説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

隠の王 第26話

★(終)隠の王 第26話 「心 紡いで」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

宵風がどういう選択をするか予想は出来なかったけど
原作が未完な以上、森羅万象を壬晴に下手に使わせない。
という点で見ればベストな選択だったかもしれない。
1人で消えたということは全てを拒絶するつもりだったんだろうし
それが割と簡単に説得できて拍子抜けはしたけど
おかげでほぼまる1話をエピローグに出来て良かったな。

その宵風が選んだ選択は”現状維持”。
自分の死期に身を委ね自然に消滅していくという。
俺はこういう”穏やかな死待つ”な話に凄く弱いんですよね(苦笑)
おかげで最終話で評価急上昇ですよ・・・。
元々、良い意味で期待を裏切りまくってくれたおかげで
まったく先が読めなくて楽しかったしなぁ。
予想を遥かに上回る綺麗な終わりで最後には文句のつけようがないです。

最後の別れがちょっと切なかったけど
最後まで宵風は笑っていたんだろうなぁ・・・。
如何に宵風が幸せな余生を送っていたかがわかる最後。
宵風の心境やら壬晴の想いを考えたら涙が止まりませんでした。
これで挿入歌orEDでもあろうもんならもっとヤバかった。

・・・うんまぁ、森羅万象はどうしたんだよ!
とかいろいろ解決してないこともある気がするけどな!
アレは”妖精さん”を自分の意志で突き返して
森羅万象を封印したような解釈でいいのだろうか・・・。
考えなくても良いことではあるんですが
壬晴が死ねばまたどこかに転生するんだろうなぁ。
そういや灰狼衆は一応健在なようです。
織田八重やら加藤やらがどうなったかも見たかったなぁ。
そう考えるとエピローグにこれだけ時間を割いて大正解。
この終わりであれば途中スピード展開でも全然許せるよ。

とりあえず原作読んでみようと思いました。
CMから察するに原作では宵風健在だよね・・・?
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1888-47353a3a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99