説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

RD 潜脳調査室 第20話

★RD 潜脳調査室 第20話 「その足で」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

自分の足で歩くリハビリを始めた波留さん。
でもいくら久島に秘密にしたいからといって1人は無茶なような。
というかちゃんとリハビリセンターなり通った方が良いのでは。
ミナモに手取り足取り介護してもらうためですね、わかります。

ミナモは再び泳げるようになりたいと夢を語る波留さんを見て
自分に出来ることが無くなることを考え意気消沈。
こういう時、いつもは波留さんが気付いてくれたりするんだけど
今回は最終的にほとんど1人で解決しちゃったな。
ミナモはなんとなく電脳化してないほうが”らしい”よね。

それはそうとミナモが電脳適応検査の結果待ちの時に
話していたCV:藤原啓治な青年。
声と何かごまかすような発言で久島本人と思ったけど
結局アレはどういう存在だったんだ?
波留の義体だけど久島が操作(?)していた?
波留さんが若返るならミナモと釣り合っちゃって
恋愛ルートっぽさが一気に増すんだよなぁ。
今回やっとこさ「恋」とか指摘されたしそういう路線で行くのかな。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1774-6cd2f429

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99