説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話

★コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話 「C の 世界」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

物語自体の進展はほぼ皆無だったな。
スザクがゼロの命令する力が頭に宇過ぎって
結局カレンにリフレインを打つのを止めたり
ヴィレッタと扇の密会を咲世子が発見したり
ニーナが研究の成果を出し切り札っぽさを仄めかしたり
細かい描写が多々ありましたが
やはりメインはサブタイ通りギアス関連の謎解き。

結果から言えば結局「Cの世界」は謎のままだったけど
ギアスの受け継がれ方などは判明。
額にコード(?)を持った不死の人物が
誰かに1つの願い(大抵は死のようですが)と引き替えに
ギアスという力を与え唯一滅ぼす資格を得る。
勿論C.C.の願いも「死ぬこと」だった、と。

V.V.の願いは「嘘をつかない」だったのかな?
前回の嫌な予感通りV.V.は皇帝にコードを奪われ
不死でなくなり死亡し、皇帝はギアスを失い不死に。
V.V.は自らそれを望んだのか
皇帝が一方的にコードを奪ったのか・・・。
それとV.V.がマリアンヌに執着してた理由はC.C.曰く愛だったようで。

マオもC.C.からギアスを与えられたユーザーだけど
この理屈でも1人から何人にもギアスを配ることは出来るのね。
言葉通りマオは殺す以前の問題だったから捨てられたのか・・・。
それと「嚮団」の存在はこの法則とは無関係?
教祖の後をついだ云々は立場上だけの問題なのかな。

それともC.C.自体がV.V.とは違う特別な存在か・・・。
”Cの世界”かどうかは知りませんが
C.C.の回想や謎の絵画の世界は彼女中心だったし。
神殿のことをアーカーシャの剣と皇帝は言ってたけど
その意味も謎のまま。
歯車のような世界も真実かどうか謎ですよねぇ。
どれかがCの世界というのなら
マリアンヌとの交信やマオが待っているというのに違和感が。
まだまだ謎はたくさんありますねぇ。

そしてラストで記憶の失ったC.C.。
C.C.を引き留めたのは愛故になのか・・・?
記憶を失ったというより反応からして
ギアスと関わった後の記憶がなくなった、という方が正しいかな。
これが一時的なものなのかずっとなのか。
ルルはC.C.に聞きたいことが山ほどあっただろうに。

次回はいきなりコーネリアの尋問みたいな形からスタート。
ということはちゃんと物語は進展してくれそうだ。
超合集国とは日本や中華連邦を中心とした合集国で
世界をブリタニアと2分するための構想のようですが
EUを支配下に置いているシュナイゼルが黙ってるわけないし
皇帝がしばらく戻ってこないとすれば三つどもえもありそうだ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1658-79b25536

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99