説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

To LOVEる -とらぶる- 第04話

★To LOVEる -とらぶる- 第04話 「宇宙のLOVEエプロン」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

うーん、原作で似たような話あったような無かったような。
完全にうろ覚えだからどっちでもいいや。

ザスティンが完全にギャグキャラと化してる件について。
唐突に現れたり唐突に去っていったり
リトの妄想の中だけど「陛下ぁー!」
お前ギャグとしてやってるだろそれ(笑)
挙げ句の果てにはピンチに出てきたと思ったら役立たずという。
あそこで格好良くタコとイカを倒してたら
ザスティンの評価は保たれたまま・・・でも無かったか。
どちらにせよリトパパが現れた時点でギャグ担当になる運命。

評価と言えば今回のリトはさすがに無いんじゃないか?
リトはこういう言い方するような奴じゃないと思うんだけどなぁ。
もしくは言ったとしてもすぐ後悔してごまかしたり
訂正したりすると思うんだけど。
まぁ、ララが出て行った時点で展開は見えたけどさ。
オチは爆発オチだと思いきやカオスな投げっぱなしとは思わなかった。
エロタコとエロイカ自重。ララはいいんで春菜をもっと(笑)
ララの尻尾が弱いという設定は拾ってるけどありがちな設定だよな。
しかしなんとも正しい触手の使い方の良い例ですな。

次回は天条院沙姫@川澄綾子登場。
原作とは違った登場でリトへのアプローチは無しか?
この人が酷い目に遭うのもお約束で予告からもそれが。
正直あまり好きなキャラじゃないんだよなぁ。
というかルンはともかくレンより先に出てくるとは。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1484-3d12bf3d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99