説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

バッカーノ! 第13話

★(終)バッカーノ! 第13話 「不死者もそうでない者もひとしなみに人生を謳歌する」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

今更だけどイブがダラスの行方を捜してガンドールにたどり着いたのは
1932の出来事だったんですね・・・。
年号が出るには出るけど完全に頭に入ってないし
見落としてるときや忘れてるときも多いのがなぁ。
これがこんなにシャッフルしなかったらまだ覚えられたんですが。
前半はキャラの名前と顔の一致と性格掴むのに苦労したし。
でも、1932の必要性があまりなかったような気がするのは気のせい?
実質イブがダラス探してただけの話だし。
それぐらいバッカーノ!にとって重要なキャラなのかもしれませんが。
ガンドールや新聞社の出番を増やしたかったのかなぁ・・・。

1930。
不死者になってたおかげであっさり解決。
最後にデレエニスが見れて満足ですよ・・・。
まさにヒューヒューと言いたくなる気持ちもわかる。

1931も残ってた決着がジャグジーぐらいだったのであっさりと。
グースの火炎放射器のオチは前回コケたので見え見えだったしね。
ジャグジーが爆弾持ってる時点で爆発オチになるわけだし。
最終的に多くの人物が交錯し、時間的にも一番割合の多かったこの年号。
最終的には1930の出来事が綺麗に繋がって実質のEDがこれですね。
エピローグとしていきなり2001に飛んだときはびっくりしたけど
それよりも2001までアイザックとミリアが
不死者と気付いていなかったことに驚きだ(笑)
なんで1930のあの場に居て気付かないんだ・・・さすがバカップル、素敵すぎる。

全体的にキャラの魅力が素晴らしくて
未読の自分もキャラ達に引き込まれるような演出やキャラ立ちは素晴らしい。
特にお気に入りなのはクレア、ラッド、泥棒カップル。
女性キャラはどのキャラもそれなりの魅力がありますしねー。
フィーロやガンドール兄弟はちょっと印象が薄すぎたかな。
登場人物殆どに好感が持てるっていうのも凄いもんです。
その多くのキャラを出したいがためにシャッフル構成になったと思うけど
これが成功したかどうかは賛否両論だと思う。
じっくり見て飲み込みが早い人はシャッフルで十分理解できると思うけど
さらっと見てる俺のような人には分かりづらい場面も多々・・・。
それをキャラの魅力で補ってるけどもう少し分かりやすい構成ならなー
というのが残念な点ですねえ・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1091-734c729d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99