説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第24話

★コードギアス 反逆のルルーシュR2 第24話 「ダモクレス の 空」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

もはやナナリーのフレイヤを防ぐとかいう次元ではなかった。
それにしてもポチポチ、スイッチ押すなぁ!
責任を負うとは言ったものの、実際問題見えるわけじゃないし
スイッチを押すだけなんだから
やっぱりその感情は自己満足に過ぎないと思うよね。

フレイヤが制する戦場といいつつも
今回は結果的には互いの母艦に乗り込んだインファイト。
さすがにフレイヤだけでばんばん兵が死んでいくのも面白くないから
その点に関しては少しだけ安心しました。
人質もろともフレイヤに巻き込まれそうで
シュナイゼルに追い詰められた黒の騎士団の反撃により
アヴァロンは墜ちたものの、どうやらここまでルルは計算してたようだ。
悪者は自分とスザク(+C.C.)だけで十分ということか。

それにしてもスザクの一騎当千っぷりもすさまじいものがあるけど
対抗していた星刻や同じように一騎当千だったジェレミアも凄いな。
特にジェレミアはサザーランド・ジークでよくやるよ。
スザクやカレンはパイロット+機体スペックで納得なんだけども。
藤堂もここまでくると言ってることもやってることも滑稽だ。
寧ろ、バカでしぶとい玉城の方がまともに見えるよ。

ジノのトリスタンはパワーアップしてたけど
蜃気楼の盾は破れてもアルビオンには敵わない。
なんとも地味なパワーアップでジノが不憫だったけど
彼の本当の見せ場はカレンの手助けでした!
一時は肩を並べて共闘するのかと思った2人だけど
最終的には同じようなスペック同士で決着をつけるハメかぁ。
確かに最終回にふさわしい死闘は見せてくれそうだけど。

シュナイゼルはルルがダモクレスに進入してきて
自分を直接殺そうとすると言う読みをして対策を講じたものの
その負けない姿勢・本質を見抜いたルルの勝利で決着。
こういう駆け引きとギアスで〆るのはなんともこの作品らしい決着だけど
改めてギアスの反則っぷりを感じたというか
あれほど驚異的だったシュナイゼルにしてはあっけなさを感じた。
それに欲はないと言ってはいたけど
神のごとくあろうとすること自体が禁忌に近い欲望だと思うよ。
ナナリーを見捨てることにカノンは抵抗を感じていたし
カノンはシュナイゼルを見誤ってる節があるような。

最後は兄と妹の対峙、そして開眼。
さすが名塚キャラ!黒さというか迫力がハンパないぜ!
やっぱりルルにとっての最大の障害はナナリーだったということだね。

そういや、やっぱりコーネリアも生きてたね。
というかあんな簡単に死ぬわけないと思ってたよ。
だがちゃっかりギルフォードまでいきてたのはびっくりだ!
公式を信用してはいけない良い(悪い)例だなぁ・・・。

気になる次回最終回ですが、予告映像が回想ばっかりなんですけど。
これはアレだよね。抽象的なイメージの問題とか
最終回の展開を読ませないための配慮とかそういうのだよね!
決して、26話は後日お楽しみに!とか映画化決定!とかじゃないよね!?
聞いた話によると30秒予告も似たようなものだったみたいで。
どんな結果であれ完結することに満足するから
一応の区切りみたいなのは、是が非でもつけて欲しいなぁ・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1851-77d8aa35

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99