説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

バッカーノ! 第11話

★バッカーノ! 第11話 「シャーネ・ラフォレットは二人の怪人を前に沈黙する」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

また書いてる最中にフリーズ・・・orz
最近動画をフルスクリーンで再生したらフリーズ→青画面多発する。
やっぱグラボがダメっぽいな・・・。

クレアの紳士っぷりが素敵すぎる11話。
今更なんですがバッカーノ!の登場キャラはどれも魅力的ですよねぇ。
その魅力的なキャラをオサレ雰囲気で紹介したOPを再評価ですよ。
前回はラッドが目立ってたけど今回はクレアのターン!
シャーネを庇ったりチェス君拷問したり、
ラッドとの戦闘は本格的じゃないけど身のこなしがすげえ・・・。
でも相変わらず拷問と戦闘の時間軸をシャッフルする意味はないと思う。

一方1930サイドはセラードとマイザーが対峙したり
フィーロがエニス押し倒したり(マテ と徐々に進展中。
次回サブタイ通りフィーロとガンドール兄弟が大ピンチなので
ここが不死者になるエピソードなんだろうなぁ。

1930サイドはともかく列車内は無駄に時系列が混乱しすぎ。
ジャグジーが食堂車を制圧(笑)した時の時間軸と
クレア VS ラッドが同じ時間軸なんだよな?
クレアがチェス君発見→拷問はこれのちょっと前ってことでOKなのかな。

今回はアイザックとミリアが空気で残念でした・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1071-d05ac4ec

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99