説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第12話

★(終)H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第12話 「H2O」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

どうでもいいけど最近まで花田十輝なことを知らなかったよ!
あー、それはこの展開に納得せざるを得ない。
俺の中ではゼノグラとsolaとかしましの印象しか無かったので
ついでに関わった作品色々調べてみると、
D.C.S.S.とか神無月とかあってワロタ。
あーあー・・・なんか色々と納得。
でも割と好きな作品ばっかりなんだよな(笑)

死に囚われ全てを拒む時、暗闇と共に閉じられる
開眼してない時点で様態は良くなってないとは思ったけど
ここにきてまさかの幼児退行・・・。
はやみちゃんを完全に「母さん」と思っている状態。
琢磨はそのまま気を失い村長達はどう行動する・・・?
って時におじさんやほたるがタイミング良く駆けつける。
ほたるのあらかじめ警察に連絡するという手際の良い行動吹いた。
えぇー、そんな法的介入で解決するのか・・・。
そして結局は村長逮捕で村には平和が戻りましたとさ。
というか元々村長は悪事を働いてたわけでもないから
この暴走だけで逮捕っていうのはなんだか可哀想な気も。
それなら小日向の時もどうにか出来たんじゃないのか!?

幼児退行していて、はやみちゃんを母と思ってるおかげで
はやみちゃんに懐きまくりの琢磨を見てニヤニヤ。
決して喜べる状況では無いんだけど
ここ2話ぐらいを見てるとこんなのでも癒しが欲しかった。
はやみちゃんの心境はさぞ複雑だろうなーと思ったけど
必要とされてるから嬉しいのかよ!
記憶に残っていようがはやみちゃん自身を見てくれない
最愛の人と一緒に居て、切なくないってことはないんだろうけど
それでも琢磨と一緒に居られる喜びが勝るってことかね。
どうせなら「お母さん、一緒に寝よ〜」という展開が見たかった。

母親と暮らしていた時の環境の方が
幼児退行の治療に良いということで再び東京へ転校。
はやみちゃんも当然それに付き合い村を離れることに。
「life」に乗せてはやみちゃんが村にお別れを告げる演出は良かった。
ほたるとも親友であることを再確認、不覚にも涙腺が・・・。
あの丘での構図は琢磨の時と一緒なんだよなぁ。
はやみちゃんにとってこの2人の存在がどれだけ大きかったことか。
最後は子分A、Bもはやみちゃんに謝って何より。
なのにアイキャッチの「A」「B」扱いは酷い(笑)

Bパートは東京に移っての親子生活メイン。
家賃は弘瀬家ファンドで問題はないけど
食費とかははやみちゃんが働いて稼いでるって所かな?
さすがに新聞配達だけじゃあ2人は養えんよな。
一緒に生活することになっても状況はあまり変わらず。
母と思ってるせいで問答無用で抱きついてきたり嬉し恥ずかしぐらい。
これはこれではやみちゃんにとっては幸せな生活ですね。
ゆい様がツイテじゃなくて4本のドリルに・・・。

そんなこんなの生活描写ばかりで尺が無くなってきたと思ったら
唐突なタイミングで真実を切り出すはやみちゃんに驚いたわ。
後ろに踏切があるからこそ、ここで話したのかもしれないけど
ここで切り出すには脈絡がなく不自然だったなぁ。
跳ねたボールを子供が追いかけた時点で「ああああああ」状態。
緊急事態とはいえ話っぱなしで手を離すなよ・・・。

相乗効果で記憶を取り戻しつつ徐々に開眼。
見えたのは子供を助けようとして踏み切りに入るはやみちゃん。
音羽の助けもあり、遂に琢磨は本当の記憶を取り戻し完全に開眼!
あぁ、なるほど。母もこうやって電車に轢かれたのか。
辛い過去を封印したせいでトラウマとして残り
正常な記憶が抜け落ちてたのね。
あれ?じゃあやっぱり村長はカマ掛けに近かったのか。
小日向のせいで村を追い出されたのは事実で
客観的に事実だけ見るとそれを苦に自殺に見るから、
村長もそういう認識だったのかもしれんけど。

しかし、一歩届かずはやみちゃんは電車の奥に消える・・・。
えええええ!?ここはちゃんと助けるべきだろ!
というか同じことを繰り返してまた救えないんだったら
確実に前より酷いトラウマに陥ると思うんですが・・・。
ゴンドラから見つかった想いを綴った日記帳。
開眼してから村に戻ったこと考えると、どうみても死亡ですね・・・。
想いを伝えられないって言ってるから告白前の日記かな?
好きという言葉では軽すぎる、愛しているという言葉では曖昧すぎる
このフレーズで泣いた。はやみちゃん・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

砂の上の足跡の詩は結局抽象的なものだったなぁ。
原作の話だともっとしっくり来るのかもしれないけど・・・。
しっくり来ないと言えば風車がいまいち強調されてなかったような。
OPでもEDでもあんなに目立ってるからもうちょっと重要だと思ったのに
今回見るとただはやみちゃんが好きだからとか
単に持ってるだけのように見えて。
時は流れみんな大人になりエピローグ。
「FOOTPRINTS IN THE SAND」の歌詞が絶妙でラストにふさわしい。

ほたるは村長になり昔よりしっかりしてるように感じた。
ゆい様、ツイテに戻ったのはいいけど成長してなさ過ぎだろ!
他のみんなが成長してるせいでゆい様がロリキャラに見えるよ。
真紀は断然ショートの方が可愛いと思った。
一番驚いたのははまじとくっついて子供出来てたことだけどな!(笑)
相変わらず女装なはまじですが・・・真紀、なんというかがんばれ。
雪路もちゃんと成長してて良い女に。
アップのカット無かったのが残念でならないね。

成長した琢磨とおじさんは大きな風車をあの丘に立てる。
琢磨はしっかりと前を見ているようで安心はしたけど
トラウマになるだろう・・・って違和感があってなんとも。
そこに1話と同じように猪に追いかけられた音羽登場。
思いっきり縮んでるし記憶は持っているようで転生?
琢磨は音羽の記憶が曖昧みたいだけど。
「精霊会議でお願いするの大変だったんだよ?」
巷で聞く”精霊会議”ってこれかーーー!(笑)
音羽の登場ではやみちゃん復活は想定内だったけどさ!

これはそのまんま復活したっていう認識でOKなのかな?
精霊会議(笑)とか言われてるけど
こういった奇跡の類は、言ってしまえばありがちな展開だし
ご都合主義ハッピーエンドというカテゴリで普通だと思うんだけどな。

ただこの展開で復活は余計だったようには見える(苦笑)
琢磨がまだ何かを引きずってるとすればまた別だったけど
ちゃんと生と死を受け入れ前を見つめてそうだったからなぁ。
生き返らない方が今までの演出や琢磨の成長を考えると
収まりはいいけど、はやみちゃん好きな自分としては
ご都合主義だろうとはやみちゃんが生きていて本当に良かった。
最初っから踏切で救っていれば自然に終われたと思いますけどね!

音羽を呼んだのは誰なんだよ、とか
結局はやみちゃんは人として生き返ったのか、とか
マジカルパワーでの妄想とかじゃないよな?とか
色々と突っ込みたい所はあるものの終りよければ全て良し。
さすが花田十輝脚本だな!今回に関してはそれには同意させて貰う。
やよいっちそれ散ると喩えていて激しく納得した(笑)

とにかく個人的には全然アリな最終回だったな。
何度も言いますが踏切で助けていればもっと良かったけどさ。
さすがゼノグラを楽しめた俺だけはあるな、と自分でも思う。
花田脚本と意外と相性がいいのかもしれない・・・。

はやみちゃんとの生活は幼児退行状態だったし
心から喜べる場面が最後しかなかったのは残念すぎる。
嬉し恥ずかし新婚生活見たかった。DVDで収録されないかな。
原作はどういう経緯で大人はやみちゃんと
いちゃいちゃ生活するのか凄く気になる。
H2O+予約してるけど1ヶ月我慢できるだろうか。
スポンサーサイト

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第11話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第11話 「弘瀬」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

アバンと本編を合わせると
琢磨がトラウマ払拭した時に開眼ってことかな・・・?
そもそも目が見えない理由はアニメで追求されてたっけ?
杖で歩けるってことはそれなりに熟練してるだろうし、
生まれつきってこと?それなら踏切の映像が気になるけど
今となってはこれもイメージかもしれないからなぁ。
アバンの語り&OPが音羽だったのが気がかり。
マジカルにかかればそりゃあ全て丸く収まるかもしれないけどさ(笑)

はやみちゃんは前回に続いてフルボッコ状態。
子分A、Bを挑発してもう自暴自棄だなぁ・・・。
ゆい様がせっかく駆けつけてくれたのに
それを振り払って尻餅突くゆい様がなんだか可哀想だ。

はやみちゃんに謝りに来た琢磨との再会。
そう、冷静になればいいんだ・・・本当はわかってるだろ?
と思ったら火に油を注いだのははやみちゃん自身でした!
まさか想いの通じた男女がフルボッコするとは思わなかったわ(苦笑)
琢磨もはやみちゃんも暴走特急すぎる・・・。
はやみちゃんは寧ろ敢えてそういう態度を取ってるようだから
冷静じゃないのは琢磨なんだけどさ。
二人とも気を失って倒れたのか穂積家に運ばれる二人。
はやみちゃんは眼帯に三角巾に綾波みたいな姿になってるし!
つーことは右手折れてるんですかねこれ・・・。

琢磨の夢の中の踏切の映像が痛々しく重い・・・。
音羽の言うように受け入れないとダメなんだろうねえ。
この何度もリプレイされる映像は見てるこっちも辛いのに
琢磨本人の苦しみと言ったら想像を絶するなぁ。
腕だけの映像とか一瞬でしたがグロに近いし。

そして目覚めた琢磨の目は・・・
予想通り見えなくなってました。
いや、それすらも思い違いだったとはね・・・。

珍しくアイキャッチが空気を読んだけどBGMで台無しのような。

・そして、「H2O」の本当の物語は、ここから始まる。
・この第十一刻を見逃したら、『H2O』に触れた事にはならない。

まさにこの通りだったんだな。
そして「僕が信じた全ての嘘」答えは初めから出てたんだ。
最後の伝言にあるように今まで見えてなかったことを裏付ける描写は
かなり鏤められてたんだね・・・。
それなら2話で誰も目が見えてることに突っ込まなかったのも納得。
時間をわざわざ時計の時刻お知らせで確認したりとか
琢磨が見えてるようなことを言った時のヒロインの反応の違和感。
伏線まとめようと思ったけどスチルにあるし、
「H2Oフラグ」でニコったら良いまとめ動画があるのでこっち推奨。

9話などで琢磨を登校時に一人にしたりとか、
はまじが男性ってのを見て知ったりとか
映像的に見えてないって言い切るのが難しい部分もあって
卑怯な部分もあるけどそれは映像という媒体な以上しょうがないかぁ。
これはある意味叙述トリックっぽさはある。
ZEGAPAINの真実を知った時の絶望感に似てるよね(苦笑)
それと今PV見るとまた違った印象受けるね。

この展開の何が一番辛いって、
琢磨が信じてきたことの殆どが嘘だったということ。
写真に写ってる琢磨の目は閉じたまま、
ノートの字や写生の絵はでたらめ。
ある意味いきなり今の自分を全否定されたようなもの。
これが本当に見えてて突然見えなくなったというのならまだ良かった。
見えていたのが夢オチで見えてなかったのを自覚してれば良かった。
でも悲しいことに琢磨は見えてたという感覚しかないんだね・・・。
そしてヒロイン達が彼を支えてきたという事実。
これを考えて1話から飛ばし飛ばしで見直してみたけど重い、重すぎる。

こんな最悪な状況でクソジジイ(村長)再来。
小日向にうんざりとかはわかるし、
こういう話になるんだろうとは思ってたけどさ。
いくらなんでも喋るなとかは胸くそ悪すぎた。
元々ゴキブリ!とか言われてたとはいえ
このクソジジイの図に乗るなは今までで一番カチンと来た。

画面の切り替わりがほたるの目覚めだったおかげで
一瞬何が現実なのかわからなくなったけど
少なくとも11話は悲しいけど全て現実なんだろうな。
虫の知らせなのか夜中に目覚めるほたる。
はやみちゃんは穗積の家から、村から出ることを決意。
それを聞いた琢磨ははやみちゃんを求めるが・・・。
自暴自棄で自分は何も出来ないとふさぎ込んでる琢磨が(;´Д⊂
「全てが幻だったんじゃないか?」は
ほたるじゃないけどさすがに泣きそうになった・・・。
でもそう思いたくなる気持ちもわかるんだよなぁ。
ほたるのビンタにごめんなさい連呼する琢磨はもう見てれらない。

1人村を出ようとするはやみちゃんの前に子分A、Bの親たち。
うん、こういう展開になるんだとは思ったけどね・・・。
村長が出てきたのは一、村のトップとして暴走しすぎと思うけど。
つーか見津から手を下すんなら最初からやれよ!
このピンチを救ったのはさっきまで地べたにはいつくばって
ごめんなさいを連呼していたまさかの琢磨でした!
え、なにこの超展開、つーかどうやってここまで来た。
「僕が守る!」とか言ってるのはいいけど母・・・さん・・・?
もう色々と狂いすぎてどうなるんだ・・・(;´Д`)

予告だけはなんだか最終回っぽい。
EDにもOPにも出てて
キーワードっぽい風車がどう活かされるか楽しみ。
ただ知り合いの反応を見る限り最終回への不安ががg
いや、もう、ある程度色んな意味で覚悟してるし
展開の想像はしてるんですよ・・・。
こうまでなると強引な解決策が必要だな、って気はするし。
ともあれどんな結末でもはやみちゃんが最後に
笑っていてくれれば満足はしそう、喩えどんな超展開でも!

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第10話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第10話 「小日向」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

10話の時点で既に俺の魂が
フルボッコにぶちのめされたわけですが。
これを視聴した後の衝撃はefの神回達を軽く凌駕してるなぁ。
なまじキャラに感情移入しすぎていたのが最悪だった。
視聴後リアルに体調悪くなって仮眠を取らざるを得なくなったよ!
それは以下、本編感想。

前回ラストは遠い描写だったけど
キスの後のはやみちゃん可愛いよ・・・。
そこに不穏な影でナジェミテルンディス!な村長。
味方かと思ったら全然違いました!
OPはここまで来たらもちろんはやみちゃんverだよね。

どう見ても新婚さんで手料理なはやみちゃん可愛いよ。
カエルの肉を悠々と料理・・・というかカエルを捕獲したり
ネタになったりする食ネタとなるとはやみちゃんは逞しすぎる。
個人的には新妻を否定するカットのはやみちゃんが最強。
何気にツイテをちゃんと後ろから描かれるのは珍しい気がする。
ちゃんとカバンに付けた鈴も確認してほたるもニヤニヤ。
学校に行けば皆から冷やかされる始末。
そしてゆい様www
ゆい様はホントこんな役回りばっかりだな(笑)
村長は何かを知っているようで余裕綽々。
だから、前回もあんな態度だったのね・・・。

休日なのに気を利かせて二人っきりにさせてあげる
おじさんマジ良い人。
つーか、はやみちゃんの私服可愛すぎるよ・・・。
二人っきりだからって掃除ってのはどうかと思うけど、
掃除機や洗濯機などの文明の利器の使い方がわからず
お尻で琢磨押し出したりテンパりまくるはやみちゃん可愛いよ。
お昼には琢磨の好きな厚焼き卵でピクニック。
琢磨の口に合わせた味付けで指もにょもにゅするはやみちゃんかわい(ry

そして琢磨の口から自然に語られる過去。
「お金もない」って所が妙に引っかかるなぁ。
国家権力に繋がりもある由緒正しい名家じゃないのか?
村長が勘違いしてるか没落したのを村長が知らない?
手を繋いでラブラブニヤニヤすぎる二人。
しかし幸せは長く続かず・・・そこに表れたのは村長。
そして告げる小日向家が琢磨の母親を自殺に追い詰めたという事実。
家の中が暗い時期っていうのはこれの直前だったんだろうね。
琢磨ならそれも乗り越えられる・・・と思ったんだけどなぁ。

Bパートの学校パートは微妙な距離感がなんとも言えん(苦笑)
普段と言ってることやはやみちゃんへの態度は変わらないけど
なんとなくぎくしゃくしててほたるはそれに感づいた模様。
おじさんに確認を取ると事実は覆らなそうだ。
弘瀬家は駆け落ちしたから権力を失ったんだろうか・・・?
琢磨の視界が揺らぎはじめどう見ても光を失うフラグです。
家でもおじさんばっかりに話しかけるのに凄い違和感が。
一瞬、はやみちゃんをシカトしてるのかと思ったら
直接話すと「関係ないよ」の一点張り。
ああ、もうこの微妙な空気だけでも
Aパートの幸せの絶頂から比べて胃が痛くなりそうな内容。

転機はある台風の日に。
はやみちゃんが一方的に話してて気のない返事を
琢磨がしてるように見えて辛い・・・。
台風の空を見上げる琢磨は母親がはやみちゃんに連れられ
踏切に飛び込もうとする夢を見る。
そのまま寝ていた琢磨は夢の続きとはいえはやみちゃんを拒絶。
はやみちゃんの「ごめんなさい」に遂に琢磨ブチ切れ。
琢磨は言葉からはやみちゃんと一緒にいたいとは思ってるようだけど
「母さんはもう帰ってこないんだ!!」は絶対言っちゃダメだよなぁ。
はやみちゃんがちょっとしつこかったのは確かにあるけど。
関係ないのかあるのかどっちなのと落ち着け琢磨・・・。

台風の中、飛び出してリボンも捨ててロングに戻すはやみちゃん。
川の氾濫防止の砂袋の前で暴れてる所にゆい様手下登場。
「全て壊してやるわ!」とこっちもタガが外れちゃったくさい。
そして手下からフルボッコのこのシーン。
どこかで見たことがあると思ったら1話のアバンかーー!!
そうだよな、今思えばあのシーンは琢磨の表情が暗かったり
琢磨と出会う前の光景にしては違和感あったもんなぁ。
これで琢磨が光を失うのも確定っと・・・。

1話の時はアバンの詩っぽい語りに何も感じなかったけど
今だからこそ凄く意味深に感じますね。
そして今更だけどサブタイが「砂の上の足跡」。
もっと重要なことに気付いていれば良かった。
公式サイトの11話、12話のあらすじにも使われるほど。

ああああ、そして次回予告がこええええええ。
全てをあの闇の中へ・・・。
鳥肌が!嫌な鳥肌がああ!
>そして、「H2O」の本当の物語は、ここから始まる。
公式サイトのこの煽りが不安で不安で仕方がありません・・・。

今回はAパートの幸せニヤニヤからのBパートへの落差が凄かった。
正直、鬱展開なんていくらでもあると思うけど思い入れが強く、
このカップル、はやみちゃんが好きな自分として辛い展開すぎた。
聞くところによると11話もアレらしいので今から覚悟しないと。
今回でこれだと次回は胃がキリキリってレベルじゃないかもしらんね。
これで最終的にハッピーエンドじゃなかったら
しばらく立ち直れないかもしれない・・・それぐらい衝撃展開でした。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第09話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第09話 「穂積」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

ロゴはほたるだったけど
寧ろ今回ははやみちゃんの回だった気がするんだけどなぁ。
そしてサブタイが関係あるのはアイキャッチぐらいじゃないか?
まぁ、アイキャッチで思いっきり笑わされたけど(笑)

少し前に話が出てたお祭りも近づき
村にはお祭りのために鈴の飾り付けが始まる。
それを見て母の形見である鈴を身につける琢磨。
この鈴がヒロイン達を混乱させるとはつゆ知らず・・・。
鈴を前にしたはやみちゃんとほたるの反応が初々しいというか
お互いに譲っちゃってやっぱりそういう意識はあるのね。
鈴の意味を知らない琢磨は困惑するばかり。
完全に勘違いしたゆい様の赤面&髪の毛ロングは可愛かったな。
自惚れてるのはどう見てもお前だー!(笑)
というかゆい様も琢磨を少なからず意識していたということだよね。
雪路といいCLANNADに負けずハーレムじゃないか。

小日向家の遺恨は未だ大人の間では根強いようで。
はやみちゃんのゴンドラ放火とかヘタしたら山火事だろう。
それだけ怨恨も強いってことだろうなぁ。
そして気付けば村長が味方になってて吹いた。
もうほたると名乗ることを許したあたりで
村長は納得していたんだろうねえ・・・。
どうせなら7話の時にそのやりとりも見たかったなぁ。
それとも口では「勝手にしろ」みたいなことを言ってて
裏でちゃんと小日向家との遺恨はもういいと言ってるんだろうか。
なんというツンデレ村長(えー

寝床を失ったはやみちゃんはおじさんの家で琢磨と一つ屋根の下。
今までずっと風呂が水浴びみたいなもんだったし
お湯に浸かることやシャワー自体が新鮮なんだろうねえ。
子供のように色々興味示すはやみちゃん可愛いよ・・・。
お湯は風呂場によると思うけど本気で危ないと思うんだ。
ウチの風呂もお湯がものっそい熱いので普通に死ねる状態。
すぐさま琢磨の助けを呼んだはやみちゃんは正しいけど
琢磨がお約束のオチすぎる、つーか琢磨熱くないのか(笑)

琢磨と二人きりになり話は琢磨の母親のことに。
ほたるとの会話通り一歩踏み込んだはやみちゃんは
遂に琢磨の口から母親のことを聞き出す。
自殺ってただ亡くなったとかより重いよなぁ。

琢磨を傷つけたと思いほたるに相談するものの
ほたるからは心に触れられたでしょうと後押し。
琢磨もあの丘ではやみちゃんを待つとほたるに伝え
これで正真正銘ほたるルート消滅ですね・・・。
ほたるが浮かない顔をしてたのは失恋のショックだったか。
そしてあの丘で琢磨の告白キター!
ちょっと曖昧で男らしくない告白だったけど
ちゃんとはやみちゃん抱きしめたしキスもしたし許そうじゃないか。
ちくしょう・・・はやみちゃん可愛いよ(そればっかりですね

次回予告はほたる自重過ぎる・・・
でも、ほたる攻めはやみちゃん受けとか見たい気がします(マテ

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第08話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第08話 「音羽」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

今更ですがOPロゴのシルエットが
変わってることに気付きました・・・。
1.はやみ 2.はやみ 3.ほたる 4.はまじ
5.ほたる 6.ゆい様 7.ほたる 8.音羽
かな?こうしてみるとほたるのターンすぎる。

提供から思いっきり吹いたけど
中身は想像以上に別番組でカオスでした・・・。
ああ、予告の血の繋がってないけど兄妹!
とか全部本当の予告だったのか(笑)
妹にはやみちゃん、ほたる、幼馴染みにはまじ
転校生兼敵役にゆい様、そして真紀は背景になった(笑)
音羽は何故か琢磨の許嫁ではやみちゃんとかは全力で認めてるし。
何が面白いかってこのカオスワールドに
意外と冷静な琢磨。妹とか幼馴染みとか分析してる場合か!

このカオスワールドを抜け出すには
琢磨が突っ込みまくって音羽のマジカル☆ステッキに
突っ込みエナジーを溜めなければならないらしい。
ヒロイン達にはハリセンで優しく突っ込むものの
おじさんには全力で突っ込む琢磨ワロタ。
いや、あれはどう考えてもおじさんの自業自得とは思うけど!
「どんな魔法だーよ!」という突っ込みは実に素の小清水っぽかった(笑)
魔法バトルかと思いきや拳と蹴のぶつかり合いでひでぶだし
すごく・・・カオスです・・・

Bパートからは魔法少女マジカル☆おとは始まります。
はちゅねミクってこれかああああ!(笑)
わざわざOP用意したり提供差し替えたり
何より全体的に作画に気合い入りまくりなのが凄いな。
メイド服や音羽の水着であててんのよお風呂は眼福眼福。
カオス脚本はどう見ても作者が病気ですね(褒め言葉

結局は全ては音羽が仕組んだことで
琢磨が自分で歩けるということを確認するための仕掛け。
時ノ音の精霊はみんなの絆を取り戻すと消えゆく運命だけど
最後まで約束の人を心配する・・・というのが今回の話。
安心して帰ることが出来ると確信した音羽は
最後に琢磨とキスをしてお別れを。
これで音羽は退場で@4話あるのかぁ。
残りは根本的な問題の解決をやって欲しいね。
次回サブタイの「穂積」って誰のことかと思ったら
おじさんの性だったのね・・・。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第07話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第07話 「ほたる」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

亡くなったのが実はひなたで
妹であるほたるが演じ続けていたのが今のひなた。
アニメだけでも見てても予想しやすい入れ替わりネタでしたね。
コミックでは早々に「ひなた」が妹を「ほたる」と呼ぶ
回想があったからかなり察しやすいんだけど
これに気付いたのはアニメの何話か前だったという・・・。

サブタイに使われてるし7話序盤で早々にバレ。
ひなた(ほたる)自身が「ひなた」と呼ばれ続けることに
耐えきれなくなり村長に直談判、怒り狂った村長に折檻され
ひなたが亡くなった時のことを思い出させられる。
実の娘の髪を引っ張るとは胸くそ悪いことをしてくれる。
そしてほたるは頭を冷やすようにと外出を禁じられる。

はやみちゃんはそのままツイテモードなのね。
最後の砦のゆい様が「小日向」と呼んだということが大きいのか
他の生徒から話しかけられるようになったはやみちゃん。
お前ら態度裏返しすぎだろうと思うけど
結果的にはやみちゃんが幸せそうだし突っ込まないことにしよう。

しかし、学校に来ないひなた(ほたる)を見て
「やっぱり私に近づくと不幸に」と思い悩む。
「出来ないって思いこんでるだけ」とビシっと
決める琢磨は主人公らしいけど音羽の言葉なんだよな(笑)
でも結果的にこの音羽の台詞を使ったことが大きかった。

カザハネに載せてほたるの葛藤を描くのは反則過ぎると思うんだ。
カザハネがほたるのテーマにしか聞こえなくなったよ・・・。
さすがにこのコンボは涙腺崩壊せざるを得ない。
ネタ(ひなたとほたる)わかってるからそこまで感動するかな
って不安があったんですがこれは演出の勝利だわ。

はやみちゃんの手紙で更に追撃を食らった。
音羽(ひなた)の「出来ないって思いこんでるだけ」を
ほたるは子供の頃にひなたに聞いていて
音羽は琢磨に同じ言葉を言い、琢磨はそれをはやみちゃんに。
こうしてまたはやみちゃんの言葉として
それを伝えられたのを思うと涙が止まりませんでした・・・。

ほたるは遂に名乗り出ることを決意し
学校に出てきてクラスメイトの前でほたると名乗る。
みんな味方だよ!という言葉通りそこにあったのは
ほたると呼ばれ笑顔が輝くほたるでしたとさ・・・。
これは良い最終回だった・・・いや終わってないけど(笑)
それに根本的な問題をまるで解決してないしね。
村長はブッチされすぎだと思うんだ。
浸透したのはクラスメイトだけなのかなぁ・・・?

そのあたりを次回以降見せてくれると思いきや
どう見ても次回は別番組です本当に(ry
魔法少女マジカル☆音羽、始まります!
初めてまともにアニメした予告がこれって(笑)

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第06話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第06話 「ゆい」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ここでゆい様の当番回か?
と思ったらゆい様がはやみちゃんを恨む理由が語られる回でした。
正論ではあるんだけどはやみちゃん自身に罪は無いんだよね。
そのことを分かっているから
最終的に非情になりきれなかったんだろうなぁ。
そして全てを失ったのははやみちゃんも一緒なわけで。
大切なものを失った二人が
月明かりの下一緒に居る構図は切なくなった。

琢磨曰く根は良い子で安心なゆい様でした。
それにしてもはやみちゃんと普通に絡ませると活きるな(笑)
今回ばかりはゴキブリ!もかなりマシに聞こえた。
予告では「小日向」って言ってたし和解していくのかな?
負けず嫌いキャラはやっぱりこういう立ち位置で居るべきだよなー。

ひなたがはやみちゃん側に付くことに決めたとはいえ
いきなりの豹変具合に盛大に吹いた。
寧ろ開き直ってるよこの子・・・。
でも、村長から何のリアクションも無いんだよな。
ひなたが1人突っ走ってるように見えるのは問題だ。

はやみちゃんの家を思わずオンボロと言ったり
ひなたの素はやっぱり黒いんじゃないかと思った。
ひなたはどうでもいいけど
はやみちゃんに笑顔が増えたのは癒されるねぇ・・・。
ロングもいいけどツイテもいい。ゆい様に怒られそうだ。

次回は「ほたる」ということで
ひなたとほたるの関係が明らかに・・・?
というかコミック版で既にこのことを軽く触れられているのを
最近読み返して知りました・・・orz
見逃しとか多くていかんなぁ、後は深く考えなかったり。
まぁ、自分の仮説がほぼ確定だったぽいし何より。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第05話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第05話 「神楽」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

修羅BARへようこそ!からの続き。
でも思ってたより修羅場にならなかったというか
ずっと耐え続けてるせいもありはやみちゃん大人すぎるんだぜ。
結局、はやみちゃんはひなたのことをまだ大切に思ってるから
いざ衝突しちゃうとひなたに譲っちゃうんだろうなぁ。
ひなたのあからさまな先制攻撃っぷりは萎える。
それに流される琢磨にもイラっと・・・。
お爺様のせいなのはわかってるけどビッチにしか見えません。
好きです!って言われるたびにこうもイライラするとは(笑)
神楽が琢磨に拘る理由は単に”名前”だったのね。
琢磨・・・弘瀬家は国家権力にも影響のある名家だったのね。
それでお爺様も琢磨に取り入ろうとした・・・と。

例のごとく音羽と相談しながら
再び自分のすべきことを決断する琢磨。
最後は強引にひなたを連れだしはやみの元に。
前に橋の直前まで強引に引っ張ったことはあったけど
未だに橋の先に行ったことはなかったんだね・・・。
初めて直視した”はやみの日常”に我慢の限界が来た、と。
ちょっとあっさり和解しすぎな気もするけど
凍り付いた友情が氷解していくさまは良かったです。
あっさりに感じるのは未だに根本的な部分を解決してないから。
ただ仲直りしただけじゃ過去の二の舞なんじゃ・・・?
ひなたを連れ出す前にお爺様に直談判するとかさ。
そういう意味では次回どうなってるか怖すぎるな。
でも次回サブタイはゆい様なんだよなぁ・・・(笑)

提供の馬に最後の最後で吹いた。
こっちみんな!
アイキャッチやエンドカードといいこういう所にセンスがあるよね。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第04話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第04話 「はまじ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

前回、あんな終わりだったのにも関わらず
いきなり海に遊びに行くという話になっててポルナレフ。
はやみちゃんハブなのはこのメンツだと仕方ないけど
やっぱり見てて切ないというか
そのことに対して何も感じて無さそうな琢磨に苛立ちが。
と、思ったら途中でフォロー入れてくれて良かった。
誘うには誘ったけど・・・まぁ、ちゃんと空気読めてるね琢磨。
はやみちゃん自身はキスについてあんまり気にして無さげ?
寧ろ琢磨を奪うぐらいの気持ちでお願いします。

というわけで宿、ゆい様提供による海浜への旅行。
そこにはまじの妹である雪路が乱入しての一波乱。
雪路って名前に微妙な拒否反応があるのは
きっと気のせいだよね!どっかの教師のせいじゃないよね!
いきなり森崎君吹っ飛んだー!状態で琢磨南無。
いやまぁ、確かにデレデレしまくってるのも悪い。
雪路の琢磨に対する嫌がらせが始まるけど
子供ながらに純粋に凶悪なものが・・・
真剣とか洒落にならんな。

最終的には琢磨をひなたが呼んでいるという口実で
別の場所に連れて行くことに成功。
場所的にどうみても満潮フラグだと思ったよ(笑)
そして足が吊って溺れてる雪路を自分が泳げないのに
必死に助けようとして好感度UPというありがちな話。
雪路はいじけたり照れたりする仕草が可愛すぎるな。
しかも加藤英美里さんとな。この先出番あるのかなぁ。
雪路を助け自分も溺れた琢磨に人工呼吸したのははまじ。
ちゃんとした作法を知ってないとダメなのはわかるけどさ
ここは流れ的にひなたが率先してやろうとするべきだろう。
琢磨の前だけ気のある態度を取ってるように見えて
ひなたがどんどん黒く見えてくる(笑)

結局気になって海に来るはやみちゃん萌え。
普通に考えたら虐げられるのが真っ先に思いつきそうだけど
それよりも琢磨に会いたいという想いが勝ったということですね。
琢磨に聞きたいこと・・・いきなりドストレートに聞くのか!?
って所でひなたが登場して修羅BARへようこそ!という引き。

次回は「神楽」ということで
そのあたりの村の仕来りなんかも語られるといいなぁ。
予告はネタ過ぎた、本編共々琢磨はリアクション良いな(笑)
はまじが男の子なのを知らなかったのは結局琢磨だけなのね・・・。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第03話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第03話 「ひなた」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ずっとひなたのターン!
ひなたが腹黒にしか見えない件について。
このあからさますぎる行動はさすがにアレだわぁ・・・。
琢磨の家まで迎えに行き一緒に登校だけならまだしも
手を握って露骨に誘惑しようとしたりとか・・・。
琢磨のことをなんだかんだで楽しみに待っていて
挨拶の練習をしているはやみちゃんが可愛すぎた。

学校に行けばなおさらはやみちゃんへの風当たりを利用して
更に露骨にひなたが積極的なのは孔明にしか見えん。
運命の人とか言ったり今回ラストにキスまでしましたよ?
いやまぁ、立場的に村長から強いられ
脅迫概念に取り付かれてるのはわかるんだけど
それでもこうまで露骨だとひなたの株が下がりまくりです・・・。
アイキャッチが本当の顔なんじゃないかと思えてくる(笑)

はやみちゃんが虐げられてる理由は
「村長の娘(ひなた)と仲良くしてた」
と回想ではなってたけどそれだけじゃないよな・・・?
小日向家自体が没落したのにも理由がありそう。
村人が放火まで行ってたのはさすがに驚いた。
村八分で追いやられてるとはいえ今生きてるのが不思議なぐらい。

ひなたは妹について語っていたけど
妙に「ひなたは」と強調するところにデジャブ感じた。
良くある双子や姉妹の入れ替わりモノかなぁ・・・。
1話で音羽が「ひなたちゃん?」に応えてたし
何より二人とも「約束」や「運命」の人と言ってるし。
村長の反応からすると村自体への重要なカギにも感じる。
それと「こひなた」と「ひなた」あたりも関連性があるのやら。

次回予告のはやみちゃんは
放送禁止用語連呼自重すぎる(笑)

片翼のイカロスが気付いたかなり気に入ってて
今期の主題歌では一番好きかもしれない・・・。
次点はOPEDしか見てないけどみなみけおかわりあたりかな。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第02話

★H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第02話 「はやみ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

開眼したことに誰も突っ込みなしかよ!?
総スルー過ぎて吹いたけどきっと仕様なんだろう・・・。
既に説明が終わってるかそれ自体が奇跡のようなもので
開眼がみんなに違和感なく受け入れられる配慮か。
前者ならちょこっとだけでも触れて欲しかったなぁ。

今回は村の案内がメインだったけど
開眼した後で良かったね・・・。
吊り橋の向こうに鬼が住んでいるってだけでピンと来たけど
やっぱりはやみちゃんの家かぁ。
コミック版ではその辺描かれてなかったしここまで酷い扱いだとは(苦笑)
水浴び覗きはお約束だけど開眼後なので眼福ですね。

1話の時点でも酷いなぁと思ってたけど今回もイジメが陰湿。
いや、村全体や大人までそういう雰囲気だから村八分と言うべきか。
とにかく「ゴキブリ」呼ばわりが一番見ていて腹立つわ。
男共は勿論いらいらするけどひぐらしとかの村八分と違って
ヒロインこぞってはやみちゃんに対してそういう態度なのが
見ていてなんとも言えないイライラを与えてくれるなぁ。
特にゆい、キャラ的に嫌いじゃないけどゴキブリ発言は表に出ろ。
まぁ、周りの状況お構いなしにはやみちゃんを
一方的に庇う琢磨も空気読めない男にしか見えないんだけどね。
それでもトイレの水を被ったはやみちゃんを抱きしめるシーンは
琢磨良くやった!と言わざるを得ない。
行動時代はとても崇高的で褒められたものなんだけどなぁ。
小さな村というのは難しいものだよね。

風車を作る話はやっぱりあったけど
一緒に作ることになる照れるギブアンドテイクの過程や
一度壊された後もう一度一緒に作って
想いを深める描写が無かったのは残念だ。

H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第01話

★(新)H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜 第01話 「琢磨」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

エロゲ原作なので例のごとく原作未プレイなんですが
同じメーカーで絶賛発売延期中の「サクラノ詩」繋がりで
名前は知っていて一定以上の興味はあるゲームでした。コミック版は読了。

コミック版を読んでいたので
ヒロインのはやみちゃんを取り巻く環境を知っていたものの
いきなり男子からグーパンチはおろか一方的な暴力を振るわれる描写には驚いたわ。
まさか1話のアバンからこんな痛々しさを見せつけられるとはおもわなんだね・・・。
村八分と言えば最近で言えばひぐらしの沙都子なんかも良い例なんだけど
さすがに可愛い子がグーパンチ以上にボッコボコにされてるのは珍しい(苦笑)
始まる直前まで知らなかったんだけど主人公の琢磨は小清水亜美さんなんだね。
少年ボイスってどうなのよ?って思ったけど聞いてみると意外といける。
1話の最初でもう慣れてしまって不安要素なくなって何よりです。
OPは好きな部類、歌はゆいにゃん。それより提供なんすかコレ(笑)
DVDCMも何故か英語のDJ風(?)で吹いた。

原作は未プレイなので感想はコミック版と比較して。
基本的には琢磨が転向してくるところが始まるのは一緒だけど
はやみちゃんとの出会いが違ったり音羽と既に会ってたり。
しかしひなたちゃんの尻をまさぐりまくりなのは変わらないな(笑)
二人とも早々に琢磨に触られての照れ顔・・・ごちそうさまでした。
ひなたちゃんに至ってはパンモロで1話にして尻な印象が(マテ
そういやCMを2回挟んだけど毎回3パート構成なのかな・・・?

1話は主に琢磨を取り巻く環境、はやみちゃんの現状把握がメインなんだけど
原作の話は知らないにしてもまさか1話でいきなり開眼するとは思わなかった。
台詞からして目が見えてるってことだよな・・・?
てっきりストーリーの後半で目が見えるようになるのかなーと思ってただけに意外。
それとも原作も音羽の言ったとおり少しの時間視力が回復し
その間に何かをこなしていくような形で漫画だけが特殊なんでしょうか。
風車を協力して2人で作る話とか好きだったんだけどなぁ。
EDにあの風車は登場してるしどう話に絡んでくるのかな・・・。
ひなたちゃんが「弘瀬さま」と呼んだり音羽が「約束の人」と呼んだり。
琢磨自身もこの村と何か関わりを感じさせられて
今後の展開が気になるね。良い1話でした。

予告はほんわかギャグムードでこういう雰囲気は大事にしたい・・・
なんとなく根底にあるような話は暗い影があるしなぁ・・・。
アニメスピリッツやエンドカードの絵のデフォルメイラストが和む。
でも謎の提供は自重してくれ(笑)
サブタイがキャラ名だとどうしてもスクライドが思い浮かぶ俺アルター使い。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。