説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ひぐらしのなく頃に解 第22話

★ひぐらしのなく頃に解 第22話 祭囃し編 其の九 「攻防」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いきなりトミー吹いたwww
アニメで見て原作でもちょwって思ったことを思い出しましたよ・・・。
というわけで21〜22話の間で一瞬で捉えられるトミーカワイソス。
原作でも「やってやるぜ!」→「アッー!」という感じで笑えたんだけど
アニメ版は描写すらされなくてトミーのネタっぷりが凄い笑える。
その他にもイリーが崖から転落とかも見ててそういえばあったなー、と。
そういやこういう経緯で園崎家に集まり
最終的な圭一達の戦いの舞台は移っていくんだな、と思い出した。

とりあえず、今回何よりも言いたいのが・・・

……間に合った……!」きたああああああああああ!!



・・・なんだけどやっぱり予想通り「you -destructive」は流れませんでしたとさ。
それは想定の範囲内だからまだいい・・・!
BGMが無音なのもまだ許せる・・・だがしかし。
給料いくらだ」と小此木との会話をばっさり削ったのだけは許せねえヽ(`Д´)ノ
ノベルゲーは性質上、文章で演出を表現できるのが強みで
このシーンは効果音といい文字効果といい笑いと盛り上がりが最高にクライマックスでした。
アニメでそれをそのままやるのは難しいから
その威力はまさに徹甲弾」を削られる覚悟はしてたんだけど
赤坂の名台詞である「給料いくらだ」を削ったのだけは納得できないなー。
それに赤坂と小此木は暇潰し編での因縁あり。
まぁ、アニメ版ではその暇潰し編で小此木が居なかった気がするけどな!
因縁無いにしろ「俺は山狗の小此木だ!」からの流れはカットすべきじゃなかったな。
これ表現してくれればBGM無くても満足したんだけどなぁ。

それと小此木の心理描写が皆無なせいで
小此木含めて山狗がマジで噛ませ犬にしか見えないぜ・・・。
赤坂がどれだけ後悔しどれだけ苦労したかも
赤坂のカケラ紡ぎが欠けてるから伝わってこないんだよなぁ。
空手云々もノータッチすぎるじゃないか・・・。
これじゃあアニメから見た人は赤坂がいきなり超人かしたように見えないか不安だ。

あまりにも残念すぎたので今回ばっかりはニコニコから紹介しよう(苦笑)
といっても直接は色々アレなので「原作厨の為のひぐらしのなく頃に解
で検索すれば幸せになれるかもしれません、出来ればお早めに。

残念すぎるとはいえ個人的にはひぐらしで最も盛り上がった場面だったので
それなりには燃え上がりましたけどねー、ということでこの評価。
というか今回は原作プレイした人は誰しも同じ感想を抱くに違いない。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1138-9bc8ffb5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99