説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

CLANNAD -クラナド- 第21話

★CLANNAD -クラナド- 第21話 「学園祭に向けて」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

実際に演劇するのは渚だけなのに、
何故他のみんなも滑舌と発声練習を・・・!?
ことみちゃんが普通に発声できてるのに違和感が(笑)
なんか一人だけ遅れて発声してそうな印象が・・・。
本番でもみんな手伝ってくれてなんだかんだで良い奴らだ。
Kanonみたいにルートが終了したらほぼ出番無しとかでなく
ヒロイン達の友情が見られてこっちの方が良いな。
Kanonは話の都合上出番無くなるのはしょうがないんだけどさ。
ことみちゃんは大きいけど予想以上に椋が大きかった。
そんなことより杏のも見たかった、そんな感じの練習風景(笑)

智代の眼鏡は眼鏡スキーでもないけど個人的にはアリだったな。
つーか可愛ければなんでもありと思います。
寧ろ杏の眼鏡とかも見てみたいよ!
赤面したのはやはり朋也を意識して、かな?
智代の言った「お前で良かった」がとても印象深かった。
その場に居たヒロイン達はそれだけで察した模様。
なんとも言えない表情だったなぁ・・・。
当の本人の朋也は感づいたのかどうか。

順調に学園祭に向けて準備が進み、遂に本番前日。
思えば倒れそうな状態で積まれたダンボールで既に気付くべきだった。
この最悪なタイミングで渚が遂に真実を。
秋生の予想したとおり自己嫌悪に陥りまくりそうだ(苦笑)
まぁ、これは完全に不注意と言えば不注意だ。
そもそもいつかは乗り越えないといけない壁。
物語的にはここで障害が立ちふさがるのが盛り上がるんだけども
最終回の予告が渚暗すぎて不安全開ですね・・・。
アフターに集約されるような話らしいから
最初っからアフターまで尺無いことを考えれば無難に終わりそうだ。
それはそれとしてちゃんと2期あるよね?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1346-3d465295

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99