説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

バッカーノ! 第10話

★バッカーノ! 第10話 「チェスワフ・メイエルは不死者の影に怯え策略をめぐらす」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

やはりラッドのキレっぷりは最高だな。
チェス君を銃殺する時の表情や理由
シャーネと対峙した時の「これはもはや愛だ!」で爆笑。
藤原さん名演過ぎる。やはりこの手のキャラがよく似合います。
ある意味チェスというよりシャーネの当番回だったような。
ヒューイとシャーネの関係がクローズアップされたことで
今まで地味だったヒューイのキャラが立ってきて
黒服集団の裏切りフラグ立ったな。
黒服の目論見はこれで崩壊するだろうし
この列車には”レイルトレーサー”もいるから解決の糸口は見えてきた。

ジャグジー一味(というかジャグジーとニース)
は出番こそ少なかったけどニースの反応で今回一番印象に残った(笑)

一方別視点ではフィーロとアイザックとの出会いのその後。
そういやエニスとの出会いも全部この日の出来事だったのね・・・。
奇しくも不死者の酒を手に入れそれを尾行するエニス。
フィーロが不死者になるのはこの直後なのかな・・・?

ガンドールはテラ子安、それ以上でもそれ以下でも!
現在この3視点がメインになってるってことでOKかな。
改めて再確認してみました。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1063-0f1bb641

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99