説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

灼眼のシャナ 第13話-第24話

★灼眼のシャナ 第13話 「校舎裏の宣戦布告」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ストリーミング復活ー。あの止め方で一週間は苦痛でしたよ(;´Д`)
というわけで愛染編決着。

さんざん既出ですが悠二の扱いの不憫さが・・・(;´Д⊂
おかげでなんかシュドナイもマージョリーに適当にあしらわれてた感が・・・。
シャナと愛染サイドは満足だったんだけどなぁ。
とりあえず全体的に端折りすぎ。
尺的に急ぐ必要があるのはわかるんだけどねぇ・・・。
この伏線の繋がり方はどう活きるかは知らないんですが
評価見てると重要な所削ったみたいだしラストはどうなるんでしょうね・・・。

テンポの良さと端折るのはまったく違う。
前回が良い感じにまとまってただけに今回の出来は残念。
っていうかなんでこういう決戦の出来だけ微妙なんですか・・・(苦笑)

○Amazon




★灼眼のシャナ 第14話 「偉大なる者」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

過去編突入ー。
そしてヴィルヘルミナ@伊藤静さんきたー。
「〜であります」口調な伊藤静さん萌える(*´Д`)
でも、シャナに色々足蹴にされててカワイソス(笑)

シャナが正式にフレイムヘイズになる過程を描くのが過去編ですが
どうやら14,15,16と3回に分けるみたいなので描写不足はなさげ?
しっかし、今回はシャナはともかく紅世の徒サイドの状況がわかりにくすぎ。
見たら想い出すかなーと思ったけど全然想い出さなかったしなぁ・・・。
次回以降アニメだけ見てる人にもちゃんと伝わるような内容になっててくれたら幸い。
3話も使って過去話を綺麗に終わらせられないのはさすがに・・・ね。


★灼眼のシャナ 第15話 「炎の生まれた日」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

もう本格的に話を覚えてない俺がwwwww
紅世の徒が攻め込んできて契約するのは覚えてるんだけど
ヴィルヘルミナが戦ってるところとか天目一個とかマジで覚えてないなぁ。
ちゃんと当時は読んだはずなのに何故だ・・・(苦笑)
今回は前回の説明不足をある程度補完してくれたおかげで割と見れた方かな。
変わりに過去のピースを散りばめすぎて最終的に補完できるのか不安ですが。
シャナの契約シーンは結構燃えたな・・・あーいう互いを信じ合うようなやりとりは好きです。

それにしてもですよヴィルヘルミナ!
今回の話見てるうちにボイスが伊藤静さんとのこともあり気に入ってきたのですが
問題は神器ペルソナの解放。
ちょwwwwwこれなんて仮面のメイドガイwwwww
シ リ ア ス な シ ー ン が 台 無 し だ !
非情にツボってヴィルヘルミナを見るたび仮面のメイドガイが連想されてヤバス。
あぁ・・・もうちょっとメイドっぽい神器にしましょうよ_| ̄|○
普段はヘッドドレスだからいいんだけどさ・・・(笑)
何はともあれシャナとの再会が楽しみですね。

そしてED変わったー!
うーん、前の方がシャナっぽくて良い感じだったんだけどなぁ・・・。
EDの動画はOPに比べて相変わらず手抜きだけど前よりマシかな。

○Amazon




★灼眼のシャナ 第16話 「炎髪灼眼の討ち手」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

過去編完結。
そして正直今までで一番面白かったんですが(笑)

前回、晴れてアラストールとの契約を果たしフレイムヘイズになったシャナ。
天目一個との約束を果たすために2人は戦う。
結果シャナがあっさり勝利し、贄殿遮那を託されるんだけど
倒し方がどうもあっさりというかいまいち不明な感じが・・・。
本人もまぐれみたいなこと言ってるしそういう解釈でいいのか?!(笑)

ペルソナを解放したヴィルヘルミナが戦闘するのかと思いきや
なんか中世の騎士っぽいのキター!ってコイツがシロの正体ね。
この辺本気で覚えてない俺はホントに5巻最後まで読んだのか不安になってきた(汗)
アニメだけじゃ描写不足という説明不足なんで検索して補完。
メリヒムやヴィルヘルミナ、先代炎髪灼眼の討ち手のマティルダとの関係も補完しました。
確かにこれは原作知ってるとかなりニヤニヤ出来るクオリティだなぁ・・・。
とりあえず討伐シーンすら無かったオルゴンカワイソスwww

メリヒム登場後は回想シーンを挟みつつシャナに最後の鍛錬を。
この辺の演出が最高でした・・・。
回想シーン・・・というか大戦のシーンは10巻がメインらしいですが
これはアニメ化されないのかなぁ?
過去編のキャラの方が愛着が持てる俺がいるんですけど(マテ
しっかし、色々ネタバレ込みで調べてるとシャナも細かい設定あって面白そうだなぁ。
ますます原作が読みたくなってきたけど読む暇が壊滅的に無いのが(;´Д`)

次回はカムシン登場。吉田さんが世界の真実を知るあたりは覚えてます!
なんでこんな記憶とびとびなんでしょホント。

○Amazon




★灼眼のシャナ 第17話 「新たなる序章」 ★★★★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ついにOP変わったー!
でも何故か緋色の空の方がKOTOKOさんっぽく聞こえる罠(爆死)
うーん、嫌いじゃないけど前の方がこれもよかったな・・・。
音と絵がちぐはぐな感じがある。

んで、物語も新しい展開に突入と共に新キャラも続々参戦。
カムシン&ベヘモット、教授。
そしてヘカテー@能登さんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
あぁ、これがヘカテーなのね・・・あぁ、すげえ能登さんキャラだ(何
この先の出番に期待上げ。
更にはヴィルヘルミナ再登場も近そうな。

話としては続・女の戦いやカムシンの訪れ。吉田さんの知る真実ぐらい。
なんか5巻の内容より6巻の内容の方が覚えてるな・・・。
田中・佐藤の特訓とか細かいのも覚えてたし。
シャナはもうホントデレデレで見てて恥ずかしくなってくるよ・・・(笑)
そうそう、出て行くかどうかって話をしてて7巻以降読んでなかったから
この先気になってたんだ・・・やっと続きが見れるのか!


★灼眼のシャナ 第18話 「砕ける願い」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

教授の自在式が発動して一気に物語が加速。
いろんなコトが同時に起こってたんだけど脚本が違うとこうもわかりやすく(ry
シャナの吉田さんへの正体バレ、悠二=トーチの判明、封絶内での悠二と佐藤の接触。
熱い展開も良かったし、各所で展開される恋愛話も絶妙なバランスだったなぁ。
俺はこんな良い所で原作止めてたのか・・・(笑)
当時の俺は何でここで読むの辞めたんだったかなぁ・・・時間なかったんだったか。
それにしても池の印象が薄すぎる件について。
今回に限ってはオガちゃん以下だったよ・・・いやまぁあの告白はインパクトでかすぎですけど。
悠二と佐藤が接触してたときに悠二はある程度力を使ってたけど
それなら尚更シュドナイの腕取り込みイベントは経過してたほうが・・・。
敢えてスルーした理由があるんでしょうかね。

○Amazon




★灼眼のシャナ 第19話 「戦いの中で」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回から続いて怒濤の熱い展開。
それぞれのキャラが別の視点で動いているけど
目的は一緒でそれが収束されていく様はわかりやすかったなぁ。
そして何より教授&ドミノが最高すぎる(笑)

戦闘に関しては特に可も不可もなく。
カムシンが全部おいしいところ持って行っちゃったし。
結局カムシンの素性は語られなかったし岩の巨人?
戦闘スタイルもいまいち分かりづらかったのは残念かなぁ・・・。

後半は吉田さんがどんどんリード。
「坂井君は人間です」はさすがに効いたのか悠二が涙を・・・(;´Д⊂
シャナは出会い早々「お前は人じゃない」だったのにたいした違いだ(苦笑)
シャナ自身の発言にもあったようにどんどん悠二が離れていってる感じですねぇ。
悠二には自覚なさそうですがシャナはそれをかなり感じている。
そんな混沌とした中、次回はヴィルヘルミナ登場。
なんか波乱ありそうですねえ・・・。


★灼眼のシャナ 第20話 「非情のヴィルヘルミナ」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ヴィルヘルミナの登場で作品全体の空気が重くなったなぁ・・・。
マージョリーに置いて行かれた佐藤の男泣きが良かった。
吉田さんとは割と普通だけどシャナと悠二が気まずすぎますね・・・。
こんな不安定な状態でシャナが悠二のために動くのかなぁ?
それとも悠二の危機を救うのは別の人か。
しっかし、ヴィルヘルミナはホントきっついなー・・・(汗)
シャナと一緒に居るときは優しい面ばっかり目立ちましたが
零時迷子を宿す悠二にはともかく千草ママンにも敵意むき出しだし。
オリジナル展開に突入したしラストもオリジナル展開で終わりそうですね。
零時迷子の力がどこまで解放されるのか。マージョリー再登場の活躍の場は?!
教授編あたりから一気に面白くなった気がします。


★灼眼のシャナ 第21話 「遠ざかる想い」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

今回はヘカテー@能登さんの出番が大幅にヽ(゚∀゚)ノ
もうそれだけで十分すぎますよ。
千変シュドナイのロリコンっぷりとヘカテーの「私は貴方のものじゃないわ」
のスルーっぷりが最高だ。

前回悠二のピンチで終わってどうなるかと思いきや
悠二が存在の力を使って、ヴィルヘルミナとの会話の隙にシャナ登場。
この辺からシャナは悠二に対しての感情で動いてるけど本人は未だよくわからない模様。
悠二の処分を頑なに拒否しようとするシャナとヴィルヘルミナが激突しそうな所を
アラストールの機転でいったん回避することに。
しかし、悠二が気にしていた鳥の飾りが燃やされたことで自在法発動。
バル・マスケの本拠地である星黎殿が御崎市上空に現れ
シュドナイが悠二をさらおうとするとヴィルヘルミナは悠二を破壊しようとする。
やっぱりヴィルヘルミナはフレイムヘイズの使命に忠実なんだなぁ・・・。
その攻撃を間一髪シャナが庇って、腹にぐっさり。
隙をついてシュドナイは悠二を星黎殿に・・・。

とかなり良い引きだなーと思ったら予告でシャナが元気で笑った。
ラストのもって行き方が予告で台無しだよ!(笑)
@3話。良い感じにまとまってきましたねー。
これならラストも期待できそうです。


★灼眼のシャナ 第22話 「揺らぐ炎」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

とにかくヘカテーが(*´Д`)
エロイエロイって言われてたけどそこまでエロく感じなかったな。
ヘカテー自身がそういうつもりじゃないってのが演技で表現できてるような>能登さん
ヤミ帽の葉月ちゃんのアレともちゃんと使い分けが!(マテ
何にせよヘカテー万歳な回。
後、誰かシュドナイを哀れんでやれ(笑)

ストーリー面では渾の聖廟の真のねらいが明らかに。
ヘカテーと悠二が精神的に?同化し、ヘカテーの器を回復させようと零時迷子が働き
その全快した力を教授の仕掛けで吸いだし延々ループ。
打開策は悠二の意志だろうなぁ・・・ヘカテーをはね除けるぐらいの悠二の意志がないとどうにもならそうな。
シャナ達も星黎殿で苦戦するみたいだしなぁ・・・。
そんな時に今回ヘルプの兆しがあったマージョリーの出番なのかもしれないけど。
悠二は是非シャナか、もしくはシャナを想う気持ちで渾の聖廟から抜け出して欲しいな。

佐藤、田中、吉田さんがシャナを後押しする場面が良かったです。
ヴィルヘルミナはどんどん印象悪く・・・。
まぁ、アラストールがいったように恋愛感情知らないわけじゃないので
最後にはシャナを認めてくれそうではありますが。


★灼眼のシャナ 第23話 「星黎殿の戦い」 ★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ここにきて原点回帰。派手な演出がなく肉弾戦が見れるとは・・・。
それも相変わらずノリノリな教授の作戦のおかげなわけですが。
ボスの前にザコ敵との連戦はRPGの王道ですよね!
そして、マージョリーがやっぱり美味しいところ持って行きましたね・・・。
ちゃんと佐藤と田中に連絡あって二人は良かったなぁ。
以前と変わらないコンビネーションで教授を撃破!
っていうかヴィルヘルミナの包帯って存在の力皆無でもあそこまで使えるんかい(笑)

そして美味しかったマージョリーは千変シュドナイ、
シャナを先に行かせたヴィルヘルミナは逆理の裁者ベルペオルとの決着の時。
シャナは決意を固め悠二の元に向かいヘカテーと対峙。
いよいよ次回最終回、決戦です。

後、前回の感想の一部撤回。
今回のヘカテーはエロかったです(爆死)
つーか、セリフが更に直接的になってますよ・・・。
少し高揚した感じでしゃべってるだけならいいんですが
前回よりもエロイセリフのせいでさすがに今回はエロかったとしか(爆死)

○Amazon



やっとこそ後期OPが発売なわけですがアニメの終わりとほぼ同時とかワロスだな・・・。


★(終)灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」 総合★★★★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

おぉ・・・結構綺麗に終わりましたねえ。
俺たちの恋と戦いはまだまだこれからだエンドの代表のような綺麗な終わり方だった。

前回は三柱臣とのバトル開始から入ったので初っぱなから戦闘が派手派手。
シャナはヘカテーのATフィールドに突っ込んではふっとばされを繰り返してて
アングルとかもそのままだったからパンツが!パンツが!(笑)
マージョリーやヴィルヘルミナは格好的にチラすらなかったけども。
ヴィルヘルミナはベルペオルに大苦戦。さすが三柱臣・・・。
戦闘は一番ヴィルヘルミナが痛々しかったですねぇ・・・。
マージョリーはシュドナイとほぼ互角にやりあってたし。
まー、存在の力が無限にあふれてるおかげなのかもしれませんが。

今回もヘカテーは序盤あえいでましたがもう何も言うまい!
悠二はヘカテーの中でヘカテーをはっきり拒絶し、
その隙をついてシャナがバリア突破・・・ってバリアはパリーンかい(笑)
ブルートザオガーを取り出して投げつけたとき一瞬悠二に向かって投げるのかと(爆死)
装置に投げつけ機能を停止させ悠二救出。
ちっ!Gガン並の救出劇を期待してたのになぁ(えー
悠二も脱出早々ブルートザオガーをふっつうに存在の力使って振り回してて現金だなぁ(笑)

悠二の言葉で深く傷ついた(マテ ヘカテーから飽和状態になった存在の力が溢れ出し
御崎市全体が崩壊の危機に・・・。
その存在の力を消費すべく、シャナが炎髪灼眼のフレイムヘイズとして選択
アラストールの顕現「天破壌砕」を使用する決意をする。
天破壌砕はその巨大さ故に器が耐えられずに使用すると器が壊れる
つまりシャナが使用するとシャナが死んでしまう自爆技のようなもの。
原作だと序盤(フリアグネ戦)で使用してたんですがアニメ版ではラストに持ってきましたね。
悠二もシャナと一緒に往く決意を既にしてたため手をつなぎ天破壌砕!
使用する直前についにシャナから悠二へ「好き」と伝えられた。
悠二の方は反応するかと思いきや軽く微笑み返すぐらいで自然なのが印象的でした。

こうして御崎市には平和が訪れ・・・
シャナは天破壌砕で死んだと思いきやフレイムヘイズの器が
アラストールの想像を上回る器だったので天破壌砕を受け止めることが出来て生存。
悠二はアズュールの指輪で生存・・・っていうか指輪強いなおい!(笑)
顕現レベルも普通に防げるのか・・・。
マージョリーも戻ってきてめでたしめでたし・・・っと。

後半の重要なエピソードや”銀”とかには全然触れられなかったけど
原作が続いてるしこれはかなり綺麗にまとまった方だと思いますねー。
そして映画化かぁ・・・2時間とかでどんな話やるんでしょうねえ?
ともあれ面白かったです。っていうかネット配信ありがたすぎだ・・・(;´Д⊂
これからもこういうスタイルのアニメが増えればいいんですけどねぇ・・・。

○Amazon


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/187-826af2f7

コメント

脚本家の名前に注目するといいかも知れません。
第13話 校舎裏の宣戦布告
PING:
BLOG NAME
変態兄妹の頭脳戦とも言える攻防で、ブービートラップにまんまと引っかかってしまったシャナ。エネルギー源を優先的に破壊する敵の行動を見事に読みきった辺りは、単なる...

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99