説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

セキレイ 第12話

★(終)セキレイ 第12話 「縁ノ鶺鴒」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

途中の展開はさほど差があると思わなかったので
個人的に気になったのはどういう〆方をするかでした。
原作と違う部分で面白かったのは
結女が二人を思いっきり投げ飛ばして戦闘終わらせたり
結女と鴉羽が少しの間だけ対峙することになったり
くーちゃんと椎菜がかなりニアミスだったりとか。
椎菜はこのためだけに羽化が先延ばしにされてたのか。
ユカリの動きは今のところ単行本の限りでは
あまり本編に関係ないし羽化のタイミングは気にしなくてもいいかな。

本来なら皆人の手によって羽化した風花が
ハルカと久能を向こう岸まで運ぶはずだったのに
それが鈿女と羽化前の風花でこっそり行われた時点で
もの凄く嫌な予感はしたけど風花さん羽化無しっすかorz
風花の羽化が無いのでもちろん御中が好きだったバレも無し。
ついでに皆人とお母様の感動(?)の対面も無し。
というわけで中盤以降はかなり原作と違った構成になりましたね。
違うと言えば月海は本来ならもっと活躍してたのに
なんで上の鉄どけないの?とかいうカワイソスな状況に。

御中が最後綺麗にまとめたように
物語はまだまだこれから続くという前提のアニメだったな。
篝の身体の変化も最後にはキチンと明示されたし。
to be continuedとあったけど2期は無いよなぁ・・・。
改変しちゃった部分は十分修正できる範囲だし
このまま原作読んでも2期があっても問題は無いんですけどね。
唯一の心残りは最後だと思ってなかった
10話EDの「幾久しく」を普段通り見てしまったことか(笑)
美哉さんの登場を心待ちにしていたというのに・・・。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1868-98532ca6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99