説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ef - a tale of memories. 第12話

★(終)ef - a tale of memories. 第12話 「love/dream」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

構成は予想通り前回の続きの蓮治と千尋の話とエピローグ。

OPが日本語で驚いたけどちゃんと映像も変わってるんだね。
実に最後らしい想いの繋がりを感じるシーンが追加。
作中の文字演出でも追求されてましたが
OPの「euphoric field」は「幸せな場所」という意味だったんですね。
最後を日本語の歌詞を持ってきたのはOPのタイトルの関連性も含め
efという物語が伝えたかったことの総まとめという印象でした。

蓮治の荒れっぷりがかなり痛々しい・・・
前にも何度か荒れてる時はあったけど今度は本当に底辺という感じ。
しかしそこからの復帰の速さもさすが蓮治君(笑)
千尋の捨てた日記の断片を見た時に
千尋の痛々しく切ない想いが伝わってき蓮治復活。
街中駆けめぐって紙片を集めるとは・・・。
でもせっかく持って行った千尋が実は記憶残ってましたって
蓮治君乙すぎるね・・・まぁ、そういうオチだと思ったけどさ。
好きな人のことを13時間で綺麗サッパリ忘れられるなら苦労しないよね。
まぁ、蓮治が必死に記憶のカケラを集めてきてくれたからこそ
千尋の想いが揺らいだんだと思いますがねー。

後半は雨宮優子を中心に物語の総まとめとエピローグ。
それぞれのカップルが見つけた夢、生き方、通じた想い。
その後どうなりどう生きていくのかという理想的なエピローグですね。
正直もっとぶった切るような終わり方を予想していたので
予告でも強調されていた「想い」がちゃんと伝わってきて良かった。
EDが原作OPのリミックスっていうのも憎い演出ですねえ・・・。
最後は雨宮優子と火村夕が再会して終了、綺麗な終わりでした。

最初はただのエロゲ原作アニメだなーという認識で
演出が独特だなーぐらいしか思ってなかったんですが
自分が大好きな修羅場展開、加速していく超演出に気付けばハマってました。
アニメ自体の終わりがかなり綺麗に終わってるし
原作ゲームや後編がとても気になる終わりだったので
販促アニメとしてかなり成功の部類に入るんじゃないかなぁ・・・。
後編が出たらプレイしてみようか迷います。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1187-ac4f40a2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99