説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

PERSONA -trinity soul- 第22話

★PERSONA -trinity soul- 第22話 「依り代」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

直前で真田達は動けなくなり
結局は慎、拓朗、めぐみの子供達だけで決戦へ。
両親のしてきたことの報いを受けていると
落ち込む慎を励ましペルソナを出して決意を固めて
決戦へ赴く描写は良かったなぁ。
拓朗、地味に制御できるようになってるし。

叶鳴の正体は人間ですら無かったとは・・・。
サイボーグのような存在だとしても
相変わらず九條はオーバーテクノロジーすぎるな。
OSという単語は単に人形扱いをしているだけと思ったら
本当に記憶や人格というOSをインストールされてただけなのか。
というかそういった存在でもペルソナを使役できるんだな。
それともペルソナとはまた違った似非のような物?

九條が起きアヤネが姿を現し最終決戦ムード。
思ったよりもあっさり決着が付いたのは拍子抜け。
決着、ついたんだよな・・・?
次回予告見る限りすっ飛ばしてるように思えるけど。
予告だけ見ると今回に続き再び叶鳴のターンっぽい。

それよりも洵がどうなったのかとか
九條を吸収したと思われるアヤネはどうなったのかとか
結局くじらとはなんだったのか、とか投げっぱなしな件。
予告が最終回っぽかったけど26話終了なんですよねぇ。
まだ九條&アヤネとの決戦は終わってない・・・?
どう転がるのが全然予想できなくなってきた。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1529-e79fc513

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99