説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

天元突破グレンラガン 第27話

★(終)天元突破グレンラガン 第27話 「天の光は全て星」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ああ、遂にグレンラガンが終わってしまった・・・。
ということで最終回。

裸ニアを颯爽と助けるシモンテラGガン。
ダサカッコイイの頂点を行ってるんだけど
シモンの裸が妙に気になって(ry
遂にグレンラガンが最終進化。
全員の語りとタイトルロゴに合わせて
「天元突破グレンラガン」の名乗りが最高に熱すぎて鳥肌立った。
規模がゲッターとかイデオンとかをも超越してるんじゃないか?
イデオンはイデの力があるし、ゲッターはエンペラーが
”合体=ビッグバン、サイズ=太陽系”というタメ張れる設定だけど。
そしてロージェノムが仮初めの身体で肉体復活!
ロージェノムとニア、ヴィラルの会話があって泣きそうに。

アンチスパイラルも天元突破と同じ形態になりラストバトル開始。
この向かい合う構図でグラヴィオンツヴァイのラスト思い出したよ。
この部分の動画が巨体で動き回りすぎて凄いな。
宇宙が地面化してたり銀河掴めるのは突っ込んだら負けですよね?
アンチスパイラルにもアンチスパイラルなりの事情というか
信念がありここにきてキャラがちゃんと立ってきたのは良かった。
ジョジョのオラオラばりの猛攻、中の人の演技がキテるわ。
二機の膨大エネルギーが時空転移システムに干渉し
地球がアンチスパイラルの射程範囲に。
今までは地球と遠く離れてたからアレだけど
これで地球を守るための底力という王道展開ですよ。

俺の嫁は宇宙一スイングやら確率変動弾やらで
徐々にアンチスパイラルにダメージを与えるも向こうも本気。
ビッグバン並のエネルギーをグレンラガンに。
っていうかこれ銀河の1つや2つ軽く壊れるんじゃないか!?
宇宙を守るアンチスパイラルが何してるんだよ(笑)
いや、寧ろそのエネルギーで同時に銀河を生成してるからいいのか?
インフィニティとかビッグバンとか
攻撃後の台詞とかスパロボのラスボスにしか見えないぜ。

地球の激励→空色デイズ→シモン「まだだ!」
が熱すぎて遂にここで涙腺崩壊。
俺は熱すぎると涙が出る人なんですよね・・・。
そしてここでもロージェノム大活躍だぜ!
まさか再びラゼンガンを見ることになるとはね。
ここにきてロージェノムが良いキャラすぎるんですけど。
わざと量子分解され螺旋力と化してグレンラガンに注入。
だが、想いはロージェノムも一緒。
螺旋力で溢れるグレンラガンはどう見ても真ゲッターだな(笑)

倒れて行った者の願いと後から続く者の希望
「二つの想いを二重螺旋に織り込んで 明日へと続く道を掘る」
「それが天元突破!それがグレンラガン!」
俺のドリルは天を創るドリルだああああ!
この台詞の格好良さと直後に空色デイズのサビに突入した
最高の演出のおかげで思いっきり泣いてしまったじゃないか。
熱すぎるなんて言葉ですら安っぽく感じるほどの魂。
更に天元突破から超銀河、アーク、グレンラガンと突き進む力!
最後はラガンになりカミナと最初に決めた必殺技、ラガンインパクト!
これで泣くなっていう方が無理だわ・・・。
アンチスパイラルも最後は螺旋属に宇宙を託して消滅。
最後のシモンとアンチスパイラルのやりとりも良かった。

地球に帰ってきてやっとシモンとニアが結ばれる時が・・・
・・・・・わかっていたんですけどね。
シモンがアンチスパイラルとの戦いに絶対勝つ!
と決意した時から既にニアの身体は消えかかってましたから。
決意していたとはいえ二人とも笑顔で別れられて幸せだっただろうね。
螺旋力を使って蘇らせる→それはダメ→あれ?ロージェノム・・・
とか突っ込んじゃ無粋だよな。
ギミーにコアドリルを託して”ただの穴掘りシモン”に戻って去るシモン。
シモンの背中が格好良すぎる・・・。
え?っていうか1話のアレに繋がるんじゃないのか!?
そしてEDに・・・。

最後に20年後のエピローグ。
声の変更に突っ込む気はないけどリーロン若杉ワロタ。
ヨーコが老けすぎてて泣いた・・・ヨーコだけじゃないが。
顔の下だけも映して欲しくなかったよ。
シモンは21歳だったから41歳、まぁこんなもんかぁ。
つかナレーションの声=老けたシモン
つまりは最初っからシモンが語り部だったことに震えた。
シモンは左目に螺旋力を秘めてこの物語を語り継いで行くんだろうね。
最初見た時はエピローグが余分かな?と思ったけど
見直してみるとこのラストはこのラストで良いな・・・。

まとめ。
ロボットアニメとして近年まれに見る殿堂入りのTVAだった。
笑いあり涙あり熱血、バトル、考案あり。
そしてガイナならではの演出やパロディ。
物語の壮大さを2クールに綺麗にまとめたスタッフGJと言わざるを得ない。
ここまで切なくて泣き感動して泣き熱くて泣いたアニメは久しぶり。
ホントにいろいろな要素を持ち合わせたアニメだったなぁ・・・。
これぞまさにスーパーロボットの集大成!
最終を見終えた後は絶賛の言葉しか出ませんわ。
このまま行けば間違いなく今年ブッチ切りNo.1
近年のロボットアニメ・・・普通のアニメに絞ってもトップに入る出来。
細かく突っ込みたいところは色々あるけど
そんな全てを吹っ飛ばしてくれるようなまっすぐな作品でした。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1047-5432b346

コメント

天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」
PING:
BLOG NAME
ニア??。+゚(゚´Д`゚)゚+。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99