説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

隠の王 第06話

★隠の王 第06話 「選択」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

一応宵風とは平和的な話し合いで事が済み
おまけに壬晴の右目も見えるようにしてもらい
とりあえずは協力関係にはなったのかな。
でもこれって美春自身が思ってる通り帷達に対する
裏切りでこのままずっと秘密にして付き合っていく
とすればなんだかなーと思った。
まぁ、あの場面で選択の余地は無いし帷達も知ったとしても
そんなことで壬晴を嫌ったりはしないんだろうけどさ。

壬晴はやっぱり無関心を装いつつも自分のせいで
他人がどうこう影響されるのが嫌なんだな・・・。
帷達の命と、自らが蔑まれ寂しい思いをする天秤なら
選択の余地が無いほど自己犠牲を簡単に選んでしまう。
宵風に対しては恐怖だけでなく
救いの手を差しのばしたいとも思っているのかな?
しかしなんとも宙ぶらりんなままでもやもやするなぁ。

虹一と雷鳴は何らかの形で気絶させられただけか。
宵風の話してたように埋め込んだものを利用したのかな?
帷の自己嫌悪が情けなさ過ぎて2話連続で泣けてくる。
そんな帷に活を入れた虹一はいつもと様子が違ったような。
気付いたら連絡も無しに戻ってるのは壬晴らしいというか。
とりあえず雪見より帷の方がキモイと思うぞ(笑)

次回のサブタイ「決する心」。
ストレートに見れば壬晴か帷達サイドの決心だろうけど。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1486-223f83cf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99