説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PERSONA -trinity soul- 第26話

★(終)PERSONA -trinity soul- 第26話 「浮上する未来」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やはりあの映像はありえたかもしれない未来。
ペルソナが無かった場合の未来像の1つだったかぁ。
前回、戌井がつけたのは発信器(込み?)じゃなくて爆弾だったのね。
結局最後の見せ場は空振りに終わってその後は出番無し。
話自体は慎が解決にもっていくという
想像通りの無難なラストだったけど様々な謎が残った。

まずエピローグの時間が短すぎて事後どうなったのが不明すぎる。
わかるのは少なくとも洵は生きていて成長しているのと
慎が大学へ進学して家を出ることになったことぐらい。
他のキャラの描写が全然無いのでどうなったのやら。
せめて諒が生きているのかどうかぐらい知りたかったよ。
とっくに消滅してるもんだと思ってたけど
エピローグ前のシーンでは肉体があったように見えたしなぁ。

そして結局「くじら」とそれにまつわる事象はなんだったのか?
諒の目的が全てのペルソナの消滅は理解できるけど
最終的に慎に荷担した理由がわからない。
ああすることによってペルソナが消滅したのかも不明だし。
「くじらのはね」の存在とかも考えると
「くじら」というのは抽象的な狭間の存在として
ずっとそこに存在していたものなんだろうけど。

何はともあれせめてもう1話ぐらいは欲しかった。
事件解決に1話、エピローグに1話ぐらいで・・・。
超展開な急展開すぎて駆け足にしか見えなかったから
もう少し余裕を持ってなんとかならなかったものか。
それぞれの事象の結びつきの説明とかも皆無だから
削れる部分はかなり多かったと思うんだけどな。

「ペルソナ3」をプレイしてたらまた感想は違うんでしょうか。
見ていてずっと思っていたのは概念を理解しておかないと
やっぱり色々わかりづらかったなー、と思いました。
スポンサーサイト

PERSONA -trinity soul- 第25話

★PERSONA -trinity soul- 第25話 「謂れなき喪失」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

慎もくじらの元に・・・?
最終話直前でなんだかカオスなことになってきました。
街中がくじらのはねで覆われて
真田の前には本物かわかりませんが諒も登場。
慎は砂浜から忽然と姿を消してしまいました。

戌井は最初っからそういう作戦だったようで安心。
戌井が取り付けたのは発信器か何かだろうか・・・。
無気力症になったはずの楢崎さんは
反応をしていたけど元に戻った・・・?
町中では心が他人と入れ替わる現象が発生していて
これをどう収拾付けるか楽しみだな。

慎の見たもしかしたらありえたかもしれない
未来を見て泣いた・・・。

PERSONA -trinity soul- 第24話

★PERSONA -trinity soul- 第24話 「贖罪の楔」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いきなり回想シーンで現実か空想かわからなかったけど
これが「10年前の真実」ということでいいのかな?
同時多発無気力症の原因はやはりというかなんというか
アヤネが関わっており小松原が意図したものかは不明。
驚いたのはここで慎と諒のペルソナが目覚めていたことだな。
慎の記憶が欠けている理由は自分のペルソナが
両親に止めを刺したと思っていることで深く傷つき
小松原の療法により記憶を封じることで明るさを取り戻した、と。
あの串刺しの粘土細工はその時の光景だったのか。
諒が事情通だったのも両親から直接話を聞き
その死を目の当たりにしていたからかー。

様々な真実は明らかになったものの
予告を見るとあまり物語が進展しそうにないな。
次回も今回同様お話メインになりそうだ。
問題はアヤネの行動と諒や洵なんだよな・・・。

PERSONA -trinity soul- 第23話

★PERSONA -trinity soul- 第23話 「絆を抱いて」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あぁ、そういえば叶鳴の正体を知っているのは
まだめぐみだけだったんですね・・・。
てっきり慎とかもあの場で知ったと思いこんでたよ。
最終的に警察の介入で事件は一件解決したように。
バイオロイドの実験の成果を回収とか
上層部の方がよっぽど真っ黒に見えるよ・・・。
戌井はこっそり叶鳴の心配をしてたりと完全に
寝返ったわけではなさそうだけど単に情が移っただけかな。

めぐみと拓朗から後押しされ
叶鳴を探し出して最期の時まで一緒に居る流れは良かった。
切なすぎるのが眠りについた時にやっと
慎が事情を知ることになったことだけど。
叶鳴にとっては最期まで1人の人間として慎の前に居られて
その方が幸せだったのかもしれないけどね。
雪降る中寄り添う2人はどうしても冬ソナが(ry

九條の影はないけどアヤネの影はあり。
事件はまだ終わっていないということか・・・。
それとも残りは謎をアヤネと共に解き明かして終了?
決戦が前回で終わりていうのはちょっと拍子抜けだ。
3話もあるんでどう転ぶかはまだわからないけど。

PERSONA -trinity soul- 第22話

★PERSONA -trinity soul- 第22話 「依り代」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

直前で真田達は動けなくなり
結局は慎、拓朗、めぐみの子供達だけで決戦へ。
両親のしてきたことの報いを受けていると
落ち込む慎を励ましペルソナを出して決意を固めて
決戦へ赴く描写は良かったなぁ。
拓朗、地味に制御できるようになってるし。

叶鳴の正体は人間ですら無かったとは・・・。
サイボーグのような存在だとしても
相変わらず九條はオーバーテクノロジーすぎるな。
OSという単語は単に人形扱いをしているだけと思ったら
本当に記憶や人格というOSをインストールされてただけなのか。
というかそういった存在でもペルソナを使役できるんだな。
それともペルソナとはまた違った似非のような物?

九條が起きアヤネが姿を現し最終決戦ムード。
思ったよりもあっさり決着が付いたのは拍子抜け。
決着、ついたんだよな・・・?
次回予告見る限りすっ飛ばしてるように思えるけど。
予告だけ見ると今回に続き再び叶鳴のターンっぽい。

それよりも洵がどうなったのかとか
九條を吸収したと思われるアヤネはどうなったのかとか
結局くじらとはなんだったのか、とか投げっぱなしな件。
予告が最終回っぽかったけど26話終了なんですよねぇ。
まだ九條&アヤネとの決戦は終わってない・・・?
どう転がるのが全然予想できなくなってきた。

PERSONA -trinity soul- 第21話

★PERSONA -trinity soul- 第21話 「残刻」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

強制発現でもやはり出ない洵(結祈)のペルソナ。
結祈に危害が加えられずとりあえずは一安心だけど
彼女がマレビトに捉えられたのは昭彦の作戦のうちだったとは。
当然、慎の反感を買いまくりお約束の修正してやるー!だけど
この作戦自体も結祈が提案し昭彦が最後の手段として
考えていたものだったとは・・・。
ともかくこれで本拠地は特定出来そうなので
そろそろ決戦ムードといったところでしょうか。

ここまできて楢崎さんが無気力症で戦線離脱とか切なすぎる。
しかもその原因がことある毎に絡んでた叶鳴というのがね。
叶鳴自身は今の人格が植え付けられた人格?
マレビト達は九條が自分の実験のために施設を設立し
そこにいた子供達がそのまま組織になってるようで
叶鳴も元はその施設に居たということかな?

さすがに終盤だけあって様々なことが一気に判明して
なかなか理解が追いついていかないな・・・。
とりあえず九條復活で決戦ムードなんだろうけど
洵と諒が放置プレイすぎるな。
叶鳴の話あたりから解決かな・・・?

PERSONA -trinity soul- 第20話

★PERSONA -trinity soul- 第20話 「おもいで」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっぱりアヤネが何かした時に結祈になってたのね。
いきなり諒が出てきて何事かと思ったけど
アレは精神世界みたいなもので洵もそこにいるのだろうか。
アヤネの言葉を借りるなら”くじら”の側?
統馬とかも同じようなことになってるんでしょうか。

今回の調査で神郷の両親が小松原が所属していた
複合ペルソナ研究のメンバーであることが判明。
”くじらのはね”自体は母親が拾い
それを結祈に託したみたいだけど・・・。
それを元に絵本を描いたりしたのね。
最初から密接に関係がありこのことを諒は知っていた?
だからこそなんとか巻き込まれないように
自分1人で色々背負っちゃったのかーと色々納得。

最後に物語は急展開で前々から洵に狙いを付けてた
マレビトが行動開始、叶鳴も怪しいと思ってたけどやはりかぁ。
どういう形で利用されているかはわかりませんけど
予告の洵、叶鳴、沙季の3人のカットが気になるな。
結祈だけじゃあペルソナが出せないと知るとどうなるやら。
また結局九條が目覚めないと意味無いんだろうしなぁ。

PERSONA -trinity soul- 第19話

★PERSONA -trinity soul- 第19話 「帰還者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず問答無用で
脈絡とかぶっ飛ばしてくれるアニメだな!
結局、洵は正常に戻ったという認識でいいのか?
なんだか違和感は感じるけども・・・。

今回はめぐみ同様家族の話になると暗かった
拓朗の家族についての話。
父親が蒸発したのはさておき問題は姿形。
精神と肉体が同一でない現象が広まってるらしく
富山湾を初めとして確実に何か起こってる模様。
マレビトがこの自体をどう見てるかは
今回出番が皆無だったので不明ですね。

アヤネの言っていることや次回予告は
相変わらず抽象的すぎて真意をが読み取れないけど
”くじら”のはねが関係してるのは間違いなさそう。
そもそも神郷兄弟の両親が作った絵本の話が
何故こうやって様々な現象を引き起こしているかですよねぇ。

PERSONA -trinity soul- 第18話

★PERSONA -trinity soul- 第18話 「沈む夢」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いきなり能登さんボイスきたー。
くっ、また可愛げのないキャラで・・・orz
というか今まであの少女って喋ったこと無かったっけか。
ペルソナ3で能登キャラは居たけど
それと関係あるってことはさすがに無いよね。

慎はあの少女に真実を見せられているということ?
でも諒のアレは事故に近いんだし真実とは言い難い。
あのような見せ方は敵意を感じますね。
様々な人の目の前に現れているけど
これだけ干渉してきたのは今回がアニメの中では初めて。
真意が図りかねますね。

旬はいきなりイメージ変わったというか
無愛想すぎる子に・・・。
かと思いきや・・・結祈?
洵の願いというのは入れ替わりじゃないだろうな・・・。

PERSONA -trinity soul- 第17話

★PERSONA -trinity soul- 第17話 「風の里にて」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

めぐみの家族との確執は主に母親とのもので
今の母親とは血が繋がっていなく
両親の血を継いだ弟が居たけど事故で死去。
ヒステリーになったママンが「なんでアンタじゃなかった」
発言もすりゃあめぐみもこんな態度になりますな。
H2Oの時も思ったけどこの手の発言は全否定だからなぁ(苦笑)
ましてや血が繋がって無くても親から発せられた言葉。
どういう形であれば心に深く傷が残りますよ・・・。

今回は殆どこの話だけで終わってしまった。
めぐみはペルソナをあんな昔から抱えていて
発現した状況や行動から恐怖心を抱いてたから
頑なに拓朗にペルソナを使うことを反対してたんだねえ。
これで彼女も戦う決心を・・・かな?

叶鳴に話をしてないのは戌井の台詞からみるとたまたまか。
叶鳴は慎に好意持ってるなーとは思うけど
どうも胡散臭さが抜けないんだよなぁ。

PERSONA -trinity soul- 第16話

★PERSONA -trinity soul- 第16話 「解放の子と治癒の聖霊」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

さすが話と話の間が飛びまくるペルソナ!
気付いたら昭彦と伊藤さんが完全に共闘体制だし
なんだかんだいって慎達が戦うことになるというね。
そうならなければ話は進まないけどさ!
昭彦が言っていた「前例」とは自分たちのことかな?

そもそも子供が発現するモノなんだから
戦いに巻き込まれるのは必然だよなぁ・・・。
慎の言う「諒はもっと兄弟を頼って欲しかった」は最もだ。
でもその実、諒の巻き込みたくないという気持ちも理解してたり
長年会ってなかった兄弟ということで最後まで不器用すぎた。
このままお別れってのも切なすぎるから
諒本人が生きているのがベストなんでしょうが・・・。
映子殺してる時点でバッドしか見えないかもしれませんが。

一時は断った拓朗ですが
彼の性格上やってくれると思っていたよ!
相変わらずペルソナ制御できてないけれど
拓朗が居なければ今頃慎がどうなっていたことやら。
なんだかんだいってめぐみや洵も参戦。
洵はおかげでケガをするハメになりましたが。
この流れでその話題になると暗い顔をしていた
めぐみの両親の話に持って行くのかな。

知らされていないであろう叶鳴が現れたのが非常に怪しい。
楢崎を襲ったのは叶鳴じゃあるまいな・・・。

PERSONA -trinity soul- 第15話

★PERSONA -trinity soul- 第15話 「明日を閉ざすもの」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

昭彦がフリーダムすぎて吹いた。
慎の突っ込み遅いよ!遅すぎるよ!
不法侵入されたあげく家の冷蔵庫や台所は漁られ、
挙げ句水が新鮮じゃないと説教されてるのに
慎は寛大というかズレすぎだな(笑)
洵はどうしてたのかと思ったら寝てただけ?

昭彦の口から現状判明している事実を慎や洵に語られる。
これで危惧してた知らぬ間に巻き込まれる自体は回避したわけだ。
寮の方でも戌井がめぐみと拓朗に似た内容を説明。
叶鳴に伝えなかったのは何か意図があるか危険を感じたからか?
決断は彼ら次第という自発的な行動を推進。
とはいってもマレビトは特に慎と洵を狙ってるわけだから
否が応でも巻き込まれていくんでしょうけどね・・・。

諒はそうならないために昭彦に対しても最低限の協力関係。
慎達に家から出て行けとの態度。
そして薬を投与してまでの前線での活躍。
伊藤さんも家族を亡くしてるようだから
諒の気持ちも良くわかるんだろうなぁ。
慎の言葉を制したのはそういう意味があったんだろう。

それでも主人公達が立ち上がらなければ前に進まないわけで
そういった意味では伊藤さんの立場がなんだか不安に。
真っ先に死んでいきそうなキャラだよな・・・。

PERSONA -trinity soul- 第14話

★PERSONA -trinity soul- 第14話 「狭間の彷徨」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず話をすっ飛ばしてくれるのがペルソナクオリティ。
今考えたら予告の時点でそれは気付くべきだった。
なんで雪降る回の次の回がかき氷やねん、と・・・。
そんなことよりも最大のショックだったのは
我らのペルノが死んだことだ!(笑)
今回からはFLOWの歌になりましたとさ・・・。
まぁ、これはこれでさすがFLOWなだけあって安定はしてる。
でもやっぱりペルノがずっと続くと思ってただけに
この空虚な気持ちはなんなんだろう・・・!
ついでにEDもシュールなバケツから変更。

話は諒の事件から過ぎ夏に。
事件は映子は死亡、諒は失踪という結末に。
今まで名前が判明しなかった電話の男こと
真田昭彦の姿や名前が登場し
実質、諒の居た位置についたりとコトは着実に動いてる。
調べてみるとこの人物はペルソナ3のキャラのようで。
他にペルソナ3から登場するキャラも出てくるのかな?
今回は慎と多少接触、次回は本格的に接触するみたいで
諒がしていたことは少しは伝わるのかな?

マレビトのメンバーの1人が町中で大々的に暴走し
そこにちょうど慎達、マレビトメンバー、戌井と昭彦の姿。
暴走したペルソナに止めを刺したのはなんと諒・・・。
なかなかカオスな状態になって面白くなってきたな。
普通に考えたらあの諒は本物ではないんだろう。
くじらのはね関係か九條の仕業か・・・。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。