説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

true tears 第13話

★(終)true tears 第13話 「君の涙を」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

雪あっても打ち所が悪かったせいか骨折かぁ・・・。
見た所そんなに高いところから落ちた気はしなかったんども。
「俺はお前を許せないんだ」という純の表情が笑顔で怖い。
それは乃絵をけがさせたから?
それとも乃絵の気持ちに応えてあげないであろうことを悟った?
乃絵に対して「何も知らない」というのは
純に悪気はないんだろうけど酷すぎるな。

比呂美とも会話した純だけど比呂美は責めず。
比呂美の言うとおり間接的に彼女のせいでもあると思うんだが。
言い方はぶっきらぼうですが
乃絵のことを好きだと自覚したことを伝えて2人はさよなら。
もう2人は深く関わることは無いんだろうな。

生徒大勢の前で帰りにウチに来てという比呂美さんも怖いです・・・。
なんとなく外まで迎えに来て家の中へ誘ってるような描写から
この後の展開に想像はついたが予想通りでした・・・。

それにしても、真実はいざ知らずカップを1つ割ってしまったといい
目の前でカップに間接キス強調して「いいよ」とか
比呂美さん策士過ぎてワロタ。
これ、あながち眞一郎ママが言ったことは間違いじゃなかったな(笑)
おたくの息子さんは比呂美さんに今にも食べられそうですよ・・・。

この行動は気持ちがふらついてる眞一郎に対しての不安から出た行動で
ぶっちゃけ”身体をあげる”ことで振り向かせようと
してるようにしか見えないわけで・・・(苦笑)
本人も「嫌な子」と言ってるから自覚はあるんだろうけどさ。
「嫌いにならないで」「なってないよ!」「嘘」
とかトランスしすぎだな・・・。

我らがヘタレの眞一郎がここで手を出すわけもなく。
というか”ちゃんとしてないのに”ここで手を出したら
キミキス最終話の真田並の株の大暴落ですよ(笑)

帰宅した真一郎と家に表れた比呂美。
ここでやっと正々堂々の恋愛発言。
「ずっと好きだったけど邪魔するのも嫌」
こういう言葉は最初から聞きたかった。
”ちゃんと向き合った”答えなら受け入れるという乃絵と
「比呂美は格好良いよ」「スポーツマンですから」
のやりとりといい「うん、待ってる」といい
失恋フラグにしか見えなかったけど良いシーンだ。
ママンはすぐさま比呂美にフォローを入れて別人すぎるな。

眞一郎は”ちゃんとする”ために乃絵に完成した絵本を
見せようとするが乃絵はつっけんどんな返事。
・・・眞一郎はやはり乃絵の独り言を聞いてたんですね。
予想外に乃絵は眞一郎のことに気付いてなかったようですが。

せっかく描いた絵本を海で紙飛行機にしてる
眞一郎の気持ちを考えると泣きそうになった。
乃絵がそんな悪い子なわけわけもなく
病院から松葉杖で無理矢理浜辺に来る乃絵。

遂に絵本を見せることが出来た眞一郎は
乃絵に「比呂美が好きだ」と告白する。
直後「乃絵が居たから絵本が書けた」発言で
おいおいどっち選ぶんだよ、と一瞬不安になったけど
ちゃんと「比呂美が好き」ともう一度言ったのは良くやった!
泣きながら眞一郎が歌うシーンで泣いた。
眞一郎にとっても乃絵はやはり大切な存在だったんだな。
事実上のお別れで心が震えて流れた眞一郎の真実の涙・・・。

決着をつけ比呂美の部屋に行くとそこに比呂美の姿はなく。
え?また一波乱あるのか!?
と思ったらあっさり比呂美を見つけて良かった・・・。
比呂美の言い分と外出した理由は意味不明だけどな(笑)
やっとずっと好きだった眞一郎に告白されたのに
嫉妬心からか嫌!という比呂美は可愛いな。
嬉しさから心が震え流れた比呂美の真実の涙。

そしてやってきた春と同級生とうち解けている乃絵。
最初はなんとも電波的なヒロインかと思ったんだけど
最後には実に年相応の少女らしい成長が見られて良かったなぁ。
愛子と三代吉はよろしくやってるようで何より。
三代吉を見上げる愛子を見てると可愛いとは思うんだけど
テーマを考えると微妙な立ち位置のヒロインだった。

最後のリフレクティアで感慨にふけっていたけど
2番+最後のサビという無茶な繋ぎっぷりで笑ってしまった。
ラストには乃絵のtrue tears・・・と綺麗すぎる終わり。

全体的に一貫した「真実の涙」というテーマに沿った
先の見えない昼ドラのような展開は非情に楽しめました。
そういう意味では愛子の存在も必要だったのかな、って思うけど
乃絵が本当に涙を無くした理由が結局語られなかったり
1話限りの祭りなのに色々と説明不足だったり
最後までパパママと酒蔵の少年の名前が出なかったり(笑)
もうちょっと掘り下げて欲しい部分もあったけどほぼ満足かな。
演出が綺麗なのと作品の雰囲気、動画のクオリティなんかも
作品全体に調和しててとにかく綺麗だったな、と。

1クールの恋愛モノで久しぶりにまともに楽しめた気がします。
(※キャラ補正や信者補正無しに)
一応ギャルゲ原作だけど原作無視して良かったな。
原作のキャラ見るとギャルゲらしくいっぱい居るみたいだし。
さてどれだけPS2版の売り上げに影響するか見物ですが
DVDの方がもしかして売れるんじゃないのか・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1379-e3d1b529

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99