説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

PERSONA -trinity soul- 第14話

★PERSONA -trinity soul- 第14話 「狭間の彷徨」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず話をすっ飛ばしてくれるのがペルソナクオリティ。
今考えたら予告の時点でそれは気付くべきだった。
なんで雪降る回の次の回がかき氷やねん、と・・・。
そんなことよりも最大のショックだったのは
我らのペルノが死んだことだ!(笑)
今回からはFLOWの歌になりましたとさ・・・。
まぁ、これはこれでさすがFLOWなだけあって安定はしてる。
でもやっぱりペルノがずっと続くと思ってただけに
この空虚な気持ちはなんなんだろう・・・!
ついでにEDもシュールなバケツから変更。

話は諒の事件から過ぎ夏に。
事件は映子は死亡、諒は失踪という結末に。
今まで名前が判明しなかった電話の男こと
真田昭彦の姿や名前が登場し
実質、諒の居た位置についたりとコトは着実に動いてる。
調べてみるとこの人物はペルソナ3のキャラのようで。
他にペルソナ3から登場するキャラも出てくるのかな?
今回は慎と多少接触、次回は本格的に接触するみたいで
諒がしていたことは少しは伝わるのかな?

マレビトのメンバーの1人が町中で大々的に暴走し
そこにちょうど慎達、マレビトメンバー、戌井と昭彦の姿。
暴走したペルソナに止めを刺したのはなんと諒・・・。
なかなかカオスな状態になって面白くなってきたな。
普通に考えたらあの諒は本物ではないんだろう。
くじらのはね関係か九條の仕業か・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1383-eee4d4f7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99