説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

D.C.II S.S. 〜ダ・カーポII セカンドシーズン〜 第12話

★D.C.II S.S. 〜ダ・カーポII セカンドシーズン〜 第12話「記憶の淵」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

由夢の可愛さが異常。
ここにきて全力全開の由夢のターン。
でも小恋同様噛ませ犬なのがわかってるし
本人の発言にもあるように諦めた上での
最後の想いで作りや笑ってお別れというのが前提で
見ていて切なくなってきますね・・・。
とりあえずこの状況でもまだ学校に行こうとしていた
義之はマゾにしか見えないぞ(笑)
最後までいつも通り過ごしたいのかもしれんけどね。
遂に小恋達からも姿が見えなくなって・・・。

夕日の屋上はやっぱり音夢思い出すなー。
D.C.の原作で最も好きなシーンなんですよね。
あの場面のBGMは良すぎる。
最後に由夢はやっと義之に好きって言えたけど
これも自分の気持ちを吹っ切るために言ったんだろうなぁ。
結局は”音姉に譲った”ということでもあるのかな?
由夢と小恋は立ち位置からして幸せになれそうにないのが
ヒロインとしてホントに不憫でならないわ。

音姉が枯れた桜の前に居るってわかったのはエスパーですか。
自分語りは義之を忘れたという演技だとバレバレで
見てていつ崩れるか痛々しかった。
挿入歌兼EDが「消えないで…」というタイトル通り
場面にピッタリの歌で反則過ぎると思うんだ・・・。
これで涙腺崩壊するなっていうのが自分には無理な話です。
由夢といい音姉といい泣き崩れる2人の痛々しさ
特に音姉は最後の最後で義之を強烈に求めただけに
なおさら痛々しさを感じて切なかった。

義之が消えたということは
どうにかして復活しないとハッピーエンドにはならなそうだ。
こういう時、このアニメの次回予告だと先が読めないんだよな。
予告のさくらさんの言葉が懐かしすぎます・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1599-e2ae3829

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99