説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

ef - a tale of melodies. 第02話

★ef - a tale of melodies. 第02話 「read」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

OPは何度か見ているとやっぱり好きなOPではあるけど
”似せている”とわかっていても前作の影が強く出るのはなぁ。
OPに色が付いたり日本語verがでたらまた印象が変わるかもしれない。
OPタイトルのebullient futureは前向きな意味なのに
OP自体が全体的に暗いのはなんとなく引っかかるところですねぇ。

今回の過去編は優子を夕が拒絶した理由について。
夕は過去に妹を亡くしていてその形見が時計。
幼少時に出会った優子に「お兄ちゃん」と呼ばれそれを拒絶。
「夕くん」と呼びなんとか仲良くやっていけると思ってたら
優子の突然の施設からの引き払いで離ればなれに。
その一連の事件で、夕は1人で生きていくための人格形成がなされた模様。

気がかりなのは優子が何故”時計”のことを知っていたか
それと夕に対する意味深な「妹はもういらない?」という問いかけ。
ストレートに考えれば妹の生まれ変わりとかその手のモノなのかなぁ。
優子が人外の存在であることは1期見る限りほぼ確定だろうし
そう仮定すれば、非科学的ですがいろいろ納得出来ると言えば出来る。
初恋っていうのも「お兄ちゃん」だと珍しくないしね。
今回の過去編はこの2人のやりとりメインで凪の出番少なくてしょんぼり。
もの憂いげな表情は、やっぱり優子の登場のせい?

メインパートはやっぱりミズキの方なんでしょうかね。
今回はナースコスを披露してくれました。
毎回コスプレしてくれるなら嬉しすぎるぞ。
久瀬さんが倒れて焦って119番かけるミズキ萌え。
繋がらないのは海外だからだと思うよ!
音羽がヨーロッパ風の町並みだから
言われるまで今回の舞台が海外ということは忘れがちだよね。

久瀬さんに恋するのが早すぎるミズキは
なんだか惚れっぽいだけのように見えてくるな・・・。
クラシックについて感動を伝えるミズキは可愛いけどさ。
こうもストレートに慕われたら素直に羨ましいよ久瀬さん。
その久瀬さんが演奏できない理由は単純にもう昔のように弾けないから?
病気で自分のリズムが完全に狂ってしまったということかなぁ。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://snowmousse2.blog.fc2.com/tb.php/1931-2ddd86b8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99