説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ひぐらしのなく頃に解 第19話

★ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっとこさ真の祭囃し編が始まった!
羽入が転向してくるところからスタートして
あれ?ループ云々の設定や梨花ちゃまの反応は?
と思ったけどちゃんと設定自体は生きてたのね。
鷹野を犯人だと覚えるために痛みに耐えて死を受け入れた梨花。
その願いも叶わず、結果的に忘れていた悔しさをもっと表現して欲しかったかな。
確か原作の羽入視点でのそれが印象的だった気がするし。
頭の角について突っ込み入るのってもうちょっと先だっけ?
今回は本人からさらっと「羽入」とは何かを説明。
まー、正直設定云々より話の流れが大切なのであんまり関係無いんですが(笑)

日常パートは相も変わらず。
○○編スタートの時と同じように部活絡みがメイン。
あれ、この世界は詩音が部活メンバーじゃなかったんだっけ?
もう細かいところは完全に忘れてるな・・・。
24話までとすれば残り5話で実質○○編1つ解決させるんだから
今までと尺は大して変わらなそうだな・・・。
ということはやっぱりちょっとカットが残念な部分が出てきそう。

今回はひっさしぶりに赤坂見れたのは満足だわ。
今までアニメでは完全に空気だったから
赤坂の活躍っぷりを見てアニメ視聴組はどう思うんだろうなぁ。
原作でもこんなに活躍するのは祭囃し編のみだけど
赤坂が梨花ちゃんを救う・・・という想いが
全編を通して祭囃しに集約してると読めるから問題ないんだよね。
赤坂の操作といい野村の裏での行動といいきな臭さが漂って参りました。
勘のいい人なら「終末作戦」の意味にもう気付くはずだなぁ・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1109-db58d003

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99