説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

CLANNAD -クラナド- 第15話

★CLANNAD -クラナド- 第15話 「困った問題」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ことみ編が終わって再び幻想世界・・・。
どうしてもそのまま朋也と渚が被っちゃう。
それにしてもここの描写の動きのなめらかさは
良い意味で気持ち悪いぐらいですよねー。
それだけ気合い入れてるってことは重要なシーンなんだろうなぁ。

ことみ編も終わり今回から夏服!
衣替えってやっぱりいいよね。
夏服→冬服の場合で露出減っても衣替えはいい。
見慣れた制服からのふとした変化というのがポイント。
みんな可愛くなったけど智代の夏服が一番グっと来た。
また意味不明に風子の出番があったけど
風子は夏服のままでちょっと残念。
でもことみの出番がいつも通りあるようで良かった!
ルート並みにクローズアップされなくてもいいんで
ことみの個性は活かして欲しいなぁ、なんでやねんをもう一度(笑)

ことみにバイオリンを貸した仁科さん再登場。
まさかこんなに出番あるキャラとは・・・
何気にビジュアルはかなり好きな方だったりする。
彼女たちは合唱部を作ろうとしているらしく
頭数をそろえて顧問を幸村先生に頼もうとした演劇部にブッキング。
合唱部の方にもそれなりに事情があるようで。
良い人すぎる渚がそれで辞退しないわけにはいかなく・・・。
所が朋也と一緒で夢を途中で諦めざるを得なくなった
春原がここで大反論、春原の言葉は時々酷いけど
根は良い奴で熱い奴なんだよなぁ・・・。
「岡崎!バスケやろうぜ!」って原作発売直後に
良く耳にしたけどこの台詞だったのね。

そんなスーパー春原タイムが繰り広げられるなか
春原の妹、ゆかりん・・・じゃなくて芽衣襲来。
来襲のサブタイが結局バスケを予感させるけどどうなるやら。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1256-f731bc9c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99