説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

マクロス FRONTIER 第22話

★マクロス FRONTIER 第22話 「ノーザン・クロス」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

久しぶりにシェリルのターンきたー。
V型感染症に関しては思ったよりあっさり知られましたね。
ミシェルが死に、ランカが旅立った時点で
クランはアルトに話すつもりだったんでしょうけどね。
ルカやレオンにまで伝わるとは・・・。
どうやら脳にまで浸食しており死亡はほぼ確定的。
しかし、その段階に来てシェリルの歌声が
ランカと同じようなフォールド波を出すことになるという皮肉。
それとイヤリング効果でランカの役目はシェリルに・・・。

社長はせっかくチャリティーとしてシェリルと一緒に
歌による奉仕活動を行っていたのに
また大統領に歌手を取り上げられる形になるんじゃ。
何気にシェリルにもバラード調な新曲ktkr。
今までのシェリルとは違ったかなり落ち着いた曲で
シェリル自身の成長を表しているかのような歌ですね。

鬼の居ぬ間に何とやらというわけでもないけど
ランカが消えたことで自然とシェリルルートになった印象が。
この時点でアルトが大切にしたいのはシェリルなんだろうけどさ。
シェリルの「勇気をちょうだい」はキスシーンくるー?
と思ったらどうやらもっと先に(ry
としても真面目にシェリルと向き合う、という意味でのキスが欲しかったな。

クォーターはここにきて正式な軍への統合命令。
その通告に対してまさかの離反、そして海賊化。
これはオズマ達が真の敵を大統領やバジュラではない
と考えて単独で調査を進めるための処置なんだろうな。
しかし、ルカはLAIのこともあるし当然荷担せず。
クランはミシェルの墓があるからかフロンティアを離れず
アルトもシェリルを選んで早々だったので荷担できず、といった所?

アルトVSオズマの実戦での対決は不謹慎ながら燃えた。
だからシェリルの歌は戦闘に合いすぎなんだってば。
もうノーザンクロスを空気とは呼ばせないぜ!
アルト達はVF-25が無いのでVF-171の対バジュラ用装備で応戦。
ドッグファイトがクロスする瞬間の燃えっぷりは最高潮でしたよ。

それにしてもレオンは3ヶ月しか無いという状況で妥協策はあるのか?
演説を見てるとこいつも壮絶な道化にしか見えないね。
今回でグレイスとは決定的に分かつことになったけど
グレイスの暗殺は返り討ちに・・・。
といってもグレイスはレオンに干渉することはなさそうだけど。
どうやらグレイスの目的はランカ達が
バジュラの母星にたどり着くことだったように思えるし。
その母星ですが・・・まさか地球!?
似てはいるけど惑星の数が・・・でも歳月経ってるしなぁ。
アイモは地球の歌では無いらしいから辻褄も微妙だし。

さて、こちらも@3話。どう終わらせてくれるのか・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1812-022340d6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99