説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ef - a tale of memories. 第04話

★ef - a tale of memories. 第04話 「honesty」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずの演出褒めはさておき
今回は今までで一番普通にラブコメしてたんじゃないかな?
みやみや(みやこ)が居るとやっぱりそういう要素が強くなる。
手をナチュラルに握ったり妙にローアングルや
唇を強調したアングルが多かったりと
ここにきてみやみやの可愛さが輝きすぎなんですが・・・!
つーか今回はみやみやを初めとしてアングルが神懸かってる(笑)
まぁミズキのアングルがベストショットだけど。
言ってることがなかなか電波チックなのも気にならないぜ!
料理やちょっと余裕のある上からの視線の口調がたまらないです。
あぁ、こういうタイプは俺が好きなタイプだったと今更。

景は色々と地雷踏みすぎ。
というかみやみやが修羅場フラグ立てすぎ(笑)
こういうキャラは嫌いじゃないし広野とくっついて欲しいような関係だけど
景に対する主人公は京介なんだよなぁ・・・。
京介は盗撮まがいの好意からどうやって関係を持っていくか楽しみですが。
今回からEDが景に変わったとはいえ
約束はブッチされ好意を持っているであろう
広野の家に女の子と二人っきりとか不遇すぎるね・・・。

千尋のいきなりのブチ切れにも冷静に対処する蓮治。
だがいきなりキスしていい?は予想外すぎたぞ。
千尋も千尋で怒ってたクセにまんざらでもないのかよ!
突然押し寄せる大津波、千尋の手、ダイナミックな蓮治の抱きかかえ。
なんという過剰演出、シリアスなシーンなのに爆笑。
千尋の荒れてる心情を表した演出とBGMも印象的なシーンだったな。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1108-c05f40e0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99