説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

PERSONA -trinity soul- 第15話

★PERSONA -trinity soul- 第15話 「明日を閉ざすもの」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

昭彦がフリーダムすぎて吹いた。
慎の突っ込み遅いよ!遅すぎるよ!
不法侵入されたあげく家の冷蔵庫や台所は漁られ、
挙げ句水が新鮮じゃないと説教されてるのに
慎は寛大というかズレすぎだな(笑)
洵はどうしてたのかと思ったら寝てただけ?

昭彦の口から現状判明している事実を慎や洵に語られる。
これで危惧してた知らぬ間に巻き込まれる自体は回避したわけだ。
寮の方でも戌井がめぐみと拓朗に似た内容を説明。
叶鳴に伝えなかったのは何か意図があるか危険を感じたからか?
決断は彼ら次第という自発的な行動を推進。
とはいってもマレビトは特に慎と洵を狙ってるわけだから
否が応でも巻き込まれていくんでしょうけどね・・・。

諒はそうならないために昭彦に対しても最低限の協力関係。
慎達に家から出て行けとの態度。
そして薬を投与してまでの前線での活躍。
伊藤さんも家族を亡くしてるようだから
諒の気持ちも良くわかるんだろうなぁ。
慎の言葉を制したのはそういう意味があったんだろう。

それでも主人公達が立ち上がらなければ前に進まないわけで
そういった意味では伊藤さんの立場がなんだか不安に。
真っ先に死んでいきそうなキャラだよな・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1397-ac206d24

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99