説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

機動戦士ガンダム00 第13話

★機動戦士ガンダム00 第13話 「聖者の帰還」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

OP変わってねえ!Σ(゚Д゚)
やっぱり次週からだったか・・・。
でも今回は意外と節目って感じはしなかったからしっくりこない。
というわけでこの介入の解決編。

今回は刹那がいつも以上に生身で動き回っていたけど
刹那が出歩くときは毎回アクシデントに巻き込まれて無防備としか思えないな(笑)
刹那の気配を悟ったグラハムは実は凄い人なのか・・・。
グラハムが情報を漏らしたのは意図的?
ガンダムのパイロットと気付いてるとは思えないけど何か感じるものがあったのかね。
でもこの情報を元に行動しちゃえばグラハムの思うつぼな気もするな。
あの少年=ガンダムのパイロットと判断する材料が増えた。
まぁ、スメラギさんの作戦のおかげで最終的にはグラハム達をも手玉に取りましたけど。
エクシアに乗り込んだ時にスーツ着てなかったのに
気付いたらスーツ着てるのは仕様だったっけか。

結局例のごとくCBの作戦は成功し、保守派のトップを救出し
改革派トップのマリナの元に引き合わせ結果的に戦争根絶に繋がる行為。
刹那がしきりに「今度こそガンダムに」と言っているのは
ガンダム=救世主のような意味合いでなのかねえ。
確かに武装を持たず攻撃を食らっても手を出さず戦争根絶のために行動する
ガンダムの姿は一種の神々しさは感じるけどね。
マリナがナチュラルに刹那の名前を叫んだのは軽い仕返しですか?(笑)
つーか、あんな場所で生身で居るといつ暗殺されてもおかしくないような。

今回も沙慈とルイスとママンとチャイナが心のオアシスです。
エンドカードにルイスを持ってきたスタッフは空気読みすぎだろ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1182-f0822f86

コメント

違いますよー。
話数とタイトル前回のですよー。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99