説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2007/09/27の日記

AT-X大勝利!!

>9月27日(木)21:30 および 10月1日(月)24:30
>
>→ 第12話(最終話)を放送


オーバーフローざまあwwwww
何通かメール頂いてやっぱり皆動向を注目してるんだなー、と思いました。
時間的に微妙になったのは辛いな。
ムシウタの手前だから感想が面倒なことになりそう・・・。


ま、そんなことはおいといて(マテ

今週のサンデー(ハヤテのごとく!)
若干ネタバレアリ







ニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤ・・・
バイト先でチェックしてたんですが
その後、思い出すたびに顔のニヤけが止まらず
同僚から酷く不審な目で見られたことでしょう(ぉ

ああああああなんだこれはぁぁああ!!
確かに、誕生日だしまだ咲夜のターンは終了してないぜ!とは思ってました。
そしてハヤテともう1つぐらい親密になるエピソードあるんじゃなかなー
と期待してました、半分ぐらい
いつも扱い酷いからあんまり期待してると裏切られるんだよぅ!

と思ってたら斜め上に良い意味で畑先生は俺を裏切りまくってくれましたよ?
咲夜と言えば”ちっちゃいお姉ちゃん”キャラなんですが(私的に
まさか・・・まさか・・・ここに来て妹キャラとな!?
ハヤテに対して好意を抱いてる節は前々からあったんですが
憧れであった”お兄ちゃん”のような存在として好意を抱いてるのなら激しく納得。
”ハヤテ”と呼び始めたのも最近だけどすぐ”自分”に戻ったり
やっぱり本人もなんて呼ぼうか悩んでたんですなー、
可愛いところあるじゃないか(笑)
ましてや好意があるもんだから・・・この微妙な乙女心!
キングオブ天然ジゴロなハヤテがそんな些細な乙女心に気付くわけもなく。
咲夜はよく突っ込んだ!

さすがに「ハヤテお兄ちゃん」は直球(あざとい)なんですが
この一言に、まだ幼さは残るものの姉弟や友達では一番年上で発育も良く
自称お姉ちゃんと言うだけあって一歩大人な彼女が
その実、年相応の甘えたい、女性と女の子の狭間が表れてると思うんですよ。
咲夜自身の魅力自体もこの曖昧な年頃だと思ってますので
今回のエピソードはまんま俺のストライクゾーン過ぎる・・・。

と、出来るだけ冷静に書いてみたものの
未だにニヤけが止まらないぐらいヤバイ状態なんですけどね!(えー
咲夜可愛いよ咲夜だけで感想を埋めてもいいぐらいのテンションだヒャッハー
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1040-9185cc73

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99