
出番は無いわハブにされたわで春原カワイソス。
ことみに「だーれだ」+「あててんのよ」
コンボを教えた杏ですが自分も塩送ってるがな!
話の流れで杏にも是非やってもらいたかった。
そしてまさかの風子登場に( ゚Д゚)ポカーンでしたよ・・・。
アレ本物の風子ですかね?台詞的に風子は記憶があって
朋也達は一定のキーワードだけは覚えてるように感じたけど。
うん、どうでもいいけど何のために出てきたんだよ(笑)
何はともあれ朋也の財布カワイソス。

幸せな日々はそう長くは続かず前回も片鱗があったトラウマスイッチ。
今回はバスの事故現場を見ることに遂に発動しちゃったなぁ。
ことみの崩れっぷりがマジで痛々しすぎて見るのが辛かった。
その見舞いに行く朋也達、そして朋也がデジャヴ。
あぁ、幼馴染みオチかぁ・・・。
朋也はここまで来れば新聞見る前に察するべきだよね。
事故を見ての反応と老紳士の言葉である程度想像つくし。
老紳士が語った平行世界チックな内容は
OPや謎の機械人形と少女の描写とかに結びつくんだろうな。
つーか、ことみの部屋がお札張ってるみたいに見えて
夕焼け効果と合わさって凄い怖かったよ・・・。

CLANNAD -クラナド- 第11話

★CLANNAD -クラナド- 第11話 「放課後の狂想曲」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

予告でなんでやねんが強調されてたから
もっと凄まじいなんでやねん描写があるのかと思いきや
どう見てもスタッフのお遊びでした。
ことみと杏の絡みっぷりが見てていいわぁ・・・。
魔法少女杏ちゃんの放映はいつですか、是非スピンオフで!
杏は涼のためにあれこれ手回ししてるけど
どう見ても朋也に気があるようにしか見えない件。
演出も手伝って杏かわいいよ杏・・・。
もうちょっと朋也に対して照れを見せてくれれば完璧だな。
あるかわからないけど個別ルートには大いに期待させて貰おう・・・。

前回に続いてことみを中心にした話で
前回、才能を開花(?)させたヴァイオリンのリサイタル開催。
この辺のギャグ描写に抜かりがないのはさすがだぜ、春原・・・(笑)
それはそうと生身の智代が出たのはえらく久しぶりな気がするけど気のせいか。
休みの日に来るかわからない朋也のためにアップルパイ作って待ってたり
朋也に美味しいと言って貰って喜びまくったり脈ありすぎだよ・・・。
風子はどちらかといえば恋愛ルートっぽくなかったし
こう主人公好き好きオーラが出てて見ててニヤニヤしちゃうね。
というかことみちゃん素足なのね・・・ことみちゃんかわいいよ。

と杏可愛いよを繰り返してたら知り合いにどっちやねん!と突っ込まれたという。
ことみちゃんは能登さん補正がだいぶ強いのは否めないかもしれない。
順風そうに見えたことみちゃんの前に不穏な影?
もうちょっと個別ルート続きそうで安心。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。