説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

かみちゃまかりん 第26話

★(終)かみちゃまかりん 第26話 「時空の迷い子たち」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

今更OPの写真解禁したけどあんまりネタバレじゃなくね?

まぁ、やっぱりこういうご都合主義な無難なEDになるよね。
その点を差し引いても戦闘に緊迫感無さ過ぎなのは残念だった。
そもそも戦闘がメインじゃないんだろうけどさ・・・。
ずっと烏丸桐彦のターン!なのに花鈴本人狙わないしさ。
杖ばっかり狙ったり和音君と話してる間に攻撃しろよ!
って突っ込みは少女漫画には無粋だろうか。
ミッチーがなんで無事だったのかも謎だしなぁ・・・。
ミッチーの指輪使って逆転ってのは王道で良かったんだけども。

結局花鈴は和音君=九条教授の妻で神化研究のおかげで
子供の姿で烏丸桐彦の魔の手から逃れることが出来た、と。
変なフェードアウトでEDに行って
え?え?と思ってたらエピローグ合って良かった。
まぁ、ここで再会するのがハッピーエンドだよねぇ。

最後まで見て1話見ると多少は話わかるけど
1話冒頭は「chu」の話なんだよね?
今までの鈴音と和音君が一緒に居た描写は何とか
神化している和音君とミッチーともう1人は誰とか
和佐が最後まで放置プレイされててカワイソスとか
謎を残しつつも全体的に無難な仕上がりだったかなぁ。
良くも悪くも原作やchuを売るアニメですな。
chuだけなら刊行数少ないから手を出してみるかなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1044-3a0c60c2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99