説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

レンタルマギカ 第13話-第24話

★レンタルマギカ 第13話 「入信儀式」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

OPが日本語に戻った・・・。

今回は穂波とアディが出会った時の話。
おさな穂波が可愛すぎるんですが・・・てかずっと魔女ルックだったのね。
穂波とアディは学院の首席を争うような関係だったのは既知ですが
穂波がこんなにおちこぼれだとは思わなかったなぁ。
よく考えれば社長に妖精眼が宿ったあの幼き日に決意したわけで
一からの勉強だった穂波と既に教養があったアディでは雲泥の差だよね。
穂波ががんばれるのは社長のためであり
アディと今の互いを認めたライバル関係になったという話でしたとさ。

穂波はもうちょっと社長に優しくしないと好感度稼げないと思うぞっ!
せめて社長の前で照れを見せてくれないと・・・
いやまぁ、そんな穂波を視聴者としては好きなわけですが。

今回穂波大活躍!と思いきや予告がアディになってる・・・orz


★レンタルマギカ 第14話 「星のキオク」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

今回の話よりこの後に自分が聞いた「縁起物CD
の猫屋敷さんの方が印象に残ってしまった・・・。

それはさておき今回はそんな猫屋敷さんの当番回。
穂波やアディはともかく猫屋敷さんやまなみは登場にムラありすぎ。
幽霊だけに今回はホントに空気だったよまなみ・・・。
いつもと違った陰陽道同士のバトルで
なおかつ妖精眼の介入が無いガチバトル。
あれ・・・こっちの方が面白いんですけど。
普段あんまり無い疾走感がかなりあったし
男同士の魔術バトルってのも地味に貴重だな。
猫屋敷さん格好良すぎるよ・・・。
上記のCDでイメージ崩れまくったけどさ(笑)

というか穂波とアディも空気過ぎた今回。
みかんが猫屋敷と密接な間柄にあるのは意外だった。
みかんが何故あんな状況だったかも明かされていくんでしょうか。


★レンタルマギカ 第15話 「人魚の伝説」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

とても季節外れな水着回!
なんか妙に作画に気合いが入っててキャラが生き生きしてる。
分かっては居たけど社長、よりどりみどりすぎ。
穂波もアディもあからさまな水着着てるから
まなみの水着なんかもおとなしく感じるねえ。
というかみんなスタイル良くて健康的で性欲を持てあまします、ハイ。
ロリ分はみかんで補給できるしね!
猫屋敷さんはギャグキャラが板に付きすぎてとりあえずふんどし自重。
穂波とアディの争いは毎度毎度愉快ですね<褒め言葉

シリアスというか戦闘パートはまなみの出番だった。
連続して妖精眼に頼らないのはワンパターン回避にいいけど
これはこれで社長何もしてないじゃん!っていう。
というかまなみが社長よりも呪波汚染の知識が
すらすらーと出てきて笑った。
次回予告の講座も今回はまなみだったし
本当に社長は勉強不足だな(笑)


★レンタルマギカ 第16話 「赤い槍」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

前回から大幅に飛んで今度は雪が振っている・・・。
最近、短編ばっかりだから時系列気にしてなかったけど
確認してみると星のキオクの前後の話っぽいな、今回。
前回の水着回は時系列で言うと温泉の前で結構前。
前半は分かりづらいシャッフル構成が嫌だったけど
公式で業務日誌としてまとめてくれるし
構成的な問題が減ったり短編挟んでるおかげで気にならなくなってきた。
それにしても公式のキャプ画はセンス良すぎ(笑)
穂波のうなじをチョイスしたのは最高すぎる・・・。

話を今回に戻して
今回はアストラルの契約社員である新キャラ隻蓮登場。
OPに居たいかにも武闘派っぽいキャラですな。
確かに猫屋敷さんの言うように変人というか濃いキャラだけど
猫屋敷さんは自分のことを棚に上げ過ぎと思いますよ!
社長が高校生、社員が女子高生に小学生に幽霊
十分、隻蓮に対抗できる集まりだと思う(笑)

隻蓮について武術の修行をすることになった社長。
見守る献身的な穂波が見られただけで満足です。
弁当は実は自分が作ったんだけど恥ずかしくて(ry
とか勝手に妄想しておきますよ!(マテ
だがまなみが強敵だ・・・今回はメイド服ですよ。
山ごもりの社長のためにわざわざハーブティーを持ってきたり。
「(メイド服)変かな?」は反則だと思います、似合いますとも!
そして飛んでる時に間違いなくパンツ見えると思うんだ・・・。

隻蓮が社長を放置して消えた所で図ったように呪波汚染発生。
まぁ、言動と猫屋敷さんとの会話で察せられるよね。
隻蓮の修行のせいかや火事場の馬鹿力的なもので健闘。
「妖精眼」は社長に自分を使うように囁くが社長はこれを拒否
というより半ば利用して敵を撃破!

ま た パ ン チ か

それよりも人間とも思えない社長の動きが素敵すぎる。
もはや武術とか超越してるけど現実じゃないから、と解釈しておこう。

隻蓮が伝えたかったのは「妖精眼と共にあれ」ということ。
確かに今まではピンチ→妖精眼のワンパターンだったけど
実際魔術も武術も出来ない社長が出来るのはそれだけだもんなぁ。
今までは仕方ないけど安易に使ってた感があったけど
今回で社長の心構えも変わって少しは違って見えるかな?

次回予告に穂波が戻ってきたけど
きっと交代交代なんだろうなー。


★レンタルマギカ 第17話 「魔神の反乱」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

なにこのずっとアディのターン。
穂波の登場が一瞬過ぎて俺涙目・・・。
16話はやはり14話の後で時間軸はOK。
今回はある程度社長が修練してるから
16話よりもう少し後の話かな?

社長は自分の言動が如何にアディに影響を与えてるか
いい加減自覚した方がいい(笑)
「側にいる」という言葉だけで誤解されかねないよな。
でも社長的には誰が本命なんだろうか。
そういう所もヘタレてるのが社長らしいといえばらしいけど。
穂波好きな俺ですが社長の言葉で
照れまくりなアディを見てニヤニヤすぎる。
挙げ句に社長の唇を・・・アッー!!
血液を口移しということは常識的に考えてフレンチではないよな?(笑)
あぁ、このことを穂波が知ったらどうなるやら。

それにしても社長が一気に強くなっててワロタ。
少なくとも自衛以上の力は手に入れた気がする。
妖精眼と共に!と意識した瞬間オーラを纏いましたが
アレは妖精眼の力と五行拳の複合で自身にブーストかけてるのか?
それなら前回の素敵な動きや今回の強さも納得できるけど。


★レンタルマギカ 第18話 「ソロモンの絆」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

デジャブというか間違って前の話見てるのかと・・・。
17話の裏話とはいえまるっきり同じ部分は
もうちょっと削ってもいいんじゃないかなぁ。
というわけで前回、社長を訪ねたりしてたダフネと
意味ありげな反応をしていた隻蓮の裏話。

今まで普通に登場していたダフネというキャラですが
やっとこさどういう存在なのか掘り下げられましたね。
まさかアディの腹違いの姉だったとは・・・。
確かに今でこそ成熟した姿で面影も薄いけど
白髪灰眼でもクライヴ達に言い寄られた時なんかは
まるっきりアディにそっくりだとは思いました。
そりゃあのアディと同じなんだからモテモテになるよな(笑)
隻蓮のちょっとした言動にどぎまぎしたり
性格もアディに似ているところがありそうだ。

今回はゲーティア元首領のオズワルド氏が
何故あんな禁忌を犯したのかも判明。
全てはガラがそそのかしたことにより崩れていったのね。
ガラはオピオンというタブーをも気にしない結社に関係があるようで。
魔法になったガラに今回トドメをさせなかったので
オピオン共に今後も出番がありそうだな。


★レンタルマギカ 第19話 「巫女の故郷」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

巫女といえばみかん!
というわけで今回はみかんの故郷のお話。
やっと「代用品じゃない」という伏線が明らかに?
その伏線を復習させてくれる構成は優しいな。
まぁ、それなりに話数経ってますからねえ・・・。
みかんと猫屋敷は葛城の家に用事でしばらくお出かけ。
アストラルは社長穂波まなみだけになり実質休業状態。
穂波はせっかく社長と二人っきりになれるチャンスなのに!
汗を拭いたりポイント高そうな行動は取っていたけど
アディみたいな良い意味で直球の行動が無いから
絵的に全然アピールになってないのが悲しい・・・。

「代用品」という扱いやら
みかんの”祭りが終わったら”という反応から察するに
生け贄か何かに使われるんだろうなー
と思ってたら案の定人柱でした。
伏線は次期当主であり姉である葛城香の
”代用品”じゃないという意味かな?
香が居ないと祭りは行えないので
香は猫屋敷に自分を誘拐して欲しいと依頼。
これが猫屋敷が姿を消した理由だったのね。
みかんのためを思っての行動だろうけど
監禁されてたら報われねえ・・・。

穂波のまともな戦闘シーンがあったのは久しぶりな気がするね。
これなんてマクロスミサイル?
というかロボットモノばりな動きだったな(笑)
雑魚複数にスピード感ある見せ方はやっぱりコレだね。
社長だけホウキにまたがって辰巳放置かよ!?と思ったけどさ!
戦闘シーンは徐々に良くなってきてるから
今度まともに妖精眼を使った時の演出が楽しみ。

次回予告は”みかん”すぎる。


★レンタルマギカ 第20話 「鬼の祭り」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

どうやら原作から大幅に改悪されてるらしいけど
原作を読んでない自分は気にならなかったなぁ。
アニメ的に不自然になる要素をカットして
尺を短縮してるから違和感あれば問題ですけど。
ただアニメだけ見てる身としても
いつものレンタルマギカだなーという感想しか抱かなかった。
原作ではかなり重要な長編らしいので
そこのところはちょっと残念。
まぁ、今後のアニメでする話に必要なことだけ
拾っていけば間違いではないよなぁとも思うけど。

というわけで鬼の祭完結。
珍しくずっと戦闘メインの話でしたね。
いつも以上に穂波が1人でがんばってた気がするけど
良いところは全部アディが持って行っちゃうのね(笑)
珍しく猫屋敷さんの活躍もなかったし
穂波のずっとやどりぎのターン!だった。
妖精眼での指示も全部穂波当てだし。
演出的には今までと大差無くもうしょうがないのかもなぁ。
演出はともかくいい加減隻蓮の回想はいらないと思うんだ。

当主の婆さんがみかんのことをちゃんと考えてたり
アストラルっぽさを感じられるラストはじーんと来た。
EDの入り方といい、ああ暖かいな、と・・・。
そういえばリアルの季節にリンクしてるんですねこの話。


★レンタルマギカ 第21話 「白と黒のドレス」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

アディが結婚と言い始めたあたりで出オチだなー
と思ってたら社長じゃなくて穂波が相手なのは予想外(笑)
穂波の反応がかなり淡泊なのが切なかった・・・。
といっても魔術的な意味合いを納得してるから
あの反応は当然と言えば当然なんだけど
穂波には全体的に照れが足りないと思うんだ。
あ、そういえば制服穂波を見たのは久しぶりな気がする。

無駄に妖精眼モードな社長ワラタ。
なんだ、今回はギャグ回か!
二人の結婚ということで百合な妄想しか浮かばない俺。
二人とも攻めと見せかけて実は攻められると弱そうとか
でもどちらか攻め選ぶとすれば穂波だろう佳奈様的に考えてとか
妖精眼モードの社長が二人を攻めて3(ry
なんと妄想の止まらないシュチエーションだこと・・・。
サブタイのドレスはそれぞれ白がアディ黒が穂波になったけど
逆のverも絵的に見たかったなぁ・・・想像でも良かったのに。

二人ともドレス姿を社長に見せたいのね(笑)
女の子してる二人は輝いてるなぁ・・・。
次回予告といいわかってはいたけど社長モテモテで殺意が。
結局はアディの気持ちの整理が付かず儀式は行われず。
穂波も社長のこと好きならためらってもいいと思うんだけど
これだと穂波が一歩引いたように見えるなぁ・・・。
回想もアディの社長想い出尽くしだしつくづく不憫だねぇ。

アカペラverの「歩いていこう。」の挿入から
二人の花嫁を社長が連れ出すシーンは
指輪を放り投げるシーンも含めて良かったなぁ。
オチ担当になった社長は哀れだけど。
でも挿入歌の「歩いていこう。」→EDまで間がなさ過ぎるんだぜ?
EDはアストラルのみなさんverだったけどさ。
良いシーンだったのに同じ曲が立て続けに流れたので笑ってしまった。


★レンタルマギカ 第22話 「眠れる街」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

19話からOPが再び「Faith」に代わりアレ?
と思ってたら今回から三度めの「宇宙に咲く」にチェンジ。
おそらくこの長編で完結だろうし最後までこれで行くのかな。

いきなりおごらされてる社長可哀想です・・・。
穂波好きな自分としてはやっぱり社長x穂波なんだよなぁ。
というわけでアディとのデートは正直あんまり面白くない(笑)
ここぞとばかりアピールするアディめ・・・可愛いじゃないか。
穂波のことに超鈍感な社長でもさすがに目の前の
アディを意識はするらしく・・・穂波カワイソス。

そんな二人の前に現れたフィンという青年。
というかOPで対立してるのがバレバレすぎるからなぁ。
せめてああいう構図じゃなければ
「お、やっとOPのキャラ出てきた」ぐらいの感想だったのに。
社長やアディの前では正体を見せず
社長がアストラルの社長ということで興味を抱きアストラルに。
そこで初めて教会からの使者であることを名乗る。
どうやら穂波とイギリス時代師弟の関係だったらしく浅からぬ縁。
穂波自信もフィンのことになるとどぎまぎした様子。
こ、これは凄く面白くない状況だな・・・。

フィンは社長に心得を伝えるけど
どうせ敵なんだろうと思ったら案の定罠でした!
穂波も巧みに言葉で誘導されて・・\(^o^)/オワタ
「社長の目が治る」ということで周りが見えなくなってるのは、
妖精眼になったのは自分のせいという
負い目があるからわかるんだけどあまりにもなぁ・・・。
隻蓮は相変わらず良いタイミングで現れますね。
竜の封印や眼帯は全部フィンの仕業なんだろうなぁ。
果たして彼の目的は・・・と気になるところで次回に。


★レンタルマギカ 第23話 「取り替え児(チェンジリング)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

サブタイのチェンジリングとはなんぞや?と
思ったらフィンのことだったのね。
取り替えと聞けばピンと来ないけど、
日本風に言うと神隠しで違う世界を
見てきた存在と説明されて納得。
妖精眼もそのときの産物のようで彼も妖精眼もち。
穂波はこのことを知ってた上での弟子入りだったのねえ。
フィンの目的はアディの感じたことが正しいならば
ただ純粋に弟子である穂波の願いを叶えたいだけか?
穂波にとってはこの儀式は危険なようですが
フィンにとって願いが叶えばそんなことどうでもいいんだろうな。
純粋が故に冷酷というか目的のために手段を選ばないというか。

フィンと再び相まみえたアディ。
さすがのアディ詠唱無しのケルト魔術には分が悪い。
駆けつけた隻蓮は瞬殺、あれだけ強い隻蓮が・・・。
アディはこの土壇場で「この心だけはいつきのもの」
なんていいやがりましたよ?
事実上のプロポーズだよなぁ・・・これ。
その頃穂波はタブーを犯してまでの空回り。
あぁ、やっぱ全快の想像通り面白くない状態になってるな!

次回で最終回。
アストラルがこの騒動をもみ消せるかどうかより(笑)
個人的にはやっぱり穂波がどうなるか気になりますね。


★(終)レンタルマギカ 第24話 「アストラル」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

最終回定番のOPカット。
代わりに「宇宙に咲く 〜弾き語りVersion〜」に
乗せてのアバンが物語を盛り上げる。

竜を隻蓮、みかん、まなみで食い止めたり、
アディのアスモダイ喚起や穂波の秘術など
盛り上がる場面は多々あったんだけど、
最終的にはやっぱり全部社長が持って行っちゃったな(笑)

妖精眼が敵に回った時の凶悪さは異常。
さすがに意志に背くような命令はできないとは思うけど、
フィンの言いなり状態な穂波はフィンの命令通り動く動く。
状況を打破するには穂波の目が覚めるしかないんだろうけど
これで正気になるならタブー全開なほど暴走するなよ・・・。
まぁ、愛するいっちゃんのお言葉だからこそだろうけど(笑)
この部分だけ見ると変わり身の速さはなんだか。
それでも穂波が好きなんですけどねえ・・・。

社長復活後の妖精眼対決は燃える・・・んだけど、
いつもの指示による猫屋敷、アディの攻撃はあっさり防がれて
どう見ても社長側に寝返ったであろう穂波を後ろにして
何も警戒しなかったフィンの態度とか。
結局社長パンチで決まってしまうあたりが
物足りないと言わざるを得ない。
アスモダイや穂波の秘術だって出番皆無だったし。
隻蓮達だって殆ど何もしてないじゃないか・・・。
もうちょっと尺があればじっくり戦闘描けたんじゃないかなぁ。

フィンの繋がりはオピオンということで納得。
でも彼の言葉や社長、穂波の感想から考えると
彼の言っていた穂波の願いを叶えるというのは真実なんだろう。
純粋が故に居心地の良さだけでオピオンに属してると言った所?
タブーを犯した(そうになった?)穂波をはじめとして。
アストラルのみなさんにどんな制裁があるのかと思ったら黙認。
この処遇はいまいち納得がいかない。(大団円だけどね)
フィンにかき回されたのは承知だからの処置なんだろうけど。
穂波が何もお咎め無しとか他のみんなに
もうちょっとかける言葉があっても良かったと思う。

最後に竜に「アストラル」と名付けるのは予想通りだったけど
二人とも赤面していたのは二人の傷の象徴でもある竜に
アストラルという名前を付け共に歩んで行く・・・
とかそういう解釈でいいのかしら。
EDが普通だったし魔術教室もあったし
これで最終回と思えない終わりだった。
三輪先生はただの猫屋敷にとかいってたけど
まさか声当ててたのは諏訪部さんなのか・・・?

最後は駆け足気味だったものの終わってみると無難なアニメ化でした。
同じ角川のムシウタもこれぐらいちゃんとやってくれればorz
pediaってみると既刊の半分以上はアニメやってるみたいですね。
結婚式のアレだけ割と最近の巻の話なのね。
原作では鬼の話は竜より後のようだけど、
公式の業務日誌を見ると竜が後になってるな・・・。
そのあたりはアニメオリジナルにまとめたってことかな。
原作読んでない身としては概ね満足だった作品。
強いて言えば前半の分かりづらいシャッフルは余計だったな、と。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1188-f1da0969

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99