説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

キミキス pure rouge 第24話

★(終)キミキス pure rouge 第24話 「……and meet again」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

楽しい学園祭のはずで最終回だというのに、
何この初っぱなからお通夜ムード全開。
真田と星乃さんの距離感が痛々しさすぎる・・・。
いくらなんでもすれ違ってるのをお互いわかってるだろうに
それを取り繕うとする・・・特に真田に共感出来ないな。
ここで摩央姉のクラスの出し物を見に行くなんて神経を疑うよ。
相原はずっと馬鹿っぽさが目立つ印象だったけど
最後の最後で鋭くてワロタ。
明日夏の気持ちにも気付いてあげれば良かったのにねえ。

真田が忘れ物を取りに言ってる間に星乃さんと摩央姉の対面。
摩央姉が星乃さんに真田を託して一安心
・・・だったんだけどねえ。
まさかこんな所で甲斐が余計なことをするとは思わなかった(笑)
これで居て甲斐に悪気が無さそうだから困る・・・。
というか自分と同じ想いをさせたくなかったんだろうな。
でも結局これが最後の後押しになってしまった感が。
甲斐は摩央姉が幸せになればそれでいいんだろうけどさ。

二見さんはどこに行ったかと思いきや学校の外。
たまたま明日夏が通りかかり二人っきりは久しぶりか。
二見さんが相原を避けた理由が勘違いすぎて笑った。
恋するか弱い乙女すぎるじゃないか二見さん。
そして最後まで明日夏は良い女すぎ。
でもそのスカートでブランコは見え放題だと思います!

柊と栗生は2話だけで一気にフラグ立ったよね。
原作のキャラは知らないけどアニメだけ見ると
典型的なツンデレキャラに見える栗生さん。
というか柊が誰かと良い関係になるとは思わず。
祇条さんともツーショットあったりもしたけど
あくまでもサブキャラな立ち位置だったからなー。
この2話で栗生さんの存在感はうどんは確実に超えた(笑)

そして後夜祭のキャンプファイヤー。
摩央姉はもう振り切ってる、振り切ろうとしてるのに
真田は過剰反応しすぎだなぁ・・・っておま、えええええ!?
アイキャッチが二見さん&摩央姉とか
OPのメインは摩央姉ぽかったりとかで最初から嫌な予感はしてた。
それでもまさか真田がここで星乃さんを振るとは思わなかった・・・。
そりゃあキャストインタビューでも非難浴びまくりですわ。
特に星乃さん役の小清水からのパッシングっぷりが凄い。

星乃さんが摩央姉に譲ったというのならまだ納得できた。
でもここにきてやっぱり摩央姉が好きだからさよならは無いわー。
振られた時の星乃さんの大人な対応に泣いた。
しかも凹んでるのは真田の方とかどれだけイライラさせてくれるんだよ。
結局、どこで歯車が狂ったんだろうね。
摩央姉に好きって言われたのは崩壊のキッカケにすぎない?
それなら星乃さんと良い感じになったから付き合ってたように見える。
前半の真田はキチンと星乃さんを大切にしていたし
その気持ちに偽りはないと信じたいけど
真田がどの気持ちに嘘ついてたのかわからないよ・・・。

打って変わって二見さんと相原。
さすがこっちは一本道だけあり二見さんの心をがっちり。
「俺が見つけるから」という相原が格好良すぎるんですけど。
その対比として真田が摩央姉に正直に気持ちを打ち明けて
もう二度と離さないと誓うシーンを出したんだろうけど、
あれだけ悲しんでて「星乃さんとはさよならしたよ!」にはイラっと。
傷つけたくないっていうのが綺麗事にしか聞こえません。
気付いたら何か良い感じに終わってるし!

エンドロールのそれぞれが見上げる花火の構図は好きだな。
1人ぼっちで目を腫らしたであろう星乃さんを見てまた涙が・・・。
そして名シーンのダイジェストになってるのがまたアレだよね(笑)
真田の最悪っぷりが露呈しすぎだよ・・・。
とりあえずDVDCMはある意味詐欺だと思うよこのラスト。

最後の大どんでん返しは話としてみれば面白かった。
でももうちょっと真田がなんとかしようがあったんじゃないのとは思う。
最後に大爆笑で見れたから割と評価は高かったりする。
原作に余り思い入れが無いのも大きいのかなぁ。
アニメはアニメでそこそこの楽しめました。少数派だろうけど。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1367-873ba7e2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99